2015年まとめ

2014年まとめ】に続いて、2015年を振り返ってみたいと思います。



 1月 

保安列車撮影】から始まり、そのまま【篠ノ井線&中央西線遠征】。しかし、まさかのEF64四重連はただの重連だったという新年早々のズッコケ。

1週明けて【北海道へ】。撮影する列車も決めておらずそうや、宗谷ラッセルや!という思い付きのフレーズに引き付けられて宗谷ラッセルを追いかけたりもしました。

1月下旬には【関東から素敵なお客様も来られました】。

 2月 

北陸遠征】を【続けて行い】、さらに【九州からのお客様を迎えての雪合戦を行いました】。

小ネタとして【EF200-19の復活】がありました。

さらに、月末の伯備線遠征では【米子工臨に遭遇し、北に向けて追いかける】事になりました。

 3月 

2月~3月にかけては中央西線、そして初の直江津行き】。翌週は【山口県~九州入り】、さらに翌週は【中央西線、そして初の長岡行き】というハイペース。

「そう言えばそんな事があったなぁ。」という感じですが(ぉぃ)、改めて文字にしてみるとムチャクチャですね。

最初で最後となるであろう、EF58とEF65-0番台の撮影】もありました。

 4月 

初めての静岡県遠征、そして大井川鐵道撮影】から始まった4月。【中京地区遠征でKE65重連、そしてDD51原色を多数頂く】という戦果がありました。

4月末には【まさかの】【プッシュプル工臨連発】というサプライズもありました。

 5月 

葬式鉄と後ろ指を指される事を覚悟しつつ、【381系国鉄色を撮影すべく】【連続して福知山方面】へ行きました。

そして最大のトピックが「特別なトワイライト」の運転開始。【関西出発を見届けて】【そのまま山口県行き】というビックリ行動。

そして【再び九州からの客人をもてなしての湖北行き】がありました。別の機会に【湖北で「山陽トワイライト」を撮影】した事もありましたね。

 6月 

2015年の貨物で一番の話題だった【EF66-27まさかの全検復活】という大ニュースがありました。

その事が気になりつつ【今年2回目の北海道入り】。最後になるであろう「カシオペア」「北斗星」「はまなす」の撮影を果たしました。

そして【廃止が噂されている二塚貨物最後の雄姿を撮るべく、再び北陸へ】。

 7月 

6月から】【3週連続で】【中京地区に張り付く】という、自分でも驚きの入れ込み。

自衛隊機材輸送列車】という、自分としては大ネタがありましたが、それすら霞むインパクトを与えてくれた【山陰トワイライトの幕開け】です。

 8月 

後藤のDD51重連が撮れる!このインパクトは凄まじく【自分でも驚くぐらい】【山陰トワイライトに】【入れ込みました】。

EF64-1006も追いかけました】し、【全検明けEF65-2094白プレ来阪】などもありましたが、あくまでメインは山陰トワイライトでした。

 9月 

三岐鉄道を中心に四日市へ】、【山陰トワイライトも】【6回目】。【湖北から山陰地方へ】。

しかし一番インパクトがあったのは【芦原温泉に到着してからカメラを忘れた事に気付いた北陸遠征】ですね(苦笑)。

 10月 

先月のカメラ忘れのショックを癒すべく【呆れられる事を覚悟の上で再び北陸へ】。

再びのEF65-2094来阪】、【湖東プチ遠征】、【湖北遠征】などもありましたが、一番大きかったのは【関東に遠征…じゃなかった、出張のついでに色々と撮影】した事でしょうか。

その節には皆様にお世話になりました。改めて御礼申し上げます。

 11月 

10月~11月にかけて3回目の北海道遠征】あり、【HM付の衣浦臨海鉄道撮影】あり、【山陰トワイライト(7回目)】あり、【紀勢サロンカーなにわ】あり…。

そして【中京地区で大規模オフ会】がありました。多数の皆様と交流させていただき、2015年で一番インパクトがあると思う写真

6287レ(=DD51-1801牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

を撮影できました。

 12月 

トワイライト色に塗装変更されたEF65-1124が遂に仕業入り】。【ちょっと岡山県まで行ってみたり】もしました。

柳ヶ瀬トンネルなどの見学と絡めたプチ遠征】があり、2015年最後の山陰トワイライトは【往路のDD51送り込み】と【復路】に挑戦したりもしました。



今年一年、拙ブログに訪問頂きました皆様、遠征にご同行頂きました皆様、某掲示板にて交流させて頂きました皆様、列車情報をお寄せ頂いた皆様、撮影地でご一緒させて頂きました皆様、ここには挙げられていない多数の皆様方にも本当にお世話になりました。この場にて厚く御礼申し上げます。

