紅葉を見たくなって、北へ(4)四日目

←(3)三日目へ

既にお気付きかもしれませんが、紅葉を見るために北に向かったはずなのにだんだん南下してきております。

「北海道だったらどこでも一緒でしょ。」と思っていたのですが、北海道の広さをなめておりました。机上の計画で3時間とかかかるとなっている時点で「ちょっと広島まで行ってきます。」と同値である事に気付くべきでした。

そんな訳で、石北貨物以外はほとんど紅葉とは縁がなく来ております。とは言っても、見る列車見る列車が見慣れない列車ばかりですし(当然ですね)、しかも自然が豊かだから十分すぎるほどお釣りはきていると思うのですが。

四日目の朝はどこで撮るか決めておらず、前日まで俯瞰かS字かで悩んでおりました。結局、【一日目のノロッコ号】がトラウマになっておりS字を選択しました。

撮影地は、通称「宇宙軒S字」。何でも撮影地入口の交差点に宇宙軒というラーメン屋があるからこの名前だそうです。

そんな目標で分かるんかいな…と疑っていたのですが、確かにこの撮影地の入口を説明するならば宇宙軒が手っ取り早いですね。看板を見てビックリしましたが、何とチェーン店だそうです。

 しかし、お世辞にも流行っているようには見えない…(コラ)。 

撮影に来た方は「撮影地入口の目標」にするだけでなく「ラーメンを食べる」という本来の役割を果たしてあげましょう。即撤収した管理人が言える話ではないのですが。

キハ40三連
(クリックすると、大きい画像を開きます)

普通列車も、普通にキハ40単行なんかがやって来ます。通勤ラッシュ向けに設定されたのか、写真のような三連でやって来るパターンもありました。

8001レトワイライトエクスプレス(DD51-1140+DD51-1083牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

昨日は見事に失敗したトワイライト~。何とかDD51重連牽引の姿を収める事が出来ました。

3057レ(DF200-2牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

赤いスカートを穿いた熊さん。やっぱり0番台は赤いスカートのようです。JR化後に作られた初のディーゼル機関車だったので、何か特色を出そうとした結果でしょうか?

北海道の貨物列車は、私が見た範囲ではいずれもコンテナ満載でやって来ました。物流の中心として貨物が活きているという事でしょう。

5001Dスーパー北斗1号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ちょうどスーパー北斗ぐらいの編成だと収まりが良いでしょうか。

1レ北斗星(DD51-1095+DD51-1138牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

北斗星。ビミョーに後ろが切れましたが、S字感が強調できたので良しとしましょう。

この後は、北海道新幹線開業と同時に廃線になる事が決まってしまった江差線の末端部分(木古内~江差)に乗りに行きます。廃止直前になって乗りに行く人々は「葬式鉄」などと言われてあまり良い印象が持たれていませんが、北海道には気軽に行けないからという事でお許し下さいお代官様(誰)。

江差線サボ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

江差線のサボ。このサボが見られるまで1年を切っています。

木古内駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

木古内駅にて。着実に新幹線の工事は進んでいますね。

まさかの満員
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「江差線の末端部分だし、空いているだろう。」と甘い事を考えていましたが、見事に満員御礼。どうも管理人の見立ては甘い事が多いようです。

江差駅
(クリックすると、大きい画像を開きます)

江差駅にて。今回はダイヤの都合もあって、江差~木古内~江差と往復しました。

記念グッズが売られていたので、つい「全部!」と大人買いする始末。はまなす乗車予定以外は全くJRにお金を落としていなかったので(札幌駅ではまなす撮影に入場券を買ったぐらい)、少しは貢献できたとポジティブに考える事にしました。

江差の海
(クリックすると、大きい画像を開きます)

江差の海。往復して戻って来た後に撮影しましたので、これでも幾分はマシになっています。乗車前はさらに荒れておりました。

この後はレンタカー返却&はまなす乗車の為に札幌へひた走る。高速道路、皆が皆スピード出しすぎだろ!しょっちゅう取り締まりのパトカーを見ましたが、これなら納得です。

はまなすB寝台
(クリックすると、大きい画像を開きます)

時間の見立てが間違っていた・カーナビがアホだった事もあり、ギリギリではまなすに駆け込み乗車。危ない危ない。

危うく明日までメシ抜きの危機
(クリックすると、大きい画像を開きます)

やってて良かった駅弁屋。この駅弁を買えなかったら翌朝までメシ抜きの危機でした(汗)。

隣のベッドの方も撮影との事でしたので、少しばかり話をさせてもらって就寝。本当はゴロンとシートとかを狙っていたのですが、今日の列車には連結されておらず。

結果的には、かなり疲労が蓄積していたので(カーテンで仕切っただけとはいえ)個人スペースを確保できたのは良かったと言えます。千歳までは記憶にあるのですが、次の記憶は青森県の蟹田まで飛んでおります。青函トンネルも全く意識のない時にアッサリ通過してしまいました(苦笑)。

(5)五日目へ→
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : キハ40 DD51 DF200 キハ281


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する