DD51-853(原色)、EF64-1006+EF64-1016(原色重連)などを追って

先日にも記しましたとおり【まだまだ本調子ではない】ためブログの更新も滞りがちです。いつも更新が遅いじゃないかなんて真っ当なツッコミはしないでくださいお願いいたします。



6日(土)に愛知EF64の運用表を上から眺めていたところ、A58(=中央西線で重連を組む仕業、下り列車の前機)にEF64-1006原色が入っている事に気付きました。

「ふーん、中央西線に原色が入っているんだ。」

さらに下に目をやると、A68にEF64-1016原色が入っていました。

「ほう、もう一両原色が中央西線に入って…ん?」

…(つд⊂)ゴシゴシ。

A58にEF64-1006、A68にEF64-1016…。

……(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシ。

EF64原色が重連を組んでいるじゃないか!

お、おちけつ。ま、まだ慌てる事はない。自分が撮れるとは限らないじゃないか。そ、そうだ。そんな上手い話があるはずがない。

このまま順に下っていくと…土曜日のA59+A69、日曜日のA60+A70…。

日曜日の81レじゃねーか!

家で静養する予定だったのですが、体調が急回復。やれば出来るじゃないか!

という訳で、無計画に同行者を募って中央西線に向かう事にしました。



今回はノンビリ出発しましたが、少々光線が厳しい事を承知の上で我がままを言わせていただき中京地区に寄り道しました。狙いは…

1064レ(=EF200-10牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

かなり遅れていた1064レ(=EF200-10牽引)!…ではなく

2089レ(=DD51-853牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2089レ(=DD51-853牽引)でした。完全に個人的な話で本当に申し訳ありませんが、853号機は鵜殿貨物で1日2回撮影した事があるだけ。その後は長いお休みに入り(休車だった?)「再び撮影するチャンスもなく廃車になるのでは…。」と心配していた車両でした。

ようやく撮影できたのは嬉しいのですが、塗装がはがれていたりしてかなり痛々しい姿でした。果たして4回目の撮影チャンスは巡ってくるのだろうか。

5091レ(=EF66-102牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF66-30牽引と予想していた5091レですが、102号機に差し替えとなりました。それに気落ちしたのか、かなり残念な出来となってしまいました…。



ここからが本番、中央西線です。まずは3084レを撮影すべく北に向かいます。

特急「しなの」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

道路標識が目立ちますが、光線状態は申し分なし。さぁやって来い3084レ!

…が、来ない。

「信号が変わりましたよ!」
「え?」
「向こうの道路信号が…。」

というやり取りを何回か繰り返し、鉄道の信号は赤のまま…。どうも運休のようです。さすがに無計画、何てこったい…orz。

気を取り直して本命の81レ撮影に向かうものの、1回目の撮影はパンタグラフを切らしてしまう大失態。アイヤー…orz。

あ、あわるてことはない、【つ、次が本命】なんだから!

81レ(=EF64-1006+EF64-1016牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

81レ(=EF64-1006+EF64-1016牽引)。後ろが雪山ではなかったのは少々誤算でしたが、雲ひとつない青空!気分は最高、先程の失敗など完全にサヨウナラ。

一枚前と同所にて、別アングルのカット
(クリックすると、大きい画像を開きます)

もう一枚、横アングルでも撮影しました。

あともう一回ぐらいは撮影できそうですが、ここからさらに山深くなっていきます。完全に日陰になっているだろうなぁと半分諦め気味で行ける所まで行ったところ…

81レ(=EF64-1006+EF64-1016牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!まさかの夕陽を浴びた状態が撮影できました。



動画も併せて撮影しました。いやはや、予想以上の収穫を得る事が出来て(私的には)大満足!最後の写真は原色重連じゃなくても良くね?という気がしなくもありませんが、細かい事はこのさい横に置いておきましょう。



急な無計画遠征にも関わらずお付き合いくださいました皆様、情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF200 DD51 EF66 383系 EF64


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント

No title

こんにちは。
最後の1枚素晴らしいですね!先日の遠征前に拝見していたのに、話題に出来ず後悔しています。以前にアップされていた総社-豪渓の3083レも夕陽に照らされて印象に残っていますが、今回はそれ以上の1枚ですね。
拡大して拝見して全編成が収まっているところに、技術力を感じました。
鉄道写真は、理論とセンスがすべて。キャリアの浅さは関係ないという、持論のいい見本です。

ひよこ様、こんばんは

ひよこ様>
ご来場&コメントいただき、ありがとうございます。

まさかここで夕陽が当たっているとは予想しておらず、本当にラッキーな一枚でした。途中で引き返さずに現地確認してみて良かったと思います。

編成長は、何回かここで撮影しているので(飽きないのか?というツッコミが入りそうですが)、多分入るだろうとは思っておりました。

今から考えたら、もう少し俯瞰ではなく下に降りて撮影した方が背景の建物が隠せて良かったかなぁ…という気がしなくもありませんが、後から色々と気にするのは良くないと割り切る事にしました。

ちなみに、理論とセンスは先日の北海道遠征で皆無である事を思い知らされてしまいました…(涙)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する