北陸遠征

19日(金)に5099レを撮影した後】、そのまま北陸に遠征してまいりました。…1065レ(=EF66-27牽引)は運休だったに違いありません(泣)。



北陸遠征で早朝着となれば【雨晴海岸で「早朝着は三文の徳カット」を撮影する】と相場は決まっております。

雨晴海岸にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

氷見行きはハットリくん+チューリップをあしらった(?)ラッピング列車でした。

この後に戻ってきた高岡行きも撮影しましたが、雨が降ってきたりとかなりの悪条件だったので割愛。

2091レ(=DE10-3513牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

氷見線貨物の2091レ(=DE10-3513牽引)。原色キターと思ったら、【前回遠征にて、全く同じ場所で、全く同じ3513号機で撮影していた】という(汗)。いかんせん運転区間が短いのでロケハンのしがいがありません(言い訳)。



前回は氷見線貨物⇒速星貨物⇒二塚貨物とハシゴしましたが、ダイヤが微妙に変わっており速星貨物⇒二塚貨物のハシゴが出来なくなりました。という訳で、大人しく速星貨物は諦めて二塚貨物を撮影すべく移動。

首都圏色+謎ラッピング
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回来た時には工事中だった北陸新幹線も無事開業し、新高岡駅バックでの撮影となります。撮影記録を付けているのですが、前回は「高岡~二塚」間、今回は「新高岡~二塚」間となりました。同所で撮影したにも関わらず撮影区間が変更になった珍しいケースです。

まさかの首都圏色コンビ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

二塚貨物はほとんどコンテナが積載されておらずスカスカで運転されているという情報を得ていたので、圧縮効果を使って少しでも隙間を目立たないようにする事にしました。

そのようにセッティングしている時を見計らったかのように、首都圏色をまとったキハ40(2両編成)がやって来るというね…(苦笑)。

次はいよいよ本番です。前回は尻切れしたのでなかった事になったらしく(汗)、実質的に二塚貨物下りは初撮影となります。

9071レ(=DE10-1687牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9071レ(=DE10-1687牽引)。うーむ…噂には聞いていたが、予想以上にスカスカですね。

次なる狙いは、ナビにも掲載されていない中越パルプへの引込線での撮影です。早めに撤収してスイッチャー牽引区間に向かいます。

かなり半径の小さいカーブを見つけました。アウトカーブから撮る事により「手前側にスイッチャーと編成前半の空コキが写り、奥にコンテナが載った編成後半が写らないか?」と期待しました。

イメージとしては伯備線の総社~豪渓間↓

3083レ(=EF64-1016牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

のイメージです。総社~豪渓のように少し高い所から見下ろす訳ではありませんが、編成前半は空車が目立ったので大丈夫だろうと思いました。

そして現実↓。

9071レ?(=DB25-1牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…何だか、一番アカンところにコンテナが来てしまいました(汗)。これはひどい。

9070レ(=DE10-1687牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

気を取り直して折り返し9070レ(=DE10-1687牽引)を狙うも、こちらも空車が目立ちます。【前回は上下共に満載だった】のになぁ…。

撮影後に気付いたのですが、右奥に大量に車が停まっています。二塚貨物狙いの同業者の車列です(嘘)。

タラコ+焼タラコ(通称)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先ほど撮影した首都圏色コンビは高岡行きでしたが、折り返して城端に行ったのは確認していたので(残念ながら見る鉄…)、再び城端から戻ってくるんじゃないかと予想して待ってみました。見事に予想的中!

それにしても、1両目と2両目の色合いが違いすぎる…。2両目は見事なまでの焼タラコ状態です。

2093レ(=DE10-3513牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

二塚貨物の合間に、再び氷見線貨物の2093レ(=DE10-3513牽引)。「やっぱり同じじゃねーか!」ですが、微妙に線路に近付いて圧縮して撮影しました。本当にビミョーな違いですが。

本当は後ろの陸橋から俯瞰気味に撮影しようかとも考えたのですが、万葉線ブロックが怖かった事と、二塚貨物に向けてすぐに撤収しやすいという事を考えて同じアングルで撮影しました。今回のメインはあくまで二塚貨物だからです。

9073レ?(=DB25-1牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9073レ?(=DB25-1牽引)。どうやって撮るか直前まで迷いに迷い、スイッチャーらしさを出すためにインカーブから撮影しましたが、背景の処理を明らかに失敗しました(泣)。

それ以前のDE10牽引区間は…【前回は尻切れになりましたが】、今回は上切れになって即削除。ひ、ひどい…。

工場入りした9073レ?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

中越パルプに到着した9073レ?の模様です。正確には二塚駅から列番が変わっているかと思いますが。

この写真からも分かりますとおり、午後便はかなり積載率が良かったのです。それだけにDE10区間の大チョンボが痛すぎる…(号泣)。

中越パルプのシンボルと共に
(クリックすると、大きい画像を開きます)

製紙工場らしい煙突とセットで撮影しました。

DE10-1687の横顔
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DE10-1687の横顔です。

うーむ…積載率が(汗)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先ほどの9073レがかなりの高積載率だったので、折り返し9072レも高積載率を期待したのですが、世の中そう上手くは行きません。

9072レ(=DE10-1687牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今度は編成が分かっていたので、アウトカーブからDE10で空車を隠す戦略に出ました。準備が間に合わずにかなり怪しい出来ですが(汗)、とりあえずは意図した通りには撮影できました。恐らくこれが最後の二塚貨物撮影となってしまうでしょう。



以上で撮影終了!5056レ(=EF66-27牽引)を撮影するべくとんぼ返りしたのですが、19日(金)の1065レ撮影失敗から22時間30分後、見事に返り討ちにを食らってしまいました(号泣)。

遠征にご同行いただきましたM様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、情報をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : キハ40 DE10 EF64


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する