津山遠征

5/5(木・祝)は、当初は三岐鉄道に行くつもりでした。…が、前日に運用表を眺めていたところ
 ・セメント列車…運休確定
 ・白ホキ…運休
近くの四日市も
 ・コンテナ列車…運休多数
 ・石油列車…運休多数濃厚
である事が判明。行ったものの貨物列車が来ねー!という事態になりそうな悪寒。

どうしたものかと検討した結果、東から西に目を転じる事にしました。以前から行きたかった津山まなびの鉄道館を中心として、津山線や因美線を撮影する事にしました。



前日に慌てて津山線のダイヤグラムを作った疲れか、思いっきり寝坊。 もちろん、ただの言い訳です。 何とか早朝の943Dから偵察を開始できました。

なお、いつも通り動画も作っておりますので、こちらも併せてお楽しみください。動画の作り方は写真以上にド素人なのでアドバイスを頂けると大変嬉しく思います。



先日の日記】は手抜きすぎだろ!と怒られた気がするので、今回はちゃんと写真も紹介させていただきます。

943D 「ノスタルジー」編成
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いきなり「ノスタルジー」編成キタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

940D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次の場所に移動しようとしてダイヤグラムを見たところ「ノスタルジーと交換した列車がすぐに来るじゃないか!」と気付き、慌てて撮影しました。

945D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

青空を強調して。

3931D 快速「ことぶき」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今度は編成重視で。

2924D 「ノスタルジー」編成
(クリックすると、大きい画像を開きます)

濃い新緑を背景に「ノスタルジー」編成が映えます。

3933D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中の踏切で何気なく撮影。まさに「どこでも撮影地」状態です。

2925D 「ノスタルジー」編成
(クリックすると、大きい画像を開きます)

35mm版換算896mmのうえ、「げっ!もう来たやん!」とかなり慌てて設定した割には、ちゃんと「キハ47 47」という前面の文字が読めて「おぉーやるじゃん!俺。」などと調子に乗っていたら、帰宅して大ポカをしている事に気付きました…orz。

949Dと建部驛
(クリックすると、大きい画像を開きます)

偶然立ち寄った建部駅にて。「そう言えば建部駅って…。」と、立ち寄ってから思い出すようでは話になりませんな(汗)。

建部驛
(クリックすると、大きい画像を開きます)

116年前から変わっていない?建部「驛」の看板。

登録有形文化財
(クリックすると、大きい画像を開きます)

登録有形文化財に指定されているようです。

味わいのある木造ベンチ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

木製ベンチもたまらん!

946D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ47も、建部驛にすれば「まだまだ若造」だろうか。

DF50-18
(クリックすると、大きい画像を開きます)

津山まなびの鉄道館にて。今回はDF50-18が転車台にディスプレイされていました。

超広角レンズをお借りして撮影
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ご同行いただいた方に超広角レンズをお借りして撮影。初めて超広角レンズを使ってみましたが、これ面白いですね。

キハ33-1001
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2両しか存在しないらしいキハ33。

キハ181-12
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ181。

キハ58-563
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ58。

キハ28-2329
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ28。

キハ52-115
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ52。大糸線キハ52引退記念のNゲージ3両セットを持っていますが、そのうちの1両が115号機なのだろうか?

往年のディーゼルカー勢ぞろい
(クリックすると、大きい画像を開きます)

昭和時代そのままです。

D51-2
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一番人気のD51。

DD13-638
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DD13。

DD15-30
(クリックすると、大きい画像を開きます)

北陸地方で使われていたラッセル車、DD15。

DD51-1187
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DD51-1187。【1番違いのDD51-1186はまだまだ現役】なのと好対照ですね。

スイッチャー
(クリックすると、大きい画像を開きます)

転車台に機関車を引き出すために使われていると思われるスイッチャー。

DE50-1
(クリックすると、大きい画像を開きます)

幻の機関車、DE50-1。

DD16-304
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DD16-304。これの配給列車を撮った記憶が蘇ります。

それにしても、何故かこの機関車だけ綺麗に塗りなおされていないのが気になります。

DF50とキハ47
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いつのまにかノスタルジー編成、そして岡山色が戻ってきていました。

C57の動輪越しに
(クリックすると、大きい画像を開きます)

過去の車両を、さらなる過去の車輪穴を通して見てみる。

因美線 美作滝尾駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

津山まなびの鉄道館を後にし、因美線に撮影に行きました。列車は行ってしまった後なので、美作滝尾駅の訪問のみとなります。

登録有形文化財(本日2回目)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こちらも登録有形文化財らしいです。

