E6系甲種輸送を撮る

何度目かのE6系甲種輸送が運転されると聞いていましたが「今回も無理だなー。」と諦めておりました。

しかし、昨日にとある方とやり取りした事がモチベーションとなったのか、無事に半休ゲット!急遽撮影に行く事が出来ました。

5084レ(=EF210-126牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5084レから撮影開始。当初はEF210-901と書き込まれていましたが、実際にはEF210-126牽引でした。ま、そう都合良く試作機に巡り合う事もないでしょう。

3095レ(=EF81-718牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3095レ(=EF81-718牽引)。甲種輸送の列車を考えて、大体のイメージを描く作業です。

4071レ(=EF510-5牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3095レの続行でやって来た4071レ(=EF510-5牽引)。本来ならばEF81仕業なのですが、今日はEF510が代走しておりました。

381系こうのとり(回送幕)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

甲種の前にやって来た、381系で運転されている「こうのとり」。今日はちゃんと回送幕になっていますね(謎)。

今は381系運転なのに撮影者をそれほど見ませんが、183系引退時のように、置き換えアナウンスと同時に撮影者が増える気がします。置き換えもそれほど遠い未来の事ではないでしょうし、可能な限り早めに撮影しておきましょう。

9866レ(=EF65-2075牽引+E6系Z15編成)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本番のE6系甲種輸送、9866レ(=EF65-2075牽引+E6系Z15編成)。E6系の特徴である赤い車体を強調したかったのですが、なかなか綺麗な色が出ずに微妙な出来。

何はともあれ、E6系甲種を初撮影できて一安心です。一度も撮影できないまま増備が終わるんじゃないかとヒヤヒヤしておりましたので。

さりげなくEF65-2075も初撮影。これで新鶴見機関区所属のEF65-2000番台撮影残は5両。一つの通過点達成が見えてきました。

ちなみに、近くで撮影していたチビッ子達。撮影の合間にゲームとかをしていたのですが、本番とも言える甲種通過直前になってもゲームに熱中している。「そろそろ甲種が来るよ。」と教えてあげたら「え?今日、甲種あるの?」だって。

何と、甲種が来る事は知らず、たまたま撮影に来ていただけらしい。運の良い子達です。 教えてくれたお兄さんが居た事も(以下略)。 

1056レ(=EF200-10牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撮影場所を変えての1056レ(=EF200-10牽引)。この前に通過している3099レは見事に失敗。とても出せるレベルではありませんので完全封印。またかい!

架線の黄色い治具(?)が目立ちます。「もう撤去されているかな?」と思って様子を見に行きましたが、まだ残っていました。撤去される見込みはあるのか、それともこのままなのか。

後でご指摘を頂きましたが、EF200-10は先日倉敷近辺で故障した車両でした。無事に復帰してくれたようで何よりです。管理人はEF200が好きなので、これからも末長く走って頂きたいものです。

もっと言えば、EF200に限らずどの車両もですが…故障による突然死ではなく、物としての経年寿命までしっかり使われての廃車となって欲しいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF210 EF81 EF510 381系 EF65 EF200


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する