再・中京地区遠征(前編)

「北海道に来ませんか?」とお誘いを受けたのですが、【さすがに先月に続いて】の渡道は予算的にキビシイものがあり泣く泣く断念。

「天気も悪いし、どうしたものかなー。」と思っていたところ、運用表を見ていてある事に気付きました。

2083レ(=DD51-825牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

どこに向かったのかと言いますと、再びの中京地区です。【先週に行ったばかりじゃん!

いつもは中京地区をグルグル巡るのですが、今回は一ヶ所に留まってひたすら撮影する事にしました。狙いの列車が午前と午後にバラけている事もありますが、雨模様なので移動するのが面倒だったというのが一番大きい理由です(ぉぃ)。手抜きと言われても仕方があるまい。

99レ(=DD51-875牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

99レ(=DD51-875牽引)。ここまでは微妙にズーム流し撮りで撮影していますが、シャッタースピードが早すぎてサッパリ分かりませんね(汗)。躍動感を出すためというより、暗すぎてどうしょうもなかったという方が正確ですので…。

3095レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3095レ(=EF66-30牽引)。夕方に目的の列車を牽引する事になります。

4084レ(=EF66-21牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4084レ(=EF66-21牽引)。この後に目的の列車となります。

試9566D(=キヤ95)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

突然現れたキヤ95。なんか【前にもこんなパターンがあった】ような。

95レ(=DD51-889牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

95レ(=DD51-889牽引)。

5271レ(=DD51-1802牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5271レ(=DD51-1802牽引)。やっぱり今の時期の石油列車はDD51単機牽引ばかりです。

5580レ(=EF210-130牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5580レ(=EF210-130牽引)。白ホキです。

1554レ(=EF64-1027牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1554レ(=EF64-1027牽引)。

試2751レ(=DD51-875+DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

非常に地味な列車のため、毎回撮り忘れる試2751レ。今回はDD51-875+DD51-1805+タキ+コキという豪華編成(?)でした。【前回撮影した1805号機は微妙でした】が、これでようやく走行シーンを撮影できた事になります。

5052レ(=EF66-116牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5052レ(=EF66-116牽引)。

1353レ(=DD51-889+EF66-21牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先に4084レを牽引したEF66-21を従えて、DD51-889先頭で1353レがやって来ました。今回遠征の一つの目的が「DD51先頭、次位EF66-0番台の異種重連列車を撮る。」だったので目的達成!

…と思っていたら「中京地区の主役はDD51ではなくて私!」と普通列車が しゃしゃり出てきて 踊り出てきました。複々線区間で撮影していると、こういう事もあります。

1064レ(=EF200-12牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1064レ(=EF200-12牽引)。

2085レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2085レ(=DD51-852牽引)。【先週】に引き続いての852号機です。EF66-30と同じく、中京地区遠征と相性が良いようです。

1653レ(=EF64-1047牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1653レ(=EF64-1047牽引)。多治見貨物です。

1550レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1550レ(=EF66-30牽引)。ここのところ撮影回数が多い30号機です。

8660レ(=DE10-1562牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8660レ(=DE10-1562牽引)。後ろにキヤ97を連れています。

しかし、キヤ97が走っても人は集まらないのに、似たような形のクルクモルが走ると話題になる。この違いはなんでしょうか?

かくいう私も、後ろから来ているキヤ97単独走行シーンは撮影しようとする気すらなかったのですけれど…(苦笑)。

2087レ(=EF200-12牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2087レ(=EF200-12牽引)。EF200も貴重になりつつあるので、しっかり撮影しておきたい被写体です。

5085レ(=EF210-901牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5085レ(=EF210-901牽引)。EF210試作機である901号機もそれなりに貴重なはずなのですが、今回は他の狙いがあって「あ、901号機も来るんだ。」という、かなりのついで感覚です(汗)。

2089レ(=DD51-889牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2089レ(=DD51-889牽引)。先の2085レ(=DD51-852牽引)よりかなり積載率が良かったです。前に撮った時もこうだったので、2085レはコンテナ車の回送を兼ねた列車、本命は2089レのようです。

写真の枚数が多くなってきたので、一旦はここまで。【後編に続きます】。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 EF66 キヤ95 EF210 EF64 EF200 DE10 キヤ97


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント

気にかけていただいて

こんばんは。
たまに行くから、いいんですよね。
ひと月に2回も、北海道からそちらに行く方がどうかしてるんですよね(笑)
釜のバリエーションが沢山あって羨ましいです。海峡のついでに夕方までいてもEH-500は全部3次車でした(泣)

ひよこ様、こんばんは

ひよこ様>
ご来場&コメントいただき、ありがとうございます。

いやー、私も金銭面がクリアできれば是非とも行きたかったです。ビンボー暇ナシですので、なかなか北海道には気軽に行けません…。「海峡」以外に「カシオペアクルーズ」もあったらしいと今更ながらに知りまして、悶絶しております(笑)。

ビンボー暇ナシの割に、稲沢には気軽に行っているじゃないか!と突っ込まれそうですが、やはり距離が…。

稲沢界隈は特別に種類が多いと思います。吹田もまだ豊富な方でしょうか。関西在住で両方に行きやすい事に感謝しないといけないのかもしれません。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する