2016年も何卒よろしくお願い申し上げます。

Photographer Alex
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

2015年最後の遠征

3日前に伯備線】、【昨日は湖北】と遠征を連続して組みましたが、今日が2015年最後の遠征です。最後の遠征先は伯備線です。

…ア○じゃないかとか、暇○とか総ツッコミを受けそうですが、自覚はしておりますのであまりいじめないでくださいませ。多分、今日行くと今年一杯は後悔するだろうが(短)、行かないと後々まで後悔しそうな気がしたからです。



と言いながら、またしても二度寝。起床して時計を見て「あ…。」

「げっ!」という程ではなく、リカバリーの利く範囲だったのは不幸中の幸いでした。

今回は年末という事で撮影者も多いだろうと予想し、一発勝負に賭ける事にしました。行先は【アウト側はある程度満足な結果を残せたものの】【イン側は不本意な結果に終わってしまった】第三高梁川橋梁です。

先の事情で出遅れ、予想通りの人、人、人でしたが、かろうじて場所を確保できました。やってて良かった公文式、持ってて良かった三段脚立と大型三脚。前者は未経験ですけれど(ぉぃ)。

381系「やくも」9連
(クリックすると、大きい画像を開きます)

到着してすぐにやって来た、9両編成の「やくも」。周りの方が仰るにはかなり珍しいらしい。私は「そう言えばいつもより長かったなー。」というレベルでした(ぉぃ)。影の位置が悪いですが、もう少し時間が経てば解消するという見込みはありました。

3082レ(=EF64-1017牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3082レ(=EF64-1017牽引)。思わぬ副産物が撮影できました。ワーイ!

これまた周りの方々が話しておられる内容を聞いてみると(※盗聴ではありません。聞こえてしまいましたので…申し訳ありません。)「側面が薄いな。」「パンタグラフが串ったから消した。」と仰っておられました。

…うーむ、私は意識が低すぎるからいつまでも撮影技術が上達しないという事が分かった気がしました。しかし、テキトーな性格はなかなか治らないので、これからも無理なのかなぁ。

381系「やくも」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

想定通り、顔にかかっていた影は消えていました。

381系「やくも」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

後追いでも撮影。しかし、先の写真と同じ条件で現像しているはずなのに…。色の違いが凄いですね。

変顔の115系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

普段は撮影が適当になりがちな変顔の黄色い115系もしっかり撮影しました。

115系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

だんだん予想した状態になってきて、いやがうえにも期待が高まってきます。

しかしながら、少し気になる事が。朝の雲ひとつない快晴状態から、少しづつ雲が増えてきたような…?

まだ大丈夫、信じる者は救われる!と私は思っていたのですが「風向きがヤバくない?」「ギリギリ行けるんちゃう?」「いや、これアカンっぽいで。」と周りの皆様が仰るではないか。

 「ピンポイントで曇ったら、これこそブログのネタになって美味しい。」 「日本には言霊思想があるから、あまり口に出されない方が…。」「大丈夫、これだけ待って曇るはずがない!」早く列車よ来てくれーと祈った結果…。

9036レ「山陰トワイライト」(=DD51-1186+DD51-1179牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ピンポイントで曇られました。しかも通過の30秒だけ曇り、通過後すぐに晴れてくるという。ここまでピンポイントだと笑うしか…って笑えるかー!(叫)

いやー、鉄道撮影あるあるそのままの典型的事象でした。教科書に載せたいぐらいのお決まりパターン。ここまでピンポイントで来るかなぁというクリーンヒット。1時間30分以上待って30秒だけアウトで、そこにピッタリ山陰トワイライトがやって来たというのが凄い。誰ですか、ここまで強力な呪いをかけたのは…。

