北海道遠征(前編)

全然写真の現像が追いついていないですが(汗)、先週金曜日~日曜日にかけて北海道に行ってまいりました。

関西発の飛行機も手荷物検査場を離陸10分前ギリギリに通過というスリリングな状態。そんなに多忙な身でもないはずなのに、何でこんなに切羽詰まっているんだか(苦笑)。



新千歳空港到着後「新札幌駅で『はまなす』を撮れればいいな。」と皮算用をしていたのですが、出遅れて間に合いそうにない。「対向式ホームの駅で、少しは明かりがありそうな駅はないか?」と駄目元で目的地を変更しました。

733系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「暗い」「(通過速度が)速い」。「(線路が)遠い」こそないものの、かなり条件が厳しいです。これは決まりそうな気がしない。

3098レ(=DF200-112牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

案の定、3098レは機番が読めただけ儲け物というレベル。私の腕では無理ゲーレベルに近く「これはゴースト云々を言えるレベルではない。」という事で方針を転換。

202レ「はまなす」(=DD51-1143牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ゴースト覚悟で奥の方で狙いました。無理な物は仕方がありません。

しかし、撮った瞬間は全く手ごたえがなく「こりゃー無理だ。」と思ったのですが、後で確認したらDD51-1143と機番を読む事が出来たし、ヘッドマークも「まぁ、ギリギリ読めるかな?」レベルだったのは不幸中の幸いでした。

DD51-1143は本務機はおろか次位ですら撮った事がなかったので、記録に残っただけでも喜ぶところだと思います。

この後は札幌と旭川でご同行いただく方々と合流しました。私が「はまなす」を撮影していたために後行程に遅れが生じたのは公然の秘密です(ぉぃ)。



いつものようにマルヨで遠軽へ。【石北貨物1回目の撮影は100キロポストから】が定跡だったのですが、後ろの樹木が成長していてかなり苦しい構図になってしまいそうです。

という訳で、別の場所を探して撮影。いい感じのカーブを見つけ、頑張れば電線も回避できそうだったのですが…電線を気にし過ぎて画角を狭くした結果、後補機が切れるという大事故が発生(号泣)。これはひどい。

しかし、凹んでばかりもいられない。次が本命の撮影地、146キロポストです。今回ご同行頂いた皆様は初めてのポイントのため、ロケハンの時間も確保するべく無理のない範囲で急ぎます。

私は【過去の】【撮影結果】から「こんな感じだろう。」と狙いを絞って待つ事にしました。

8071レ(=DF200-2+DF200-108プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8071レ(=DF200-2+DF200-108プッシュプル)。何なんですか、前に撮影経験があるのにカツカツとはどういう事かと小一時間説教ですね…。

次は「オホーツク1号」です。前日の16D「オホーツク6号」網走方が白坊主だったらしく(情報1)、前日に苗穂に見学に行かれた際に白坊主がアイドリングしていたらしいので(情報2)、11D「オホーツク1号」が白坊主だろうと期待して待つ事にしました。特に白坊主の走行シーンを撮影された事がない方は気合十分!さぁやって来い白坊主。

11D「オホーツク1号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…カーブの向こうから列車の姿が見えた瞬間、チラリと横を見たら「あれ…?(´・ω・`)」という顔文字そっくりの顔が。

しかし、アイドリングしていたという目撃情報があるから、次の13D「オホーツク3号」なのは間違いないはず!と励まし、ロケハンや道草などを開始しました。

上白滝駅
(クリックすると、大きい画像を開きます)

以前に寄り道した事がある上白滝駅。

伝説の時刻表
(クリックすると、大きい画像を開きます)

伝説の時刻表。初電は終電…ではなく、初ディーゼルは終ディーゼルです。わざわざ上白滝駅に寄り道したのは、来年3月の廃止見込みとの情報が入ってきたからです。この貴重な一本を利用していた学生さんが卒業したから…という風にしか見えないのが恐ろしい。

スラントノーズ現る
(クリックすると、大きい画像を開きます)

極端な話、この区間になると「どこでも撮影地」状態です。

どちらかが垂直に立っていない
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今度は旧白滝駅に寄り道。待合室と白いプレハブ、どちらかが明らかに傾いている気がします。それとも私の目が歪んでいるのか…?

(つд⊂)ゴシゴシ

(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシ

…メガネをもう三個ほど重ね掛けする必要がありそうですね。

国鉄よ永遠なれ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

待合室の壁に描かれていた落書き。20年以上前の落書きか?

電球もいい味出してる
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一定の暗さになったら、この電球もちゃんと灯るのだろうか?

