久しぶりに

どうもお久しぶりです。生きております(何)。

また例によって更新をサボっております。月末までにもう一回ぐらいは更新したいです(蹴)。

今回は「久しぶりに」アレをしました。何かと申しますと

吹奏楽のCDをまとめ買い
(クリックすると、大きい画像を開きます)

CDのまとめ買いです(笑)。以前によく買っていた【MUSICSTORE.jp】というサイトを久しぶりに訪問すると、偶然夏のクリアランスセールをやっていました。こりゃ買うっきゃないでしょ!という訳でまとめ買いした次第。

全てE.コーポロン指揮、ノーステキサスウィンドシンフォニー演奏のCDです。GIAレーベルのまとめ買いとも言えます。

個人作品集でK.フサ作品集(「この地球を神と崇める」や「プラハのための音楽1968」が有名)とM.ドアティ作品集(「ストコフスキーの鐘」が有名ですね)の2枚を。

残りの14枚はGIAウィンドワークスシリーズです。コーポロン&ノーステキサスのコンビによる、ここ最近の新作と古典的名曲をバランス良く収録したシリーズです。古くはコーポロン&シンシナティのコンビでKlavierから出ていましたね。

このシリーズ、吹奏楽の現在を知る素晴らしいシリーズだと思っています。演奏は参考演奏らしく極めて手堅いですが、お勧めです。色んな所で「買いましょう!」と普及活動をしているのですが、私の力不足でなかなか普及しません…。

収録曲を眺めましたが、A.リードの「アルメニアンダンス パートI」、K.フサ「この地球を神と崇める」(おそらく個人作品集と同じ演奏)ぐらいしか知らず、後は何人か知っている作曲家の名前が出てくるぐらいです。最も、このシリーズは吹奏楽の勉強のために購入しているので知らなくて当然と言えますが。

しかし、このシリーズは半年に2枚のペースで出るので3年以上購入していなかった事になります。反省…。 14枚のうち4枚は既に購入済でダブったのは内緒(アホ)。 

さーて、頑張って聴くぞー!
スポンサーサイト

テーマ : 本日のCD・レコード - ジャンル : 音楽

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する