28日の撮影結果(山陽トワイライト、京阪など)

昨日28日の撮影結果です。朝から撮影に行けば「ありがとう381系」も撮影できたはずなのですが、「眠い。」という、なかなかにふざけた理由でパス。

9031レ「山陽トワイライト」(=EF65-1135牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局「山陽トワイライト」通過3分前に到着という慌ただしさでした。

1124号機がトワイライト色に塗り替えられ、工臨などで足慣らし中。間もなく運用入りがささやかれています。EF65原色が牽引するのもこれがラストかもしれないし、クリアテールになっていない1135号機牽引だったので、もう少し真面目に準備すべきだったかなと反省。



この後は所用を済ませ「さて、どうしたものか?」

回9912レにEF65-1124が入りそうならば湖北まで行こうかと思っていたのですが、どうも天気が思わしくなさそうだし、何より1124号機は岡山に居るらしいという事でパス。

「そうだ、京阪撮ろう。」「京阪撮る人、おけいはん。」という標語が思い付いたので

8054
(クリックすると、大きい画像を開きます)

何となく京阪の撮影に行く事にしました。【前に京阪の写真を投稿したのは2年以上前】だったという、管理人自身がビックリするほどの昔でした。

1551
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1000系(3代目)。【10月の所用で購入した京阪1000系は2代目】でした。

3054
(クリックすると、大きい画像を開きます)

この撮影地を選んだのは、以前に撮影した時には持っていなかったレンズを試してみたかったからです。

9051
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回来た時は影も形もなかった跨線橋が建設中でした。

琵琶湖疏水、水と歴史の、みちめぐり。
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「琵琶湖疏水、水と歴史の、みちめぐり。」副票付き。

2466
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2466。

THOMAS EXPRESS
(クリックすると、大きい画像を開きます)

THOMAS EXPRESS。「洛々」の返しと思われます。というのも、撮影地に到着すると同時に「洛々」を見る鉄したからです(汗)。

2462
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2462。

中之島ウェスト冬ものがたり2015
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「中之島ウェスト冬ものがたり2015」副票付き。

8052
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8052。

2831
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2831。

8055
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8055。

幌付き
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まだ幌付き先頭車も走っているのですね。

8056
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8056。

7251
(クリックすると、大きい画像を開きます)

7251。

副票付きも、白飛びして失敗…orz
(クリックすると、大きい画像を開きます)

副票付きも、白飛びして失敗…orz。もう少しアンダー気味に撮って、暗い部分を持ちあげるべきだったかと思っても後の祭り。



京阪を一通り撮影し「さて、どうしよう?」

5087レがEF65-2093青プレ牽引で下ってきているらしいので撮影に行く事にしました。

5087レ(=EF65-2093牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

天気予報が見事に的中し、一番暗い時に通過。さらには遅れ新快速(?)にブロックされて終了。ちーん…。

1881レ(=EF66-127牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1881レ(=EF66-127牽引)。

3095レ(=EF510-22牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3095レ(=EF510-22牽引)。

4071レ(=EF510-504牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4071レ(=EF510-504牽引)。本来ならばEF81仕業ですが、昨日はEF510-504による代走でした。

しかし…側面の流星痕は影も形もありませんね(汗)。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF65 京阪 EF66 EF510


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

大人の遠足@中京地区(後編)

←前編はこちら

5時に三岐鉄道保々駅に白ホキが停車している事を確認し、仮眠を取る事にしました。起床時間は…6時?

あと1時間しかないじゃないか!

何が狙いだったかと言いますと、セメント列車3710レが運転されるかを確認する事でした。3710レが運転されたならば、継走される6361レ、そして折り返しの6360レを末広橋梁で撮影できるという仕組みです。

前編で少し触れましたが、6361レ~6360レが運転されるならばDD51-1805が牽引するという確信はありましたが(※注)、6361レが運転されないならば話は別。6287レを狙いに塩浜に行くべきと皆様に連絡するつもりでした。

(※注)
愛知DD51の仕業表を見ていただくとお分かりの通り、A110(75レ~6286レ)⇒A105(セメント列車仕業)と流れるため。

ただし、こう流れるのはA117が設定なし(75レ~6286レが重連総括なし単機牽引)の場合のみです。A117設定ありの場合は重連総括したままA110⇒翌日のA111に流れます。

白ホキ下りが

<1501レ>
富田545
保々607

<901レ>
保々612
東藤原642

セメント列車が

<3710レ>
東藤原546
富田631

となっていたので、保々610ぐらいですれ違うだろうと予想。早く貨物鉄道博物館にダイヤグラムを買いに行けという話ですが。



6時にアラームが鳴って「うーん…うるさい…。」とお決まりの行動。10分ぐらいウトウトしていて、ふと列車の通過音を聞く。セメント列車上り通過を確認!

3710レだ!

一気に目が覚める。皆様に即連絡を入れ、末広橋梁に移動しました。

6361レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

6361レ(=DD51-1805牽引)。残念ながら、思いの外水面が乱れてしまいました。

6360レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

末広橋梁を渡ってくる模様は失敗したので(泣)、一時停止の模様をスナップで撮影。

6360レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前に大失敗したDD51-1805牽引セメント列車】に再挑戦。前回よりはまだマシかな。

この後は5263レの運転に期待したのですが、残念ながらダイヤ通りに運休。カツテンするのはもう少し先のようです。

塩浜駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

塩浜駅に行ったところ、何両かのタキが停まっていました。6287レでやって来たタキでしょうか?

