EF66-27(HM付)を撮る

今日の81レにEF66-27が入ったとの情報に「何ですと?」と飛び上がる。そのまま順調に流れたら81レ~86レ~1080レに流れるではないか。1080レは【以前に解説したとおり】機回しがあるので撮影がしやすい列車です。

間に合うかどうかは微妙でしたが、可能な限り急行してみました。



現地に到着し、先に来られていた方に伺うと「大阪方⇒東京方の機回しは行きました。」との事。HMは東京方だから、苦手な後追いで撮影せんといかんという事か…(汗)。

1080レ(=EF66-27)、機回し中
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは東京方⇒大阪方の機回しの模様です。やっぱりHMは東京方のようです。「後追いを何としてでも決めなければ…。」というプレッシャーが襲ってきます。

1080レ(=EF66-27)、機回し中(後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

後追い撮影。うーむ、いつも通りに微妙な出来だが、かろうじて「56」の数字が読めるので、撮れないよりは撮れただけ100万倍良かったと思います。

1080レ(=EF66-27)牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

停車中の模様もパチリ。撮影者対策か(?)出発直前までライトが点灯しませんでしたが、この条件で撮影するならばゴーストも出ないので、かえって好都合かもしれません。



撮影地でご一緒させていただきました皆様、情報をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

北陸遠征

昨日は「サロンカーなにわ」北陸行きの往路を撮影しました】が、今日は復路狙いで北陸に行ってまいりました。



…が、いきなり出だしから躓く事に。出発予定時間に目が覚めたものの、理解不能な二度寝。ご同行いただく方からのモーニングコールによりギャーッ!と飛び起きる有様です(蹴)。物凄い勢いで準備をして自宅を飛び出しました。



通過予想時間までにかなりのゆとりを持って計画しておいた事が功を奏しました。折角なのでじっくりとロケハンをしましょうという運びになりまして、結局は午前中に一枚も写真を撮らないというゆる鉄状態。4076レの通過も完全に忘れていて、食事中に情報を確認して「あ、ちょうど今4076レが通過したみたいですよ。」という(ぉぃ)。

色々とロケハンをして、いざ撮影開始!…の直前に、心の中でギャーーーーッ!と大絶叫していたのですが、その理由は後ほど。

683系リニューアル車両を初撮影
(クリックすると、大きい画像を開きます)

リニューアルされた683系「サンダーバード」を初撮影。

回9518レ(=EF81-44牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ソバ畑を手前に配して、メインの「サロンカーなにわ」を撮影。稲は刈り入れが終わっているし、ソバ畑は飛び飛びだし、なかなか「ここ!」という場所を見つけられませんでした。午前中をロケハンに費やしておいて正解でした。

それにしても、トワイライト色のEF81は見れば見るほど「サロンカーなにわ」専用機に見えてきます。

4060レ(=EF510-23牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

もう一回「サロンカーなにわ」を撮影すべく先回り。線路際で編成を狙われる方が多いので、なるべく写りこまないように、かつソバ畑を大きく配置できる場所を探して待ち構える事にしました。

先通過の4060レは編成後部が切れてしまいましたが、次にやって来る「サロンカーなにわ」の大体の編成長を掴む貴重なきっかけになってくれました。

回9518レ(=EF81-44牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2回目の回9518レ(=EF81-44牽引)。ほぼ想定通りに撮影できたかと思います。



以上で撮影終了!いきなり寝坊するような管理人にお付き合いくださいました皆様、情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場をお借りして厚く御礼を申し上げます…。

というご挨拶の後に、何故に撮影開始前に大絶叫する羽目になったのかを記載しておかなければなりません。

今回の画像、普段と少し印象が異なるように感じませんでしたか?「全く何も感じませんでした。」ならば、今の機材は私の身の丈に合っていないので、それはそれで悲しいのですが。

実は今回の画像、いつもの機材ではない機材、もっと端的に言えばスマホで撮影しました。

何故にスマホだったのか?ありがちな理由は「カメラを落としてしまった。」「カードを忘れた。」「バッテリーを忘れた。」などがありますが、今回の理由はカメラを忘れたという信じがたい理由です(汗)。

撮影地に到着してロケハンし、撮影場所も決めた。さぁセッティングしようとカメラバッグを開けたらいつもカメラが入っている場所がスカスカというね…。

前日にカメラから画像を取り込み、そのままカメラバッグに入れずに就寝。翌朝に二度寝してしまって慌てて家を飛び出した。一瞬で事態を理解し、後は苦笑いするしかありませんでしたとも。

一人で or 誰かとを問わず、前もって意図して撮影に行った記録を付け始めて、今回が記念すべき100回目にこれとか、完全にネタを仕込んでおいたとしか思えん状態じゃないか!

