22日の撮影結果(5087レ&85レにEF65-2119原色など)

昨日は少しばかり遠征していたのですが、例によって写真整理が追いつかず。本日22日の成果を先に記事にしておきます。

本来は非鉄の予定でした。というより、起床した時には7時頃通過の1053レ(=EF66-24牽引)はもとより、10時頃通過の3092レ(=EF81-726牽引)は既に通過済だった上に、トワイライト~上下にも間に合わない時間だったという。

今日はさすがに足の踏み場すらなくなっている部屋を掃除する日か…と思ったら、5087レがEF65-2119牽引で向かっているという。「とっつぁん、どうする?見ちまった以上、後戻りは出来ねぇぜ。」(by ルパン三世)という声が聞こえてきました。

5087レ(=EF65-2119牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5087レ(=EF65-2119牽引)。【以前に同アングルで挑戦したものの、どうにも微妙な出来だった】のでリベンジに挑戦!

…したものの、アップにしすぎて左側の編成曲がりがほとんど写らずにリベンジ失敗。

この後は「【超望遠の魔術師】他、多数の皆様の作品に魅せられた」+「使い慣れない望遠単焦点レンズのピント合わせ練習」+「新しい構図模索」のために何枚か撮影してみましたが…

5084レ(=EF210-137牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ぐわっ、足元の杭は手前側に立っているんかい!

4071レ(=EF510-3牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

テレコンを外してここまで引き付けると、ガーダー橋が邪魔になってしまうし…。そもそも、望遠レンズによる編成圧縮効果が全く活かせていないです。付け焼刃ではお話にならないという事がバレてしまっただけに終わりました。

8865レ(=EF64-1035牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8865レ(=EF64-1035牽引)。天気が悪かった事もありますが撮影者は管理人を含めて4~5人程度だった気がします。去年のダイヤ改正直後は「明るい時間帯に関西でもEF64が見られる!」という物珍しさがありましたが、定着化の裏返しでしょうか。

今年のダイヤ改正で深夜帯に移動するという話ですが、果たして?



そのまま順調に流れたら、夜の単1491レ~85レもEF65-2119が担当します。5087レの出来が微妙だったので「もう一回撮影に行くか?」とも考えたのですが、これだけのために出かけるのもなぁ…と躊躇していました。

ためらっていたところ、その前に工8380レ(=EF65-1132牽引)が上ってきているという見たまま情報が。「だったらセットで撮影しよう!」と再出撃。

…も、単1491レの時間帯は昼寝(?)により不戦敗、工8380レは惨敗、85レも微妙と散々な出来。こりゃいかん。

85レ(=EF65-2119牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

予定を変更して85レ追いかけてもう一回撮影。相変わらずゴーストの位置は最悪ですが(これより広角側に引きつけた写真は全滅…orz)、赤信号の光により原色赤プレっぽく見える面白い一枚が撮れたので良しとしました。



7日の日記で触れさせていただいた】北海道のH様とは、【翌日に相互リンクさせていただいたひよこ様】でした。

当日の模様を記事にされていますが】、私を過分に褒めてくださっておられます。本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF65 EF210 EF510 EF64


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント

はじまして

おはようございます。
いつも、楽しい遠征記に素晴らしいお写真楽しみに拝見しております。
私のホームグラウンドと近いのでいつかお会いするだろうと思っておりました。
22日に私の斜め後ろで撮影されていたCanon白レンズお使いの方が、Alexさんだったのでしょうか。普通より早めにシャッター音がしたことが記憶に残っていました。新たなアングルを探しておられたのですね。
また撮影地でお会いした際はよろしくお願いします。

こんにちは。
遠くのウネリが撮影ポイントになる。これが超望遠の魅力であります。

先日御一緒させて頂き、スジが把握出来たので、先週末も700mmで、ず〜っと張ることができました。ありがとうございます。
今の時期が、超望遠には最適ではないかと思います。
夏場は湿度が高いと「空気の壁」でクリアに撮れない上、晴れると今度はメラメラユラユラになってしまいます。

流しと長玉の組み合わせとは、なかなか攻めますね〜!
刺激になります。

No title

こんばんは
2119号機は良く来阪しますね、来ないと撮れないは言わずもがなですが、長距離運用連発でもそれはそれで不安になるという・・・わがままですね(笑)
相変わらず自分に御厳しいですね、確かに後部編成が入った方が迫力は増しますが、顔がこれだけ止まれば私なら万々歳です。
超望遠での撮影、とても羨ましいです。私はキットレンズしか持ってないもので・・・。
ひよこ様のコメントにもありますが、寒い季節は空気が澄むので望遠撮影には向きますね。

皆様、こんばんは

当ブログへの訪問&コメント、誠にありがとうございます。

mon様>
初めまして、Alexと申します。今後も何卒よろしくお願いいたします。

22日に3095レ&4071レをご一緒させていただきましたか。ほぼ間違いなく、私の前で撮影しておられたのがmon様だと思います。

エラい向こうでシャッターを切っていて「コイツ、何撮ってるんだ?」と不思議に思われたんじゃないかと思います。実験結果が今回記事のとおりで、結果は見事に大失敗でした(苦笑)。

4071レがEF81代走だったら、撮り方を普通に戻していたかもしれません。

今後もあの辺りで撮影していると思いますので、ご一緒させていただいた際には何卒よろしくお願いいたします。

ひよこ様>
この界隈は午後になると上りの撮影が難しくなり(逆光を活かせない私がヘッポコなだけですが)、ひよこ様の作品に触れた事もあって「何とかならんかな?」と挑戦してみました。結果は見事に惨敗でしたが(汗)。

確かに今の時期は、陽炎が出ずに超望遠撮影がしやすい気がします。夏に陽炎が出られたりしたら、今以上にピント合わせを失敗しそうです。…と言いながら、今でも十分怪しいのですが。

実は、(超望遠対策だけでもないですが)自由雲台から3ウェイ雲台に変更しました。その扱い練習も兼ねての撮影でした。

aquamarine8324様>
2119号機も危ないという噂はしょっちゅう耳にしますが、忘れた頃にやって来ますね。来てくれる分にはありがたいので、少しでも多く記録しておきたいものです。

2077号機が夜間撮影挑戦前だった事もあり、ほとんど記録を残せていないという苦い過去がありますので…。

流し撮りについては、何度も練習しているのにこの出来かぁ?と自分でツッコミを入れる事が多いです。なかなか思い通りにいかず、道は険しいですが。

望遠レンズは、鳥を撮るのが当初の目的でした。当初の目的に使ったのは1回ぐらいだと思いますが(笑)。当然ながら大砲レンズを買う予算などなく、望遠単焦点レンズで一番手頃な物を清水の舞台から飛び降りるつもりで購入したものです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する