多分、この30秒の事を忘れる事は一生なさそうです。それぐらい強烈なインパクトを(悪い意味で)残してくれました。

まぁ、過ぎた事は仕方がない。出来る限りのリカバリーを狙うべく次の撮影地に移動しました。

単9874レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「まさか重単じゃないですよね?」と思ったら、そのまさかという。慌ててシャッターを切る羽目に。

単9874レ(=DD51-1179+DD51-1186)・後追い
(クリックすると、大きい画像を開きます)

後追いは珍しく想定通りに撮影できました。

普段はこのまま単9874レを追いかけて北に向かうのですが、今回は初めてEF65牽引区間も撮影する事にしました。少しセッティングを変えて待つ事しばし。

9038レ「山陰トワイライト」(=EF65-1124牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ようやく「伯備線内で」EF65牽引の「特別なトワイライト」を撮影できました。

ここまでで一区切り。EF65待ちの間に下っていった115系が湘南色だったので、備中高梁で折り返してくる所を狙う事にしました。

「どこか撮影地はないかな?」とロケハンでウロウロ。以前から気になっていた場所に行ってみました。

115系湘南色
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結構ギリギリの到着になったので、LEDが切れないようなSSまで設定を変更する時間すらありませんでした。ロケハンと狙いの列車を組み合わせるのは得策ではありませんね。

最後に、【先日に続いて】3084レがEF64-1049牽引らしいのでリベンジを果たすべく挑戦する事にしました。

381系「やくも」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

第二高梁川橋梁で撮りたいと以前から思っていたのですが、これ陽が当たるのか?雲陰に入るんじゃないか?

ヤバい、スポットでしか光が当たらなくなってきた…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

雲影かと思って「そのうち晴れてくれる。」と呑気に考えていたのですが、山影じゃないか!いつの間にか周りには誰も居なくなっておりました。我ながらアホすぎる…。

遅ればせながら「こりゃいかん。」と移動を開始。しかし、この辺りではどこも山影になりそうです。どこか撮れそうな所はないだろうか?と記憶を辿り「木野山駅を出た所なら、サイドには陽が当たるかもしれん。」と駄目元で行ってみる事にしました。

3084レ(=EF64-1049牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

機関車サイドに陽が当たったのでホッとしたのもつかの間、山には横一線の太い影が…(´・ω・`)。機関車には陽が当たっているので、これは本物の雲影っぽいです。

どうにも締まらない2015年最後の遠征、そして2015年最後の撮影?となりました。情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。



2015年を振り返りますと、計画立案、撮影地の選定、光線の読み方、撮影技術(ピント合わせ、流し撮りの歩留まり)…その他諸々、未熟で稚拙な面ばかりでお恥ずかしい限りでした。2016年に解消すべき課題は山積みですが、亀は亀らしく一歩づつ課題を解消していきたいと思います。

2015年のまとめ記事はまた別途作成いたします。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 381系 EF64 115系 DD51 EF65


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

湖北にて

別件で湖北に出かけたのですが、天候がコロコロ変わってどうにもピリッとしない一日でした。5087レは晴れてきて「やった!(゚∀゚)」と思ったら、直前に曇って「ショボーン…(´・ω・`)。」の鉄道撮影あるあるでした。

4076レ(=EF510-2牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4076レを【以前に撮影した事があるアングル】よりもう少し寄って撮影してみました。架線の影は無くなりましたが(太陽の角度が変わったからかも?)、今度はケーブルが写り込んでしまい一長一短。難しいですね。

しかし、撮影するまでケーブルの事に気付いていないってどういう事かと。小一時間説教ですね…。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF510


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

単9876レ&3084レ追っかけ

年末の仕事炎上ストレスを忘れるべく、昨日は伯備線に行ってまいりました。狙いはいつもの如く単9876レ(山陰トワイライトを牽引するDD51重単送り込み)と3084レの追いかけです。

本番の山陰トワイライトをポイするあたり、かなりの変わり者と言われても仕方あるまい。人が多いのは コミュ障なので 苦手ですので。



単9876レ、1回目は大山+朝日をバックにシルエット…を目論んでいたのですが、ちょうど朝日が雲に入ってしまい、しかも大山がDD51でスッポリ隠れる(要は構図ミス)で沈没。非常に幸先がよろしくありません。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

