DD51牽引の鷹取工臨&亀岡工臨(機回し風景付)を撮る

昨日はチューリップ撮影が主目的だったはずのですが、何だかんだと鉄道撮影がメインになってしまった感があります(汗)。チューリップ撮影の模様はまた後日(ぉぃ)。



まず、昼に工9391レが走りますよという風の噂を頂きました。

昼間に走る工臨という事は「向日町11時40分ぐらいに出発するスジだろう。」と思っていたのですが、想定していた時間にやって来ない…。それから1時間以上待つ事になりましたが、どうやら今回の場合はこれが定時らしいです(無知)。

工9391レ(=DD51-1193牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最近は夜間撮影でバッタリが多い工臨ですが、久しぶりに明るい時間帯に撮影できました。しかも春を象徴する菜の花(もどき?)付き!

織田がつき 羽柴がこねし天下餅 食らうは徳川

という有名な言葉がありますが、皆様方のおかげで良い写真を撮れましたと感謝する次第です。私の信条は「良い物は良いのだから、参考にさせていただく。」ですので。

短い棒を何とか回避したかったのですが、他の制約もあって諦める事にしました。DD51+菜の花という組合せが撮影できた事に比べれば些細な事です。



チューリップ撮影から帰宅した後、今度は山陰方面行き工臨が運転されるかもという噂を教えていただきました。

しかし、その経路が「工9850で京都へ行き、その後は工9851レ~工9852レ」という謎な経路。向日町側から山陰本線側に直接抜ける短絡線があるはずなのに、何故に京都経由なのか?皆で疑問を持ちました。ネットで調べてもスジが出て来ない…。

「疑問を持った時には、百聞は一見に如かずで実地調査!」これも私の信条です。 結果、またしても暇人伝説に新たな一ページが加わるわけですが。 

1080レ、1078レでEF66-0番台を連続撮影し(こちらもまた後日に記事にします…多分)、さらに待つ事2時間。同業者の方の姿も見えないし「本当に今日、運転されるのか?」と諦めモードになりつつあったところ、221系の向こう側からDD51のエンジン音が!

工9850レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

おぉー本当に来ました工9850レ。まずは京都駅0番線ホームに入線しました。【1番線に停車する工臨は撮影済】ですが、0番線に停車する工臨は何だか新鮮です。京都駅で工臨を撮影するのは3回目ですけれど(汗)。

DD51-1191機回し準備
(クリックすると、大きい画像を開きます)

職員さんが乗車し、機回しの準備に入りました。

DD51-機回し@京都駅1番線通過
(クリックすると、大きい画像を開きます)

0番線から一旦名古屋側に進み、1番線を通って大阪側に機回ししています。

DD51-機回し@京都駅0番線通過
(クリックすると、大きい画像を開きます)

0番線に戻って、再び大阪側から名古屋側に走行しています。

工9851レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

大阪側にDD51-1191を連結しています。

しっかり連結されている事を確認するため(?)出発⇒停止
(クリックすると、大きい画像を開きます)

さぁ出発!と思ったら、少し進んで停車しました。ちゃんと連結できているか?ブレーキは利くか?などをテストしたものと思われます。

工9851レ(=DD51-1191牽引)、いざ出発!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今度こそ本当に出発!0番線から山陰本線向けの列車が出発する光景を自分の目で見たのは初めてだったので、とっても新鮮でした。DD51機回しの様子も見られたし大満足でした。

貴重な情報をお寄せくださった皆様、京都駅でご一緒させていただきました一名の御方、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する