北海道遠征@後編

←前編へ

2017年2月12日(日)の模様です。前日の道北から一転、今度は道南です。狙いは「個人的に、最初で最後になるであろう」DF200牽引の「カシオペア」です。私は皆様ご承知の通り、毎週通い詰めるようなガチな人ではありませんので…。

しかし、【前日】の事もあって「眠いー!」となかなかテンションが上がらず(既にこの時点で何をやっとるのかと…)、しかも撮影場所は「北海道だから、テキトーにロケハンしたら何とかなるでしょ。」という雑な有様。

曇り空ですが、思っていたより有珠山が見えるので「有珠山が入る場所にしよう。」と思い付きで決定。沿線をウロウロしていると既に先客の皆様が大勢待機されていました。

うむむ…多分これが普通の姿なんだろうな…。

さてどうしたものか…と周囲の様子を見てみると、道北と比較すると雪は少なめ。藪も低め。「これ、頑張って藪こぎしたらどこかで撮影できるんじゃないか?」と思い付く。何の根拠もなく完全なる勘です。勘が外れたら不戦敗のパターンです(表立っていないのは、不戦敗の場合は撮影自体がなかった事になるから)。

8009レ「カシオペア紀行」(=DF200-118牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8009レ「カシオペア紀行」(=DF200-118牽引)。

今から見直すと、もう少し感度を上げてでも絞るか、もう少し奥にピントを合わせて有珠山がハッキリ写るようにすべきだったかな…と思わなくもないですが、例によって楽天的な性格なので「撮影できただけ御の字。」という結論に至ります。

2051レ(=DF200-58牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2051レ(=DF200-58牽引)。58号機は2回目の撮影です。

3D「北斗3号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3D「北斗3号」。効率良く三連発で列車がやって来ました。



ここまでで有珠山バックでの撮影は終了。さて、次はどうするかな…と思案。間もなく反対方向から普通列車が来るっぽい、海が近い…。何となく【以前に上り「カシオペア」を撮影した北舟岡駅】に行ってみる事にしました。

すると同業者の姿がちらほら。やっぱりキハ40は人気だなぁ…とノンビリしていたら「北斗6号」が通過。油断していて動画を撮影できず(アホ)。

しかも「北斗6号」が通過したら誰もいなくなってしまいました(汗)。

474D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局、予定通りに474Dを撮影。

さて、次は…と思ったところ、もう少し待てば5D「スーパー北斗」と3097レがやって来るっぽいです。この後の計画も当然ながら決まっていないので「せっかくの機会なので撮影しましょう。」となりました。

…が、5Dはあれこれ考えている間に通過してしまって撃沈(アホ×2)。3097レで巻き返そうとしたら、まさかの待避線側の1番線(海側)に入線して撃沈(アホ×3)。これはひどい。

ここでふと思う。3097レが1番線に入線したという事は…対向列車が2番線を通過するか、3097レの続行列車が2番線を通過するかのどちらかです。

3097レと交換する8D「北斗8号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

予想通りと言うべきか、8D「北斗8号」がやって来ました。

北舟岡駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

北舟岡駅訪問記念。海越しに山が見えるとは今回初めて気付きました。【前回】は「カシオペア」撮影で気を良くして全く気付かなかったものと思われます。



ここまでで室蘭本線の撮影は終了。札幌雪まつりでも撮りに行きましょう…と思ったのですが、思っていたより時間がなくてあっさり中止。

「雪まつりは来年もありますから。」という結論に(無理矢理)至り、札幌ラーメンの店に直行しました。デジャビュなのは気のせいです。

ラーメンを食した後、手稲に「カシオペア」が居るはずなのでどこかから見えないかなーと周囲をウロチョロしてみました。

くまモン以上に黒いDE10
(クリックすると、大きい画像を開きます)

残念ながら「カシオペア」は見当たりませんでしたが、その代わりに(?)DE10が停まっていました。しかしこのDE10、【九州のくまモン(通称?)DE10】より黒いんじゃなかろうか。
※追記※
気になったので後で調べてみたところ濃紺だそうです。

こんな塗装のDE10もあるんだなーと初めて知りました。原色、更新色、【サツマイモ(?)】、【くまモン(?)】に続く5色目です。

最後に「カシオペア」回送を撮れる場所に移動。しかし、ここでまさかの吹雪+カメラ&ビデオがバッテリー切れ寸前になるというダブルパンチが。最後の最後にこれとかシャレにならんぞ(汗)。

回8010レ?(=DF200-118牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

回8010レ?(=DF200-118牽引)。吹雪は一瞬だけ収まり、バッテリーもギリギリ切れずに済みました。危ない危ない、最後の最後に事件が発生したらシャレにならんところでした。

この後は新千歳空港へ直行。相変わらず時間ギリギリでバタバタのまま機上の人となったのでした。

動画は↓でお楽しみください。



ご同行いただきました皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、貴重な情報をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DF200 キハ183 キハ40 DE10


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する