セノハチ遠征@EF67-1を求めて

本当は工8380レ(【詳しくはこちら】)~66レ(=EF66-27牽引)~セノハチ遠征と続くのですが、まずはセノハチ遠征の模様から。移動も含めて(ほぼ)徹夜で一日中撮影しているとは、我ながら ただのヒマ人 タフですね。



セノハチに到着したのはいいですが 夜間鉄道で遊び過ぎで 色々と忙しかった事もあって撮影地選定は全く行っておらず、予定表も本務機と列車通過時間を前日にザッとダイヤグラムを見て埋めるだけという有様。

セノハチで一番肝心な後補機の運用は、遠征にご同行頂く皆様との集合時間待ち合わせに手書きで予定表に書いていくというね…。よくブッ飛ばされんもんだと、皆様の心の広さに感謝です。

セノハチ遠征は、他の皆様は初、私も事実上初という。何故私が「事実上」初かと申しますと、以前に訪れた時はデッキが付いているという事すら知らなかったからです(ぉぃ)。

そんないい加減な私ですが、EF67-1は
  1.早朝の1062レ
  2.返却回送の単573レ
  3.朝の1058レ
  4.単585レ
  5.午後の1052レ
  6.単591レ
と見る鉄&撮影できるかも?という事はさすがに前もって調べていました。

逆に言いますと、後の後補機は「出たとこ勝負」に近かった事になります。

セノハチ到着後、撮影地を探してウロウロしていたら踏切が鳴る。「まさか?」と思っていたら、見事に1062レでした。本務機には目もくれずに後補機を注視。

西条側に特徴的なデッキが付いている、EF67-1だ!

単573レ(=EF67-1)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

有名な踏切の撮影地到着後にやって来た単573レ。当然ながらEF67-1でした。

後に特徴的なデッキ側に焦点を当てて撮影するつもりでしたので、まずは広島側をアップで。

5074レ(=EF66-130+EF67-101(プッシュプル))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

後補機に焦点を当てて待機。5074レ(=EF66-130+EF67-101(プッシュプル))です。後補機にフォーカスを当てるのはここセノハチぐらいでしょう。

100番台は窓周りが黒く塗装されているのですね。何か、こういうマスクをしたキャラクターが居たような…タキシード○面とか(懐)。

1058レ(=EF210-122+EF67-1(プッシュプル))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本命の1058レ(=EF210-122+EF67-1(プッシュプル))。思っていたより正面に陽が回ってくれなかった、パンタグラフの位置がよろしくない(これはいつもの事か・汗)ですが、EF67-1を撮影できて良かったです。

次は、後追いを撮影できる場所を探しつつ移動。8866レが行き過ぎるのを横目にEF67-1を待つ。

単585レ(=EF67-1)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単585レでEF67-1デッキ側を撮影。

次にEF67-1が後押しするのは午後の1052レの為、少しばかり移動して俯瞰撮影を行う…が、なかなか悲しい結果に終わりました。詳細は後述します。

単591レ(=EF67-1)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単591レでEF67-1デッキ側を再び撮影。ただ今練習中の流し撮りでデッキ部分だけをクローズアップしようかと考えたのですが、身体を張ったネタに終わりそうな悪寒がひしひしとしたので(汗)普通に撮影しました。

 1052レ?ソンナノコナカッタヨー(片言)。 

1055レ(=EF66-24牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

セノハチで1055レ(=EF66-24牽引)。24号機は先日に見たのですが、撮影は見事に失敗。セノハチで撮影できたのはラッキーでした。

この後は2077レ(=EF210-301牽引)を撮影して遠征を終了しようと思ったのですが、西条駅まで行きついておきながら通過する線を間違えるという大ポカで惨敗…orz。

さすがにこのままでは終われん!となりまして、時刻表を再確認すると…おぉ、1時間30分程待てば先日復活したばかり(※注:台検完了後に全く運用入りしていませんでした)のEF66-21牽引の5071レが下ってくるではないか。日没後ですが、メンバーがメンバーの為即延長戦決定です。

そこまでの間、車内にて仮眠です…Zzz。ほとんど丸一日撮影に費やしているからなぁ。

?レ(=EF67-104)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

起床後、西条駅に戻ると何故かEF67-104が佇んでいました。この時間に上り貨物はなかったはずなのですが、はて?

この後にEF210-302後押しの5056レ、及びその機回しが行われたのですが、私はそちらを見る余裕もなく5071レに注力です。

5071レ(=EF66-21牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

延長戦の5071レ(=EF66-21牽引)。注力していた割には流し撮りに見えないじゃないか!とツッコミが入りそうですが、まずはプレートが読める物が一枚はあって良かったです。後は見事に連敗でした(汗)。

2077レは通過アナウンスがあったのですが、5071レはやけに静かに入線してきたので最初は気付かず「まさか?」というぐらいの不意打ちでした。

他の皆様は見事に撮影しておられました。まぁ、スペシャリストの皆様ばかりですので当然と言えば当然なのですが…。私のような小物は肩身が狭いです。

単593レ(=EF210-302)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先程はじっくり見ていられなかったEF210-302。セノハチの新しい顔としてしっかり定着しているようです。

ちなみに…今回の遠征ではEF210-303も撮影して「EF210をコンプリート!」をコッソリ目論んでいたのですが、本当に見る事すら叶いませんでした。現在EF210-300番台は交代で関西⇔中国地方のループに入っているので、そこに入ってくれるまで待ちですね。

おまけ。

あ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「今日も工臨が走ったら凄いですよねー。」なんて言っていたのですが、俯瞰撮影地でまさかのロンチキ通過。時間からしてそのまま【工8380レ】に継走されたと思われます。

さすがに声には出しませんでしたが、心の中で「あ"ーー」と叫んだのは言うまでもありません。

撮影地でご一緒させて頂きました皆様、情報をお寄せ下さった皆様、無謀な遠征にお付き合い頂きました皆様、本当にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF67 EF66 EF210


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する