ポイントメンテナンス、お疲れ様です
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ポイントに注油しておられました。ポイントメンテナンス、お疲れ様です。

DD51-1801も、前ほどピカピカではなくなったようです
(クリックすると、大きい画像を開きます)

6287レを牽引してきたDD51-1801が停まっていました。最終全検となった1801号機ですが【さすがに以前ほどピカピカの状態ではなくなってきた】ようです。JR西日本のDD51-1193などと違って、こっちはほぼ毎日走っているだろうから仕方ないでしょうね。



ここまでで四日市での撮影は終了し、再び稲沢に移動です。

5087レ(=EF65-2127牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前日の5087レ(=EF65-2119(原色)牽引)には間に合いませんでした】が、今度は間に合いました。

下り列車は何となく撮影方法が分かってきたのですが、上り列車は相変わらず最適解探しの状態です。ふと「こうすれば串パンを回避できるんじゃないか?」と思い付いたので試してみました。

3091レ(=EF66-125+EF65-123牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

信号機と次の架線柱の間にパンタグラフを配置しようとしましたが、ものの見事に失敗…orz。【どう見ても以前の方がまだマシ】ですね。と言いつつ、色々と考える時間もまた楽しいのですが。



この後は名古屋に移動して皆できしめんを食べましょうという話になりました。

さぁ注文しましょうとなったら、ソバも一緒にやっている…。駄目元で「ソバも一緒に茹でていますか?」「茹でています。」

仕方がないので、コンビニで焼きそばパンを買って食べました(※注:管理人はソバアレルギーのため、一緒の鍋で茹でたうどんを食べてもアウト。点滴を打たないと死にますので。)

2095レ(=EF66-123牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

戻ってきて、2095レ(=EF66-123牽引)を撮影。右側に柵が写ってカツカツだったので、思い切ってアップで撮影しました。

3091レが次位あり⇒2095レが運転される⇒81レに継走されるという法則が成り立ちますので、81レを待つ事にしました。

81レ(=EF64-1020+EF64-1006牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前に撮影した際にも原色が後ろでした】ね。なかなか上手く行かないものです。

次位のパンタグラフまで刺さらないようにしたかったのですが、私の腕ではどう考えても無理ゲーでした。四重連で全て串パンを回避される方は本当に尊敬します。



この後についてご相談。「SL北びわこ号の回送に間に合いそうですよ。」との提案がありました。私は「そう言えば、今日は運転があったな。」というレベルのゆるさなので、この後に湖北に移動するなんて発想がありませんでした。皆様、本当にタフですねー。

…色々とツッコミが入りそうだが、気にしたら負けです。

4076レ(=EF510-9牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EL北びわこ4号(通称)をどのように撮影すべきか検討。不意打ちで4076レ(=EF510-9牽引)がやって来ました。

あぁそうか、EL北びわこ4号(通称)の前にいつもやって来るんでした。完全に忘れておりました。

117系原色
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ファッ!?

後ろから不意打ちを食らい、カツカツになって見事に沈没。これはひどい。

回9244レ(=EF65-1133+C56-160プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

散々迷った挙句、空の色が出てきたので広角気味に撮影する事にしました。列車通過後にさらに晴れてきたのは、典型的な「鉄道あるある」です。

この後はSL回送を撮影する事になりました。

単9927レ(=EF65-1133+C56-160)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

何だか、本運転より煙が凄いような(苦笑)。サービスだろうか?

以上で撮影終了!ご一緒させていただきました皆様、本当にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 EF65 EF66 EF64 EF510 117系 C56


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

大人の遠足@中京地区(前編)

九州の大先輩方が「今度、中京地区に撮影に行く。狙いはDD51メイン。荷物持ちをせよ!」との下命がありまして「ははーっ!仰せのままに…m(_ _)m」となりました。

…もちろん、誇張率300%ですので真に受けないでください。

そこからあれよあれよと輪が広がりまして、中京地区の皆様方もお集まりになるとの事になりました。まさかの中京地区・関西地区・九州地区の大規模合同オフ会の様相を呈してくる事になりました。

過去に【中京地区の皆様には土下座せんといかんレベルの事をやらかしている】ので、その精算も兼ねておりました。それは私個人の話ですが。



荷物持ちの分際で【このようなお手製時刻表&運用予測表】を持ちだし「今の時間、四日市に直行しても列車はありません。」「5087レがEF65-2119(原色)牽引、5282レがDD51-1028(全検明け)+DD51-852(原色)牽引、2095レがEF66-26牽引ですので、まずはこれらを撮影できる稲沢に行くべきです。」といきなり予定を引っかき回す。江戸時代なら即刻で打ち首だと思います。

幸いな事に今は平成27年。打ち首になる事はありませんでした。セーフ!

さらに調子に乗って「個人的に撮影したいポイントがありますので。」と単独行。【以前の事を反省しているとは思えん行動】です。

スノーボードの○○さん「ちっ、めんどくせーな。反省してまーす。」

…バチが当たったのか、5087レは間に合わず。79レはDD51重単だった上に見事に「しらさぎ」にブロックされ、2071レ(=EF64-1011牽引)も見事に普通列車にブロックされる始末。おおぅ…orz。

物凄く幸先が悪いですが

5282レ(=DD51-1801+DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本命は問題なく撮影できました。

1252レ(=EF64-1035牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

半逆光を期待していたのですが、かなり太陽は南に寄っているようです。

2095レ(=EF66-26牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

残念なが鼻筋は出ず。



ここまでで稲沢での撮影を切り上げ、次は四日市での撮影となります。

四日市で最初に撮影する5380レ石油列車は、機番予想によると後ろがDD51-853(原色)です。過去に1度だけ鵜殿貨物を撮りに行った際の牽引機が853号機でした。その時以来の撮影となります。

次位が原色だと分かるようにサイドから狙える位置に皆様をご案内しました。

5380レ(=DD51-893単機)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…あれ…?(´・ω・`)

