広島県遠征@珍しくセノハチメインではありません

とある方から「6月7日に、下関EF65+SLやまぐち号で使われているレトロ客車の臨時列車が走りますから遠征しましょう。」とけしかけられました。何でも山陽本線の三原~広島間開通120周年記念列車との事です。

三原~広島かぁ…どこで撮影する?セノハチ?と思っていたのですが、同所ばかりでも面白くありません。

EF67-1がとうとうアウトになってしまったという噂を聞いた事もあり、今回はセノハチメインではなく三原~西条間のロケハン(もどき)も兼ねて遠征する事となりました。



私が遠征を企画した場合、どうせ遠征するなら少しでも撮影する!というポリシーがあります。なので集合は大阪0時30分となりました。

けしかけた方曰く「メインの列車だけ撮るために、もっとゆっくり出発すると思っていたんですけれど。」と言われる始末。

115系湘南色で水鏡
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは5053レがEF66-27牽引らしいので、その撮影場所を探すべくロケハン。115系湘南色で(若干水面がデコボコしていますが)水鏡で撮影できました。

115系更新色
(クリックすると、大きい画像を開きます)

115系更新色も撮影。瀬戸内色は…終日で2回のチャンスがあったのに、私だけ見事に空振りして一人負けです…orz。

結局5053レは2時間以上遅れているらしく、ここで撮影する事は諦めました。本番の臨時列車撮影時に戻ってくる事にして再びロケハン(もどき)に繰り出す事にしました。



どこかで撮影できないかなーとウロウロした結果、上下共に緩いS字を描いている場所を発見。ここで5053レ等を待ってみましょうとなりました。

遅5053レ(=EF66-27牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遅5053レ(=EF66-27牽引)。約2時間20分遅れでの通過となりました。ちょっと引き付けすぎて上下カツカツになりましたが、適当なロケハン(もどき)でS字カーブを見つけられた事に満足です。

ちなみに、ご同行頂いた方はもう少し離れた所から左手の水田を取り入れて撮影しておられました。複数人で撮影に赴くと各人の個性が出て面白く、かつ勉強になります。99%は私が教えられているんですけれど(苦笑)。

1091レ(=EF200-18牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1091レ(=EF200-18牽引)。今度は写真右側が…。なかなか安定したタイミングでシャッターが切れないのが情けない。

2070レ(=EF66-21牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遅5053レや1091レを撮影した場所から逆を向いての撮影、2070レ(=EF66-21牽引)です。

どうやら臨時列車の送り込みがこの後にやってくるらしく、EF65+客車5両向けに設定を微調整して待つ事に。

すると、通過直前にまさかの晴れ間が!キタ━(゚∀゚)━┥東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━(゚∀゚)━!

レトロ客車送り込み(=EF65-1131牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF65-1131牽引の送り込み列車(列番不明)。EF65-1131はこれが初撮影となります。

2070レの時から設定を変えた際に、色々と計算ミスをした為に「機関車の顔で架線柱を隠せなかった。」「パンタグラフの位置が大変よろしくない。」という問題は残りましたが、一瞬の晴天下でEF65-1131を初撮影する事が出来て一安心しました。

ここまで撮影して、本番の臨時列車を撮影するべく最初の撮影地に戻ると…メチャクチャ撮影者が居られるじゃないか。こりゃいかん、とても入る余地はなさそうだ…という事で尻尾を巻いて逃げだし、先程の撮影地に戻ってきてしまいました。

先程の遅5053レや1091レのように撮影してしまうとレトロ客車が全く写りません。以下を目標として立ち位置等を調整しました。

1.レトロ客車5両が全て写る事
2.スカートに障検を引っかけない事
3.踏切用のボックスを機関車で隠す事
4.架線柱を機関車の顔で隠す事
5.串パンしない事

先に通過した115系普通で上記が可能か様子を見てみました。

想定していた撮り方
(クリックすると、大きい画像を開きます)

うむ、大体は想定した通りになりました。

ただ、この時点で「結構タイミングがシビアだが、次もちゃんと撮れるのか?」「後ろパンタグラフが危ないかもしれん。」という危機感を持つべきでした。嫌な予感がするフラグが立ちまくりですね。

で、本番の結果は以下の通り↓。

現実…orz
(クリックすると、大きい画像を開きます)

見事に嫌な予感が的中…orz。アイヤー、シャッターの切るタイミングがわずかに早かったアルヨー。

シャッタータイミングがわずかに早かった為、架線柱を上手く隠せず。しかもその影響で後ろパンタグラフは串パンを回避できず。これはヒドイ。後から考えると、仮にドンピシャのタイミングだったとしても回避できていたかは怪しいもんですが。

ま、まぁ、送り込みで晴天下のEF65-1131を撮影できたし…もう一回撮影するチャンスがあるし…(震え声)。

そして二回目の現実↓。

…見事に一回目よりヒドイ出来。一回目も大概ヒドイのに、それ以下という事でとても表に出せるレベルではありません。かくして、本番の臨時列車撮影は見事に連敗という悲劇(喜劇?)に終わりました。チーン…合掌。

この後はセノハチでロケハン(もどき)をしてみましたが、やはり調べつくされているのかなかなか良い所を見つけられず。結局は有名撮影地に偶然行きついただけに終わりました。

5056レ後補機(=EF210-303)、EF210コンプリート!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5056レ後補機(=EF210-303)。これで全EF210について(ムド状態ではなく)自力で走行している状態での撮影が完了しました。MISSION COMPLETE!

…って、これでも達成して心の傷を少しばかりでも癒さないと泣きそうだったというのが本音だったりします(苦笑)。



以上で撮影終了!今回はいつもより早い時間に帰阪する事となりました。

遠征にご同行頂きました皆様、撮影地でご一緒させて頂きました皆様、情報をお寄せ下さった皆様にこの場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

コメント

No title

はじめまして、こんばんは。
いつも楽しく拝見しています。

三原近辺への遠征お疲れ様でした。
実は、同じ踏切で撮影をしていたということが気になりましてコメントした次第です(笑)
あの時、踏切内で一番東寄りにいました。4人ほどの団体で来られていましたよね?
現地ではお話しできず残念でしたが、またお会いする機会があればどうぞよろしくお願いします。

ラジマニ様、初めまして

ラジマニ様>
初めまして。ご来場&コメント頂き、ありがとうございます。

何と!これは奇遇です。あの時踏切で撮影しておられた方がそうでしたか。そうです、我々は4名でお邪魔させて頂きました。

こちらこそ、きちんとご挨拶できずに失礼致しました。他のメンバーは地域のご婦人方と仲良くなって写真講座を開いていたり、何じゃコイツらと思われたかもしれませんね(汗)。

こちらこそ、再びお会いした際にはよろしくお願い致します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する