EF65-2090撮影に再挑戦&紀勢トワイライト(3回目)

先日の日記】で触れたとおり、新鶴見EF65-2000番台は「台枠を破損した(らしい)EF65-2058」「EF65-2090」が未撮影で残っておりました。

2058号機をカウント外とすると、最後に残っていたのは2090号機となります。

先日の5087レで来阪した時の模様は撮影したのですが、後ろパンタグラフを架線柱に引っかける大ポカをしてしまったので「集計対象外にしようか。」とかなり悩みました。

昨日の単1491レ~85レに入りそうだったので、これを撮って迷いなくコンプリート宣言をするべく頑張ったのですが…

単1491レ(=EF65-2090)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

うーむ、怪しい出来…(涙)。もう少し手前の明るい所で止めたかったのですが。

手前まで引き付けられたカットもあるのですが、そちらは前パンタグラフに架線柱グッサリ…orz。ズーム流し撮り中なのでまだ前回撮影よりは言い訳できるかもしれませんが(※1)、それでも気になるので一応こちらを正としました。

(※1)そんな言い訳をしているから上達しないんだ!という説、ごもっともです。

さて、EF65-2090もさることながら、昨晩の本当の狙いは紀勢トワイライト出発の模様です。今回は紀勢本線まで遠征できないので、関西から出発するシーンのみを撮影する事にしました。

今までは重単送り込み、関西の駅通過の模様と全てのチャンスを潰していたので「今度こそ!」と期するものがありました。標準ズーム流し撮りの練習成果を見せるのだ!

…と意気込んていたものの、1回目の重単撮影は見事に失敗(泣)。やっぱり私には無理なのか…と半ば諦めそうになりつつ、2回目の撮影に挑戦しました。

?レ(=DD51-1109+DD51-1192)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本当はもう少しイルミネーションがある広角側まで引き付けたかったのですが、今までの惨敗ぶりから比べると格段に進歩しました(※2)。

(※2)そんな言い訳をしているから上達しないんだ!という説、ごもっともです。デジャビュ?

これで本運転も上手く行けば…と本運転1回目の撮影に挑戦するものの、箸にも棒にもかからずに大惨敗(号泣)。やっぱり私には無理なのか…と半ば諦めそうになりつつ、2回目の撮影に挑戦しました。

これまたデジャビュ?

9027レ(=DD51-1192+DD51-1109牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9027レ(=DD51-1192+DD51-1109牽引)。かなりの安全策を採用したので背景が面白くないですが、今までの惨敗ぶり(以下略)。デジャ(以下)。



大変申し訳ありませんが、諸事情によりしばらく音信不通になります。普段から大して更新していないブログだから何の問題もなさそうですが(苦笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF65 DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

日本海縦貫線号以降、天理臨以前の撮影結果

昨日の日記】で触れた日本海縦貫線号以降、昨日の天理臨以前の主な撮影結果です。

5073レ(=EF66-36牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5073レ(=EF66-36牽引)。単焦点レンズによる横振りです。

日本海縦貫線号(=EF81-106牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

日本海縦貫線号往路の模様です。本当は湖西線までプチ遠征するつもりだったのですが、二度寝により近場での撮影となりました。

3096レ(=EF510-11牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3096レ(=EF510-11牽引)。半逆光で鼻筋が出てくれました。EF66-0番台を彷彿とさせるフォルムです。

3092レ(=EF81-404牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3092レ(=EF81-404牽引)。日本海縦貫線号の撮影をご一緒させて頂いた皆様も、大半はここで解散となりました。

1083レ(=EF200-11牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

その後すぐにやって来た1083レ(=EF200-11牽引)。

8056レ(=EF66-26牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8056レ(=EF66-26牽引)。半逆光で鼻筋が出る事を期待しましたが、読みが外れて失敗。

回9301レ(=EF65-1124牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

回9301レ(=EF65-1124牽引)。当初は別の場所で撮影するつもりだったのですが、撮影予定の堤防がピンポイントで除草作業中で(狙っていた?)、急遽撮影場所を変更。