ゴシゴシ(つд⊂)

……。

ゴシゴシゴシゴシ(つд⊂)

………。

何だか、DD51-893単機に見えるのですが。疲れているのかな。

実際には(゚Д゚)あぁ?○×※〒…という感じで荒れてしまいました。反省…。

5365レ(=DD51-857牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

気を取り直して【以前にやらかしてしまったアングル】に再挑戦。今回もかなーり怪しい…。

5366レ(=DD51-857牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回撮影時に「遠くから末広橋梁を狙えないか?」と考えた場所より。予想以上に線形が直線だったため、正面から狙うのは難しそうです。

側面ギラリに期待
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今の時期は夕陽に照らされた姿が撮影できるかも?という事で急行しました。

72レ(=DD51-889+DD51-891牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

72レ通過時には夕陽が弱くなってしまいました。残念。

この後に75レがDD51-1805(原色)牽引という情報が入りましたので撮影に行きましたが、私は見事に失敗。ちーん…。

ただし、75レに1805号機が入ったという事をこの目で確かめられたので、内心「明日に期待!」と思っていたのも正直なところだったりします。万が一予想を外して皆様をガッカリさせるのもアレなので黙っておりましたが。



この後は名古屋に集合し、中京地区の皆様と合流です。

2086レ(=EF66-120牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

名古屋駅は東海道線上り貨物が(基本)2番線、東海道線下り貨物が6番線、中央西線貨物が8番線と10番線の間の中線(9番線?)、関西本線貨物が13番線と新幹線の間、一番奥の線路を通過します。

まずは名古屋(タ)行きの2086レ(=EF66-120牽引)。間に13番線と2本の中線を挟んでいますのでかなり遠く、しかもアウトカーブで離れていく線形なのでかなり難しいという印象を受けました。JR九州のスペースワールド駅と似た印象です(あちらよりはずっと明るいですが)。

3081レ(=EF64-1017+EF64-1015牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

中央西線貨物も「中線を通過するなら、狙いやすくて良いじゃないか。」と思っていたのですが、大体はホームに長い列車が止まっている状況のようです。

1253レ(=EF200-7+EF66-130牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF200とEF66による異形式重連。前機が1095レ、次位が1065レに入ります。

5782レ(=EF64-1028牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

東海道上り貨物は2番線通過のため「速度は遅いだろう。」と見ていました。帰宅客が大勢並んでいる所をフルスピードで通過するはずはなかろうと。

実際に「列車が通過いたします。」のアナウンスが流れた後、全然列車が姿を見せない。「これは相当に遅いな。」と油断していたところ、普通列車の影からかなりの速度で赤ホキが姿を現しました。

「げげっ、めっちゃ速いやんけ!」

ロベルト・カルロスのFKが壁の向こうから飛んできたような感覚でしょうか。参考動画↓。



とりあえず撮ったものの「終わった…orz…。」感が凄い。

駄目元で確かめてみたところ、予想外に撮れているではないか!…と、その場では興奮冷めやらぬ雰囲気で思っていたのですが、後から冷静にPCで見直してみると、やっぱり相応の出来でした(汗)。

ドクターイエロー停車中
(クリックすると、大きい画像を開きます)

新幹線ホームにドクターイエローが停まっていました。【前にドクターイエローを見たのも、九州からの客人を迎えた時】でしたね。

果たして今回は私に幸せを運んでくれるのだろうか?

名古屋ナイト参加者の皆様
(クリックすると、大きい画像を開きます)

名古屋ナイトに参加された皆様の集合写真を撮影させていただきました。撮影者は私なのでモザイクなしで投稿しても良かったのですが(ぉぃ)、ちゃんとプライバシーに配慮いたしました。

この後は懇親会。私は相変わらず空気を読めずに一人で撮影するつもりだったのですが、この後に面白そうな列車が来なさそうだった事、そして何より同好の士がこれだけ集まる貴重な機会はそうそうなかろうという事で急遽参加させていただく事にしました。

末席の分際で散々ご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした。首脳陣の皆様に深くお詫び申し上げます。

 何ちゃって風景写真家のA「反省して(略)。」 



皆様は列車で名古屋まで来られていたので、終電の時間を気にして解散されました。一人車で来ていた私はギリギリまで撮影。やっぱり空気が読めていません。

78レ(=DD51-889+DD51-891重単)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

そんな空気が読めていない私には「重単で十分!」という事のようです。

1080レ(=EF66-27牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

皆様から「友達をなくしますよ。」と警告を受けた1080レ(=EF66-27牽引)。27号機が入るとしても5088レじゃないかなと思っていましたが、まさかの1080レでした。

「失敗しろー!」という多数の呪い、「失敗した方がブログのネタになって面白いですよ。」という誘惑に打ち勝ち(笑)、名古屋ナイトで一番の成果が出ました。

どや!

…すいません、調子に乗りすぎました。冗談ですので、これからも見捨てないでくださいませお願いいたします。

この後は白ホキまで頑張ろうかと思っていたのですが、予想外に早い終電という壁に阻まれてゲームセット。



時間的にはここで日付が変わっているのですが、何故かまだ前編が続きます。この後の事を全く考えておりませんでしたが、このまま翌朝まで寝ているのももったいないので、四日市界隈の様子を見に行く事にしました。

まずは富田駅に向かってみる事に。白ホキでも停まっていたらいいなと思っていたのですが、白ホキの姿は見えず。その代わりに(?)、何故か石油列車が四日市方向に向かって停車していました。

