EF66-21(本務機)+EH500-47(ムド)の異色重連を撮る

4月になって、ダメリーマンでも忙しくなってきました(汗)。久しぶりに夜間撮影をしようとしたら、2072レが異色コンビで上ってきているとの目撃情報が。

そんな訳で、夜間撮影では珍しく吹田以西まで足を延ばしました(※注:2072レは吹田行きで、吹田から3093レに継走する)。

2072レ(=EF66-21(本務機)+EH500-47(ムド))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

手前に普通列車が先に入線している状態で、外側通過線の信号も青に。「嘘やん!」と絶叫しそうになりましたが、かろうじて普通列車が先に出発してくれました。EH500の分だけ重かったから2072レの通過が遅れた…訳はないか。

それにしても異色のコンビです。「EF66-0番台+(種類・状態問わず)機関車」の撮影記録は

・EF66-24+EF66-109(重連)
・EF66-33+DE10-1561(ムド)
・EF66-24+EF66-21(重連)

の3例があるのみ。今回が4例目らしいです。

EH500は何のために運ばれたのか、転属?と思ったのですが、どうやら検査のためだそうです。九州内や幡生、広島で検査を行う訳ではないようで、手間のかかる事をするんだなと思ってしまいます。撮影する側からすると面白い組合せが撮影できるのでありがたいと言えばありがたいのですが。

思いっきりゴーストが出てしまっていますが、フィルターは外しているので、これ以上の対策としては「より広角側に引きつけて止める。」しかなさそうです。もはや私のようなヘボには無理だと諦める事にしました(ぉぃ)。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66 EH500


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する