湖北プチ遠征・二本勝負

九州からE様&MK様ご両名が金曜日(フェリー乗船)~日曜日の予定で来阪される事になりましたので、チーム関西のメンバーがこぞって集結し、プチ遠征を行いましょうという話になりました。

元々は先に予定が決まっていたのですが、何だかこの土日は色々と走りそうだという事になってお祭り騒ぎになりました。

しかし…個人的には色々とやらかしてしまいました(泣)。やらかし度合を5段階評価の☆で挟みつつ、時系列順に追っていきましょう。



まずは二本勝負の一本目、土曜日の模様から。

フェリーで到着されるご両名をナビゲートされるY様以外は現地集合です。しかし、どこで撮影するのかも具体的に決めていないという(汗)。とりあえず最初に到着したメンバーが偵察に行ったところ「いつも行く場所は既に一杯です。」との事。「本当かいな?」と驚く事しきりです。

次の候補地に移動し、各人が気に入った場所を見つけてトワイライト~を待っていると

<下り工9183レロンチキ(=DD51-1191牽引)が目の前を通過>
ダメージ:☆☆

まぁ、知らない物は仕方がない。

気を取り直してトワイライト~の構図をああでもない、こうでもないと考えているうちに時間がなくなり…

<上り9020レ「トワイライトエクスプレス」(=EF81-114牽引)撮影失敗>
ダメージ:☆☆☆☆

時間が分かっていながら失敗とか、油断以外の何物でもない。自分で自分を蹴りたいです。

5071レ(=EF66-21牽引)が下ってきているのですが、南彦根通過を知っておきながら…

<下り5071レ(=EF66-21牽引)をお見送り>
ダメージ:☆☆☆☆☆

九州からの客人が来られて楽しみにしておられたのに、通過時間の判断を誤るというとかもうね…。

逆向きの上りEF200牽引8056レ待ちだったのですが、これが微妙に遅れていた事が影響しました。

<上り8056レ(=EF200-6牽引)撮影失敗>
ダメージ:☆☆

構図をミスして水鏡が切れるという大失態をした自分が腹立たしいやら、情けないやら…。

ここまで全く写真が出てきていませんが、ようやく5087レ(=EF65-2067牽引)が撮影できると思ったら

4070レ(=EF81-721牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5087レスジで遅4070レ(=EF81-721牽引)がやって来ました。これはこれでラッキー?

しかし、こうなると5087レは1時間以上は遅れるだろうし、8865レも定時でやって来るとは思えないので諦め。次なる狙いの回9912レを撮影すべく移動すると…

<下り8865レ(=EF64-1026牽引+DE10-1517ムド)目の前を通過>
ダメージ:☆

8865レ、次なる撮影地到着と同時にまさかの目の前を定時通過。「ウソやん!」と絶叫してしまう始末。

まぁ、8865レはまた後で撮影する機会があるのでまだマシです。

回9912レ待ちでセッティングしていると

<下り新幹線をドクターイエロー通過>
ダメージ:☆

遠すぎて「あ。」という感覚。撮れなかった事自体は別にショックではないのですが「見る人を幸せにする。」という都市伝説が全く活きていない事が悲しい。

「俺、今日全く幸せになってないやん…(ボソ)。」

気を取り直して再び回9912レを待っていると

<下り5087レ(=EF65-2067牽引)背後から通過>
ダメージ:☆☆

他の皆様はとっさに狙われましたが、私は三脚据え付けでセッティングし直す事を放棄して不戦敗。アホとしか言いようがない。

そんなこんなで、ようやく回9912レのお出ましです。

回9912レ(=EF65-1124牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

物凄くベタな編成写真ですが、4070レに続いてようやくまだマシな一枚が撮影できました。これでもまだマシという事で、ここまでの惨敗ぶりは推察願います。一杯ヒントは出ておりますが(苦笑)。

ちなみに

<上り亀山配給(=DD51+キハ120)を見逃し>
ダメージ:☆

運転されている事には気付いていましたが、通過時間が分からないので諦めました。

次なる撮影地に移動して、8865レを再び狙います。

8865レ(=EF64-1026牽引+DE10-1517ムド)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