前の通過列車を見ていたら側面にも陽が回るかと期待していたのですが、思っていたより陽が回らず。しかも手前から二本目の線路を通過するのに、上の架線は手前から三本目を二本目と勘違いしたままセッティングする大ポカによりギリギリになってしまいました(アホ)。

3098レ(=EF510-16牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3098レ(=EF510-16牽引)。本当は日本海縦貫線号復路が狙いだったのですが 直前に黄色い線の外側に出てきた金髪のせいで 自分の技量不足・迷いにより失敗。

実質、これが初の「標準」ズームレンズによるズーム流し撮り一枚目となります。

8865レ(=EF64-1006牽引+DD51-852ムド)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8865レ(=EF64-1006牽引+DD51-852ムド)。愛知機関区の原色コンビです。DD51-852は広島公開イベント用に回送されたようです。

8865レ(=EF64-1006牽引+DD51-852ムド)後追い
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8865レの後追い。適当に撮った割にはDD51-852と(かろうじて)分かるだけ儲け物でした。

米子工臨?返空(=DD51-1192+DD51-1109牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

米子工臨?返空は、まさかのDD51重連でした。紀勢工臨以外にも重連のロンチキがあるのですね。練習し始めたばかりの標準ズーム流し撮り+私のヘッポコな腕前からすると上出来か。

列車待ちの乗客も「何だ?見慣れない列車が来たぞ?」と思わず顔を上げてしまったようです。

5099レ(=EF200-901牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5099レ(=EF200-901牽引)。5099レと言えばコキ200に積載された赤いCAIコンテナ。試作機であるEF200-901牽引の模様を機関車前面から編成までピタリ止めする事が目標でしたが、 当然ながら 残念ながら叶わず。

1080レ機回し(=EF66-21)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1080レ機回し(=EF66-21)。今まで練習してきた望遠ズームレンズなので慣れの問題もあって少しはマシな出来か。

1080レ機回し(=EF66-21)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こちらも望遠ズームレンズにて。何とか足元のハンペン(?)を回避するぐらいまで広角側に引き付ける事が出来ました。

4075レ(=EF510-504牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4075レ(=EF510-504牽引)。標準ズームレンズでも最低限これぐらいの精度はコンスタントに出したいですが…。

58レ(=EF66-112牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

58レ(=EF66-112牽引)。58レの特徴であるSuper Green Shuttle Linerコンテナが目立っていません(汗)。

5073レ(=EF66-32牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5073レ(=EF66-32牽引)。1枚目は単焦点レンズによる横振り、こちらは標準ズームレンズによるズーム流し撮り。光の軌跡が微妙に変わっている事がお分かり頂けるかと思います。

4058レ(=EF510-508牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

昨日の天理臨二本目を撮影後】に通過した4058レ(=EF510-508牽引)。副題は「さかさまの空」といったところか。

5085レ(=EF210-138牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ロケハンがてら、とりあえず撮影してみました。

4071レ(=EF81-723牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4071レ(=EF81-723牽引)。東海道線不通による迂回貨物運転終了後もEF81代走が続いていますので、これは仕業担当変更があったと見て間違いあるまい。

381系「こうのとり」回送
(クリックすると、大きい画像を開きます)

381系「こうのとり」回送。パッと見は「行けたか?」と思ったのですが、編成番号がブレているんですよね…(死)。ヘボだから全然ピッタリ止まってくれません。情けない…。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66 EF81 EF510 EF200 EF65 EF64 DD51 EF210 381系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

天理臨二本を撮る

皆様、お久しぶりです(蹴)。いつもの如く更新をサボりまくっておりました。

前回更新後に

・日本海縦貫線号が来たり
・サロンカーなにわが山口県まで回送されたり
・EF65-2090を一応撮影できたり(※1)
・DD51-852がムドで広島に向かったり(※2)
・米子からロンチキがDD51重連で帰還したり
・標準ズームレンズによるズーム流し撮りを練習し始めたり(※3)
・EF66-0番台を何度か撮影したり(適当)

…と色々あったのですが、一体何をしていたのかと小一時間。

(※1)
新鶴見EF65-2000番台、2058号機(=脱線事故により走行不能との噂)を除いてコンプリートしました。

事実上のラストだったのに、後ろパンタグラフを架線柱に引っかける大ポカをやらかすという実に情けないおまけ付きですが(死)。よっぽど「集計上は未撮影のまま」としようかと思いました。