事実上の1回目も予想外に背景がゴチャゴチャしていて失敗。1回目の大山バックを捨て、どこで撮るかをきちんと考えるべきだったかと思っても後の祭り。

この後に3081レとすれ違い。EF64-1049広島更新色牽引である事を確認し「よっしゃ!」昼間の3084レを牽引する事が確定しました。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中で追い抜いたので、とっさに後打ち。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

少し晴れ間が見えてきた所を一枚。架線の光り具合から「側面が輝くかも?」と期待しましたが、予想以上に明るくなりすぎて露出オーバーになりました。まぁ、朝日を浴びて中国山地に挑む姿を撮影できただけ御の字でしょうか。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今まで気にはなっていたのだが撮影できていなかった場所に行ってみました。トンネル飛び出しなので長い貨物列車は入りませんが、もう少し後ろに行けば(編成途中に灌木がかかるものの)インカーブの良い雰囲気で撮影できる気がしました。

人任せではなく、自分の目で見ていない区間を見る事が出来た。これが今回一番の収穫だったかもしれません。

区名札「後」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

停車中のスナップ撮影。

DD51-1186 側面プレート
(クリックすると、大きい画像を開きます)

側面プレート。全部にピントを合わせようと思ったらさらに絞り込まないといけませんが、今回はあえて奥行きを出すようにボカシ気味にしました。

DD51-1179 前面プレート(前)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DD51-11179の前面プレートです。連結面なので停車中でないと撮影は困難だと思います。中には走行中にこの隙間をバシッと止める凄い方がおられるかもしれませんが、私には到底無理な相談というものでして。

DD51-1179 側面プレート
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DD51-1179も同様に側面プレートを撮影。

DD51-1179 前面プレート(後)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

反対側エンドも撮影。

連結面
(クリックすると、大きい画像を開きます)

手すりがゴチャゴチャした連結面。ゴチャゴチャしているほど嬉しいという、部屋の掃除とは真逆の発想です。ちなみに、今の私の部屋は足の踏み場がないほどメチャクチャです(蹴)。

晴天下で出発を待つ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

峠越えに挑む前にしばしの休憩です。

薄いヘッドマーク
(クリックすると、大きい画像を開きます)

以前にも触れました】が、今回も薄いヘッドマークでした。残り回数は少ないので、全てこのタイプで通すようですね。

ここまでで単9876レの撮影は終了。普通は山陰トワイライトの撮影に行くのが妥当だと思うのですが、先に書きましたとおり3081レがEF64-1049だったので「3084レを追いかけよう。」と決意を固めました。以前に1049号機を伯備線で撮った事はあるのですが、イマイチな出来だったのでリベンジしたいという思いもありました。

しかし、この後は急速に天候が悪化。本当に日本の天気予報は良く当たります。 こういう時は当たらないで欲しいです。 

仕方がないので午前中に続いてロケハン。この辺りは良さそうだという場所をいくつか見つけておき、追いかけて撮影しようと計画を立てる事に。

1回目の撮影を見事に失敗したものの(汗)、根雨駅で停車するからそれを追い抜き…と思ったら、根雨駅を通過したんですけど?

げっ!根雨駅の停車が無くなっているやん!

という訳で、この後に思い描いていた計画はもろくも瓦解。アタリを付けていた場所で撮影してみるのは次回になりました。

3084レ(=EF64-1049牽引)…広島更新色と分からないですね(汗)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

とりあえず途中で追い抜いたので撮影した一枚。編成は最後尾まで入りましたが(小さくUM12Aが写っている)、障害物が多いし、何より全く広島更新色と分からんという(汗)。ナンバーだけ変えて「大宮更新色です!」と言われたら「そうですね。」としか言いようがありません。

この後も曇天+架線柱の位置が気に入らない、曇天+編成最後尾が切れるという事で思い描いた一枚を撮影できず。曇天は仕方がありませんが、それ以外は全部自分の技量不足が原因なのが腹立たしい。特に編成最後尾が切れるのなんて、編成長予測の誤りと油断としか言いようがない。

