富山EF510、コンプリート

4月20日のEF510-507号機撮影をもって、富山機関区所属のEF510をコンプリートしていたのですが(0番台、500番台共)記事にしておりませんでした。

とりあえず「見た。」レベルですので、次は「明るい時にちゃんと撮り直す。」という目標に向かいたいと思います。また、一部再掲の写真がある事をお許し下さい。

EF510-501号機
(クリックすると、大きい画像を開きます)

トップナンバーの501号機。501号機は田端残留組かと思っていたのですが、まさかの富山移籍でした。

側面の流星痕が分かりますね。また、パンタグラフに色差しがあります。

EF510-502号機
(クリックすると、大きい画像を開きます)

502号機。501号機と同じく流星痕が鮮明に分かりました。

EF510-503号機
(クリックすると、大きい画像を開きます)

503号機。片方のパンタグラフのみ色差しありで、薄くなっている?ように見えます。

EF510-504号機
(クリックすると、大きい画像を開きます)

511号機と同じく、早目から運用入りしていた504号機。両方のパンタグラフに色差しがあるようです。

EF510-505号機
(クリックすると、大きい画像を開きます)

比較的運用入りが遅かった505号機。

EF510-506号機
(クリックすると、大きい画像を開きます)

506号機。普段よく撮影する場所に久しぶりに行ったら、正面に陽が回らなくなっていました。自然は刻一刻と変わっているようです。

EF510-507号機
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後に運用入りした507号機。という訳で、最後に撮影したEF510となります。パンタグラフの色差しはなし。

EF510-508号機
(クリックすると、大きい画像を開きます)

508号機。やっぱり側面の流星痕が分かります。

EF510-511号機
(クリックすると、大きい画像を開きます)

504号機と同じく、早目に運用入りした511号機。側面の汚れが目立っていますね。



撮影してみた結果、どうやら「パンタグラフに色差しがあるか否か?」という違いがある事は分かりました。

そのうち「全検入りして赤色に塗り替えられた。」「JRFロゴシールが側面に貼られた。」等の違いが出るかもしれませんので、今の姿をしっかり記録しておきたいところです。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF510


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する