はて、こんな時間に貨物列車があったかな?と貨物時刻表をめくってみる。どうやら6287レという臨時列車らしいです。

どこかから撮れないかなーとウロウロしてみる。お巡りさんに見つかったら確実に職質コースですね(汗)。

6287レ(=DD51-1801牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

踏切から望遠撮影できないか?とセッティングしてみたところ、絶妙な加減で前面と側面に光が当たっておりました。

これはキタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

まさに遅寝は三文の徳!ことわざ通りでした。昔の方は偉い!ちなみに、これを撮影したのが午前2時少し前です。

富田駅での結果に気を良くしたので、次は四日市駅に向かってみました。

真夜中の四日市駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こちらでは停車中のDE10とタキを発見。しかもタキは貴重になりつつある黒タキ2両を含んでいるではないか。

またまたキタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

やっぱり遅寝は三文の(略)。撮影時刻は4時少し前…。次は塩浜駅です。

近鉄のクル・クモル?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

塩浜駅は真っ暗で何も見当たりませんでしたが、近くに近鉄の車庫があるのか色々な車両が留置されていました。

クル・クモルそっくりの車両】を見かけたので撮影。串パンどころか顔グサリですが、さすがにどうしょうもありません。この時点で…4時を回って…。

この後は何とか三岐鉄道保々駅に辿りつき、白ホキが停まっている事を確認。翌朝のセメント列車通過を確認するまで仮眠を取る事にしました。

後編に続く→

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 EF64 EF66 313系 EF200 DE10 近鉄


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

「日本のエーゲ海」、時々「サロンカーなにわ」

昨日は久しぶりに風景写真をメインに撮るべく【和歌山県「白崎海岸」】に出かけてまいりました。大勢の方に「嘘っぽい。」とツッコミを受けましたが(汗)。

白崎海岸は「日本のエーゲ海」とも称されるようです。大体は「○○の××」となると「○○の××(笑)」が付いてしまうのが相場ですが、果たして?

海を撮る気力が湧かなかったので、花の接写から撮影開始
(クリックすると、大きい画像を開きます)

朝から海岸線に来ましたが、「午後から晴れ間が見えるでしょう。」という天気予報の通りに厚い雲に覆われていました。どうにも海を撮る気がしなかったので花の接写をしてみたり。

名物「しらす丼」…ではなく、何故か「カルビ丼」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

白崎海岸公園の名物は「しらす丼」…なのに、何故か「カルビ丼」を注文(ぉぃ)。

少しづつ、青空が見えてきました
(クリックすると、大きい画像を開きます)

天気予報通り、少しづつ晴れ間が見えてきました。

まだ西の空がスッキリしない…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中で見つけた穴から西の空を見る。後で調べたところ、この岩は「立厳岩」という名前だそうです。

まだ西の空はスッキリしませんが、晴れていると面白い写真が撮れそうです。

9109レ(=DD51-1183牽引)、サロンカーなにわ(4両)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

あくまで白崎海岸訪問のついでに撮影した「サロンカーなにわ」です。嘘っぽいですが本当の話です。お隣でご一緒させていただいた方も「先程まで海釣りをしていました。」と仰っておられました。



その割に、最初は編成写真撮影、次は動画撮影と妙に準備が良いのは気のせいです。

完全に雲はオサラバ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

サロンカーなにわ撮影後、再び白崎海岸に戻ってきました。もはや雲の影はほとんどなし!キタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

美しい海
(クリックすると、大きい画像を開きます)

午前中とは打って変わって美しい海が姿を見せ始めました。サロンカーなにわの撮影に成功した事も相まって一気にテンションアップです。

穴の先には
(クリックすると、大きい画像を開きます)

露出アンダー気味に立厳岩を撮影。ちょうど後ろに太陽が隠れています。

沖合の岩礁には釣り人の姿が
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最初は全く気付いていなかったのですが、沖合の岩礁に釣り人の姿がちらほら。漁船でも近付くのが困難に思えるのですが、どうやって渡ったんだろう?

似た形
(クリックすると、大きい画像を開きます)

漁船と岩礁、似たシルエットを示していました。

漁船のシルエット
(クリックすると、大きい画像を開きます)

きらめく水面を背景にして。

立ち位置を変えれば、立厳岩の先にひじき島
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先程と立ち位置を変えてみました。

グッドタイミング!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ちょうど良いタイミングで漁船が通りがかってくれました。

石灰石と樹木の融合
(クリックすると、大きい画像を開きます)

場所によっては、石灰岩の山を樹木で覆っている箇所もありました。生命力のたくましさを垣間見る光景です。

カッパドキアのイメージ?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

樹木が成長していない部分は真っ白な山肌。まるでカッパドキアのような雰囲気です。残念ながら実際に行った事はありませんが…。

ダイナミックな風景
(クリックすると、大きい画像を開きます)

白い岩肌がゴツゴツしていて、実に面白い風景です。

穴の先には、青い空
(クリックすると、大きい画像を開きます)

石灰石に空いた穴があったので、空が見えるように撮影してみました。

黄昏
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ここまで来たならば、夕陽を撮影せずに帰るのはありえません。

凪
(クリックすると、大きい画像を開きます)

穏やかな海です。実はかなり風が強く、手持ち撮影が困難なぐらいでしたが、それでも凪の状態だったと言えるでしょう。台風が来たりした場合は相当に恐ろしそうです。

秋のつるべ落とし
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一気に太陽が沈みはじめました。ここからは時間との勝負です。

一番のベストショット!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ちょうど良いタイミングで大型船が通りがかってくれました。これは嬉しい。昨日撮影した中でベストショットではなかろうか。当ブログ的には「サロンカーなにわがベストになるように全力を尽くせよ!」かもしれませんが…(汗)。

あっという間に
(クリックすると、大きい画像を開きます)

少し船が進む間にも、目に見えて太陽が沈んでいます。

鳥と共に
(クリックすると、大きい画像を開きます)