3084レ(=EF64-1049牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

広島更新色と分かる一枚で、かろうじて記事に載せても大丈夫そうな一枚はこれだけでしょうか。

単9876レはある程度気に入った2枚が撮影できましたが、EF64-1049牽引の3084レはかなり不完全燃焼。もう一度リベンジの機会を待ちたいと思います。

ちなみに本番になるはずの山陰トワイライトはと言いますと、移動中に下り列車にカメラを向けておられる同業者の姿を発見して「そろそろ来るのか?」と慌ててセッティング…したら、既にフレームインしていたというレベルでした(汗)。途中の観光要素が切り替わったからか、通過時間が早くなったのですね。

ダイヤが変わった事を現地で初めて知るという適当っぷりでした。本当に無計画ですな。



情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 EF64


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

9515レ「サロンカーなにわ」(=EF81-114牽引)、5071レ(=EF66-36牽引)

北陸行きのサロンカーなにわが運転されると教えていただき、撮影に行こうと思っていました。…が、年末恒例行事により「二度寝は十分考えられる。」

という訳で「二度寝までは許容しよう。」と前日に準備しておきました。既に死亡フラグが立ちまくりですね。



1回目「5時30分。眠い…。」

2回目「6時30分。だるい…。」

3回目「げっ!」

全然アカンやないか!

という訳で「どこで撮るか。」を考えるより「どこだったら間に合いますか?」になりました。【先日にこんな事があったので】少なくとも今はこの界隈には行かない方が良いと思っていましたが、背に腹は代えられません。

9515レ「サロンカーなにわ」(=EF81-114牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9515レ「サロンカーなにわ」(=EF81-114牽引)。到着してすぐにやって来たのでほとんど立ち位置を検討する事も出来ず。撮影できただけ御の字と言えます。



「サロンカーなにわ」撮影後に一旦撤収。5071レがEF66-36牽引らしいので再出撃しました。

先日試してみたようなパンタグラフが切れても構わないぐらいまで引き付ける構図】で撮ってみようかとも思ったのですが、先日とは違ってどうもイメージが湧かず…。

5071レ(=EF66-36牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

普段と同じように撮影する事になりました。

撮影後に「動画撮影でも良かったかな。」と気付いたものの後の祭り。サロンカーなにわ復路に至ってはうたた寝している間に全てが終わっておりました(ぉぃ)。我ながら本当に適当だと呆れるばかりです。

情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF81 EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

敦賀~木ノ本遠征

敦賀での食事、北陸本線旧線(柳ヶ瀬線)跡見学、木之元宿観光を目的としてプチ遠征してまいりました。その間の鉄道撮影はオマケです(ホンマか?)。

おなじみのメタセコイア並木
(クリックすると、大きい画像を開きます)

湖北に行った際にはほぼ必ず立ち寄るメタセコイア並木。さすがに落葉しており、かといって着雪している訳でもなく…残念。

予想以上に冠雪していました
(クリックすると、大きい画像を開きます)

しかし、背景の山々は冠雪しておりました。これならもう少し早めに家を出て3096レ&3092レも撮影したら良かったかなと思ったものの、後の祭り。

後で確認したらリニューアル編成だったという
(クリックすると、大きい画像を開きます)

主目的の列車(冒頭の文章と矛盾しているがキニシナイ)をどうやって撮影するか検討。編成に影が入りそうだったので、いつもより奥でシャッターを切る事にしました。

前座を撮影してから「あ、683系リニューアル編成やん。」と気付く始末。

9552M
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一応の狙い、117系団体臨時列車。「新快速」幕という噂がありましたが「こんな短い新快速が東海道本線を走って大丈夫なんかいな?」と不思議に思っていました。案の定と言うべきか「団体」幕でした。

後追いで撮るとか他の選択肢もあり得たのですが、敦賀に117系が来るという事自体が珍しいので(恐らくは今回が2回目と思われます)、「自分の中で新疋田~敦賀間で撮ったという事が分かる一枚が撮影できればいいや。」という適当なノリでした。

少し聞いていた予定より遅れていた気がしたのですが【これが原因らしい】です。

それにしても、踏切に入って撮影するという事を考える事自体が理解に苦しみます。また撮影者に対する風当たりが強くなりそうな悪寒…。

だから私は(なんちゃって)風景写真家を名乗っているのですが(ぉ)。

敦賀「日本海さかな街」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撮影が終わったら、食事だ食事!むしろこっちがメインです。

