山陰トワイライト(2回目)

先週の山陰トワイライト(1回目)】に続いての遠征です。前回は様子見で、今回からが本番です(何)。



いつもと同じ感覚で出発したら、朝の3時に米子に着いてしまいました(汗)。朝から一ヶ所に張り付いて場所取りする訳でもなく、まずは仮眠です…zzz…。

5時に起床して、山陰本線のロケハン開始です。伯備線はこの後に長いお付き合いになりそうなので後回し。

キハ47
(クリックすると、大きい画像を開きます)

良さげな橋梁を見つけて撮影してみる。まだ右手前側に森の影が出ているので縦アングルにて撮影。

雲ひとつない天気。「これは来た!今日は一日、素晴らしい日になりそうだ。」という予感がしてきました。

キハ126
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ126なのかキハ121なのかよく分からんが(ぉぃ)、ラッピング列車がやって来ました(適当)。

特急「スーパーまつかぜ」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

午前中のメインターゲットとなる列車を狙うために移動しました。

キハ126
(クリックすると、大きい画像を開きます)

とは言うものの、スジは全く分からない(汗)。同業者の姿も見られないので「本当に予想は当たっているのか?」とかなり不安になりました。

ファッ?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ファッ?

当然のように不意打ちで沈没。次回への申し送り事項が一つ増えました。

115系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本当に雲ひとつない快晴。やたら暑いという別問題はありますが、雨にビクビクするよりはよっぽど気分もよろしい。普段は何だかんだ言われる黄色い115系でも「おー!明るくていいじゃん。」と言い出す始末です。

しかし、肝心の狙いはやって来ない…。カンピュータがいつも通りに熱暴走したか?と諦めかけた矢先

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)。【先週は駄目元で待ってみたら現れた】山陰トワイライトの送り込みです。本当にキタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

一度見つけたら話は早い。ここからは経験と勘、そして希望的観測(汗)を頼りに、停車駅と光線状態を予測しながら先回りです。

2回目はロケハン不十分によりボツ…って、いきなりかい!

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3回目。うひょーカッコいい!

特急「やくも」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

貨物列車を撮影していた時に気になった場所で待ってみました。貨物列車だと明らかに編成が切れますが、重単ならばギリギリ入ってくれそうです。

側面が暗くなりそうですが「一番DD51が苦労しそうな場所だから、一番ゆとりのある時にやって来るだろう。」という事に期待(というより妄想)して待つ事しばし。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)。やっぱり側面には完全には陽が回りませんでしたが、それを除けばほぼ想定通りに撮れたので満足です。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

溶けてしまいそうなぐらいの猛暑なので、気分だけでも涼しくしようという深層心理が働いたのか?高梁川と背景の山々を大きく取り入れて撮影。このように撮影してもちゃんと存在をアピールするDD51重単の存在感は素晴らしいです。



ここで、撮影地でご一緒させていただいた方とお話させていただきました。この後の単9876レスジをご存じじゃないかなー、あわよくば教えていただけないかなーと図々しい事を考えていましたが、残念ながらご存じではなく。それどころか山陰トワイライトが運転される事すらご存じではなく、たまたま伯備線に撮影に来られたとの事。単9876レも「偶然やって来たので驚いた。」、列車で来られた際に「沿線に人が多いのでビックリした。」そうです。

何という幸運な方でしょう!世の中、そんなラッキーな方もおられるんだなーと感心しました。

せっかく仲良くなったので「これから山陽本線の方に撮影に行くつもりですが、一緒にいかがですか?」とお誘いしたところ、ご同行いただける事となりました。旅は道連れ世は情け。私も朝から撮影しとおしだったので目に見えない疲労が溜まっているかもしれず 事故時に天国への道連れも居てもらった方が(略) 話し相手をしていただける方が居てくださるのは渡りに船というものです。

単9761レ(=EF65-1135)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

山陽本線に転線してきたところ、ちょうどやって来た単9761レ(=EF65-1135)。先週は不意打ちを食らって沈没しましたが、今回は「一応」撮影できました。「一応」付なのは、背景の電柱処理を明らかに失敗したからです(泣)。

115系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

見慣れた115系黄色などで様子を見て、いよいよ本番です。

9033レ(=DD51-1179+DD51-1186牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9033レ(=DD51-1179+DD51-1186牽引)。諸般の事情により設定をミスしましたが(死)、何とか「後藤DD51が重連でトワイライトを牽引しているらしい。」事は分かるレベルには記録できました。

構図も上スカで失敗していますが、記録できただけ御の字という事でお許しください。DD51牽引の客車列車は難しいです…。

3083レ(=EF64-1028牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再び伯備線に戻ってきての3083レ(=EF64-1028牽引)。

先週撮影時に「ここら辺が良さそうだ。」とアタリを付けていた場所です。どうも線路際が良さそうなのですが、到着した時には既に満員御礼状態(汗)。天気が良い事もあり、狙いを変えて思いっきり広角側から狙う事にしました。

特急「やくも」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

特急「やくも」。手前まで引き付ければ、ギリギリDD51重連に架線柱を引っかけずに済みそうです。

115系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

115系。背後の建物も、ちょうど良い塩梅に列車で隠せそうです。

特急「やくも」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再び特急「やくも」。右側のビニールハウスをどうするか最後まで悩みました。「編成を入れるため、ビニールハウスについては諦める。」「編成は諦めて、右のビニールハウスもカットする。」どうしたものか。

115系カフェオレ色
(クリックすると、大きい画像を開きます)

珍しく黄色くない115系がやって来ました。

これらの撮影結果を踏まえて出した結論は

9033レ(=DD51-1179+DD51-1186牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9033レ(=DD51-1179+DD51-1186牽引)。右側のビニールハウスはカットせず、可能な限り広角で撮影する事を選択しました。天気が素晴らしくて雲ひとつない青空。美しい背景の山々。これらの魅力は捨てがたかったからです。

ちゃんと下関行き方向幕もあるんですね
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ご同行いただいた方とは途中でお別れし、再び単独行となりました。

この後は休憩しながら米子まで追いかけました。…が、米子駅に到着した時にはDD51は既に切り離されてしまっており、しかも「駅を閉めるまで列車に動きはありません。」とのアナウンスが。

結局、下関行きの方向幕だけ撮って撮影終了となりました。わざわざ米子まで来た割には合っていない気もしますが、これも思い出の一部でしょうか。

いきなりの申し出にも関わらずご同行いただきました方、情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。



追伸>
翌日の模様は【こちらをご覧ください】。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : キハ47 キハ126 キハ187 115系 DD51 381系 EF65 EF64


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する