伯備線遠征@結果的に米子工臨工9873レを追う事に

「21日に伯備線遠征に行きませんか?」こうお誘いを受けました。【ここのところ続いている】【遠征】のうち、一番最初に決まったのがこの伯備線遠征でした。

お誘いいただいた方の第一希望は、大山バック(というより、大山横?)の3087レでした。

先行きが心配されていた伯備線貨物は存続。伯耆大山駅にコンテナホームが新設されるという事でしばらくは安泰と見て良いのでしょうか。

伯耆大山駅にコンテナホームが新設される=米子駅での貨物取扱が廃止される事を意味します。区間こそ伯耆大山~米子のわずか2駅間なのですが、大山を背景に取り入れた貨物列車を撮影できなくなるのは残念ですね。

そんな訳で、今回は3087レをメインに計画を考えていたのですが…。



「21日、米子工臨が走るらしいですよ。」という話が流れてきました。偶然も偶然、伯備線遠征日に重なっているじゃないですか。しかも運転時間が早朝~昼間にかけてらしいとの事。何というラッキー、普段の行いが良いのでしょう(蹴)。

いつもは3082レを追いかけて南に下るのですが、今回は米子工臨を追いかけて北に向かい、午後に3084レを撮影。3086レ~3087レを撮影して米子貨物ターミナル駅に行き、最後に皆生温泉に入って帰るというプランにしました。



早朝の伯備線。雲なのか霧なのか、夜明け前とは思えないぐらい暗い。

アナウンス「まもなく列車が参ります。」が流れましたが、全然列車が来る気配がない…。

放送ミスか?と思い始めた矢先

工9873レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先程の案内から少なく見ても3分は経ってから、今度は何の警報音もなく突然姿を現しました。そりゃ委託の駅員さんも「今日、何か来るんですか?」と逆質問されるわけです。

そしてビックリ、DD51-1191+チキ2両って!6時間30分前、関西で夜間撮影した際に撮影を失敗した列車じゃないか。DD51-1191に意思があったら「こんな遠くまで、暇な奴らだ。」と思われそうですが、こっちだって、まさかその列車が伯備線行きだったなんて思ってもみませんでした。

何はともあれ、本当に米子工臨は運転される事が分かりました。北に行くほどダイヤが分かりませんが、そこまでスジが立っている事もないだろうからロケハンしつつ適当に追いかける事にします。

3082レ(=EF64-1027牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

普段は3082レを追いかけて南に向かうのですが、今回は珍しく一発勝負です。

工9873レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

米子工臨2回目(私基準で)。途中で撮影できたものの失敗した物はカウントに入っておりません(汗)。

前面に陽が回りませんでしたので、晴れ渡った空を強調する構図で撮影してみました。

工9873レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

後追いで雪山を入れて3回目。

工9873レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

縦アングルで4回目。焦って建物の処理を失敗しましたが(死)。

工9873レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5回目は山を背景に。

工9873レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

6回目は大山をバックに。

工9873レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

7回目は大山を横にしてフィニッシュ。これで米子工臨追いかけは終了です。最後の3087レもここで撮るつもりにしていますが、やっぱり大山バックというより大山横かな。

何だかんだで昼近くまで工臨を撮影していたので、もう昼前になっていました。米子駅で駅弁を購入~3084レ撮影~3086レ撮影まで慌ただしく進み、当初目的だった3087レの時間になりました。

3087レ(=EF64-1025牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

天気予報どおり曇天になりましたが、大山が見えなくなるという最悪の事態だけは避けられました。なかなか大山とセットで撮影するのは難しいです。

ここまでで予定していた列車の撮影は終了。最後に米子貨物ターミナル駅を訪問する事にしました。

何か面白い物が居ないかな?と周囲をウロウロしていると

DE10-1717発見!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

居た!(゚∀゚)

入替作業中のDE10-1717を発見しました。エンジン音をがしていたので、入替作業中のようです。

後ろの機関庫はどうなる?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

機関庫(?)を背景に。ここでの貨物取扱がなくなったら解体されてしまうのでしょうか?

入替機でも旋回窓は必須です
(クリックすると、大きい画像を開きます)

やはり積雪が多いからなのか、入替専用機でも旋回窓になっていますね。

塗装剥落が痛々しい…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

塗装剥落が痛々しい…。

サツマイモの異名がふさわしい?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

この塗装は「サツマイモ色」などと言われているようですが、言い得て妙だと思います。

この塗装のDE10は入替専用機なので本線を自走する事はないし、せいぜいムドで運ばれる姿を見るのが関の山でした。今回初めてエンジンがかかった状態、すなわち仕事中の姿を見る事が出来ました。撮影中に全く移動しなかったので、留置状態で撮影するのと何ら変わりはありませんでしたが(苦笑)。

以上で撮影終了!皆生温泉に入浴してから帰宅の途につきました。ご一緒くださいました皆様、情報をお寄せくださった皆様には、この場にて深く御礼申し上げます。



帰り道は一部区間でSk様に運転を代わってもらいましたが、走行中に「大丈夫ですか?運転代わりましょうか?」と聞いていたらしいです。聞いた本人の記憶に全くなし(ぇ)。

さらに「ちゃんとおやつ食べてますか?」と意味不明な事まで喋っていたらしく「あかん、今コイツに運転を代わったら確実にあの世行きだ。」と思ったそうです。ご心配をおかけいたしました。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 EF64 DE10


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する