あぶりサーモンマヨ丼
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いくら丼などを注文する事が多いのですが、今回は「あぶりサーモンマヨ丼」を注文してみました。

カニもセットで
(クリックすると、大きい画像を開きます)

せっかくなのでカニもトッピングで頂きました。

気比の松原にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ここまで来たので、気比の松原に立ち寄ってみました。松原は完全に逆光で真っ黒になってしまい撮影を諦め。

ちょっと立ち位置が良くないけれど(苦笑)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ノスリが居たので撮影。ちょっと立ち位置が良くないですが、こちらの都合に合わせて撮りやすい松に移ってくれるはずもないので諦め。

それにしても、休んでいる状態を撮るだけでも一苦労です。飛んでいる姿を撮るなど、残念ながら私には夢物語です。

柳ヶ瀬線跡(小刀根トンネル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次の目的地である木之元宿に向かう際に、少し横道に逸れて北陸本線旧線(柳ヶ瀬線)跡を見学しました。メインは柳ヶ瀬トンネルですが、その前に見つけた小刀根トンネルです。

小刀根トンネル石碑
(クリックすると、大きい画像を開きます)

小刀根トンネルの石碑です。

SLの煤煙による汚れ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

敦賀から米原に向かう北陸本線旧線(柳ヶ瀬線)は25パーミルの急勾配が続く難所です。トンネルの内側もSLの煤煙で汚れていました。

柳ヶ瀬線跡(柳ヶ瀬トンネル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

北陸本線旧線(柳ヶ瀬線)で最長だった柳ヶ瀬トンネル。今回の旧線巡りのハイライトと言えます。

往時は単線で、現在は道路トンネルに転用されています。トンネル出入口に信号が設置されており、一車線相互通行となっています。

「萬世永頼」扁額
(クリックすると、大きい画像を開きます)

米原側に設置されていた「萬世永頼」の扁額です。

「萬世永頼」と記したのは、何と!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

揮毫した人物は「参議 伊藤博文」。プロ棋士である伊藤博文先生ではありません。何とビックリ、千円札にも印刷された事がある明治時代の元勲である伊藤博文その人です。

今では想像も付きませんが、敦賀~京都・大阪・神戸間の鉄道建設は国家的事業と見なされていました。その国家的事業において最難関であった工事の完成を記念して揮毫されたのだろうと思います。これを見るだけでも、先人の鉄道に賭ける熱い思いが伝わってくるではありませんか。

木之元地蔵院にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

木之元宿の中心にある地蔵院にて。

とても良い天気です
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本当に雲ひとつない、素晴らしい天気です。私が撮影に行ける時は常にこうあって欲しいです(自己中)。昔は外に出るたびに雨が降って雨男扱いされていましたが…。

「明けない夜はない。止まない雨はない。いつの日にか 雨男の称号は誰かに押しつけられるのさ~♪ 報われる日がやって来るのさ~♪」

身代わり蛙
(クリックすると、大きい画像を開きます)

木之元地蔵院は目の仏様だそうです。という訳で「身代わり蛙」は眼病患者が回復するよう願をかけ、片方の目をつぶって暮らしているとの事です。

4076レ(=EF510-20牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

天気が非常に良かったので、偶然やって来た4076レまで撮影してしまいました。 絶対に意図的に木之元地蔵院観光を組み込んだだろうと突っ込まないように。 久しぶりに手ごたえありの一枚を撮影できた気がします。

情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 683系 117系 EF510


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

超望遠撮影練習

午前は所用がありましたが、思いの外天気が良かったので午後から近場で撮影する事にしました…が、午後になったら雲が増えてくるというのは鉄道撮影あるあるです。

1081レ(=EF210-132牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1081レ(=EF210-132牽引)。聞いた記憶がない列番だな…と思って調べたところ、本来は吹田7時23分着の列車らしいです。最近は朝に撮影に行かず、夜にばかり撮影に行っているので夜間の列番しか記憶にありません(汗)。約6時間の遅れという事になります。

5087レ(=EF65-2083牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

逆にこっちは定時で来た事に驚いた5087レ(=EF65-2083牽引)。今までこのアングルで撮影した結果の中では一番ピントが(これでも)マシなのですが、前面に光が当たらずに機番が読み取りにくいですね(汗)。

この天気なので、色々と実験してみようと思い立ちました。「パンタグラフを切れるのを承知で、もう少し手前まで引き付けたらどうなるだろう?」と。

8057レ(=EF210-16牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これまた大幅な遅れでやって来た8057レ(=EF210-16牽引)。当然ながらパンタグラフは切れるのは分かっていましたが、より迫力が出て、意外とこれはこれでありかもしれない。

223系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

電車の方がさらに違和感が小さいかな?



