北海道遠征(後編)

←前編はこちら】。

前編の10/30(金)~31(土)に続きまして、後編は11/1(日)の模様です。前編では8071レ1回目の撮影で後補機を切らすという大失態をしてしまったため、絶対に切れないであろう「白滝発祥の地」を選びました。

8071レ(=DF200-115+DF200-113プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

しかし、どうにも天気がスッキリせず、ISO感度もかなり上げざるを得ない状況です。ここで流し撮りする訳にも行きませんし、どうしたものかな…と思っていたら「動画を撮るという手もありますよ。」とアドバイスを頂きました。なるほど!

…で、どうやって撮ればいいんでしょうか?(ぉぃ)このレバーを倒せばいいのか?設定はどうすればいいんだ?

そんなこんなで、結局は普通に撮影する形に落ち着いてしまいました。

8071レ(=DF200-113+DF200-115プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遠軽駅で編成の前後が入れ替わった所をもう一枚。

うん、これで両エンドがちゃんと揃ったので、次の146キロポストで動画撮影に挑戦してみよう!先に書きましたとおり「どうやって撮るんですか?」すら知らないので、完全にぶっつけ本番です。

…どこからどう見てもただの無謀なアホです。本当にありがとうございました。



普段の撮影以上にツッコミ所しかありませんが、常紋峠に挑む8071レの力強さは記録できたかと思います。ド素人の思い付きにも関わらず、ちゃんと記録を残してくれたカメラには感謝です。

廃バス待合室が有名だった生野駅
(クリックすると、大きい画像を開きます)

常紋峠から下ってきた際に、以前から気になっていた生野駅に立ち寄ってみました。この駅は廃バスによる待合室が有名だったのですが、それすら撤去されてしまったようです。

待合室もなくなり、朝礼台の駅のみとなってしまいました…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前編に出てきた上白滝駅や旧白滝駅】もビックリの簡素さです。巷では「朝礼台」などと言われているそうです。

来年3月に白滝シリーズ3駅に金華駅の廃止となる見通し】らしいですが、生野駅も風前の灯のように思えてしまいます。



この後をどうするか同行者とご相談。

昨日はあっさり完売してしまった、100食限定で復活した岡村べんとう屋の「かにめし」を食べてみたい。

しかし、11D「オホーツク1号」は白坊主先頭が濃厚なので撮影してみたい。究極の二択です。

散々迷われた結果、「かにめしに並びます。」との事。

「だったらカメラをお借りして、私の分と二台体制で撮影してきてあげましょう。」と申し出てみました。「かにめし」は食べられるし、白坊主先頭のオホーツクも記録に残るしといいことづくめじゃないですか!我ながら何と素晴らしい提案をしたのでしょう。頭が切れる、しびれるぅ~!

…どう考えてもお前が白坊主を撮りたいだけだろうというのは禁句です。

そんな訳で二台体制で撮影してきたのですが、二台のカメラをセットする台のネジが見つからず(普段使わないので全く確認していなかった)。失敗する可能性が高い自分のカメラは広角側に三脚でセットし、お借りしたカメラは望遠手持ちで撮影する事にしました。

果たせるかな、お借りしたカメラの方は殺されん程度の出来には撮影できたかと思いますが、自分の方はシャッターを切るのが間に合わずに沈没(死)。図々しい事を申し出た報いだと思います。

後から考えたら、石北貨物と同じように動画撮影にしておけば良かったじゃないかと気付いたものの後の祭り。

遠軽駅開駅100周年記念イベント時に入線してきた「オホーツク」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遠軽駅に戻ってくると、ちょうど遠軽駅開駅100周年記念イベントの真っ最中でした。式典の対象に選ばれた「オホーツク4号」入線時の模様です。

…こういうスナップ撮影、編成写真以上にヘタだな(汗)。

5両のうち4両が廃車され、残り1両となったキロ182-9
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「この車両、貴重ですよ!」と教えていただいたので記録しておきました。全くもって無知なのですが、この形式は1両しか残っていないそうです。先の白坊主といい、貴重な車両の宝庫なのですね。

遠軽駅開駅100周年記念式典を横目に
(クリックすると、大きい画像を開きます)

華やかな式典とは無縁なキハ40と転車台。

鏡の中にもキハ40
(クリックすると、大きい画像を開きます)

鏡の中にもキハ40。

手前はレール、奥は木材で屋根を組んでいます
(クリックすると、大きい画像を開きます)

開駅100周年という事で、施設もかなり年季が入っています。途中で屋根が増設されたのか、手前はレールで、奥は木材で屋根が組まれています。

開駅当時から変わっていない?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

跨線橋の天井も、かなり年季が入っているようです。

廊下も年季が入っています
(クリックすると、大きい画像を開きます)

廊下も味がありますね。

二度と回る事はないであろう転車台
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遠軽駅に明るい時間帯に来た事がなかったため(汗)、転車台があった事すら知りませんでした。最初は「DE10でも回すのか?」と思ったのですが、線路が繋がっていないようです。この転車台が回る事は二度とないのでしょう。



ここまでで石北本線の撮影は終了!新千歳空港に向けて出発したのですが、札幌駅で「北斗星」をあしらった記念入場券が買えるとの噂を小耳に挟んだので寄り道。

曇りなきブルーモーメントを背景にして
(クリックすると、大きい画像を開きます)

寄り道ついでに、ブルーモーメントを背景にした写真も撮影しておきました。この撮影の影響により新千歳空港では物凄い勢いで味噌ラーメンを食べる羽目になったのですが…(またか!)。



相変わらずの無計画遠征にご同行頂きました皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DF200 キハ183 キハ40 733系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント

こんにちは。
2日目も緩そうだったのが、十分伝わってきます(笑)
地元民ながら「運転が面倒だから」と、緩い志しで同行させてもらいました。内心キレそうなんて滅相にない!(笑)
撮影ポイントは板さんにおまかせで、イカが出ようが、玉子が出ようがなんでも来いでしたが、ホントにカニ飯が出そうでした(笑)
「キロ9」ゲットされたのですね。平車の未改造グリーン車として、現存する最後の1両らしいです。
ポイントおまかせの次は、カメラもおまかせ。真剣に検討したいです!

ひよこ様、こんばんは

ひよこ様>
ご来場&コメントいただき、ありがとうございます。

2日目も1日目とほぼ同じ感じでした。石北貨物を3回撮影したのが「少し頑張ったかな?」程度です。

この辺り(特に上川~白滝間)とか、何とかなるでしょという極めて適当な感じでしたが、かろうじて何とかなった気がするのは幸いでした。

「キロ9」、貴重な車両という事前知識すらなく、教えていただかないと普通にスルーするところでした。危ない危ない。

次に北海道にお邪魔する際にも、計画を立てているようで「現地でロケハンする」の一文で片付いている状態だと思います(苦笑)。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する