篠ノ井線帰りに、中央西線に立ち寄る

昨日の篠ノ井線遠征】後はそのまま帰阪するつもりだったのですが、EH200貨物1本にEF64四重連だけでは若干物足りなさを覚えました。贅沢な奴だ。

昨日(3日)のEF64四重連は、翌日の3088レと3084レに充当される事になります。「6883レが運休でも、少なくとも先の2本は撮れるだろう。」と判断し、急遽日程を延長しました。単独行だから許されるテキトーさです。

だからって「同行しないでね。」という意味合いではないですよ(汗)。単独行は寂しいですから。

ちなみに…ホテルは例によってコンビニです。歯磨きセットだけ現地購入しました。もうカメラバッグに入れておいたらいいんじゃね?という気がしてきました(ぉぃ)。



3088レから撮影を開始。昨日の8560レで後ろに連結されていたEF64-1028+1006のコンビが牽引していました。

…写真がない理由はお察し下さい(涙)。

6883レ(=EF64-1011+1003牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

6883レ(=EF64-1011+1003牽引)も運転されました。未熟な為、どうしても次位のパンタグラフまで串パンを回避する事が出来ません…orz。

昨日紹介した四重連でも「四両目だけ重なってしまった…。」と仰っておられる方がおられたりするのに、二両ですら抜けないといは情けないですね。まだまだ練習不足です。

それにしても【先日の中央西線遠征】では雪模様だったのに、もう雪が溶けてしまっていました。中央西線ぐらいになると常に積雪しているイメージがありましたが、意外とそうでもないようです。遠征時には気候のチェックは必須のようです(ぇ)。

途中の停車時間を利用して再び6883レを撮影しましたが…。

このタイミングで被るかね…(苦笑)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

うっそぉ、この頻度でやって来る「しなの」に被られるかね(苦笑)。よっぽど運が悪いのか、日頃の行いが悪いのか。画面全体が白っぽいのは「しなの」が雪を巻き上げたからです。

この後も奈良井宿の俯瞰を狙ったのですが、良い場所を見つけられずに失敗。ちゃんと下調べしておかないと駄目ですね。

3084レ(=EF64-1037+1027牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

下調べ不十分なので、3084レ(=EF64-1037+1027牽引)も【前回遠征】と同じ場所で撮ってしまう。いかんいかん、ちゃんとロケハンをしなければなりません。私の単独行だとこうなりがちです。

3084レも運転停車を利用して追いかけます。途中、背景の雪山が綺麗に見えているので「あの雪山を入れられないか?」という場所を探りつつ移動。

中央アルプスが見えた!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ほぼ想定通りの撮影が出来ました。もう少し民家が写りこまない場所があれば良かったのですが、これは次回への宿題事項という事で…。

かつての有名撮影地(?)にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後にかつての有名撮影地だったと思われる場所へ。ここには第4種踏切に近いあぜ道があったようですが、危険なので近づくのが禁止されてしまったようです。

折角なので柵の外から撮影。確かにここなら綺麗に撮影できていただろうなぁ…と、ちょっぴり残念な気持ちになりました。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF64 313系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント

こちらではお初ですね

お久しぶりです。
篠ノ井線、西線遠征お疲れ様でした。
6883レ 藪原通過はダイヤ改正後時刻が変わり離合の確率はかなり高くなってますよ。
私も今シーズン2回チャレンジしましたが通過後振り向けばワイドビューがすぐやってきてここは危険だなと感じておりました。
最後の落合川-中津川間もダイヤ改正後立ち入り禁止になり、いい撮影場所が失くなるのは残念ですね。
長文失礼しました。

ゴハチマニア様、こんばんは

ゴハチマニア様>
こんばんは。拙ブログへのご訪問&コメント、ありがとうございます。

6883レ、薮原付近は危険なのですね。2回チャレンジして2回とも危険と感じられ、そして自分はこのような形になったならば、今度からは回避します。貴重な情報ありがとうございましたφ(。。;メモメモ。

最後の中津川付近ですが、タキ何両なら収まるかな…と想像してみました。10両ぐらいならばもう少し引き付ければ何とか入るかもしれませんが、今は石油需要が多いのかもう少し列車長が長いし、夏場が近づくと列車が短くなる前に運休(設定なし?)となりそうだし…悩ましい所です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する