赤川橋梁にて

片側が鉄道、もう片方が歩道橋となっている、全国でも珍しい「赤川橋梁」。今秋での歩道橋閉鎖(=おおさか東線の新大阪延伸工事の為)が決まっていた為、ちょっとだけ撮影に行って参りました。

現地に看板が掲げられており、10月31日閉鎖と正式に告知されておりました。看板を撮影してくるのを忘れたのが悔やまれます。

1083レ(=EF66-101牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

やって来た1083レは、EF66-101牽引でした。EF66-100番台の前期型に属し、ヘッドライトが丸型なのが特徴です。プチラッキーでした。

左下が妙にカツカツなのは、管理人の不注意で先客の方の手が写りこんでしまった為、トリミングを施した結果です(汗)。



昨日、東海道線で火災が起こしたのは1083レ牽引中のEF66-107だったらしく、偶然ですが1083レ牽引中のEF66-100番台前期型でした。

EF66-107は【先日の遠征】で撮影していた機関車。EF64-60、EF210-901、EF66-107…「管理人が撮影した機関車は故障する。」等という、雨男以上の不吉なジンクスが出来なければ良いのですが…。

まずはEF66-107の復帰を期待したい所ですが、かなりの延焼度合いだったようですので、残念ながら復帰は期待薄かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する