桃づくしフルコース

本日のめぼしい成果をまとめます。

4058レ(EF81-404牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4058レ(=EF81-404牽引)。EF510の代走でした。

404号機牽引の撮影回数は少ないかな?と思って記録を見直してみたのですが、(管理の及ぶ範囲で)5回目の撮影とそれなりに撮影しておりました。

1083レ(EF200-11牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1083レ(=EF200-11牽引)。「EF200を撮影すると、ここ最近は11号機に当たる回数が多いなぁ。」と思っていたのですが、何とこの撮影で4回連続でした。

この後、1182レも11号機だった為、5回連続で記録更新中です。ランダムに撮影を繰り返しているのですが、一体どこまで記録は伸びるのか?

3096レ(EF510-1牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3096レ(=EF510-1牽引)。EF510のトップナンバーで、Excel君によると3回目の撮影らしいです。本人は完全に記憶から忘れ去っているという。

2073レ(EF66-112牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2073レ(=EF66-112牽引)。EF66-100番台ですが、こちらも貴重になりつつあるのかもしれません。

大体が、本日の大まかな成果で、後は

1057レ(EF210-113牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こういうのか

67レ(EF210-14牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こういうのが大多数でした。違い?シングルアームパンタグラフか交差型かの違いです。EF210(通称:桃太郎)よ、説明が雑でスマン!

本当は手すりの色が違うとかもあるらしいのですが、管理人はド素人なので分かりません…。

本日の撮影結果を集計してみました(貨物列車のみ、ムドでの撮影を含む)。
 ・DE10…1回
 ・EF200…2回
 ・EF66-36…1回(ただし、三度寝により事実上失敗…orz)
 ・EF66-100番台…2回
 ・EF510…1回
 ・EF81…1回
 ・EF210…18回
26回中18回、遭遇率は驚異の69.2%です。3割バッターも真っ青の7割バッターです。

2077レ、81レ等にEF66-0番台が入ってくれるんじゃないかな?と淡い期待を抱いていたのですが、見事なまでに打ち砕いて頂きました。

2077レ(EF210-157牽引+DE10-1574ムド)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

逆に、2077レのムドについてはEF210-303を期待したのですが、ここは見事に期待を裏切ってDE10-1574ムドでした。ムドが付いただけ良し!とすべきでしょうか。

8002レ(EF81-114牽引)・トワイライトエクスプレス
(クリックすると、大きい画像を開きます)

桃づくしフルコースのラストを飾るべく、5085レを撮影しようと待機していると、上り(北陸本線基準)トワイライトエクスプレスまで撮影できてしまいました。

上下共に撮影できるまで張り込みしていたのは久しぶりです(ヘタレ)。

5085レ(EF210-101牽引+EF210-126ムド)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

フルコース〆は、5085レ(=EF210-101牽引+EF210-126ムド)。EF210の見た目重連です。

最後の〆なのに「機関車を大きく撮るべく引き付けたい。」「そうすると次位のムド機が見えない。」とあたふたしている間にやってきてしまい、1本の架線柱で前後パンタグラフの両方が串パンになるという前代未聞の大失態…orz。

完全なお笑い画像、完全に集中力が切れていますね。反省。



EF210の事は嫌いじゃないよ、本当だよ!
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF81 EF200 EF510 EF66 EF210 DE10


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント

こんばんは

朝からお疲れ様でした!
ほんまに桃太郎が多かった1日だと思います。
個人的には3096レ・3092レが撮りたかったんですが、時間的都合でダメでした。
朝の高橋川もなかなか良い感じですね♪

クハネ581様、こんばんは

クハネ581様>
どうもお疲れ様でした。本当にこれだけ桃太郎の遭遇確率が高い日はそうそうないんじゃないかと思います。

結果的には、3096レを撮影後に移動せずに3092レを撮った方が良かったんじゃないか?とは、言っても後の祭りですね。

朝の高橋川は、日光が右手から射しているのでそれほど光線状態が良い訳ではないはずなのですが、空の白飛びを気にせずに設定を行うとこのような感じに写ります。

SRC等もISO感度を上げ過ぎずに撮影できるので、工夫しがいのある撮影地と言えます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する