鉄コレいじりの一日

昨日中】に台風が行き過ぎる事を期待していたのですが、むしろ今日の方が悪いじゃないか!完全に自宅に缶詰状態です。

久しぶりに一日家にいる事になったので、溜まっていた鉄道コレクション(通称:鉄コレ)のNゲージ化(=動力を入れたり、車輪を走行用車輪に換装したり…等)を行う事にしました。

富山地方鉄道10030形
(クリックすると、大きい画像を開きます)

富山地方鉄道10030形。京阪3000系譲渡車両です。

譲り受けてもらって走らせてくれているのはありがたいのですが…あまり大声では言えませんが…やっぱり原色の方が似合っているなぁ(ゴニョゴニョ)

後、黄色は遮蔽力が弱いからか塗装の継ぎ目がグラデーションになってしまっていますね(汗)。

いやもちろん、完成品を出してくれるだけでありがたいのは間違いないんですよ。私のような手先が不器用な人間が板キットを組める訳がありませんから(断言)。あくまで提言です、提言。

あんまりうるさい事を言うと「京阪3000系シリーズはめんどくさいから出さない!」とかなったら困るので、これぐらいにしておきます。 富山地方鉄道に譲渡された二階建車両が出るまでの我慢だ(蹴)。 

動力化、TNカプラーへの換装、パンタグラフ(=TOMIXのPT48)の換装のみ実施し、車番シールや信号炎管取付は行っていません。 面倒だったから(ぉぃ) シールは凸凹が見えてしまうので好きではなく、信号炎管も綺麗な屋根を維持したいからというのが理由です。

後者について、こちらのサイトを訪問して下さる方に分かりやすく言いますと「EF66-0番台に弁当箱が載っていない方がいいですよね?」という事です。

…何か違う気がするけど、まぁいいや。

大井川鉄道3000系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

大井川鉄道3000系。こちらも京阪3000系譲渡車両です。加工内容は富山地方鉄道と同様ですので割愛します。

うん、やっぱりこちらの方がしっくりしますね。

明知鉄道アケチ1&6
(クリックすると、大きい画像を開きます)

明知鉄道アケチ1&6。岩村城に行く際に明知鉄道に乗った記念です。

あの時に乗ったのはこの車両じゃなかったはずなのですが、「過去に乗った三セクを応援するキャンペーン」のためです。

いすみ鉄道201&206
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いすみ鉄道201&206。こちらは「銚子鉄道乗車を優先したために乗れなかった三セクを応援するキャンペーン」のために購入しました。

ここまでお読み頂いたらお分かりの通り、要は気に入った車両・気になった車両だったら何でも良いという事です。かなりの雑食性ですね。

ブラインドパッケージの第15弾に入っていたいすみ205は、ボックス購入で漏れなく入っていた事に安心してNゲージ化する事なく安らかに眠っておりますが。いきなり前言と矛盾しているじゃないか。

南海6000系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

南海6000系。後に紹介する鉄コレを購入しに行った際に「お?こんなのも出ているんだ。」とセットで購入してきた車両です。

鉄コレを加工するための道具を探すべく鉄道模型箱(=パーツや、購入したもののNゲージ化せずに眠っている製品を入れた箱)をひっくり返したら、前回に購入したと思われる未加工の南海6000系が出てきたのにはビックリしましたが。

恐らく、前回の南海鉄コレ(南海21000系ズームカー?)販売時にも「お?こんなのも出ているんだ。」と思って購入したに違いないです。何というデジャビュ、お前はアホか。

動力等は箱に指定の通りですが、パンタグラフはグリーンマックスのPT42Nを載せています。

南海2200系「天空」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

南海2200系「天空」。こちらは【山登りして撮影した記念】です。これ以上のツッコミは面倒だと思いますので適当に流して下さい。

「天空」は2両1編成ですが、この車両だけで高野山に登る事はありません。必ず南海2000系もしくは2300系とセットで運用されます。詳しくはWikipediaでも調べて頂ければと思います。

説明放棄ではなく、門外漢がいい加減な説明をしてしまう事を避けるためです。決して手抜きではありません本当です信じて下さい。

従って動力は相方となる編成に入れる事とし、「天空」については車輪・カプラー・パンタグラフの換装のみとしました。パンタグラフはKATOの阪急用パンタグラフPT48としました。 阪急用と銘打たれているのが若干気に入らないが(ヒソヒソ)。 

そうなると相方の2000系、もしくは2300系を入手しなければなりませんが、鉄コレでは出ておらず、完成品でも出ていないようです。こうなると選択肢は3つ。

(1)板キットを組む
(2)板キットを組み上げた製品を購入する
(3)諦める

(1)は手先が不器用な筆者では到底無理っぽいので即却下です。情けない話ですが。

(2)は有力ですが、当然ながら値段が高くなってしまいます。手間賃などを考えたら妥当な値段だとは思うのですが、そこまで踏ん切りがつかないので泣く泣く却下。

となると(3)しか選択肢が残っていないはずなのですが…。

南海2000系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ふと見ると、同時購入してきた2200系が手元にあるではないか。「天空」も2200系の1編成を改造したものだから高野線の仲間です。

という訳で、俗に言うウソ電になりますが

(4)とりあえず南海2200系を相方とする

選択肢が急浮上してきました。南海ファンの方からは怒りを買いそうな決定ですが、2000系や2300系が完成品で出るまでの繋ぎという事でお許し下さい。

突如急浮上してきたので、動力化パーツも走行用パーツもパンタグラフも全てが不足しております。またパーツ購入に行かないといけませんね。

ちなみに…南海6000系発掘と同時に阪神7861・7961形、京阪600系特急色も発掘されたので、これらのパーツも買ってこないといけなくなりました(汗)。
スポンサーサイト

テーマ : 模型・プラモデル - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する