山口県+α遠征@1日目

先日の中央西線~直江津遠征プロローグ】に

先日11日から】【ご同行いただく方】、【行先を北、北、西と変えながら】続いていた連続遠征ですが、2/28(土)~3/1(日)の遠征で終了…のはずです。多分。

と書きました。

ここで「多分。」と含みを持たせていたのは「3月7日(土)~8日(日)に山口県に遠征するか?」迷っていたからでした。

いや、最初はさすがに厳しいと思っていたんですよ。宮原DD51単機牽引だったら「すいません、今回は体力的にも財政的にも無理です…。」と不戦敗していた可能性濃厚でした。宮原DD51さん、ごめんなさい。

ところが、どうやら下関DE10重連による牽引らしいとの事。「お。」と少しばかり心を動かされる。当然ながら下関DE10は、動いている姿どころか留置中の姿すら見た事がありません。

そこに、M様から「山口県の西で待っています。」というお誘い…というより、挑発?(笑)を受け取りまして、かなり心が傾いた次第です。M様は関西在住なのに、何故あなたがそこに居るのよ?です。

しかしなぁ…と、結局は前日の夜21時まで迷いに迷い 全然そんな風に見えなかったなんて突っ込まないように 「行きます!」とM様、そして九州でお世話になったJ様に連絡を入れたのでした。



行くと決めるまで散々迷っていたので、いつもの通り予定なんか立っている訳がありません。しかも遠征続きで金欠なので「下関で一泊、フグに舟盛り付きで豪遊!」なんて夢のまた夢。新幹線+レンタカーすら厳しいとなると、自分の車で運転して山口入りするしかないという結論に。

こうなると一転

回9331レ(=EF65-1124+サロンカーなにわ(7両)フル編成)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

関西出発を見届けてから、広島地区に先回りできるようになってしまうという。まぁ理論上は実行可能で、実際に可能だったのですが「睡眠時間が考慮されていない。」という恐ろしい話でして。一人の時に立てる計画じゃありませんわな(汗)。

一応は撮影地に到着してから時間が確保できるので、そのタイミングを見計らって仮眠するつもりだったのですが、どこか撮影できそうな場所はないかとロケハンしていたらあっという間に時間が無くなってしまいまして(汗)。

もうそろそろ通過時間だ…と思ったら、背後から機関車っぽい音が聞こえてきました。どうせEF210牽引の貨物列車か何かだろうと思っていたら

初のEF66-1130撮影…に数えて良いのか、これ?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まさかのEF65-1130単機でした。三脚に固定していたので設定を変更する暇すらなく、とりあえずシャッターを切っただけに終わるという大失態。

1130号機は見るのも初めてだったのですが、さすがにこれは撮影結果のカウントには入れられんよなぁ。

そうこうしている間に本命がやってまいりました。

9433レ「長州号」(=EF65-1124牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

あれ?関西出発時にはヘッドマークが付いていなかったのに、どこで取り付けたんだろう?広島だろうか?

機関車を強調する構図にしていたのが結果的に功を奏した形になりました。完全な偶然ですけれど…。

架線柱が刺さっているものの、何とか最後尾まで切れずに収まってくれたのもラッキーでした。最初はこの写真で見える奥の陸橋から撮影しようかと思っていたのですが、最後尾が建物の影に隠れてしまいそうだったので急遽こちらに変更したといういきさつがありまして。

あともう一回、山陽本線内での撮影チャンスが巡ってきたのですが、ロケハンに時間を費やしすぎてタイムアップ。しかも設定を見直す事すら出来ずにとりあえずシャッターを押しただけなので、真っ白な写真になってしまって即全消去の憂き目に(アホ)。

まぁ、この追加1回はオマケだったので仕方がない。次の美祢線内撮影が本命です。ヘッドマークにも「JR美祢線利用促進」と書かれていますしね。

最も、本気撮影の割には当然のごとく撮影地を調べておらず「あの辺りだったら綺麗に撮れるんじゃないか?」という感じで撮影地を決定しました(ぉぃ)。

9751レ「長州号」(=DE10-1514+DE10-1076牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

同業者も多数おられたので、元々有名な撮影地だったのかもしれません。

この後は美祢に停車するので、その停車時間を使って北に移動する事に。どこか縦アングルで編成を圧縮できる場所がないかとロケハンしながら移動したのですが、最終的には

9751レ「長州号」(=DE10-1514+DE10-1076牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こういう場所に行きつきました。一応は7両目まで入った…と言えるのかな、これ?

ここまでで美祢線での撮影は終了!北への追いかけはここまでで、次は峠越えをして山陰本線です。

日本海を背景に
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ここでJ様&M様と合流。J様とは【湖北遠征以来、久しぶりの再会を喜びながら】、M様とは2日ぶりで「何で山口県の最西端でお会いするのよ?」と苦笑しながらの再会でした。

冷静に考えてみたら、九州のJ様とお会いするのも2週間振りぐらいですね。久しぶりでも何でもない気がするのは、多分気のせいです。

意外と山陰本線の長門市以西で海とセットで撮影できる場所はなさそうですね~などと話しながら、本命の登場を待ちます。

9853レ「長州号」(=DE10-1076+DE10-1514牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

長門市の機回しにより、先頭の機関車とエンドが変わった「長州号」を撮影。

9853レ「長州号」(=DE10-1076+DE10-1514牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

続けて次位も撮影。海背景で撮れて良かった!