鳥も太陽に向かって「今日も一日ありがとう!」と、手…ではなくて羽を振っているようです。

今日の陽はさようなら
(クリックすると、大きい画像を開きます)

淡路島に消えゆく太陽。

帳が下りて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

太陽が沈んでしまいました。しかし…

マジックアワーの開幕
(クリックすると、大きい画像を開きます)

太陽が沈んだ時、それはマジックアワーの幕開けを意味します。

三日月さん、こんばんは
(クリックすると、大きい画像を開きます)

太陽に変わって、次は私が主役とばかりに三日月が姿を現しました。



以上で撮影終了!「日本のエーゲ海」の名称は伊達ではありませんでした。白崎海岸、管理人一押しのスポット入りです。

情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

テーマ : 風景写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

5071レ(=EF66-27牽引)を撮る

故障から復帰したEF66-27が5071レを牽引しているとの事だったので撮影してきました。天気がスッキリしないからか同業者の姿もまばらでした。

どこで撮ろうかとしばし思案。天気が良くないので【以前に撮影したアングル】で動画を撮ろうかと思ったのですが、風によるブレが出そうなので動画撮影は諦め。前回より少し左側に立って写真を撮影する事にしました(前回は先客多数により、想定より少し右に立った)。

5071レ(=EF66-27牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回撮影】と比べると、早くも塗料剥落の跡が見えますね(汗)。塗料の吸着力はかなり弱いのだろうか?



午前中の山陰トワイライト、この後に通過したはずの回9912レ(SL北びわこ号送り込み)は共に綺麗サッパリ忘れていて不戦敗(汗)。【日記の塩漬けの件】といい、我ながらビックリするほど適当です。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

山陰トワイライト(7回目)

SM】です。何がビックリするって11/10(火)の記事ですらなく、11/3(火・祝)の記事というね…。ビックリするほど塩漬け状態です。管理人のテキトーさがよく出ております。

ここ数日の記事の正確な順番は以下の通りです。

10/30(金)~31(土)
⇒【北海道遠征(前編)

11/1(日)
⇒【北海道遠征(後編)

11/3(火・祝)
⇒【山陰トワイライト(7回目)

11/7(土)
⇒【知多半島遠征

11/8(日)
⇒【京急新1000系甲種輸送



本番1回目の撮影結果はかなり怪しい出来なので割愛。2回目は【前回はアウトカーブで撮影した場所】を選択しました。

9036レ(=DD51-1186+DD51-1179牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キター…と思ったんですが、前の方の頭が入ってしまいました。私の不注意だから仕方がありませんね。

381系「やくも」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

381系「こうのとり」「はしだて」「きのさき」が置き換えられて「381系が消滅!」という雰囲気になっていましたが、「やくも」については全く変化なく走っていたりします。「国鉄色が」という条件付きならば確かにその通りなのですが…。

こちらも置き換えが近付いてきたらまた混雑するのかな?

国鉄色が伯備線に転属してくれたら面白いんですけれど、世の中そんなに上手く話が転がる事もないでしょうし。

単9875レ(=DD51-1179+DD51-1186)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回に引き続いて、単9875レ追っかけです。直前まで晴れ間が見えていたので「よっしゃ!」と思っていたのですが、直前に雲が出てきて「ありゃりゃ…(´・ω・`)。」の図です。

単9875レ(=DD51-1179+DD51-1186)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こちらも「ありゃりゃ。」となりかけましたが、可能な限りの最良条件だった気がします。しかし、列車本体と水鏡、両方共にブッシュに引っかけないようにするのは難しいみたいです。

単9875レ(=DD51-1179+DD51-1186)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

奥の紅葉が綺麗だと思っていたら、直前に分厚い雲が出てきて「あちゃー。」の図。

単9875レ(=DD51-1179+DD51-1186)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

紅葉が綺麗かなーと思っていたら、思いの外紅葉しておらず、さらに雲が切れずに「ブワッ…。」の図。

3088レ(=EF64-1034牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中で3088レとすれ違う事に気付き、慌ててセッティングしよう…としたら、もう来ちゃったの図。単焦点レンズだったので画角調整は出来ませんでした。何か【前にも似たような事があったような…】。

単9875レ(=DD51-1179+DD51-1186)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ハーフNDをかけようかと一瞬考えたのですが、ハッキリした境界線がある訳でもないし、紅葉の色が出なくなりそうなので諦めの図。

単9875レ(=DD51-1179+DD51-1186)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

この前にも流し撮りに挑戦し、機番は止まったもののお尻がカツカツだったのでリベンジの図。今回撮影した単9875レの中では、これが一番の出来かもしれません(汗)。



ご同行頂いた皆様は本番を無事に撮影できたのが不幸中の幸いでした。単9875レと3088レの動きもある程度分かったし、そういう面での収穫は十分でした。

無計画遠征にご同行いただきました皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 381系 EF64


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

北海道遠征(後編)

←前編はこちら】。

前編の10/30(金)~31(土)に続きまして、後編は11/1(日)の模様です。前編では8071レ1回目の撮影で後補機を切らすという大失態をしてしまったため、絶対に切れないであろう「白滝発祥の地」を選びました。

8071レ(=DF200-115+DF200-113プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

しかし、どうにも天気がスッキリせず、ISO感度もかなり上げざるを得ない状況です。ここで流し撮りする訳にも行きませんし、どうしたものかな…と思っていたら「動画を撮るという手もありますよ。」とアドバイスを頂きました。なるほど!

…で、どうやって撮ればいいんでしょうか?(ぉぃ)このレバーを倒せばいいのか?設定はどうすればいいんだ?