いやはや、今回は貴重な教訓を得られました。 カメラは二台体制にする…って、貧乏だからそんな余裕はありません 出発前日に機材は全て準備しておき、即出発できるようにしておくべし。当たり前すぎる結論ですが、今回は本当に高い授業料となりました。



ちなみに、今回遠征が費用対効果で一番悪かったか?と言えば「否」。上には上(下には下?)の経験があって、伯備線にEF64-67を狙いに行った際に信号故障だか倒木だかで一本も列車がやって来ず、一枚も写真を撮れなかったのが最高(最低?)記録です。

その時は単独行で割り勘相手なし、雪によるチェーン規制によりチェーンを買う羽目になり、しかもそのチェーンはその時に利用しただけで破損してパーになるという。それに比べれば全くもって可愛いものです。



追記:【リベンジしてきました】。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 683系 EF81 EF510


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

湖北+α遠征

どうやら今週も山陰トワイライトが運転されたらしいですが、今回は運転される事すら知らなかったのでお見送り。

だったら家でくすぶっていたのかと言いますと、さにあらず。別の列車を狙って琵琶湖北岸にプチ遠征(?)してまいりました。



少し早めに出発して113系や117系を撮りましょう…と思っていたのですが、来たのは背景の山に溶け込む色合いの列車ばかり。天気が良ければまだ何とかなると思うのですが、晴れてくれないのでいかんともしがたい。

…と、自分の腕前を棚に上げております。

貨物列車の通過時間が近付いてきても晴れる気配がなかったので

3096レ?(=EF510-2牽引…だと思う)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

誰の物をパクったんだか、花にピントを合わせてみました。しかし、これが意外と難しい。もう少しEF510だと分かるように絞り、逆にSSは落としても良かったかもしれません。

後続の3092レは「通過までもう少しありそうですね。」と移動を開始したら、真上の高架橋をガーッと通過するというタイミングの悪さ。何てこったい。

さて、次が本命です。「晴れてくれー!」との祈りが通じたのか、晴れている時に列車の姿が見えた!…のですが、何故だか妙に速度が遅くて停まりそうなぐらいです。「まずい、早く通過してくれー!」との心の叫びにより、見事!

9515レ(=EF81-44牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ドン曇りでの通過は避けられました。ここまでの天気を考えれば上出来です。



この後はどうするか考えていなかったのですが、とりあえず北に向かう事にしました。

途中の様子から「どうやら停車中に追い抜いたっぽい。」と判断し、急いでセッティング。そして待つ事しばし

9515レ(=EF81-44牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再びEF81-44に牽引されたサロンカーなにわが姿を現しました。【以前にトワイライト~を撮影した際のミス】は回避できたので、一歩前進でしょうか。



ここからの動きもほとんど考えていなかったので、どうしましょうかと作戦会議。一応、私なりに考えていた作戦は「湖東に向かう。」でした。何なの、この作戦とも言えない適当な作戦は…。

ご同行いただいた方が「一度は山陰地方に381系を撮影に行ってみたいですね。」と仰ったため、急遽+αとして山陰に向かう事になりました。

山陰地方はほとんど撮影に来た事がないため、撮影地のロケハンから開始です。まず最初に

いい物みーっけ!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いい物を見つけました。これは使えそうだと色々思案し、いざ撮影!

…したら、まさかのSS1/1000で撮影しても被写体ブレしてしまい沈没。うっそぉ…(´・ω・`)。

これ以上SSを上げて、さらにISOを上げるのもなるべく避けたかったので

しかし、いざコラボさせようとすると難しい…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

朝の3096レと同じ方法を採用してみました。バ○の一つ覚えかとツッコミを受けそうですが…。



昼食を優雅に食べながら…ではなく、食べる前に「次に381系が入る列車はどれだ?」と検討。どうも天橋立から来る「はしだて6号」が381系みたいなので、これに間に合うようにノンビリしましょう…と思っていたら、京都丹後鉄道「あおまつ」が走るらしい事に気付きました。

さらによくよく調べてみると、「あおまつ」と「はしだて6号」が途中で交換するスジになっているではないか。何だ、結局はいつもと同じく「昼食は軽く平らげて、ロケハンに時間を費やさないといけない。」というお約束のパターンではあーりませんか!(懐)

「あおまつ」と「はしだて6号」で狙いを変える自信がなかったので、「はしだて6号」をメインターゲットとし「あおまつ」は後打ちを狙う事にしました。

「あおまつ」だけど、青色が出ず…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

しかし、「あおまつ」なのに青色が出ず…ちーん…orz。

これは交換してくる「はしだて6号」も沈没のパターンか?と嫌な予感がしたのですが

5086M「はしだて6号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まさかの直前回復キタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

露出周りがかなり怪しいですが、私的にはギリギリセーフでしょうか(甘)。

次の「こうのとり15号」もロケハンしながら移動。ちょうど良さそうな築堤を見つけました。晴れる事を祈りながら待つ事しばし。【先日の山陰トワイライトと同じ敵(=山影)】は、今度は編成後尾から迫ってきました。

3015M「こうのとり15号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再びキタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!見事に山影との速度競争に勝ってくれたよ381系、ありがとう! 振り子装置の不具合か、編成側面が微妙に揃っていない事なんて気にしません。 



以上で撮影終了!本来はサロンカーなにわのみの予定だったのですが、急遽+αで381系も気持ち良く撮影できました。

情報をお寄せくださった皆様、遠征にご同行いただきました皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF510 EF81 223系 287系 KTR 381系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

山陰トワイライト(6回目)

そろま(ry】ですが、昨日22日(火・祝)は初の復路撮影です。土曜日に出発して下関に向かう往路は、自分のスケジュールとの兼ね合いで比較的撮影しやすいのは今までの記事からお分かりかと思います。

日曜日の往路は【3回目の時に気合で何とかしました】ので一安心。

今回はシルバーウィークという事もあって、月曜日の復路を狙う事も可能でした。実際に「山口県入りしようかな。」と一瞬は考えたのですが、体力的な問題などもあって自重。火曜日の伯備線内に賭ける事にしました。