貨物駅跡地
(クリックすると、大きい画像を開きます)

貨物駅跡地。地方の小駅でも貨物取扱があったというのも凄い話です。小型SLやDLが小さい貨車を牽引してトコトコと往く姿はさぞかし絵になった事でしょう。

お守り
(クリックすると、大きい画像を開きます)

お守りが掲げられていました。

出札口
(クリックすると、大きい画像を開きます)

出札口も綺麗に保存されています。

綺麗に保存されています
(クリックすると、大きい画像を開きます)

地元の方々に愛されているんだなぁと感じました。このように綺麗な状態で保存していただき、本当にありがたい事です。

計量機、貨物列車が運転されていた事を物語る
(クリックすると、大きい画像を開きます)

使われなくなって何年、いや何十年経つんだろうか。

木製ベンチ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「建部驛」と同じく、駅名表も何とも言えない味わいですね。

木製ラッチ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

木製のラッチが残っているとは、まさに奇跡的だと思います。

957D 三色団子
(クリックすると、大きい画像を開きます)

津山線に戻って。957Dは「ノスタルジー編成」+別の2両と予想していましたが、まさかの「ノスタルジー」編成+岡山色+首都圏色の三色団子でした。

亀甲駅
(クリックすると、大きい画像を開きます)

建部駅や美作滝尾駅は「木造駅舎の渋い建造物を楽しむ。」のが目的でしたが、亀甲駅は「何じゃ甲羅(こうりゃ)ー。」と驚いていただくのが目的でした。

前に訪問した時には修理中で、時計が外されていた記憶が蘇りました(苦笑)。その珍しい姿も思い出の一ページかな。

亀の三段タワー
(クリックすると、大きい画像を開きます)

亀の三段タワーオブジェ。こんな風に亀の上に亀が乗るとかないだろーと思っていたら、駅舎の中で飼われていた亀がまさにこの状態でした(笑)。

日本の棚田百選「大垪和西(おおはがにし)」にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

近くに日本の棚田百選があると教えていただき、立ち寄る事にしました。まずは「大垪和西(おおはがにし)」にて。

水を張るのが早いです
(クリックすると、大きい画像を開きます)

津山線沿いの田んぼではまだまだ水を張る気配がありませんでしたが、ここでは観光者向けサービスなのか?早くも水が張られていました。

相当な苦労をされて開墾されたのでしょう
(クリックすると、大きい画像を開きます)

それにしても、このような山中にこれだけの棚田を作るとは、相当な苦労をなさったんだと思います。

田植えも終わったようです
(クリックすると、大きい画像を開きます)

水を張るばかりでなく、田植えが完了した田んぼもちらほらと。

俯瞰気味に撮影
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ちょっと雲が増えてきたのが惜しまれます。夕陽を背後から浴びていたらさぞかし美しかった事でしょう。

新芽だから赤いのだろうか?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ちょっと早い紅葉…って、いくらなんでも早すぎですね。

水鏡
(クリックすると、大きい画像を開きます)

水鏡に挑戦。

アヤメだろうか
(クリックすると、大きい画像を開きます)

色々な所に、様々な種類の花が咲き誇っていました。

日本の棚田百選「北庄棚田」にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今度は「北庄棚田」に移動して撮影。実際には列車の写真より棚田の写真の方が多いです(苦笑)。

レンゲ畑にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

レンゲ畑。

あえてパンフォーカスにならないように撮ってみた
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ティルト・シフトレンズがないとパンフォーカスにならないかなーと思いつつ、あえて望遠レンズで帯状に一部だけピントが合うように撮影してみました。

アザミの花
(クリックすると、大きい画像を開きます)

アザミの花。

タンポポの花
(クリックすると、大きい画像を開きます)

タンポポの花。マクロ撮影は難しいですが、上手く撮れるとこれまた面白いですね。



思い付き無計画遠征にご同行いただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : キハ47 キハ40 キハ120 DF50 DD13 DD15 DD51 DE50 DD16


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

(匿名)様、こんばんは

(匿名)様>
こんばんは。ご来場&コメントいただき、ありがとうございます。

棚田の存在は全く知らず、ご同行いただいた方に教えていただきました。知らなければあっさり引き上げてUターンラッシュに巻き込まれていたかと思います。

今回は花が一番撮影枚数が多かったです。次に多かったのが駅舎の撮影でした。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する