そんなこんなで、結局は普通に撮影する形に落ち着いてしまいました。

8071レ(=DF200-113+DF200-115プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遠軽駅で編成の前後が入れ替わった所をもう一枚。

うん、これで両エンドがちゃんと揃ったので、次の146キロポストで動画撮影に挑戦してみよう!先に書きましたとおり「どうやって撮るんですか?」すら知らないので、完全にぶっつけ本番です。

…どこからどう見てもただの無謀なアホです。本当にありがとうございました。



普段の撮影以上にツッコミ所しかありませんが、常紋峠に挑む8071レの力強さは記録できたかと思います。ド素人の思い付きにも関わらず、ちゃんと記録を残してくれたカメラには感謝です。

廃バス待合室が有名だった生野駅
(クリックすると、大きい画像を開きます)

常紋峠から下ってきた際に、以前から気になっていた生野駅に立ち寄ってみました。この駅は廃バスによる待合室が有名だったのですが、それすら撤去されてしまったようです。

待合室もなくなり、朝礼台の駅のみとなってしまいました…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前編に出てきた上白滝駅や旧白滝駅】もビックリの簡素さです。巷では「朝礼台」などと言われているそうです。

来年3月に白滝シリーズ3駅に金華駅の廃止となる見通し】らしいですが、生野駅も風前の灯のように思えてしまいます。



この後をどうするか同行者とご相談。

昨日はあっさり完売してしまった、100食限定で復活した岡村べんとう屋の「かにめし」を食べてみたい。

しかし、11D「オホーツク1号」は白坊主先頭が濃厚なので撮影してみたい。究極の二択です。

散々迷われた結果、「かにめしに並びます。」との事。

「だったらカメラをお借りして、私の分と二台体制で撮影してきてあげましょう。」と申し出てみました。「かにめし」は食べられるし、白坊主先頭のオホーツクも記録に残るしといいことづくめじゃないですか!我ながら何と素晴らしい提案をしたのでしょう。頭が切れる、しびれるぅ~!

…どう考えてもお前が白坊主を撮りたいだけだろうというのは禁句です。

そんな訳で二台体制で撮影してきたのですが、二台のカメラをセットする台のネジが見つからず(普段使わないので全く確認していなかった)。失敗する可能性が高い自分のカメラは広角側に三脚でセットし、お借りしたカメラは望遠手持ちで撮影する事にしました。

果たせるかな、お借りしたカメラの方は殺されん程度の出来には撮影できたかと思いますが、自分の方はシャッターを切るのが間に合わずに沈没(死)。図々しい事を申し出た報いだと思います。

後から考えたら、石北貨物と同じように動画撮影にしておけば良かったじゃないかと気付いたものの後の祭り。

遠軽駅開駅100周年記念イベント時に入線してきた「オホーツク」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遠軽駅に戻ってくると、ちょうど遠軽駅開駅100周年記念イベントの真っ最中でした。式典の対象に選ばれた「オホーツク4号」入線時の模様です。

…こういうスナップ撮影、編成写真以上にヘタだな(汗)。

5両のうち4両が廃車され、残り1両となったキロ182-9
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「この車両、貴重ですよ!」と教えていただいたので記録しておきました。全くもって無知なのですが、この形式は1両しか残っていないそうです。先の白坊主といい、貴重な車両の宝庫なのですね。

遠軽駅開駅100周年記念式典を横目に
(クリックすると、大きい画像を開きます)

華やかな式典とは無縁なキハ40と転車台。

鏡の中にもキハ40
(クリックすると、大きい画像を開きます)

鏡の中にもキハ40。

手前はレール、奥は木材で屋根を組んでいます
(クリックすると、大きい画像を開きます)

開駅100周年という事で、施設もかなり年季が入っています。途中で屋根が増設されたのか、手前はレールで、奥は木材で屋根が組まれています。

開駅当時から変わっていない?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

跨線橋の天井も、かなり年季が入っているようです。

廊下も年季が入っています
(クリックすると、大きい画像を開きます)

廊下も味がありますね。

二度と回る事はないであろう転車台
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遠軽駅に明るい時間帯に来た事がなかったため(汗)、転車台があった事すら知りませんでした。最初は「DE10でも回すのか?」と思ったのですが、線路が繋がっていないようです。この転車台が回る事は二度とないのでしょう。



ここまでで石北本線の撮影は終了!新千歳空港に向けて出発したのですが、札幌駅で「北斗星」をあしらった記念入場券が買えるとの噂を小耳に挟んだので寄り道。

曇りなきブルーモーメントを背景にして
(クリックすると、大きい画像を開きます)

寄り道ついでに、ブルーモーメントを背景にした写真も撮影しておきました。この撮影の影響により新千歳空港では物凄い勢いで味噌ラーメンを食べる羽目になったのですが…(またか!)。



相変わらずの無計画遠征にご同行頂きました皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DF200 キハ183 キハ40 733系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

京急新1000形甲種輸送を撮る

昨日の8865レがEF64-1019牽引+EF65-2119ムドだったので、今日の京急新1000形甲種輸送はEF65-2119牽引だろうと予想しました。

しかし「EF65原色牽引の甲種輸送が撮れる!」と期待が高まる一方で、ムドで来たEF65は

(1)昨日~本日の日付変更ぐらいに出発する5086レに差し替えられる
(2)本日夕方の四国行き75レに差し替えられる

という可能性があります。逆に

75レは原色のはず!
⇒甲種輸送に差し替え
⇒甲種輸送待ち組感激・75レ待ち組号泣

という事もあったはずです。

昨日の5086レは差し替えなし、本日の75レも差し替えなしの雰囲気だったので「これは来たかもしれない。」という予感がしましたが、いかんせん天候がよろしくない。

あまりテンションは上がりませんでしたが(「贅沢を抜かすなやコラ!」と怒られそうですが…)、やっぱり記録しておかないと後々に「やっぱり行っておけば良かった…。」と後悔しそうだったので、ピンポイントで撮影してまいりました。

