北陸遠征2回目

11日のクハ489-1配給】に先立ち、S様と打合せ。

A「配給撮影後、どうします?」
S「出来れば北陸地方に行ってみたいですね。」
A「北陸と行っても広いですが、どの辺りですか?」
S「最近ブームの細呂木ぐらいまで行ければ嬉しいです。」
A「え?そんな近場で良いのですか?多分、朝の4時には到着しちゃいますよ。」

…というやり取りがあり、結局は私の希望に無理矢理付き合って頂く形でもう少しだけ北に行く事になりました。

とは言うものの、当然ながら予定表も何にもナシ!南条SAでボールペンを買い、撮りたい列車を紙にリストアップ。それらの「点」を繋いで「線」にしていく作業を20分ほど。

撮影地は現地ロケハンするとして、このスケジュールなら撮影可能だろうという目処を立てて北陸入りしました。



思っていたより積雪がないなと油断していましたが、世の中そうは甘くない。危うく立往生しかけつつ、何とか最初のポイントに辿りつきました。

475系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

早速475系がお出迎え。「リバイバル原色だったらもっと良かった。」とは思いますが、世の中そんなに上手い話があるはずもなく。出たとこ勝負で遠征してきた事を考えると、とりあえず撮影できそうな場所を見つけられただけでも良かったというべきか。

というより、475系が来るって事は…?

そうです。細呂木よりさらに北、富山まで来てしまいました(何)。S様も呆れる事しきり。そりゃそうですわな。

485系「北越1号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

485系「北越1号」。こちらも「T-18編成ならば(以下略)。」などと図々しい事を考えるが、そもそもT-18編成って北越に入るのか?それすら分かっていないレベルです。

この前後に地元の同業者が来られました。

「北越3号狙いですか?」
「いえ、トワイライト~や貨物列車がメインです。」
「そうですか。昨日の北越10号がT-18編成でしたから、順調に回ったら今日の北越3号に入りますよ。」
「え、本当ですか?」
「ただし、最近はしょっちゅう差し替えが発生していますが。」

最後の一言は若干気になりますが、これは有力情報ゲット!一躍「北越3号」が有力被写体に名乗りを上げました。

しかし、何しろ富山まで来てしまったんだから、色々と撮り歩く事に。

すると思わぬタイミングで475系原色が後ろから来てしまうわ、8002レ「トワイライトエクスプレス」はありえない大ポカをやらかすわと大惨敗。やっぱりアウェーの地は厳しい…。

これ以上失敗したら洒落にならん、との思いを抱きながら高山本線に転線。【2年前の夏に訪れた場所】を再訪しました。

1090レ(=DE10-3511牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回は広角気味でしたが、今回は望遠気味に撮影する事にしました。

遠くからやって来るDE10が見える。「あれ?もしかして原色じゃないですか?」

先のトワイライト~の失敗が影響したのか?若干引きつけが甘くてブッシュを隠しきる事が出来ず。まぁ、先のトワイライト~に比べれば…(ブツブツ)。

次は3097レと「北越3号」です!

1082レ(=DE10-1539牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

その前に1082レ(=DE10-1539牽引)を。撮った時には全く気付いていなかったのですが、後になって「あれ?さっきのDE10、プレートが黒色?だったんじゃないですか?」と気付く始末でした。

最初の場所に戻ってみると、2人ほど同業者が増えておりました。やはり「北越3号」はT-18編成なのか?

その前に通過する3097レは…何だ、まだ山陽本線内で停車中らしい。残念、ここで貨物列車は撮れないかと油断していたら

3093レ(=EF510-511牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いきなり3093レ(=EF510-511牽引)が通過しました。完全に油断していましたので、顔が切れなかっただけ良しかも。

しかし…3093レも本来ならば日付が変わるぐらいに関西を出発する列車。今頃通過するって事はこちらも大幅遅延ですね。北陸本線上りが遅れるならば「雪」「風」という理由が思い当たりますが、下りが遅れるとは?

何はともあれ貨物列車は通過したので、完全に「北越3号」シフトです。「北越3号」の事ばかり考えていたので「はくたか」の事を完全に失念していたのは公然の秘密。

通過見込時間となり、遠くで踏切が鳴る。これが「北越3号」に間違いあるまい。果たして?

485系「北越3号」(T-18編成)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「北越3号」は、教えていただいた通りにT-18編成でした!

いやー、一度は見ておきたいとは思っていましたが、まさかこんな無計画遠征で撮影できるとは思ってもいませんでした。恐らく、これが最初で最後のT-18編成撮影になるんだろうなぁ。

これが撮影できただけでも富山まで来た価値があるというものです。

1085レ(=DE10-1539牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

そんな訳で、完全に割を食った感があるDE10牽引貨物。「1539号機、前面が灰プレートだったから側面も灰プレートなんだろう。」と、雪山を背景にして側面がちに撮ってみたら普通のプレートでした。ズコー。

この後は、最近ブームになっているらしい細呂木へ。

8001レ「トワイライトエクスプレス」(=EF81-113牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「ここ、上手く撮れればS字感が出せませんかね?」としばし相談。最も焦点距離が長いレンズを持ちだして撮影してみたものの、編成最後尾の位置が悪くて失敗。よりによってそこに最後尾が来るかぁ?

しらさぎ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

後は4060レ待ち。【この前来た際に撮影した4076レ】は正面しか陽が当たりませんでしたが、4060レなら側面にも陽が当たるはず!

4060レ(=EF510-501牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

うん、やっぱり晴れ間が出る事はなく。後ろパンタグラフの位置も最悪ですね(涙)。

以上で撮影終了!芦原温泉の日帰り入浴施設を探していたら真横を3097レ(=EF81-453牽引)がピューッと通過して大絶叫したりしつつ、ぶっつけ本番遠征は何とか終了したのでした。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 475系 485系 DE10 EF510 EF81 683系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する