情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、どうもありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF210 EF65 223系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

ちょっと岡山県まで

世間では「ちょっと北海道行ってきます。」とか「思い付きで九州へ行ってきました。」という恐ろしい方々がおられますが、私はこれぐらいが限界です。高速代にも事欠くので山陽道を使わず、阪神高速+第二神明道路で行ける所まで行って後は地道というね。

高倉健の「コーヒーを飲むために京都へ。」、佐藤大五郎先生(プロ棋士)の「味噌ラーメンを食べに札幌へ。」私もこんな事を言ってみたいものです。



昨日に【六甲道~灘駅間で新駅(摩耶駅)建築中に足場が崩れるという事故】が発生したため、当然ながら昨日から今日にかけてのダイヤはメチャクチャ。「特別なトワイライト」は意地でも出発させるだろうけど、他は全く読めない状況でした。

そんな訳で、県境付近で55レ福山レールエクスプレスを思いっきり横目で見る鉄…orz。出だしからして最悪です。

今回もロケハンを考えてだったのですが、なかなか良い場所が見つからない。天気も雲が優勢になってきたので「背景に空があまり入らない場所。」を目標に切り替える事にしました。

結局、悩みに悩んで【以前に撮影した事がある場所】から少し後方に下がって、山を入れつつ、高速の高架橋を少しでも遠ざけるような場所で撮影する事にしました。

列車待ちをしていると、地元の方から「何か珍しい物が来るんですか?」と質問されました。

「はい、トワイライトエクスプレスが来るんですよ。」
「それで大勢の方がおられたんですね。」

当然と言うべきか、こんなところで撮影しているのは私一人でしたが(苦笑)。

「後どれぐらいで来るんですか?」
「多分、10分ぐらいで来ると思います。」

他の方を呼びに行かれたり、配達中のお兄さんも配達を中断して(笑)皆で列車を待つ事になりました。

9023レ(=EF65-1124牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9023レ(=EF65-1124牽引)。アカン、コンマ1秒早切りしてしまいました。スカートにポールを引っかけないようにしたかったのですが。

このような写真ですが「流石に上手いですね!」「プロですか?」「雑誌に載るでしょう!」と地元の方にベタ褒めしていただきました。

「いや、このレベルで雑誌に載ったら楽なんですけれど…。」というのは内なる声。

2077レ(=EF210-138牽引+DE10-1574ムド)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2077レ(=EF210-138牽引+DE10-1574ムド)。今度は若干の切り遅れ。予定ではポールとポールの間に、スカートに引っかけないように撮影する事を想定していたのですが。

73レ(=EF210-304牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

73レ(=EF210-304牽引)もやっぱり若干の切り遅れ。想定したジャストタイミングで撮影するのは本当に難しい…。

304号機はムドや後補機での撮影経験もなく、動いている姿を見たのが初めてでした。ようやくEF210未撮影機を1両減らす事が出来ましたが、知らん間に309号機まで落成しているじゃないか!305~309の5両を撮影し終えるのは、いったいいつになるのやら。

気合を入れて毎週2077レや73レを撮影していたらそのうちコンプリートしそうなのですが、73レがEF65担当じゃなくなってからとんと撮りに行かなくなり、その煽りを受けて2077レも撮影しなくなりましたからねぇ…(汗)。

1051レ(=EF210-170牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撤収しようとした時にやって来た1051レ(=EF210-170牽引)。31フィートコンテナを多数積載しているので「1055レか?」と思ったのですが、後で調べたところ1051レだったようです。やっぱり、昨日の事故の影響によるものか、かなりの遅れが発生しているようです。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF65 EF210 DE10