9866レ(=EF65-2119牽引):京急新1000形(6両)甲種輸送
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2014年3月2日に撮影した、似た組合せ(前回:EF65-2121牽引、今回:EF65-2119牽引)】よりは側面の赤帯を強調できたかと思います。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF65


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

知多半島遠征

本来ならば【北海道遠征】の後編や伯備線遠征の模様を先に書くのが筋なのですが、もう既に記事執筆が遅れまくっているので(汗)、開き直ってもう少しじっくりと記事にする事にします。

これらの記事がいつまで経っても執筆されなかった場合はやる気をなくしたと判断してください(蹴)。



そんな訳で、速報性の高い本日遠征分を優先的に記事にします。行先は知多半島です。

元々は遠出をするつもりもなかったのですが、衣浦臨海鉄道で【この記事】を偶然発見したのがきっかけです。

「え?まだHM付いてるの?(ぉぃ)」

前日23時に気付いて目的地決定とか、相変わらず適当すぎる…。



以前に撮影した跨線橋】に1時間前に到着した際には、既に先客で満員御礼。これは困ったと慌ててロケハンし

5570レ(=KE65-5+KE65-3重連牽引)、「FA・炭カル輸送25周年」HM付
(クリックすると、大きい画像を開きます)

わずかながらですが、季節感を入れられる場所を見つけました。ちなみに、後ろに写っている跨線橋がいつも撮影している場所となります。

折り返し5571レまで時間があったので碧南市まで行ってみる事にしました。いつもは5570レ撮影後に稲沢や四日市に移動するため、実は碧南市まで行った事がなかったりします。

作業中の白ホキ列車(敷地外から撮影)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

敷地外の離れた所から作業中の白ホキを撮影してみました。

「FA・炭カル輸送25周年」HMをアップで(敷地外から撮影)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先程とは反対の第1エンド側を撮影。「あれ?上記PDFの案内と違って反対側も同じHMなの?」

まぁ、半田線コンテナ列車に「FA・炭カル輸送25周年」HMが取り付けられているのも違和感がありそうなので別に構わないのですが。

5571レ(=KE65-5牽引)、「FA・炭カル輸送25周年」HM付
(クリックすると、大きい画像を開きます)

出発前の様子から5571レは白ホキ6両と分かっていたのですが、いかんせん編成長がピンと来ない。予定では後ろまで編成が巻くはずだったのですが(苦笑)。編成が長いのは午後の5573レかもしれません。

しかし、名古屋からそう遠く離れていないにも関わらず、完全に森の中のように撮影できるのが凄い。ますます衣浦臨海鉄道のファンになりました。



ここまでが碧南線での白ホキ撮影でしたが、次は初めて武豊線~衣浦臨海鉄道半田線でコンテナ列車を撮影してみる事にします。

まずは武豊線での撮影。撮影に来た事がないので撮影地を知っているはずもなく、ロケハンからスタートです。

550レ(=KE65-5牽引)、「開業40周年」HM付
(クリックすると、大きい画像を開きます)

何故か稲刈りされていない田んぼを見つけたので、前面に配しての撮影です。しかし、今の時期になっても刈られていないとは不思議です。誰かが「秋にHMが付くので、お願いだからそこまでは刈りとらないで!」と交渉してくださったのかも?

半田線の走行距離は短いので「撮れそうなのはここだけかな。」とアタリを付けておいた場所に移動です。

550レ(=KE65-5牽引)、「開業40周年」HM付
(クリックすると、大きい画像を開きます)

東成岩駅で機回しをしており、編成の前後が逆転しています。

それにしても、完全に山の中じゃないか!ちょっと視線をずらすと工業地帯になっているとは思えない雰囲気です。

あと、KE65-5両エンドを繰り返し撮影する格好になりましたが、大府に戻った際に律儀に両エンドのHMを交換しているようです。編成違い・HM違いで色々と撮影でき、満足の結果となりました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 衣浦臨海鉄道 KE65


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

北海道遠征(前編)

全然写真の現像が追いついていないですが(汗)、先週金曜日~日曜日にかけて北海道に行ってまいりました。

関西発の飛行機も手荷物検査場を離陸10分前ギリギリに通過というスリリングな状態。そんなに多忙な身でもないはずなのに、何でこんなに切羽詰まっているんだか(苦笑)。



新千歳空港到着後「新札幌駅で『はまなす』を撮れればいいな。」と皮算用をしていたのですが、出遅れて間に合いそうにない。「対向式ホームの駅で、少しは明かりがありそうな駅はないか?」と駄目元で目的地を変更しました。

733系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「暗い」「(通過速度が)速い」。「(線路が)遠い」こそないものの、かなり条件が厳しいです。これは決まりそうな気がしない。

3098レ(=DF200-112牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

案の定、3098レは機番が読めただけ儲け物というレベル。私の腕では無理ゲーレベルに近く「これはゴースト云々を言えるレベルではない。」という事で方針を転換。

202レ「はまなす」(=DD51-1143牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ゴースト覚悟で奥の方で狙いました。無理な物は仕方がありません。

しかし、撮った瞬間は全く手ごたえがなく「こりゃー無理だ。」と思ったのですが、後で確認したらDD51-1143と機番を読む事が出来たし、ヘッドマークも「まぁ、ギリギリ読めるかな?」レベルだったのは不幸中の幸いでした。

DD51-1143は本務機はおろか次位ですら撮った事がなかったので、記録に残っただけでも喜ぶところだと思います。

この後は札幌と旭川でご同行いただく方々と合流しました。私が「はまなす」を撮影していたために後行程に遅れが生じたのは公然の秘密です(ぉぃ)。



いつものようにマルヨで遠軽へ。【石北貨物1回目の撮影は100キロポストから】が定跡だったのですが、後ろの樹木が成長していてかなり苦しい構図になってしまいそうです。