白坊主来たー!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

13D「オホーツク3号」。予想通り白坊主キタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

白樺の林とセットで
(クリックすると、大きい画像を開きます)

どこかで撮れる場所がないかをロケハン。全員の目が合って「あの白樺の林、いいですよね。」で即決定。

ここまででお一方が解散。どうもお疲れ様でした。

北見駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

残ったメンバーで8074レ石北貨物の撮影です。まずは北見駅に偵察に行きました。

17時でも暗い事を示すために時計を入れて撮影しましたが、後から見たら物凄くアリバイ作り臭のする一枚になっていますね(汗)。最近はデジタルカメラになったので写真合成も容易になりましたが…。

8074レ(=DF200-108+DF200-2プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

荷役線から出発線に移動したところを撮影。

ディーゼルの先輩後輩が並ぶ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ディーゼル車の先輩後輩が並ぶ。「今の時代、ECOを訴えないと肩身が狭いですよ。」と声高に主張する後輩でありました。

白坊主、疾走!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先程撮影した白坊主が戻ってきました。かなり怪しい出来ですが、これでも以前に挑戦した時よりはマシになった気がします。以前がひどすぎただけ、が正答だとは思うのですが。

遠軽駅開駅100周年!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

北見駅から遠軽駅に移動して撮影再開です。明日11月1日(日)で開駅100周年を迎えるらしく、お祭りムード一色でした。

明日で遠軽駅は100歳を迎えます
(クリックすると、大きい画像を開きます)

このような立派なプレートも掲げられていました。

まさかの記念入場券即完売…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

31日~1日に遠征する事を元々決定しており、偶然も偶然、この2日間に記念式典が行われたり記念入場券が発売される事が後から分かった次第です。

そんな訳で「記念入場券だけでもゲットしたいですね。」と、石北貨物撮影後、9時30分頃に一旦遠軽駅に寄り道したのですが、もうその時点で売り切れ…orz。300セット限定、お一人様5セット制限であっさり売り切れとか、恐ろしい…。

開駅100周年を迎えた遠軽駅なので、何か歴史を語る物はないかと探してみたところ

「紋別・名寄方面」が点灯する事は、二度とない…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ありました、ありました。

残念ながら「紋別・名寄方面」が点灯する事は二度とありません…。

のりば案内操作盤
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今まで見落としていた「のりば案内操作盤」にも

ここにも歴史を偲ぶ物が
(クリックすると、大きい画像を開きます)

名寄本線の名残が残っていますね。

8074レ(=DF200-108+DF200-2プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ラストは石北貨物8074レ(=DF200-108+DF200-2プッシュプル)。停止目標が見当たらず、毎回「どこに停まるんだ?」となるので、今回は余裕を持たせて待つようにしました。

後編に続く→】。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 733系 DF200 DD51 キハ183 キハ40


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント

お疲れ様でした〜。
遠征先でも安定の流しですね!あれだけ止まっていたら、OKだと思うのは当方だけでしょうか。
当方、臨貨の1/13流しは、プレートではなくデッキが止まってました。

146kpは当方も同じような感じでした。当然ですね(笑)でもキッチリ寄せるのは悪くないと思います。
攻めてる感じが出てて。
お写真拝見して、オホーツクは全体的にもっと引いて撮るべきだったと再認識しました。

今回は、自分ひとりだとオホーツクもあんなに撮れなかったでしょうし、距離的には同じ道南に比べて、(眠いか待ち時間が退屈で)あまり気乗りしない石北を楽しく過ごせました。
ありがとうございました。

こんばんは。

北海道は毎年恒例になってきていますね。私も参加してみたいものです。。。

DD51がDF200になっても、石北貨物自体の魅力はそのままですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

皆様、こんばんは

ご来場&コメントいただき、誠にありがとうございます。返信が遅くなりまして大変申し訳ございませんでした。

ひよこ様>
関西から無計画にやって来るというアホにお付き合いいただき、誠にありがとうございました。内心、キレそうだったのではないかと心中お察し致します(だったら計画を立てろと小一時間…)。

多分、今の私に出来る最善は尽くせたかと思います。より広角でゴーストを回避してかつ止めるのは、ちょっと今の私には無理です。

手ごたえゼロだったので、運が良かっただけというのは気になりますが(苦笑)。

146キロポスト、入るという確信はありましたが、ここまでピッタリとは思っておりませんでした。かなり読みが適当でした。リベンジは来年の秋?(笑)

こちらこそ、色々と楽しいお話を聞かせていただきまして本当にありがとうございました。またこちらにお越しの際にはお声掛けください。色々とご案内させていただきます。

hayate様>
最初はDD51石北貨物が撮れれば「お腹いっぱい。」になるはずだったのですが、大自然の素晴らしさにノックアウトされてしまいました。

ご指摘の通り、牽引機が変わろうとも列車自体の魅力は変わらぬままでした。その事を確認もせずに「石北に挑戦するのはこれがラストだろう。」などと言っていた自分を恥じるばかりです。

(匿名)様>
おかげ様で、無事に白坊主も捕獲できました。天候が若干すぐれなかったのは残念と言えば残念ですが、猛吹雪にならなかっただけマシかと思います。

我々もまたいつか北海道に挑戦してみたいと思っております。今度は北海道でバッタリとお会いしたりして?(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する