現地には深夜に到着したのですが、既に先客の姿が多数。やっぱり皆様、私と考える事は同じようです。目を凝らして田んぼを観察し、稲穂とセットで撮影できそうな場所を確認して仮眠しました。

起床して、先に確認していた場所にセッティング。その結果…ギリギリ山影をクリアできずに沈没(泣)。100メートル先で撮影されていた皆様は綺麗に陽が当たっていた模様です。

しかし、今回は好天に恵まれたようです。まだまだ挽回のチャンスはあるだろうと期待して追いかける事にしました。



2回目は自分の中で二択。俯瞰で撮るか、編成中心の場所か。後者をロケハンしてから決めようかと思ったのですが、先に通りがかった前者を見て「こっちにしよう。」と即決。

9036レ(=DD51-1186+DD51-1179牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9036レ(=DD51-1186+DD51-1179牽引)。一部の田んぼでは稲刈りが終わっていましたが、稲わらを干している光景が目に留まったのが決め手でした。

次はどうしようかあまり考えていなかったのですが、時間との兼ね合いもあって【1回目に「やくも」を撮影した場所】に向かいました。さぁ、いつでもやって来い!

サンライズエクスプレス
(クリックすると、大きい画像を開きます)

被写体は何故か後ろからやって来ました。【実は5回目の時】もサンライズ~は遅延しておりまして、ご同行いただいた皆様はしっかり撮影されたのに、私は一人What?と叫んで沈没しておりました。

4回目】といい、ハプニングには弱い管理人ですが、今回は何とか無事に撮影できました。

おそらく、このサンライズ~と交換する形でやって来るのでしょう。

9036レ(=DD51-1186+DD51-1179牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

見事に予想的中!…って、予想なんて高尚な物ではなく、自明じゃないかというツッコミは禁止です。

次もどうしようかなーと考えながら南下。途中、井倉~広石信号場間の橋梁をチラリと横目で見ましたが、人にビックリ仰天しました。

9036レ(=DD51-1186+DD51-1179牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1回目では重連牽引である事がほとんど分からないように撮影してしまう】という事故が発生したので、今回はもう少し奥で狙うようにしてみました。

先頭はDD51-1179だとばかり思っていましたが、復路はDD51-1186が先頭なのですね。ヘッドマーク付1186号機は【3回目に山口県まで追いかけた時】でしか撮影していないので、貴重な機会だった事になります。

…と言いながら、1186号機が先頭だった事には現像時に初めて気付いたのですが(ぇ)。

ここまででDD51重連が牽引する区間は終了!お疲れ様でした。

単9874レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…で終わるはずはなく、米子に戻るDD51重単を撮影する事にします。

折り返し駅は豪渓駅らしいという事までは分かっていましたが、時間が分からない…。とりあえず豪渓駅に向かってみたところ、まだDD51の姿はありませんでした。

「EF65に牽引をバトンタッチした山陰トワイライトより先に通過するのか?」という雰囲気になってきたので、豪渓駅付近で待つ事にしたら、見事に予想的中!…予想なんて高尚な物ではありません(本日二回目)。

ほとんどの方は当然ながら次にやって来るEF65牽引の山陰トワイライト待ちですが、私は一人片づけをして撤収です。「何じゃコイツは?」と思われたかもしれません。

何はともあれ、一度列車を見つけたら後はこちらのモノ。「停まるとしたらどこだろう?」経験と勘に基づいて北上開始です。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)。本当はこれに先立ってもう1回撮影する機会があったのですが、何故かシャッターを押しても反応してくれずに不戦敗。おおぅ…orz。その後に電源ON/OFFを行ったりバッテリーを抜き差ししたら元に戻りましたが、何だったのかは若干気になるところです。

また、この区間から単9875レを狙う皆様とお会いする機会が増えてきました。同志にお会いしたようで心強いです。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

水鏡。【4回目に挑戦した時】とコンセプトは同じです。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

正面が暗くなる事は承知の上で彼岸花とコスモス(分かりにくいですが、DD51の左側に咲いています)とセットで撮影しました。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

以前にEF64-1006(原色)牽引の3084レを撮影した有名撮影地】にて。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

線路を挟んだ反対側アウトカーブから3084レを撮影するのが有名な場所ですが、今回は重単狙いなのでインカーブ側から撮影しました。赤い屋根にばかり注目していて、大ポカをしている事に気付いたのは撮影後という有様。

115系(黄色・後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

側面は陽が回っていませんが、まだ稲刈りが終わっていない田んぼにはどうしても惹かれてしまいます。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)。だんだん説明文が適当になってきています(ぉぃ)。

115系(黄色)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

稲わらを干している光景を入れるか、刈り取り前の田んぼを入れるか。再びの二択ですが、今度は「稲刈り前の田んぼが広々と撮れるのはこれがラストチャンスだろう。」と判断しました。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後の単9875レ撮影。スジが分からない中、ここまで追いかけられれば十分、お腹一杯です。今度こそ本当に撮影終了、お疲れ様でした。



今回は九州から来られていた【門モコ様】と一瞬だけお会いしたのですが、私が「ここで撮影したい。」という希望ばかりでニアミスを繰り返してしまい、結局まともにお話できませんでした。電話やメールは頻繁にやり取りしたのですが、そこは猛省です…。

何はともあれ、撮影地でご一緒させていただきました皆様、情報をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 285系 115系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

山陰トワイライト(5回目)

そろそろ「また(以下略)?」】ですが、お誘いいただいたので行かなければならないのです!

