EF66-52&27(HM付)&あすか返却回送(出発&走行シーン)を撮る

昨日3日の網干総合車両所イベントで展示された「あすか」4両が返却回送されるという噂を聞き、急遽撮影隊を結成しました。あまりにも急だったので二名での遠征ではありましたが。

ご一緒させて頂く方が「集合時間ですが、EF66の運用表次第ですね。」と仰っておられて、最初は?だったのですが、運用表を見てみたところ、EF66-52(5074レ)、EF66-27ヘッドマーク付(2074レ)が連続で上って来る事に気付きました(遅)。

どうせ網干まで行くんだったら、もう少し遠方まで足を伸ばしてこれらの列車を撮ってから「あすか」撮影に向かいましょう、という事が前日夜に決まりました。



上郡付近まで足を伸ばすなら、一度は撮ってみたかった場所がありました。一度そこに行ってみたのですが…。

斜めの影がデカすぎる…orz
(クリックすると、大きい画像を開きます)

面白い場所ではあったのですが、いかんせん影の位置が悪すぎました。ここは曇りの日に再チャレンジしましょう、という事でボツ。慌てて別の撮影地を探す事に。

しかし、さすがにこの辺りまで来ると有名撮影地でなくても十分撮影できる場所ばかりでした。無事にポイントを見つけて、先客の皆様にご挨拶してセッティング。すぐに第一のお目当てがやって来ました。

5074レ(EF66-52牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5074レ(EF66-52牽引)。最近復活した機関車ですが、実は管理人は52号機に思い入れがあります。休車になる前に、初めて分からないなりに運用表を読み解いて運用予測し、そして時刻通りにやって来たのがこの52号機なのです。

その時はまだ先代のカメラでしたし、今以上にヘタッピだったのですが「なるほど!貨物列車はこういう風に運用されているのか!」という事が分かって感心した記憶があるのです。

今のカメラに変わってからはまだまともに撮影できていませんでしたが(【先日の撮影】は数に入りません)、とりあえず撮影できて一安心です。

20分後に、次のお目当てがやって来ました。

2074レ(EF66-27牽引(HM付))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2074レ(EF66-27牽引(HM付))。10月26日の広島車両所公開イベントHMなので、当然イベントが終わったら取り外される…と思っていたら、なかなか吹田に戻る事が出来ず(HMは吹田等でしか外せないらしい)、付いたままでの運用を余儀なくされていました。もちろん、撮影する側からすれば嬉しい事なのですけれど。

1回しかチャンスはないかと思っていましたが、もう一度オマケのチャンスをもらって、それなりの撮影が出来て二安心です(そんな日本語あるのか?)

主な貨物の狙いはこれで終わったのですが、ご同行頂いた方が「ここに行ってみたい!」という写真を提示されたので「あぁ、これならあそこです。」と即理解。新しい撮影地に移動しました。

ここで感動的な出会いがありました。出会いのみならず、大変な恩義を受ける事となりました。ご本人様の許可を得ていないので詳細を記載する事は控えさせて頂きますが、本当にありがとうございました。このような親切な紳士にお会いした事はありません。

ご同行頂いた方と同様、私からも深謝致します。本当にありがとうございました。

きっとここを見て下さっていて、またお会いできる時が来るだろうと信じております。

5084レ(EF210-102牽引)、8kWに深謝!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

そのお方のご厚意により、無事に(?)撮影できた5084レ(EF210-102牽引)。機関車次位のみ積載、後はフレームライナーという珍しいパターンでした。

ちなみに、無事に撮影できたというのは「傘が壊れずに済んだ」という意味で、実はここの撮影地に到着してお話をさせて頂いている間にみるみる天候が悪化。

「私って、しょっちゅう雨男なんて言われているんですよねー。ヘタしたら来るなとか言われるし…。ひどい話です。」等とたわけた事を抜かしていたのですが、異常なまでの荒れ具合になって思わず爆笑してしまいました。説得力ゼロすぎる…orz。A"m"exの本領発揮です。

これで本日の貨物撮影は終了。「あすか」を撮影する為に網干に移動したのですが…。

ぐえっ、「あすか」を撮れねぇ…。
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ぐえっ、厳重にガードされていて全く撮れないやん(汗)。223系の床下から望遠で抜いて撮影なんて初めての経験です。

「こんな奥に留置されているのに、本当に今日動くんだろうか?」と不安になりつつ、何とか「あすか」を見られそうな跨線橋に行ってみる事に。

何故かパンタを上げたクモヤ145
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「あすか」の反対側に停まっていたクモヤ145。何故かパンタが上がっていたので「あすかを引っ張ったら面白いですよねー。」等と冗談を言っていました。

すると!