(※2)
本務機EF64-1006という原色コンビで来阪しました。

(※3)
今までは「望遠」ズームレンズでのズーム流し撮りばかり練習しておりました。個人的な事で恐縮なのですが、標準ズームレンズ域だと列車の体感速度が上がる⇒難易度も跳ね上がった気がします。

撮影結果は五十歩百歩なのは変わりませんが。

そんな訳で、綺麗さっぱりリセットして本日の天理臨の模様です(ぉぃ)。

今回の天理臨、何とブルートレイン2本がたて続けに来阪するとの事でしたが、通過時間がとんでもなく早いらしいとの事。泣く泣くどちらか1本に絞るしかないかなぁ…と思っていたのですが、来阪するたびに「今回で最後。」と煽られるので「何とかならんか?」とあれこれ検討。

5分ほど検討した結果「二兎を追うもの一兎も得ず、となりそうだけれど…。」机上プランをはじき出して挑戦してみました。



先に通過するのは天理行きで、こちらはDD51牽引です。

桜井線の帯解付近で夜明けのようでしたが、ここまで行ってしまうともう一本には間に合わないので桜井線での撮影は断念。湖西線は通過時間が早すぎて無理。ならば必然的に奈良線で撮るしか選択肢がありません。

しかも今回は掛け持ちに挑戦なので、奈良線でも南に行き過ぎるとNG。沿線では撮影できないので、必然的に駅撮りとなります。

そして島式ホームの駅だと何番線通過か分からずに恐ろしいので対向式ホームの駅にしよう。可能ならば編成が全部入りそうな直線駅が望ましい。

色々と制約条件を課していった結果、JR藤森駅ならば何とかなりそうだという結論に至りました。「この駅で撮りたい。」というより「この駅でないと撮れない。」という逆算方式です。

逆算したのはいいものの「本当に撮れるのか?」はぶっつけ本番という適当さ。本当に大丈夫なのか?



現地に到着してはたと気付く。「始発時間まで駅が開かないんじゃないの?」

天理臨の通過予想時間はどう考えても始発前。まずい、いきなり不戦敗ではないのか?

新しい不名誉伝説誕生の悪寒がしましたが 名誉伝説はありません(泣) 、無事に天理臨通過前に駅がオープンしました。

思っていたより線形がカーブしていましたが、何とか撮影は可能のようでまずは一安心。先日練習し始めたばかりの標準ズームレンズによるズーム流し撮りを実戦投入する絶好の機会が巡ってきました。

9627レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9627レ(=DD51-1191牽引)。…うーむ、微妙…(汗)。

何が何だか分からんという事態はかろうじて避けられただけでも、自分のヘボな腕前を考えれば御の字か。

本当はもう少し引き付けたカットの方が(機番読取の面では)マシだったのですが、ズームリングの操作が遅れたせいで先頭が切れるという大ポカをやらかしてしまって即ボツ。やっぱり広角側になると難しいです。



そそくさと撤収し、大阪行きを撮影するべく移動開始。今度はEF81牽引だそうです。

当初に撮影を予定していた場所は諸般の事情により断念しましたが、別の場所に移動する時間があったのは幸いでした。思いの外明るくなってきており、空模様が綺麗で水鏡も期待できそうだったので「これで行こう。」と即決しました。

9540レ(=EF81-106牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9540レ(=EF81-106牽引)。セッティングに手間取って不意打ちを食らいましたが、何とか不戦敗だけはまぬがれました。シャッターを切るのが遅れたものの、架線柱が機関車にグッサリを回避できただけでもラッキーというものです。

以上、机上プランを実現させての天理臨二本勝負でした。



撮影地でご一緒させて頂きました皆様、情報をお寄せ下さった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 EF81


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

ここ数日の撮影結果(EF64-1014など色々)

ここ最近「遠征に行った日の模様は一本の記事にまとめて」「その他の日に撮影した物は忘れたころに一本の記事にまとめて」というスタイルが定着してしまっていますね(蹴)。ブログなのに全く即時性がないとはこれいかに。

