不眠で36時間

昨日の遠征の模様です。ちょっと別件で八鹿に行く途中で鹿を轢きかけるという、一歩間違えれば大惨事になるところでした。

高速代をケチってクネクネと山道を走行していて、カーブを曲がった出口で道の真ん中にデン!ですからね。親子連れで横断中で、後ろに子供がいたりしたら確実にアウトでした(汗)。



鹿の話は本題ではないのでこれぐらいにして。どうせここまで来たんだから、敦賀に寄り道してトワイライト~を撮って帰ろうと思い付きました。「八鹿も敦賀も、大阪から見たら北の方だから似たようなもんだろ。」といつも通りに適当に考えていたのですが、ナビに入力してみたところ150km近い距離が。

「200km以内だから、まぁ大丈夫か。」と考えるあたり、耐性が付いてきたのか、単にアホレベルがアップしただけか。別にメタルキング狩りをしている訳ではないのですが。

三方五湖などはすっ飛ばして敦賀に無事到着。敦賀ならば何か面白い機関車でも居ないかなとウロウロしてみたところ

手書き?の一休札
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DE15-1532を発見しました。一休扱いのようですが、外見的にはかなり怪しい。

上記写真、および以下写真は全て敷地外からの撮影です。

ラッセルヘッド(第1エンド側)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ラッセルヘッド(第1エンド側)。【北海道遠征時】に知ったのですが、ラッセルヘッドは共通で使いまわしするのではなく、機関車一両毎にラッセルヘッドが準備されるようです。

ラッセルヘッド(第2エンド側)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ラッセルヘッド(第2エンド側)。

第2エンド側の連結面
(クリックすると、大きい画像を開きます)

機関車とラッセルヘッドの連結面はかなり複雑です。

第1エンド側の連結面
(クリックすると、大きい画像を開きます)

反対側の連結面。どうも扉があるらしく、ラッセルヘッドの中に入って作業を行う事も出来るようです。

DE15-1532全体像
(クリックすると、大きい画像を開きます)

何とか架線柱にかからないように位置を調整して撮影。一休が解除されるのは秋の試運転開始時でしょうか。1532号機は動いている状態を一度も撮影した事がないので、一度は撮影してみたいものです。



敦賀観光が終了し(「普通の観光と言えば気比神宮とか気比の松原だろ!」というツッコミは厳禁です)、まだ時間があるのでロケハンしてみる事にしました。以前から気になっていた場所があるのですが、何度訪問しても道が分からない。なので1時間近く「あっちでもない、こっちでもない。」と登山しておりました。

初夏のような天気。そしてそれ以上の問題として、この時点で30時間近く不眠状態。そこに登山が重なって「これはまずい。」状態に。

しかも今回ロケハンしたのは上り9022レのための撮影地です。下り9021レをどうするか?という問題は残ったままです。色々と考えた末、以前から気になっていた場所で試し撮りをしてみる事にしました。

結果は…何だか微妙。夕方に貨物列車を縦アングルで撮影すれば良い感じになりそうかもしれません。

そして9021レを撮影後、即撤収!先程のロケハンで道が分かったものの、意外と敦賀折り返し時間は短そうなので山登りダッシュです。

9022レ(=EF81-114牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9022レ(=EF81-114牽引)。ロケハン時に朝の方が陽の状態は良さそうである事には気付いてましたが、今回はこの場所と心中する事に決めていました。考えるのが面倒になっていた訳ではありません。

しかし一挙に疲れが出てきたのも事実。9022レでご一緒させていただいた方も下山され、周りには誰もいない。一応はコンクリート橋からの撮影となりますが、橋につながる前後の道はけもの道のような山道になっていて車が来られるとは思えない。人の姿を見たのも先程ご一緒させていただいた方のみで、地元の方が通る姿を全く見ない。そして周囲に人家があるようにも見えない。

次の4076レが来るまでカメラバッグを枕にして横になる事にしました。幸いにも列車接近を示すブザーが鳴っているので(森の中をカーブしてくる線形のためと思われる)、列車が近付いてきたら撮影⇒横になる…という、今までの撮影行でもやった事のない事に挑戦しました。

そんな訳で、4076レの直前に来られた方には「何じゃコイツは…。」と思われたに違いありません。ビックリさせてしまい、大変失礼いたしました。この場にて謝罪させていただきます。

4076レ(=EF510-502牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4076レ(=EF510-502牽引)。後ろにカーブを描いてくれて良い感じです。朝の3096レや3092レで再挑戦してみたくなります。

どうもこの場所は有名撮影地だったようですが、山登りの末に自力で道を発見できた事が嬉しかったですね。こういう事があるとロケハンが楽しくなります。【いつぞやのようにトゲのある植物にハマってイテテ!】となると悲しいですが。

結局、帰宅してからも写真整理をしたりしていたので40時間近く不眠という。我ながらムチャクチャだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DE15 EF81 EF510


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する