以上、遠征に行くための自己弁護終了。そんな訳で、今回は単独行ではなく皆様とワイワイしながらの遠征となりました。



まずは管理人の我がままに付きあっていただき、山陰本線に寄り道しました。

キハ47(4両編成)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2回目に「ファッ?」と叫ぶ羽目になった】キハ47による長編成列車です。2回目は5両編成でしたが、今回は1両少ない4両編成でした。

今回は左から2両(首都圏色)+1両(ラッピング編成)+1両(首都圏色)かぁ…。

いや、ちょっと待て。3両目は物凄く色褪せているだけじゃないかと気付くのに10秒ぐらいかかりました。【いつぞやの】【廃車回送…じゃなかった、転属回送】の時も思ったのですが、たまにビックリする車両が居ます。

ここまでが序章で、この後はDD51重単の追いかけとなります。

115系(黄色)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

稲穂を手前に配してスタンバイ。どうやらギリギリおでん串が車両に刺さらないように撮影できそうです。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)。少しだけシャッターを切り遅れてしまいました(汗)。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

停車中に追い抜いたので、どこかで撮影できないかと寄り道。架線柱はやむを得ないと割り切って後追い撮影。

特急「やくも」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

特急「やくも」。この時点で「これはまずい。」と気付くべきだったのですが…。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

や、やっちまった…orz。何だか一番アカン場所でシャッターを切ってしまった気がします。将棋で言うと初手▲8六歩と指してしまったような感じでしょうか(謎)。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

勝手に】【恒例の】【場所】にしている場所にご案内。雲が多くてコントラストが出てしまい、難しい条件になってしまいました。

ちょっと側面も薄くなってきてしまったので、次なる場所を開拓しようかと思います。

次は停車中の模様を撮影に行く事に。「ヘッドマークが薄くなったらしい。」との事でしたが「???」だったので現地確認です。

薄いヘッドマーク
(クリックすると、大きい画像を開きます)

現地確認して納得、【第3回と比較すると本当に薄くなっています】ね。

ヘッドマーク君はダイエットに成功したのだろうか?是非ともそのコツを三日坊主の管理人に教えていただきたいものです。



ここまでで重単追いかけは切り上げ、山陰トワイライト狙いにシフトする事にしました。今回はご同行頂いた方の希望もあってEF65区間から狙う事にしましたが、実は管理人も一度も撮影した事がないので渡りに船です。

1055レ(=EF66-117牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最初にやって来た貨物列車。「積荷からすると1055レではないか?」との予測が当たりました。管理人は一般人なので1055レぐらいしか積荷で見分けられません。 列番を覚えている時点で…とか、1本でも判別できる時点で…などと突っ込まないように。 

1059レ(=EF210-128牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1059レ(=EF210-128牽引)。

73レ(=EF210-115牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

73レ(=EF210-115牽引)。EF65牽引だったら良かったのに、とは思わないようにしております。

213系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

213系。恥ずかしながら今まで211系とばかり思っておりました。一般人だから仕方が(以下略)。

2077レ(=EF210-11牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2077レ(=EF210-11牽引)。EF210-300番台だったら、ムド付だったら…とは思わないようにしております。

いよいよ次が本番。雲は多いですが、何とか陰らずに済みそうだ…と思っていたら、直前で陰るのが教科書的なオチです。

9031レ「山陰トワイライト」(=EF65-1132牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9031レ「山陰トワイライト」(=EF65-1132牽引)は物凄くゆっくりと姿を現しました。ゆっくり通過してくれたので撮影しやすかったです。【前回は1128号機】、今回は1132号機。トワイライト編成を牽引するEF65も貴重な存在になりそうなので、可能ならば全パターンを撮影しておきたいものです。

しかしまぁ、皆様の撤収が早い事!私はノンビリ派なのでゆっくりと撤収し、次なる場所に向かう事にしました。



どうも有名な撮影区間は撮影者多数で大変な事になっているみたいなので、伯備線内に先回りしてノンビリする事にしました。

213系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

何となく珍しい気がしている213系。大体は115系(黄色)ばかり目撃する気がします。

S様「115系(湘南色)が来たらいいですね。」
私「来ないと思いますよ。残念ながら朝夕のラッシュ時に少し応援に出てくるだけでしょう。」

115系(湘南色)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

湘南色キタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

この前はやたらと苦労して撮影した気がする】のに、こうもあっさりやって来るものですか!ご一緒させていただいた皆様の日頃の行いが素晴らしいという事でしょう。 管理人の日頃の行いが悪いなんて認めません(ぉ)。 

115系(黄色)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

115系(黄色)。普通列車もスピードが早いので止め位置がバラついております。これはひどい(汗)。

3083レ(=EF64-1026牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3083レ(=EF64-1026牽引)。若干正面が暗いですが、それでもいままでで一番良い条件で3083レを撮影できたのではないかと思います。

これは山陰トワイライトも期待できそうだ…と思っていたのですが、敵は足元からじわじわと忍び寄って来ていました。死の影…ではなく、本物の影です。

「日没時間は大丈夫だったけど…山影か!マジですか…これはまずい、まずいぞ!」と祈るような気持ちで待つ事しばし。

9033レ「山陰トワイライト」(=DD51-1179+DD51-1186牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9033レ「山陰トワイライト」(=DD51-1179+DD51-1186牽引)。祈りもむなしく、完全に影に入ってしまいました。ちーん…m(_ 人 _)m。