王子工臨(=DD51-1183牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは王子工臨(=DD51-1183牽引)から。10月になってから工臨の運転が再び活発化してきたようで、3093レの待ち時間に結構な頻度で巡り合えます。とはいえ

信号が変わった!(゚∀゚)
⇒何だサンダーバードか…(´・ω・`)

はお約束ですけれど。

3093レ(=EF81-723牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3093レ(=EF81-723牽引)。ここの所EF81代走が続いているスジです。東海道線が土砂により分断されている影響か、EF510からEF81への仕業変更か?個人的には後者の方が撮影のバラエティが増えて嬉しいのは言うまでもありません。

去年は流し撮りしていなかったから、全く夜間撮影の記録はないんですよねぇ…つくづく取り組み始めるのが遅かったか、と思っても後の祭り。後ろは振り返らず、今撮影できる物を後悔しないように撮影していきたい。ただそれだけです。

3093レ(=EF81-726牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

翌日の3093レ(=EF81-726牽引)。【先日の記事で紹介した、EF81-735機牽引の3093レ】から3日連続で富山EF81の代走となりました。

後になるほどカツカツになって精度が下がっているなんて、思っていても口に出したら負けです(コラ)。

1095レ(=EF66-124牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1095レ(=EF66-124牽引)。これはまずい。

何がまずいって、写真の精度も当然ですが、それ以上に深夜帯の貨物列車列番を記憶しつつあるのが非常にまずい気がします。

1095レですが、あまり見た事が無い大型産廃コンテナ(?)が積載されているのが特徴です。今回の写真で言いますと機関車直後の白い奴ですね。

5099レは「機関車次位に赤いコキ200が数両。そこにはCAIと記載された赤いコンテナが載っている事。」で見分けられますが、1095レもかなりの精度で見分けられるようになってきました。

特急「サンダーバード」回送
(クリックすると、大きい画像を開きます)

時と場所を変えて。「サンダーバード」相手に気軽にズーム流し撮りの練習を。自分が本気で撮ろうとしている物の時以外は明らかに遊んでいるとしか思えませんね。

75レ(=EF65-2119牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局、75レ(=EF65-2119牽引)は手堅く撮影する方針に変更しました。さっきの練習は何だったのかと小一時間。

この後は「そういえば、宮原で面白い車両が表に出てきていると見たまま報告が投稿されていたな。」と思い出して【久しぶりに】宮原を訪問してみました。

以下、当然ながら全て敷地外からの撮影となります。

マイテ49-2
(クリックすると、大きい画像を開きます)

おぉ、本当に手前側まで出てきてますやん!

そんな訳で珍しい車両の第一弾、マイテ49-2です。かつての特急「はと」に連結されていた展望車ですね。

オロネ24-4
(クリックすると、大きい画像を開きます)

オロネ24-4。今度京都に出来る鉄道博物館に収蔵されるとの噂ですが、いつまで宮原で寝ているんでしょうか?

オヤ31-31
(クリックすると、大きい画像を開きます)

珍しい車両第二弾、オヤ31-31。建築限界を測定するための車両で、その特異な見た目から「おいらん(花魁)車」と呼ばれています。

奥には「あすか」の姿も
(クリックすると、大きい画像を開きます)

手前がオヤ31-31+マイテ49-2+オロネ24-4、左は紀勢トワイライトお留守番の3両、奥は「あすか」、右は「SL北びわこ号」で運用される12系6両です。SL北びわこ号は5両編成なので1両は予備車両なのでしょう。

オヤ31-31+マイテ49-2+オロネ24-4を中心に
(クリックすると、大きい画像を開きます)

オヤ31-31+マイテ49-2+オロネ24-4を中心に。

左に紀勢トワイライト留守番組、右にSL北びわこ号客車
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「あすか」中心で狙いたかったのですが、架線柱が邪魔になる+望遠が足りずに妥協。

紀勢トワイライト牽引後のEF81-113
(クリックすると、大きい画像を開きます)