という訳で、別の場所を探して撮影。いい感じのカーブを見つけ、頑張れば電線も回避できそうだったのですが…電線を気にし過ぎて画角を狭くした結果、後補機が切れるという大事故が発生(号泣)。これはひどい。

しかし、凹んでばかりもいられない。次が本命の撮影地、146キロポストです。今回ご同行頂いた皆様は初めてのポイントのため、ロケハンの時間も確保するべく無理のない範囲で急ぎます。

私は【過去の】【撮影結果】から「こんな感じだろう。」と狙いを絞って待つ事にしました。

8071レ(=DF200-2+DF200-108プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8071レ(=DF200-2+DF200-108プッシュプル)。何なんですか、前に撮影経験があるのにカツカツとはどういう事かと小一時間説教ですね…。

次は「オホーツク1号」です。前日の16D「オホーツク6号」網走方が白坊主だったらしく(情報1)、前日に苗穂に見学に行かれた際に白坊主がアイドリングしていたらしいので(情報2)、11D「オホーツク1号」が白坊主だろうと期待して待つ事にしました。特に白坊主の走行シーンを撮影された事がない方は気合十分!さぁやって来い白坊主。

11D「オホーツク1号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…カーブの向こうから列車の姿が見えた瞬間、チラリと横を見たら「あれ…?(´・ω・`)」という顔文字そっくりの顔が。

しかし、アイドリングしていたという目撃情報があるから、次の13D「オホーツク3号」なのは間違いないはず!と励まし、ロケハンや道草などを開始しました。

上白滝駅
(クリックすると、大きい画像を開きます)

以前に寄り道した事がある上白滝駅。

伝説の時刻表
(クリックすると、大きい画像を開きます)

伝説の時刻表。初電は終電…ではなく、初ディーゼルは終ディーゼルです。わざわざ上白滝駅に寄り道したのは、来年3月の廃止見込みとの情報が入ってきたからです。この貴重な一本を利用していた学生さんが卒業したから…という風にしか見えないのが恐ろしい。

スラントノーズ現る
(クリックすると、大きい画像を開きます)

極端な話、この区間になると「どこでも撮影地」状態です。

どちらかが垂直に立っていない
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今度は旧白滝駅に寄り道。待合室と白いプレハブ、どちらかが明らかに傾いている気がします。それとも私の目が歪んでいるのか…?

(つд⊂)ゴシゴシ

(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシ

…メガネをもう三個ほど重ね掛けする必要がありそうですね。

国鉄よ永遠なれ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

待合室の壁に描かれていた落書き。20年以上前の落書きか?

電球もいい味出してる
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一定の暗さになったら、この電球もちゃんと灯るのだろうか?

白坊主来たー!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

13D「オホーツク3号」。予想通り白坊主キタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

白樺の林とセットで
(クリックすると、大きい画像を開きます)

どこかで撮れる場所がないかをロケハン。全員の目が合って「あの白樺の林、いいですよね。」で即決定。

ここまででお一方が解散。どうもお疲れ様でした。

北見駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

残ったメンバーで8074レ石北貨物の撮影です。まずは北見駅に偵察に行きました。

17時でも暗い事を示すために時計を入れて撮影しましたが、後から見たら物凄くアリバイ作り臭のする一枚になっていますね(汗)。最近はデジタルカメラになったので写真合成も容易になりましたが…。

8074レ(=DF200-108+DF200-2プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

荷役線から出発線に移動したところを撮影。

ディーゼルの先輩後輩が並ぶ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ディーゼル車の先輩後輩が並ぶ。「今の時代、ECOを訴えないと肩身が狭いですよ。」と声高に主張する後輩でありました。

白坊主、疾走!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先程撮影した白坊主が戻ってきました。かなり怪しい出来ですが、これでも以前に挑戦した時よりはマシになった気がします。以前がひどすぎただけ、が正答だとは思うのですが。

遠軽駅開駅100周年!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

北見駅から遠軽駅に移動して撮影再開です。明日11月1日(日)で開駅100周年を迎えるらしく、お祭りムード一色でした。

明日で遠軽駅は100歳を迎えます
(クリックすると、大きい画像を開きます)

このような立派なプレートも掲げられていました。

まさかの記念入場券即完売…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

31日~1日に遠征する事を元々決定しており、偶然も偶然、この2日間に記念式典が行われたり記念入場券が発売される事が後から分かった次第です。

そんな訳で「記念入場券だけでもゲットしたいですね。」と、石北貨物撮影後、9時30分頃に一旦遠軽駅に寄り道したのですが、もうその時点で売り切れ…orz。300セット限定、お一人様5セット制限であっさり売り切れとか、恐ろしい…。

開駅100周年を迎えた遠軽駅なので、何か歴史を語る物はないかと探してみたところ

「紋別・名寄方面」が点灯する事は、二度とない…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ありました、ありました。

残念ながら「紋別・名寄方面」が点灯する事は二度とありません…。

のりば案内操作盤
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今まで見落としていた「のりば案内操作盤」にも

ここにも歴史を偲ぶ物が
(クリックすると、大きい画像を開きます)

名寄本線の名残が残っていますね。

8074レ(=DF200-108+DF200-2プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ラストは石北貨物8074レ(=DF200-108+DF200-2プッシュプル)。停止目標が見当たらず、毎回「どこに停まるんだ?」となるので、今回は余裕を持たせて待つようにしました。

後編に続く→】。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 733系 DF200 DD51 キハ183 キハ40


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。