自分はともかく、ご同行いただいた皆様に良い撮影条件を提供できなかった事が悔やまれます。

9033レ「山陰トワイライト」(=DD51-1179+DD51-1186牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

出発の模様も撮影しましたが、こちらも山影に入ってしまいました。残念。



以上で撮影終了!無計画遠征にご同行いただきました皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : キハ47 115系 DD51 381系 EF66 EF210 213系 EF65 EF64


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

3093レ(=EF81-725牽引)を撮る

本当の狙いは5086レ(=EF65-2127牽引)だったんですけどね…。その写真がない理由はお察しの程を(汗)。

3093レ(=EF81-725牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3093レ(=EF81-725牽引)。どうもここ最近は怪しい出来の写真が多いのですが、今回はゴーストも回避できたし、先頭のプレートを止めるビスも見えているので比較的マシかなぁ。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF81


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

EF66-33(HM付)などを撮る

昨日の話ですが、EF66-33が81レに入っているとの情報を得ました。

先日の日記】でも触れましたが、EF66-33は幡生側にHMが取り付けられています。81レならばHMが先頭に付いている状態で撮れたのですが、当然ながら撮影には行けず。

折り返し86レはHMが逆側ですし、何よりこれも間に合わない。

また東に行ってしまって、しばらくは撮れないかな…と諦めかけたのですが、86レの折り返し列車である1080レには間に合いそうなので、これに賭ける事にしました。



1080レは大タ発、新座タ行きです。86レと同じ偶数列番、すなわち東海道上り列車だから「やっぱりHMは逆側じゃないか!」と思うのですが、実はちょっとしたカラクリがあります。

大タから出発した列車は、まずは大雑把に言うと西向き(大阪方)に走ります。当然ながら新座タ(東京方)とは逆向きです。という訳で、大タから吹貨東に到着後に機回しを行います。まとめると

1回目:大タ⇒吹貨東(HM先頭)
2回目:吹貨東⇒新座タ方向に機回し(HM後追い)
3回目:新座タ⇒吹貨東方向に機回し(HM先頭)
4回目:吹貨東⇒新座タ(HM逆側)

以上、4回の撮影チャンスがあります。特に3回目が機回しで速度も遅いチャンスボールとなります。



まずは1回目。縦アングルで狙うものの、見事に沈没。2回目は苦手な後追いなので撮れる気がしないのですが…

1080レ機回し(=EF66-33):後追い
(クリックすると、大きい画像を開きます)

うーむ、HM付という事はかろうじて分かりますが、シャキッと決まりませんなぁ。

ま、まぁ、本命は3回目だし…(震え声)。

1080レ機回し(=EF66-33)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3回目。HM付という事は(以下略)。少し暗くなっても、もう少し安全策を取るべきだったかと思っても後の祭り。

単1493レ(=EF65-2101)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

完全に存在を忘れていた単1493レ(=EF65-2101)。登場してから「青プレ2101号機じゃないか!」と気付く始末。

単1493レ(=EF65-2101)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単1493レ出発の模様です。いつもは新快速にブロックされるのですが(本当に日本の鉄道ダイヤの正確性には感心するばかり!)、少しだけ出発が遅れたために新快速通過直後に撮影できました。

やっぱり練習をサボると精度がガタ落ちします。反省…。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66 EF65


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

大掃除

久しぶりに非鉄。そういう時に限って予報に反して天気が良く、3096レがEF81-721代走、しかも大阪方にHM付だったらしいと知って茫然自失…orz。



非鉄で何をしていたのかと言いますと、部屋の大掃除。何せ、比喩でなく足の踏み場すらない有様でしたので。ようやく床面が見えるところまでは来ました(汗)。

先日の日記】に"Self-introduction(自己紹介)"に「音楽鑑賞」と書きましたが「どうも嘘っぽい。」ので(逆の立場ならば、私もそう思います)、整理が終わったCD棚の模様を公開してみたり。

CD棚(の一部)

一部(上一段の3/4)がDVD、後はCDです。大体が旧ソ連(≠ロシア)時代のオーケストラ、指揮者によるものです。CD棚の上段がこれで、下段もほぼ同数を収納しています。

CD棚はもう一つ(ほぼ同数が収納可能)あって、そちらにはアンサンブル等のCDを収納しています。さらに横には、それ以上の分類すらしていないCDが箱積みになっています。

鉄道撮影のスケジュールも大概オカシイと言われますが、実はこちらの方はビョーキと言われる事多数だったりします。何でこうなるのか(同じ曲のCDが10枚単位、多い曲ならば(おそらく)40枚以上!)の理由については、また後日。

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

EF66-26&33、9031レ「大分トワイライト」など

西に行くべきか、東に行くべきか前日まで悩んでいたのですが、5066レがEF66-33牽引だと気付いたので西に向かう事にしました。

というのは後付けで、いままでじっくりロケハンで回った事がない山陽本線でアタリを付けるのが真の目的でした。

5066レ(=EF66-33牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは当初からの狙いだった5066レ(=EF66-33牽引)。どこかで方転しているとか、転車台で向きが変わっている事を期待したのですが、当然ながら方転しておりませんでした。