…と油断していたら、結果を見ると何だかボケているように感じる…orz。アカン、仕事のし過ぎで視力が悪くなったか?後3個ほどメガネを重ねがけしないといかんのか?

改めて確認した結果、ピントが怪しいのはいつもの通りですが(蹴)、どうやらそれ以上に被写体ブレしていたようです。メガネの重ねがけは回避されたっぽいです。

どうもDD51やDE10牽引の列車は「ノンビリ、トコトコと往く。」イメージがあるのですが、重連ともなると高速走行が可能です。「バカにするな!」とDE10に怒られたのかもしれません。

次が最後の運転停車、泣いても笑っても後一回の撮影が限界です。即ロケハンして「エイヤ!」で撮影場所を決定しました。

9853レ「長州号」(=DE10-1076+DE10-1514牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

迫りくるDE10の迫力が少しでもお届けできれば良いのですが。

サロンカーなにわ後追い
(クリックすると、大きい画像を開きます)

珍しく後追い撮影も。後ろは普段通りと変わりなさそうです。

さて、ここまででサロンカーなにわが走行するシーンの撮影は完了です。後は3名で下関まで向かい、入替風景などを撮れればいいなと待ってみる事になりました。

EF65-1131と久しぶりの再会
(クリックすると、大きい画像を開きます)

なにわ待ちの間にEF65-1131の姿を発見。【山陽線開業120周年記念号で撮影して以来】となります。

EF65-1120は初撮影
(クリックすると、大きい画像を開きます)

奥のEF65-1120は見る事自体が初めてだったりします。1131号機共々、安全装置の関係で関西までやって来る事が出来ないそうなので、走行シーンの撮影も難しそうだな。

あともう1両、機関庫の中に隠れているようです。一番見えにくい所に居るんだから、さぞかし珍しい機関車なんだろうなと思ったら

EF65-1135は…関西でもよく見ますね
(クリックすると、大きい画像を開きます)

関西で普通にロンチキなどを牽引している1135号機でした(汗)。



関西に戻られるM様をお見送り。さて、この後の長い夜をどうするか?

当然ながら全く決めていませんでした。幡生にでも行ってバルブ撮影を行おうか…とチラリと考えたのですが、門司EF81の運用を調べると57レ~56レ~2037レ次位にEF81-303が入りそうだと気付きました。

57レが早朝通過、56レが19時頃通過という記憶が。おぉ、56レの時間に間に合うじゃないか!

…結局、関西を出発してから20時間、とうとう関門トンネルで九州入りしてしまいました(汗)。

56レ(=EF81-303牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

しかも都合の良い事に7日は土曜日。本来の運用通りだと2073レに入っても次位になるはずなのですが、7日は土曜日なので5056レは運休のはず。そうすると、2073レの前に機関車を付けて送り込む必要はないのです。

要約すると「先に撮影した56レに続き、2073もEF81-303牽引でやって来る事が濃厚。」なのです!これで九州入りしなかったらバチが当たりそうです。

北九州貨物ターミナル駅をバルブ撮影
(クリックすると、大きい画像を開きます)

その前に、J様から門司港やら何やらを俯瞰できる場所を教えていただきました。

左上の建物は門司港レトロ地区の建物だと勘違いした、今は反省している
(クリックすると、大きい画像を開きます)

うわー!これ、もっとノンビリ出来たら大量に撮影しまくっていたという思います。凄い綺麗です。

関門海峡大橋を背景に
(クリックすると、大きい画像を開きます)

関門海峡大橋をバックにしてフィニッシュ。2073レ撮影後にもう一回来てみよう!

2073レ(=EF81-303牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局、予想通り2073レはEF81-303単機による牽引でした。

しかし、まぁ…あれですね。九州の(メインで運転されているスジだけですが)貨物列車通過時間を記憶していたり、そして5056レが運休になるならば2073レは単機牽引が濃厚と記憶していたり。

仕事に関する事は全く覚えないくせに、こういう事はやたらと覚えているあたり、さすがダメリーマン街道一直線。

2073レ(=EF81-303牽引)2枚目
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ゴーストの位置も悪いですが、とりあえず機番が読めるだけまだマシという感じか。ED76やEH500は見事に全滅したというさらなる不名誉伝説を構築してしまいましたので(汗)。

この後はもう少しだけ撮影し、7日の撮影は終了!上記バルブポイントにもう一度行きたかったのですが、最後に寝たのが6日(金)の3時~6時30分。そこから不眠状態が続いており「これはマジでヤバい。」と感じ、寝て体力回復を優先させる事にしました。

当然のように宿は取っておらず。途中合流してくださったもう一人のM様がご厚意で駐車場を提供してくださったので、その行為に甘えてまたしても車中泊(汗)。少しでも出費を抑える事にしました。

2日目の模様に続く→
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF65 DE10 キハ40 EF81


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する