24日深夜&昼間撮影分(クモヤ443、EF65-2119、EF66-21・30・36)…等)

深夜に関西を通過する66レがEF66-30牽引と予想し、夜間撮影に行って参りました。

クモヤ443来襲
(クリックすると、大きい画像を開きます)

66レ前に通過したクモヤ443。縁の下の力持ち列車は人知れず運転されているのですね。

ここまで66レの目撃情報がなく「本当にやってくるのかな?」と不安になりながら待つ事しばし。

66レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

66レ(=EF66-30牽引)。予想通りにやって来ましたが、ここまでEF66-0番台の目撃情報がないのも珍しいです。

しかし…【先日撮影した27号機】の方が、カツカツだけれどシャープに写っている気が。毎回のバラつきが大きいので、歩留まりを良くしなければなりませんね。

とある画像掲示板で頂いたコメントを基に調べてみたら、この構図での撮影残は26号機と30号機(※注:現在稼働中の機関車のみで集計)の2両でした。

こうなるとコレクター魂に火が付いてしまい、深夜に撮影に赴いた次第(笑)。



明日にSL北びわこ号が運転されるという事は、前日の回9912レにて12系が送り込まれるというお決まりのパターンです。【先日の日記に記しました通り、管理人はSL牽引よりEF65牽引の12系が好きという変わり者】なので、これ幸いにと撮影に赴きました。

8056レ(=EF200-11牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8056レ(=EF200-11牽引)。この列車の通過前後にやって来るはずと記憶していました。

回9912レ(=EF65-1128+12系(5両))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

お目当ての回9912レ(=EF65-1128+12系(5両))。前より少し通過が遅くなったような気がします。しかし立ち位置が悪く、色々とツッコミ所の多い一枚となってしまいました(汗)。

何はともあれ、これで一つ目の目標はクリアしたので次なる目標である5071レ、そして突然浮上した目標の5087レを撮影するべく場所を変更しました。

折角なので、以前に拝見した画像を基に超望遠レンズによる撮影練習を兼ねてみる事としました。

5071レ(=EF66-36牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5071レ(=EF66-36牽引)。うーむ、400mm×1.4(テレコン)×1.6(APS-C補正)=換算896mmは私には到底扱えていない事が如実に分かる一枚ですね(泣)。これはヒドイ。

官兵衛ラッピングですが…全く目立たない(苦笑)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

官兵衛ラッピング編成ですが…全く目立たない(苦笑)。

5087レ(=EF65-2119牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5087レ(=EF65-2119牽引)。2119号機を見るのは【4月18日以来、約1ヶ月振り】のようです。

超望遠撮影の練習と割り切っていましたが、かなり怪しい…というより、確実にアウトですね(汗)。これはまた夜間練習に赴かんといかんのではなかろうか(何)。

5087レを撮影して、再び撮影場所を変更。今度は5070レです。

5070レ(=EF66-21牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5070レ(=EF66-21牽引)。【21号機は約1週間ぶりの撮影】ですが、編成全体とセットで撮ったのはこれが初めてではなかろうか?

どうも立ち位置を失敗したようで、後ろの電柱はまだ仕方ないとして、架線柱の間にパンタグラフを入れようとしたものの上手く入らず。通過直前に移動したりすると他の方の迷惑になるので移動は控えましたが、これも反省事項ですね。

本日の教訓:ちゃんと立ち位置は考えよう(…って、そんなの当たり前じゃねーか!)

5084レ(=EF210-901牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

さらに5084レはEF210-901牽引でした。

3095レ(=EF510-506牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3095レはEF510-506牽引。500番台も見慣れてきましたね。

4071レ(=EF510-5牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4071レはEF510-5牽引。仕業表通りなので当然ですが、本当に富山EF81は見なくなりましたね。

色々と撮影できましたが、同時に多数の課題を抱える事になった撮影日でした。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 443系 EF66 EF200 EF65 223系 EF210 EF510


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する