何で方転しておいて欲しかったのかと言いますと、逆側エンドにHMが付いているからです。昨日の5051レで下った時には狙えたはずなのですが、当たり前のように眠気に負けて沈没しましたので…。

今の調子では撮影に行っても到底撮れる気がしないので、眠気に負けたのは正しかったはずです(以上、言い訳完了)。

現地でご一緒させていただいた方からアドバイスをいただき、次の2070レは【奥のインカーブで狙おうか】とも思ったのですが、曇天なので空を大きく取り入れる気が起きず…

2070レ(=EF66-26牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局は戻ってきて、同じように撮影しました。 先の5066レは完全にピントを外したしなぁ…(汗)。 

本番の大分トワイライトは後ろに見えている山から俯瞰しようかと思っていたのですが、ご一緒させて頂いた方に「マムシが出るから止めた方がいいよ。」「マ、マムシですか?」という訳で諦め。



そんな訳でどこか撮れそうな所はないかなーとウロウロ。当初の目的通り(?)ロケハンに時間を割く事になりました。

結局は時間切れとなってしまい

1071レ(=EF200-19牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「側面逆光にならないから!」「通過時間が分かっていないから、ここで移動したら見る鉄になると教科書に書いてあるから!」と自分に言い聞かせて撮影。

しかし、見事に跨線橋が写っていますね(苦笑)。今回は単独行だったから良かったものの、ご同行頂いた方がおられたらブーイングの嵐だったはず。

単独行だったからロケハンに時間を割きすぎた(時間は余裕があったはずですけど?)、この経験が次に活きるはず(前にも【この区間に来た事ある】よね?)、予想以上に天候悪化が早くてテンションが下がった(何様なのか)、ご同行頂いた方がおられる時はもう少し真面目に撮影地を選ぶはず(ホンマか?)。

以上、言い訳完了(本日二回目)。

9031レ「大分トワイライト」(=EF65-1128牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9031レ「大分トワイライト」(=EF65-1128牽引)。編成がカーブを曲がって姿を現した瞬間に「しまった!大分行きだから機関車次位が電源車、すなわち特徴的な編成中の曲面窓は全て反対側じゃないか!」と気付く有様。ちーん…orz。

それよりも何か、それ以上に気になる点があるような…?

…(つд⊂)ゴシゴシ。

うん、気のせいだ、気のせい。

61レ(=EF210-109牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ロケハン中に運良く貨物列車現る。後で列番を調べてビックリ、61レらしい。

「メチャクチャ遅れているじゃないか!」が第一の真っ当な驚きですが、「ちゃんと荷が載っているじゃないか!」が第二の驚き。このスジが新設されたダイヤ改正直後はスカスカだったので「大丈夫か?」と心配したのですが。



撮影地でご一緒させていただきました皆様、情報をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66 EF200 EF65 EF210


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

名刺を作ってみた

先日の遠征時】に、1年前に京都~大阪間でお会いした方と四日市で再会するという偶然があったのですが、その際に連絡先のやり取りをしなかったのは失敗したなぁ…と反省。

前から連絡先をやり取りしやすくするように「名刺を作っておかないといかんな。」と思いながらサボっておりましたが、そのサボり癖がモロに出た格好です。

そんな訳で、遅ればせながら名刺を作りました。

名刺(表)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

名刺(表)。自分の中で気に入っている写真を中心に構成。

名刺(裏)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

名刺(裏)。管理人の情報です。

「表と裏が逆じゃねーか!」とか「Self-introduction(自己紹介)には、どこから突っ込んだらいいんですか?」色々ありますが、W○rdでやっつけで作った割にはまぁまぁの出来かな(甘)。

日記用画像もペイ○トでスクリーンショットを撮って個人情報を消しただけという適当っぷりです。

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

ニシカラヒガシヘ

どうせ【また】【性懲りもなく】【山陰トワイライトに】【行っているのだろう】とお思いになった皆様、半分正解、半分不正解です。そんな状態が世の中にあるのかは不明ですが。シューレディンガーの猫じゃあるまいし。

当初は確かに山陰トワイライトに行こうとしていたのですが、諸般の事情により目的地を変更しました。目的地は三岐鉄道と四日市です。

…って、【こっちも】【またですか】と突っ込まれそうですが。



撮影地に到着して愕然。もう稲刈りが終わっている田んぼがあるではないか!

確かにこの地域は収穫が早いので、それも見越して9月第1週を狙ったのですが、これでも場所によっては不戦敗になってしまうのか。来年からは8月末に訪問しようφ(..)メモメモ。

早めに到着したのでロケハン。定点撮影地と、線路を挟んだ正午前の撮影予定地はまだ稲刈りが終わっておらずに一安心…と思ったら、撮影予定地の方にはコンバインが入っていました。

正午前に戻ってきたら丸坊主になっていたらどうしよう…と若干不安でしたが「工夫すれば何とかなりそう気がする。」と自分に言い聞かせました。こう言い聞かせる時のほとんどはどうしょうもなくなっているのが教科書的なお約束。

3712レ(=ED5082+ED5081牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずはいつも撮影する場所で手堅く3712レ(=ED5082+ED5081牽引)を撮影。収穫間近ギリギリの訪問となり、実り具合は最高です。今回はお会いした方(詳細は後述)のご要望もあり、顔文字5段階で評価します。顔文字が多く、喜んでいるものほど高評価です。