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

EF65-1124、ついに「山陽トワイライト」を牽引する

当初は金曜日深夜に出発、日曜日深夜に帰宅の予定でサロンカーなにわ&トワイライトエクスプレスを撮影するために山口県まで行こうとしていたのですが(単独行、当然のように全て車中泊)、諸般の事情によりキャンセルしました。

山口県まで一人で行くと危ないのは帰りなのですが、今回は行きの時点で嫌な予感がしたので…。

さりとて、トワイライトエクスプレスで気になる噂があったので「どうせ撮るなら、今回は紅葉&機関車アップで撮れそうな場所には行ってみたい。」と思っていました。結局「兵庫県と岡山県の県境ぐらいならば、まぁ死ぬ事はなかろう。」という事で、ロケハン込みで何となく目的地を決定。



二車線の高速道路で移動中、管理人の前をトラックと乗用車が並走していました。

■□

■…トラック
□…乗用車

トラックが右ウィンカーを点滅させたので「あぁ、□と私の間に車線変更するのね。」と思っていたら、そのまま右に寄り始めたんですけど?

は?ちょちょちょちょ!

ウソやん!と思う間もなく、□の車が■のトラックと中央分離帯に挟まれ、バンパーなどのパーツが道路に散乱するという有様です。間一髪で回避しました。

状況的に何か似たシーンがあったような…と思ったのですが、思い出した!「カリオストロの城」のカーチェイスのシーン↓です(英語版しか見つかりませんでした)。



挟まれた車の位置が左右逆だったり、ここまで派手にパーツは飛んで来なかったりという違いはありますが、状況的には本当にこんな感じでした。今までにも丸焦げになった事故車とかを見た事はありますが、目の前で事故が発生する瞬間を見たのは初めての経験でした。これが最後の経験であって欲しいですけれど。

道路脇に停車した乗用車をチラリと見ましたが、乗っていた方は運転手を含めて無事だったように見えたのが不幸中の幸いでしょうか。おそらく、トラック■は乗用車□が死角に入ったんだろうな。

教訓。車を運転する際には、なるべく並走しないように心がけましょう。



目的地周辺に到着してロケハン開始。もう少し西に行けば有名な俯瞰や橋梁があるのですが、おそらく先客の方で一杯だろうと予想。今回はマッタリ撮影旅行です。

何となく良さそうな場所を見つけてスタンバイ。あと30分ぐらいで「特別なトワイライト」はやってくるはず…。

9023レ「山陽トワイライト」(=EF65-1124牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「げっ、予想より30分以上早いんですけど?」茂みの向こうから突然編成が飛び出してくる場所なので、危うく見る鉄になるところでした。どうやら上郡の停車が無くなった(または短くなった?)ようです。

ちゃんと準備が出来ていなかったので架線柱の配置が最悪だったり前ピン気味だったり 背景が紅葉というより枯れかけのような気がしたり しますが、塗装変更後の1124号機がトワイライトを初牽引する模様を(一応)記録できました。

1071レ(=EF210-149牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次に通過した貨物列車ですが、トワイライトエクスプレスもこれぐらい思い切っても良かったかなと思います。

単9372レ(=EF65-1132単機)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

突然後ろから現れたEF65-1132。EF65原色も珍しくなっていくのでしょうか。

115系もクリアテールになっている事に初めて気付いた
(クリックすると、大きい画像を開きます)

下関EF65がクリアテール化されて大騒ぎになっていますが、実は115系もクリアテールになっている事に初めて気付きました。注意力散漫ですね。



もう少し同じ場所で撮影しようかと思っていたのですが、山影が迫って来たのでロケハンも兼ねて移動。広々と撮影できそうな場所もあったのですが、沿線の茂みが予想以上に高くて諦め。

結局、【以前に撮影した事がある踏切の反対側】に来てみました。

5071レ(=EF66-126牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回来た際には「反対側(つまり、今回撮影した側)は無理。」と即断してしまったのですが、今回改めて見てみたところ、確かに障害物は多いが「絶対に無理。」ではなさそうです。思い込みでの判断は駄目ですね。

2081レ(=EF210-159牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

連続通過した貨物列車を撮影して終了。



撮影地でご一緒させていただきました皆様、情報をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF65 EF210 115系 EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。