かなり怪しい出来ですが、先程の目の前で見逃しに比べれば撮れただけ御の字です。

本命のトワイライト~は【先週の出来がかなり怪しかった】ので(現地でご一緒させていただいた方にもしっかりと突っ込まれました・苦笑)、リベンジを果たすべく再挑戦。

9023レ「トワイライトエクスプレス」(=EF65-1132牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

うーむ、相変わらず微妙…。

この後は81レ~86レ~1080レにEF66-30が入っている事に気付き、再び移動です。

86レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

機関車の位置も編成最後尾もカツカツで、やっぱり微妙。我ながらヒドいな、おい(汗)。

この後は1080レの機回しを撮影すべく皆で移動したのですが、私だけ違う道を経由したためにはぐれてしまうという。そして時間になっても皆様は来られず、現地合流されたS様と1080レを撮影しました。

1080レ機回し(=EF66-30)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

久しぶりの機回し撮影です。相変わらずピシッとは決まっていませんが、ここまでの出来を考えると御の字です。

1080レ機回し(=EF66-30)・後追い
(クリックすると、大きい画像を開きます)

停まっている所を撮影したように見えますが、実は後追いズーム流し撮りです。架線柱が動いている事が動かぬ証拠です。写真では動いていますが。後ろの貨物列車は5088レです。

単1493レ(=EF65-2067)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単1493レ(=EF65-2067)。ダイヤ改正前の単1491レから微妙に列番が変わっています。

ダイヤ改正後に一度調査に来たのですが、その時は単1491レの時間になっても姿を見せず「列番が変わったから、当然ダイヤも変わった。」と思ったのですが、今回は単1491レと同じ時間に現れました。前回調査時は単に遅れていただけのようです。

単1493レ(=EF65-2067)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

意外とじっくり撮影した事がなかった、夜に停車中のEF65です。

ここまででようやく「少しは復調してきたか?」と思ったのですが

<皆様との夜間撮影で、見事に打率0割を達成!(泣)>
ダメージ:☆☆☆☆☆☆

五段階評価で☆6個とはこれいかに。しかし、それぐらいダメージが残る散々な結果でした。1080レ機回しを悠々と撮影していた報いだろうか? どう見てもただの実力不足です。本当にありがとうございました。 

ここまでで土曜日の撮影は終了です。ご一緒させていただきました来賓のE様&Mk様、遠征にご同行いただきましたA様(トワイライト~まで)、H様(夜間撮影で偶然ご一緒した)、Mj様、S様(夜間撮影から合流)、T様、Y様(以上、アルファベット順)、誠にありがとうございました。



日付が変わって日曜日。二本勝負の二本目です。

集合時間は朝4時30分。朝練をしましょうと来賓のお二方が張り切っておられたにも関わらず
<体調不良により朝練を欠席(号泣)>
ダメージ:∞

一旦は起床したものの、これは駄目だと思って連絡を入れた上で朝練を泣く泣く欠席。せっかく遠くから来られたお客様がいるのに体調管理も出来ないとか…。

遅ればせながら合流させていただき、撮影を開始しましたが

1051レ(=EF210-125牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ダメージを引きずっているのか

4058レ(=EF510-511牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いつも以上に冴えない出来。これはヤバい。

何とか気合を入れ直し、再び湖北を目指します。途中「まだC56は米原に到着していないのでは?」という事が発覚し、SL回送を狙います。

単9920レ(=EF65-1124牽引+C56-160ムド)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ロケハン不足と通過時間調査不足により、本当に記録しただけという出来に。大体の通過時間が分かったので、次回リベンジ確定です。