なお、評価は主観的な物ですので、世間一般の真っ当な基準に照らせば「こんなんアカンやろ!」とお叱りを受けそうな写真が多数である事、予めご承知おきください。

評価:(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)

条件は良かったのですが、【以前にも】【撮影している】場所なのにカツカツとはどういう事か。撮影者がアホなので減点。

次は四日市に移動。3712レ(三岐鉄道)が5363レ(関西本線)に継走された列車を四日市港まで狙いに来たのですが、光線の読み間違い+あっちこっちを右往左往して見事に沈没…orz。よって評価対象外、ちーん…。

5282レ(=DD51-825単機)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

気を取り直して、四日市に戻って再び撮影。

評価:(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)

単機だろうとの読み(というより、ただの経験則)は当たりましたが、【この時】ほどの本気の加速は見られませんでした。

撮影地でご一緒させていただいた方とお話させていただき、仲良くなりました。何でも関東の方から次の列車狙いで来られたとの事です。

「関東からですか?遠くないですか?」
「そうでもないですよ。3時間半ぐらいです。」

3時間半かぁ…大阪から米子までだから「うん、確かに近いな。」と思ってしまった我が身の恐ろしさよ。慣れって怖いですね。

さらに衝撃の会話。

「以前、京都~大阪間で撮影されていませんでしたか?」
「はい、撮影していました。元々はあの辺りがホームグラウンドですので。」
「やっぱり!実は1年程前にご一緒しているんですよ。」
「え?」
「その時に、色々とご教示いただいたんです。」

本当ですか?そのような事があったとは、当の本人はアホだからサッパリ覚えていない。一体何をお伝えしたのか、物凄く気になります。

衝撃の会話は続く。

「お名前は?」
「Alexと名乗っております。」
「やっぱり!ブログを見ていますよ!」
「えぇ?(゚Д゚;)」
「ちゃんとブックマークにも入れていますよ。」

こんなショボいブログをご覧になっておられる方がおられるとは。 時間の無駄だと思いますよー(ぉぃ)。 管理者が驚くというのもひどい話だ。

ご同行された方にもご紹介いただき、ひとしきり会話が盛り上がったところでメイン被写体がやってまいりました。私は先に大失態をやらかしているので、これが事実上の初撮影です。

5362レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5362レ(=DD51-1805牽引)。DD51原色によるセメント列車です。【これまた以前に撮っているじゃないか】状態ですが、前回は852号機。今回は私の中で撮影回数が少ない1805号機という違いがあります。

セメント列車に入ってくれると、何回も撮影する事が可能です。1805号機は撮影回数も少ないのでこの機会に一気に撮りまくろうと思っていました。その割には、朝一の列車を全敗するという不名誉な記録を生んでしまったのは前述の通り(涙)。

評価:(´・ω・`)(´・ω・`)

同じように撮影しているはずなのに、前回よりカツカツになるとはどういう事かと。三岐鉄道1枚目といい、お前はアホかと。

ここで皆様とお別れし、再び三岐鉄道に舞い戻りました。どうも楽しい時間をありがとうございました。

3714レ(=ED45-9+ED45-?牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3714レ(=ED45-9+ED45-?牽引)。午前中の3712レを撮った場所から線路を挟んだ位置にて。「正午前の撮影予定地」と前述した場所となります。

評価:(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)

コンバインによる刈り取り作業が終わってるかと思いましたが、まだこちら側までは進んでおらず。鉄道関係以外の人工物写り込み具合も3712レより少なく、個人的にはこちらの方が好みですので評価を上げました。

3713レ(=ED45重連牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3713レ(=ED45重連牽引)。先の3714レ撮影後、即撤収して追いかけようと思ったのですが「3713レを撮影してからでも間に合うじゃん。」と気付き、急遽Uターンしてきました。

評価:(´・ω・`)(´・ω・`)

編成が切れているのはあまり気にしないので良し。田んぼも大きく取り入れられたので良し。しかし、予想以上に背景の森と同化してしまいました。戦略ミスですね。

しかし、3714レ⇒3713レ撮影が可能という事実、これは次回以降に活かせそうだ。

末広橋梁、閉まりまーす
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再びやって来た四日市港にて。全国的に見ても珍しい可動橋である末広橋梁が閉まる途中をパチリ。

や、やっちまった…orz
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5365レ(=DD51-1805牽引)ですが。

評価:orz…や、やっちまった…(泣)

設定をあれこれ見直していたら、もうそこまで列車が来ていたとか。やっぱりアホかお前は。これに動揺したのか、折り返し列車も再び失敗(号泣)。

これ以上失敗すると立ち直れなくなりそうなので、次は【過去の撮影実績がある場所】で手堅く撮影する事にしました。

5364レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

関東から来られた皆様とも再びお会いし、5364レ(=DD51-1805牽引)を撮影しました。

評価:(´・ω・`)(´・ω・`)

予想以上に天気の悪化が早い。もう少し晴れてくれると期待したのですが、こればかりは仕方がないですね。

次は、私が撮影するラストのセメント列車。あまり編成写真を撮っていないので、一枚は手堅く撮影する事にしました。

5367レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

評価:(´・ω・`)

天気はやむを得ないとして、編成長が思っていたより短くてカーブを描かず。列車全体がストレートに乗るはずという事は【先日の撮影で分かっていた】はずなのに、学習能力がなさすぎる。

5366レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

評価:(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)

