超望遠撮影練習

午前は所用がありましたが、思いの外天気が良かったので午後から近場で撮影する事にしました…が、午後になったら雲が増えてくるというのは鉄道撮影あるあるです。

1081レ(=EF210-132牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1081レ(=EF210-132牽引)。聞いた記憶がない列番だな…と思って調べたところ、本来は吹田7時23分着の列車らしいです。最近は朝に撮影に行かず、夜にばかり撮影に行っているので夜間の列番しか記憶にありません(汗)。約6時間の遅れという事になります。

5087レ(=EF65-2083牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

逆にこっちは定時で来た事に驚いた5087レ(=EF65-2083牽引)。今までこのアングルで撮影した結果の中では一番ピントが(これでも)マシなのですが、前面に光が当たらずに機番が読み取りにくいですね(汗)。

この天気なので、色々と実験してみようと思い立ちました。「パンタグラフを切れるのを承知で、もう少し手前まで引き付けたらどうなるだろう?」と。

8057レ(=EF210-16牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これまた大幅な遅れでやって来た8057レ(=EF210-16牽引)。当然ながらパンタグラフは切れるのは分かっていましたが、より迫力が出て、意外とこれはこれでありかもしれない。

223系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

電車の方がさらに違和感が小さいかな?



情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、どうもありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF210 EF65 223系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する