まずはSL北びわこ1号を狙いますが

<SL北びわこ1号を撮影失敗>
ダメージ:☆☆☆

水鏡を狙っていたところで直前に田植えが始まってしまい、構図を変更しようとするも間に合わず…。

もっともSL北びわこ号については【返却回送の方が本番と思っているフシがある】ので「仕方ないか。」と諦めがつきやすいです。

本気でSLを撮りたくなったら、日帰りで【大井川鐵道に行ったり】【SLやまぐち号をついでに撮って帰ってくる】という ただのアホとしか言いようがない 実績を作ってしまったという変な安心感があります。

SL北びわこ号をお迎えに上がるEF65単機ですが、そろそろ通過しそうだと分かっていながら

単9221レ(=EF65-1124)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ビックリするほどの日の丸構図です。

「本日のメインになる列車はどこで撮りましょう?」と相談した結果、先程の場所は田植えが始まったのでパスする事にしました。

特急「しらさぎ」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局、水田ではなく麦畑を手前に配して撮影する事となりました。時代はやっぱり米焼酎より麦焼酎でしょう。管理人は下戸なのでお酒は飲めませんが(何)。

いよいよ本番です。

9215レ(=EF81-44牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9215レ(=EF81-44牽引)。光線状態はかなり難しい状態でしたが、この二日間は惨敗が続いていたので個人的にはホッとしました。

立ち位置を変更して、次なる被写体を狙います。

回9242レ「EL北びわこ2号(?)」(=EF65-1124+C56-160プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

回9242レ「EL北びわこ2号(?)」(=EF65-1124+C56-160プッシュプル)。本当はSLを後ろの建物に引っかけたくなかったのですが、もう少し手前に引くと進行方向に信号機が写ってしまいます。

もう少しサイド気味に立てば良かったのかもしれません。これもSL回送と同じくリベンジ確定です。

この後は北陸本線での撮影を切り上げ、伊吹山を背景に東海道線貨物を狙います。

5050レ(=EF210-13牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5050レ(=EF210-13牽引)。後ろパンタグラフを架線柱の間に配するように気を配りました。

機関車の正面すぐ横に架線柱が写ってしまうのが気になりますが、私の技量では上手く回避する方法を見つけられずです。

1054レ(=EF210-12牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1054レ(=EF210-12牽引)。全て紹介していると大変なので、交差型パンタグラフを搭載した機関車が牽引する貨物列車を中心に紹介します。

1072レ(=EF66-115牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1072レ(=EF66-115牽引)。

1062レ(=EF210-137牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

左下で(通称)バルサン攻撃が開始されてしまいました。「今回はとことん駄目なのか?」と諦めかけたのですが、狙いの列車が通過する前に火が消えてくれて一安心。天気も回復し「雨予報とは一体何だったのか?」という嬉しい誤算。

5070レ(=EF66-21牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5070レ(=EF66-21牽引)。前日の絶叫分を何とか取り返しました。

実は伊吹山全体が見える状態で撮影できたのはこれが初めてではないかと思います。「何でそんな時に伊吹山を背景にして撮影するんだ?」というツッコミが聞こえてきそうですが。

以上で撮影を終了するつもりだったのですが、最後に「そう言えば、サロンカーなにわが停まっているはず。」という事に気付きました。停まっているとしても、踏切から見て奥の方だろうと駄目元で向かってみたら

回9919レ(=EF81-44牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

何とビックリ、やけに手前に停まっていて撮影会状態になっていました(驚)。カオスな状態だったのでササッと撮影して切り上げましたが、夕陽が当たったEF81-44+サロンカーなにわは素晴らしかったです。最後の最後、ようやく貯め込んできた運が開放されたのかもしれません。

以上で日曜日も撮影終了!二日間での撮影結果自体は「色々とやらかした」のが残念ですが、プチ遠征自体は本当に楽しかったです。

九州から来られた来賓のE様&Mk様、遠征にご同行いただきましたMj様、Ml様(SL北びわこ1号&回9242レのみ)、Sk様、Y様、朝練で初めてご一緒させていただきましたSt様(以上、アルファベット順)、そして各撮影地でご一緒させていただきました皆様、情報をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF81 EF65 EF64 DE10 EF66 EF210 EF510 C56 681系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する