ようやく末広橋梁で撮影できました。機関車の配置をどうするか散々悩み「末広橋梁の門に挑むDD51」という構図とし、右上には大きく青空を配する事にしました。

ブロック塀が思っていたより低く、タキ1900は完全に隠れると思っていたら中途半端に屋根だけが見えているのがいかんなぁ。

一旦停止
(クリックすると、大きい画像を開きます)

末広橋梁を渡り終わった後のスナップ。

評価:(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)

末広橋梁で撮影した中では、これが一番マシかな。一応の差を付けるために顔4個としましたが、絶対評価としては顔3.5個ぐらいかな。

(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀|壁

 末広橋梁が全く写ってねーじゃん!とは突っ込まないように。 

ここで初めて気付いたのですが、側面に換気扇ファンのような網目がありました。「あれ?DD51って全てこんなの付いていたっけ?」と【以前に撮影した852号機】と比べてみましたが、側面には付いていませんでした。

852号機は1805号機とエンドが違っているのだろうか?と反対側も見てみましたが、やっぱり見つからず。このような違いがあるという事を初めて知りました。こういった細かい仕様まで違いを追いかけるとなると、本当に大変だろうなぁ。

特急「南紀」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先に撮影した場所と同じですが、天候が回復基調だったので同じ場所で再挑戦しました。

先の末広橋梁に続き、関東から来られた皆様と再びお会いしました。本当によくお会いします。

再びお話を伺ってみると、皆様は「米タン某駅支部」の皆様らしいです。「凄くマニアックな支部ですね。」などと失礼な事を申してしまいましたが、「某駅夜間撮影隊」の方がよっぽどマニアックじゃないか。」と反省。

今回の遠征には美人な方もご一緒されていました。鉄道撮影で女性にお会いする事自体が珍しいのですが、先の支部では女性も多いそうです。 何と羨ましい…って、エロオヤジかお前は。 

色々と会話が弾み、あっと言う間に時間になりました。到着時より光線は弱くなりましたが、それでも1回目よりはずっと条件がよろしい。

5366レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

評価:キタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━!

大三元、字一色、四暗子のトリプル役満(なんて言葉があるのか?)。最初にお話させていただいた方が「顔文字の評価が面白い。」と仰っておられたので、今回はそれを強調する形にしました。

ここまでで米タン某駅支部の皆様とはお別れ。名刺を作っておけばお渡しできたのになぁと反省。以前に作ろうと思ったのですが、その時はお蔵入りしてしまいました。今回の一件があったので、やっぱり作りましょうと決定した次第です。

3717レ(ED45-3+ED45-?牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ラストに三岐鉄道に戻ってきて。一面の金色の野に期待していたのですが。

評価:(´・ω・`)

 ミステリーサークルです ダウンバーストでも発生したのでしょうか?かなりの稲穂が倒れてしまっていました。

そして天気予報通りに天気も下り坂。四日市で晴れに恵まれたのは四日市界隈で撮影されていた皆様の日頃の行いが良く、一人で三岐鉄道に来た私は【先日の遠征】で良い事貯金を使い果たしていたのでしょう。

さらに、背景の高圧鉄塔で串パンになるとか。これは完全な自責で言い訳の余地なし。注意力不足で全くお話になりません。

藤原岳をバックに
(クリックすると、大きい画像を開きます)

かなり暗くなってきたのでロケハンだけでもしておきましょうと色々と巡ってみる。一応は撮影しましたが、評価対象外でお願いいたします。

色替えイリュージョン
(クリックすると、大きい画像を開きます)

列車の色が変わった? Photoshopで色を塗り替えました(嘘)。 一気に色を変えるイリュージョンが炸裂しました。「こんなドンピシャに同じ位置でシャッターを切れるとは。」と、実は自分が一番驚いたという。



以上で撮影終了!撮影地でご一緒させていただきました皆様(特に米タン某駅支部の皆様、北浜踏切付近でご一緒させていただきました皆様)、本当にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 三岐鉄道 ED5081 DD51 ED45 キハ85


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

EF66-27&33&123、三形態を撮る

昨日の話ですが「EF66-27が81レ~86レ~1080レに入るかもしれません。」と教えていただいたので、予定をやりくりして撮影に出かけてまいりました。

実は1067レで早朝に下ってくる事は理解していましたが、その後がどうなるかは全く理解していなかったというね。

1080レ機回し(=EF66-27)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一応は正面の機番は読めると思うのですが、ゴーストがひどい(汗)。前は同じように撮っても出なかった気がするのですが…。微妙に撮影する角度が変わったのだろうか。

1065レ(=EF66-33牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一旦帰宅後に再び撮影に出かけましたが、メインターゲットはこれです。EF66-27の動向把握は雑なのに、EF66-33は「水曜日の1065レで下ってくるはず。」と前々から理解しているという。「普通、逆じゃね?」と、自分でも思います。

58レ(=EF66-123牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

58レ「スーパーグリーンシャトル」。久しぶりに編成後部まで止まってくれました。

しかし、たとえ止まっても31ftコンテナは編成後部(大阪方)なのでほとんど分からないのが悲しい。本気でスーパーグリーンシャトルと分かる一枚を撮りたいならば、早起きして59レを狙いに行くしかなさそうです。

以上、図らずもEF66三形態を撮影できた一日でした。

撮影地でご一緒させていただきました皆様、どうもありがとうございました。この場にて御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。