DD51-1183出発!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DD51-1183が動き出した!おぉー!

バックで「あすか」をお迎えに…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一旦行き過ぎて「あすか」の元へ。少なくとも留置線からは移動するようです。来てみて良かった!

配9974レ(DD51-1183+あすか(4両))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

無事「あすか」が動き出しました!これは今日運転されると見て間違いあるまい。

「あすか」後追い
(クリックすると、大きい画像を開きます)

特徴的な展望車を後追い撮影。4両編成でちょっと短いですが、短かろうと「あすか」である事には変わりありません。初めてまともな走行シーンを見られたんじゃないかと思います。

正確には、ずーっと昔に山崎で見た「らしい」のですが(サイドを撮ったヘボい写真も残っている)、全く記憶にありません。従って、これが初めてと言っても差し支えあるまい。

特徴的な側面カラーリング
(クリックすると、大きい画像を開きます)

それにしても、大胆なカラーリングです。ちょっと色褪せが目立ちますが、塗り直せばまだまだ活躍できるんじゃなかろうか?というより、活躍して欲しいというのが本音です。

もう一つ、もう少しだけ前目に停車して欲しかったというのもあります。後少しだけ前に出てくれたら、展望車を跨線橋から撮影できたのですが。ま、こればかりは仕方がないですね。

最後の〆として「あすか」走行写真を撮る為に移動開始。どこで撮ろうか悩んでいましたが(どこも光線状態が悪い、またはタイムリミットの日没を越えてしまう)、当初二人で思い浮かんでいたベタな撮影地に行く事に。

配9974レ(DD51-1183+あすか(4両))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

配9974レ(DD51-1183+あすか(4両))。「あすか」の特徴的なデザインが分かるよう、あえてサイド気味に写してみました。なかなか綺麗に発色させる事は出来ませんでしたが、良い思い出となりました。

何だかよろしくない噂が聞こえてきますが、噂は間違いで、これから整備されて「サロンカーなにわ」とジョイフルトレイン・ツートップで頑張ってくれれば良いのですが。

ご同行頂きました皆様、撮影地で多大なるご厚意を施して下さった方、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 115系 EF66 EF210 DD51 145系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お疲れ様でした。

(匿名)様>
日付が変わってしまいましたが、昨日は本当にありがとうございました。ご同行頂いた方も改めてお礼をさせて頂きたいと仰っておられました。

ブログの方、これから訪問させて頂きます。

また、今後もご連絡を取らせて頂ければという事で、新しい記事を投稿致しました。パスワードを入力の上で閲覧頂ければ幸いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お疲れ様でした

1日どうもありがとうございました。
お陰さまで充実したひと時が過ごせました。
この日は幡生からの66-0と網干のあすかなど収穫は大きかったんですが、
何よりも現地で心温まる親切を頂戴した事が一番感動でした・・・。
改めてお会いした心優しいご家族の皆さま、
そしてお世話になった管理人様に厚く御礼申し上げます。

皆様、ご来場頂きありがとうございます

皆様、こんばんは。返信が遅くなりまして申し訳ございません。

(匿名)様>
ご来場頂き、ありがとうございます。EF66-0番台の2枚は、自分としては最善は尽くせたと思っておりましたので、お褒め頂けて大変嬉しく思います。

今度の件ですが、その確率ならば確実に大雨と思われますので(理由:管理人が雨男だから…らしい)、雨具を準備して頂きますようお願い致します。

それでは、当日にお会いできるのを楽しみにしております。

クハネ581様>
どうもお疲れ様でした。(いつも通り)テキトーな行程でしたが、何とか狙っていた物は撮れたので一安心です。遠征にお誘いしておきながら撮り逃したら、それこそ詐欺ですからね…(苦笑)。

本当にあの出会いは感動的でしたよね。その方とも無事やり取りをする事が出来ましたが、またお会いした時にでも…と言ってくださいました。本当に素晴らしい方ですよね。

また今度お会いした際に、その件についてはゆっくりと…。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する