紀勢トワイライトはDD51重連牽引のイメージが強いですが、実は大阪を出発する際にはEF81牽引なのです。EF81牽引で琵琶湖を反時計回りに一周した後、京都に戻ってきてEF81⇒DD51重連にバトンタッチします。写真は琵琶湖一周を終えたEF81-113が単機でやって来た時の模様です。

それにしても思う、何でEF81はHM付なのにDD51はHM付じゃないのだ!と。撮影者として残念…じゃなかった、乗客の皆様が残念がるじゃないですか。

9027レ(=DD51-1191+DD51-1193牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DD51重連にバトンタッチした後の紀勢トワイライト。単焦点レンズでの流し撮りだから、後ろの方は何が何だかサッパリ分かりませんね(汗)。前面も大概怪しいですけれど…。

本当は広角ズームレンズでズーム流し撮りをしたいのですが、ヘボなので決まる気がしません。練習しないからいつまで経ってもヘボなまんま、というのもまた真なりなのですが。

塚口工臨(=DD51-1109牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再び工臨に遭遇。今度は塚口工臨だそうです。見た目的には1枚目の王子工臨そっくりですが。

8864レ(=EF64-1014牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

以前の撮影】で遊びすぎたEF64-1014。

以前の8865レも怪しい出来でしたが、その影で8864レは表に出せないレベルでの惨敗を連続して喫していました。言うなれば連惨敗?

例によって今回も大概怪しいですが、表沙汰に出来なかった物はもっと酷かったという事です、はい。

三度目の正直で、ようやく機番が読める一枚を撮影できた…かな?というレベルですけれど。

単1491レ(=EF65-2069)・一枚目
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単1491レ(=EF65-2069)。ズーム流し撮りなのでゆっくりと追いかけてみました。

単1491レ(=EF65-2069)・二枚目
(クリックすると、大きい画像を開きます)

大体は複数枚数撮影しても機番が読めるのは1枚だけというのはザラですが(打率はメチャクチャ低い!)、今回は珍しく2枚記録ができました。

背景の流れ具合が派手な印象の一枚目、機番がギラリと光ってくれた二枚目。皆様はどちらの方がお好みでしょうか?

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 EF81 EF66 683系 EF65 EF64


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

紀勢トワイライト(2回目)

紀勢トワイライトが運転されたので【前回に続いて遠征してきました】。

…と、結果だけを書くと簡単なのですが…。

皆様ご承知の通り、超大型の台風19号が接近していました。まず「本当に紀勢トワイライトは運転されるんですか?」話はここからです。

見たまま情報等を確認していると、とりあえず運転される模様。往復共に客扱いなので、途中で打ち切りという事はないと見て良さそうです。JR西日本のお墨付きで「風」の問題はクリアしました

次の問題は「雨」。降水確率30%以上となっており、夜にかけて台風が接近するので天候の悪化が懸念されます。今後の紀勢トワイライトは日程的に撮影に行けなさそうなので、今回がラストチャンスではあるのですが…「これ、本当に行くの?」と自問自答。

そこで気圧配置図を見てみたところ、想像していたより悪くない。前線がかなり南の方に寄っており「これならギリギリ行けそうだ。」と確信、決行の運びとなりました。



前回は多数の撮影者が詰めかけていた古座川橋梁にも立ち寄ってみましたが、ほとんど人の気配を感じません。さすがにこの天候で来る 物好き ガッツのある人間は私ぐらいのものかと自嘲。

最初の撮影地としようかと一瞬思ったのですが、天候が天候なので【前回偶然見つけた場所】で比較撮影する事としました。

105系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回は青空を多く取り入れる構図でした】が、今回は海を大きく入れる構図にしました。

特急「オーシャンアロー」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

微妙に立ち位置も変更し、編成が入る長さが心もち長くなるようにしています。

9027レ(=DD51-1191+DD51-1193牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9027レ(=DD51-1191+DD51-1193牽引)。今回は撮影して即撤収、無理のない範囲で北に向かってみます。

9027レ(=DD51-1191+DD51-1193牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9027レ(=DD51-1191+DD51-1193牽引)。先程は海を大きく入れた構図だったので、今度は紀勢本線らしからぬ(?)山深い場所で撮影してみました。

