ミステリーツアーと夜間撮影特訓

元々は「21日に遠征に行きましょう。」とだけ決めていたのですが、どこに行くかは直前まで悩んでいました。

何個か選択肢を作っておき、運用表を見て直前に決定しましょう!というミステリーツアーという体裁を取る事に。ミステリーツアーなんて言うと「どこに行くんだろう?」とワクワクするかもしれませんが、要はテキトー計画によるテキトー遠征な訳でして(汗)。

結局、当初の選択肢にすらなかった中央西線行きとなりました。どうしてこうなった…。



朝の7時代から撮影予定を組んでいたのですが、すいません冬至をなめておりました。何が写っているのかさっぱり分からんという有様で「これ、撮影結果にカウントして良いのか?」というレベルに。

本来ならば即消去レベルという有様ですが、遠征なので一応は残しております。絶対に公開できませんけれど。

ま、まぁ、朝はちゃんと列車が運転されているかの様子見のつもりだったし…(震え声)。

気を取り直して、改めて撮影開始です。

3088レ(=EF64-1010+EF64-1033牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは、6883レを撮影する為にセッティングしていた場所から逆を向いての3088レ(=EF64-1010+EF64-1033牽引)。天気は荒れるという予報でしたが、ご同行頂いた方が晴男だった為か、何と背景に山が見えるという快挙!

どれだけ悪天候を呼び寄せるんだ、私は…。

6883レ(=EF64-1003+EF64-1004牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本命の6883レ(=EF64-1003+EF64-1004牽引)。鉄塔が目立つ事は分かっていたのですが、背景の雪山はどうしても入れたかったので妥協しました。可能ならばPhotoshopで消してしまいたい所です(ぇ)。

この6883レ、運用表通り流れたら本務機がEF64-1014原色だったようなのですが、前日の81レが単機牽引だったので差し替えとなったようです。そんなに上手く事が運ぶはずがありませんわな。

この時点で「運用表を見て、行先を決定する。」という当初の目論見は破綻している訳ですが(笑)。

ま、EF64重連+石油列車+雪景色という、関西ではどう逆立ちしても撮影できない被写体に恵まれたので問題なしです。強がりではありません、本当に。

雪山
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中で撮影した雪山の模様です。手前とのコントラストが強くて、撮影が難しかったです。こういう場合はどう撮れば良いのか、未だにちゃんと理解しておりません…。

6883レ(=EF64-1003+EF64-1004牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中の長時間停車を利用して、再び6883レを撮影。「先に撮影して編成長が分かっているのに尻切れになる。」という大チョンボをかろうじて回避しました(汗)。

かろうじて回避した事で運を使い果たしたのか、もう1回撮影した結果は散々だった訳ですが(死)。6883レは2勝2敗の(かろうじて)イーブンでしょうか。

現地確認で見つけた撮影地にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次の3084レまでの約20分でロケハンです。さすがテキトー遠征。

「この辺りで撮影できるんじゃないですか?」というノリで見つけた場所にて。中央西線で私が唯一撮影した旅客列車ですので、珍しく掲載しておきます。

「しなの」等は、ピント合わせ中だったりしてことごとくスルーしてしまいました。 踏切が鳴っても「どうせ、しなのでしょ。」なんてバチあたりな事を言っていたのは秘密です。 

3084レ(=EF64-1020+EF64-1015牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3084レ(=EF64-1020+EF64-1015牽引)。即興で見つけた場所の割にはまずまずの出来になりました。まだ運は使い果たしていなかったようです。

3084レ(=EF64-1020+EF64-1015牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

別の場所でもう1カット。先の画像と似たような構図になってしまって反省。さすがテキトー(以下略)。次回遠征時にはきちんと修正致します。

今回ご同行頂いた方は人柱という事じゃないか!何とはた迷惑な…(死)。

ここで改めてダイヤグラムを見直した結果、81レと5875レの撮影カット数を増やせるかもしれないと気付いて予定を変更。朝撮影した際には見事に撃沈した場所に舞い戻りました。

81レ(=EF64-1011+EF64-1004牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

81レ(=EF64-1011+EF64-1004牽引)。【先日購入した新レンズ】をお前が試したかっただけじゃないのかと小一時間(以下略)。本当にはた迷惑な企画立案者です。

それはともかく、「カツカツではあるが、ある程度意図した通りに撮影できた。」と(個人的に)満足の一枚となりました。「これで満足とか、レベル低すぎ!」といじめないで下さいお願い致します。

5875レ(=EF64-1033+EF64-1010牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本当はこの場所で81レと5875レを撮影できると思っていたのですが、まさかの現地到着と同時に81レが通過…(涙)。

気を取り直して…次に練習電が来るだろうから、それで光の反射加減を見て構図を決めようとしたら…次の列車はまさかの5875レ(=EF64-1033+EF64-1010牽引)!これはひどい。

次の長時間停車を利用して、今一度のチャンスを!と意気込んだのですが、またしても冬至により撃沈…orz。

一応、これで中央西線での撮影予定は全て終了したのですが

暗くなって撮影できないのは情けない…
 ⇒ 師匠、特訓して下さい!
 ⇒ まだ時間が早いから、夜間撮影に行きましょう!
 ⇒ マジですか?

という流れになりました。 アホだねー タフだねーという声が聞こえてきそうです。

85レ(=EF65-2036牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最初にやって来たのが、いきなりEF65-2036牽引の85レ!私には全く聞き覚えのない列番です(笑)。

いきなりズーム流しの手法を教えて頂きましたが…師匠、それは私のようなド素人には難易度が高すぎます(苦笑)。

オーシャンアロー回送
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結構早いスピードで突っ込んできたオーシャンアロー回送。私のようなド素人としては上出来な一枚でしょうか。

列番不明(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いきなりやって来た、運用表に載っていない謎のEF66-30牽引貨物。ただの遅れ貨物なのか、臨時貨物なのか?謎のままです。

この前にはEF66-27がやって来たり(プレートは読みとれるぐらいには写りましたが、手前側に架線柱がグサリ…(涙))、昼間に見る機会が少ないEF510が多数やって来たりと、夜間撮影もとても楽しかったです。

前半の中央西線、後半の夜間撮影。充実した撮影行となりました。

撮影地でご一緒させて頂きました皆様、そして何よりムチャクチャな遠征にお付き合い頂いた上に快く夜間撮影のレクチャーをして下さった【saku様】、本当にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF64 313系 EF65 283系 EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する