北陸遠征と夜間撮影

EF510-500番台の導入によってEF81の去就が騒がしくなってきた北陸地方。トワイライトエクスプレスも先行きが非常に怪しい(…というより、北海道新幹線開業と同時に廃止決定?)ので、これらを撮影するべく北陸遠征を企画しました。

しかし、元々EF81牽引貨物は少ない上に、適当に前もって決めていた2月15日(土)はトワイライト~上りは設定されていないという(アホ)。

こうなれば雪景色の中で…と思っていたら、福井以北は意外と雪は積もっておらず(敦賀辺りがピークでした)、しかも天気は大荒れで雨模様という始末(苦笑)。誰のせいで雨模様になったんでしょうか。

3092レ(=EF81-717牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本当は3096レも撮影するつもりだったのですが、準備不足で沈没(死)。3092レ(=EF81-717牽引)からの撮影となりました。敦賀から北陸トンネルを抜けた辺りでは、このように降雪が見られたのですが…。

しらさぎ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

もう少し北に移動してストレート区間に到着。こちらでは雪は残っておりませんでした。

しかし、複線区間名物の「複線間のタイガーロープ(=黄色と黒のロープが編まれたロープ)」がなく、すっきりと撮影できます。

ちなみにこの写真、午前の上り列車を西側から撮影しているので、側面には陽が当たらないはずなのですが、ご覧のように雨天のため光線状態が関係なくなっております(汗)。

サンダーバード
(クリックすると、大きい画像を開きます)

関西で撮影する際には「飽きた。」等と散々な言われようのサンダーバードも、ここまで来たら貴重な被写体です。普段は掲載を割愛する事が多いので…と思ったら、これが初のブログ掲載でした(ぉぃ)。

521系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

475系が来ないかなーと厚かましい事を考えていましたが(もう敦賀運用からは撤退しているらしい)、現実は厳しく521系がやって来る。しかも2両だからどうも締まらない。

締まらないのは私がヘタだからですが。

臨時サンダーバード
(クリックすると、大きい画像を開きます)

臨時のサンダーバード。やっぱり貫通扉先頭より非貫通扉先頭の方が良いかなと思います。

しらさぎ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撮影地を変更して、再びの「しらさぎ」。ニワカなので、最初は「しらさぎ」と「サンダーバード」の違いを知りませんでした(ぉぃ)。以前に模型仲間に呆れられて教えてもらった記憶が。

サンダーバード
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再びのサンダーバード。

4076レ(=EF510-16牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一番のメイン、4076レ(=EF510-16牽引)。ここの撮影地で長編成の貨物列車を撮ると「うねり」が出せると聞いていましたが、狙い通りの撮影が出来ました。後ろパンタグラフの位置が大変よろしくないですが、これはヘボだから仕方がないと妥協です(コラ)。



この後は諸般の事情により早目の帰阪となりましたが「ちょっと撮影した枚数が少ないかな?」という事で【先日の夜間撮影特訓】に続いて再び特訓を行う事に。

出発準備中のEF66-30
(クリックすると、大きい画像を開きます)

すると、【前回】EF66-26が居た場所にはEF66-30が居るではないか。これはラッキーです。ここに居るという事は、何かの運用に入るのだろうと期待が高まります。

配1491レ(=EF66-30)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局、EF66-30は配1491レ~85レに入る模様です。本来はEF65の仕業ですが、この日の5087レ(=EF65-2119牽引)が大幅遅延した為の代走と思われます。

配1491レ(=EF66-30)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

頑張って引き付けつつ狙ってみる。こうして横顔を見てみると、やはりナンバープレート部分がしっかり作られている事が分かります。

4070レ(=EF510-23牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

密かに狙っていた4070レ(=EF510-23牽引)。富山機関区所属のEF510-0番台で唯一未撮影のまま残っていた23号機だったからです。午前中の3096レや3092レは湖西線強風規制で米原回りになっていたので「4070レも遅れるかな?」と思ったのですが、定時でやって来ました。

しかし…これでEF510-0番台をコンプリートした!と胸を張って言えるレベルかと言いますと…ねぇ(汗)。

ま、記録は自己満足の世界という事で良しとしてしまいましょう(ぇ)。

遅51レ(=Mc250-6)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

50レの誤りではではありません。51レです。雪による交通の大幅乱れの影響か、SRC運転開始後(多分)最遅での関西到着となりました。

いやー、それにしてもSRCは速い!私のようなヘボには難易度が高すぎます。SAGAWAとは辛うじて読める(…気がする)レベルにはなりましたが、肝心のMc250-6という文字はボケボケです。出直しですね。

はるか
(クリックすると、大きい画像を開きます)

同じく「はるか」も速い速い。貫通扉の進行方向向かって左側の隙間(写真では右側の隙間)はかろうじて止まっている(…気がする)のですが、要修行です。

スペシャリストの皆様はこれらをピタリと止められるのですが、本当に凄い事をやっておられるんだと感嘆してばかりです。

85レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

85レを牽引して戻ってきたEF66-30。うーむ、とっても目立つ位置にゴーストが出てしまいました(苦笑)。ま、ナンバープレートが読めるから良しとしましょう。また妥協か!とお叱りを受けそうですが。

これからの目標。

 1.もっとピタリと止める(当然ですね)
 2.成功率を上げる(他はこれ以上にひどいです…)
 3.SSを今の1/20より落とす(より流れている雰囲気を出したい)
 4.ゴーストが出ないようにする(研究研究)
 5.「ここ!」という場所で決める(今はヘタな鉄砲数打てば~そのまま)

何でもカメのように進歩が遅い管理人ですので、一つ一つ目標を達成していければと考えております。



遠征にご同行頂きました皆様、列車情報を投稿して頂いた皆様、どうもありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF81 683系 521系 681系 EF510 EF66 SRC 281系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する