この後は前回と同じくマグロでも食べて…と思ったら、この天気なので当然ながら漁は行われておらず、朝市もシーンとしておりました。そりゃそうだ。

結局、マグロは諦めてサンマ寿司で朝食です。

奇岩
(クリックすると、大きい画像を開きます)

列車撮影がメインになっていますが、この辺りは奇岩や景勝地の宝庫です。天気の良い時にのんびりと観光して回りたいぐらいです。

折り返し9028レも「海」「山」とバラエティ豊かになるように撮影しようとロケハンしながらウロチョロしてみます。

105系ラッピング列車
(クリックすると、大きい画像を開きます)

105系が来たと思ったら、何だか妙に派手なラッピングが。後述のキティちゃん列車以外にもこのような列車が走っているのですね。

キティちゃん列車
(クリックすると、大きい画像を開きます)

SmartBestによるキティちゃん列車。相変わらずド派手です。

特急「くろしお」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

381系の特急「くろしお」。前回は見事に失敗したので、ようやく紀勢本線らしい景色で記録する事が出来ました。

9028レ(=DD51-1193+DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9028レ(=DD51-1193+DD51-1191牽引)。何枚か撮影してみて、一番波が砕け散っているカットを選びました。

奇跡的な事に直前までは晴れ間も見えていたのですが、通過時には陰ってしまいました。まぁ、台風が近づいている状況なのに太陽が拝めただけでも奇跡的なのかもしれませんが。

この後はロケハンをしつつウロウロ。廃道にしか思えないような場所で頭にクモの巣を引っかけつつ「あっちでもない、こっちでもない。」と撮影場所を探してみました。

9028レ(=DD51-1193+DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9028レ(=DD51-1193+DD51-1191牽引)。運動不足気味の身体を引きずって山登りした効果があったのか?DD51重連が力強く山上りする姿を記録できるステージが見つかりました。たまーにこういうシーンに巡り合えるとロケハンが楽しくなります。

9028レ(=DD51-1193+DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

オマケカット。【前回ラストに撮影した時は広角気味に撮影してみた】のですが、もう少し望遠で奥を狙えれば自然一杯の雰囲気を出せるのではないか?と挑戦してみました。

結果、400mm×1.4倍(テレコン)×1.6倍(APS-C効果)=896mm相当のピントを合わせるには時間がなくてゲームオーバー。超望遠は難しいです。

ここで撮影終了!最後にご一緒させて頂いた方々は「高速道路の状況次第で、もう一回撮影できるかも。」と仰っていましたが、私は「白浜まで来たので温泉だ!この前は崎の湯だったので、今回はお勧め頂いた長生の湯でゆっくりしよう。」という有様でした。

ちなみに、最後にシャッターを切ったのは14時4分でした。呑気に朝市を巡っていたり、どれだけゆる鉄なのかと呆れられそうです。

撮影地でご一緒させて頂きました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 105系 283系 DD51 DGBC2系 381系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

ここ数日の撮影結果(EF66-52HM付、EF81-735、DD51-1191等)

東海道線不通の影響で、東海道スジの貨物列車も軒並み運休になってしまっています。不通区間以西の列車や日本海縦貫線のみと寂しい状況ですので、一刻も早い復旧を望むばかりです。

?レ(=EF66-52HM付):後追い
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先日故障してしまったEF66-52ですが、不幸中の幸いだった事に軽傷だったようですぐに復帰しました。早速81レ~86レに入ってくれたものの、続けて入るはずの1080レは東海道線不通の影響により運休。1080レに入ってくれれば機回しを撮影できるのですが、こればかりは仕方がありません。

52号機はHMを掲出しているのですが、運の悪い事にHMは東京方。1080レスジで単機が帰ってきても後追いになってしまうではないか。

どうするかと思案した結果、駄目元で後追い流し撮りをしてみました。思案する事なく一択じゃないかとは突っ込まないでください。一応、HMは諦めて正面狙いも考えたのです。

後追いズーム流し撮りで何とかなる自信はゼロだったので、単焦点レンズによる振りのみに集中。これすらも怪しいですが、ゼロよりはイチの方がまだ良かろう。

その結果、HM付である事がかろうじて分かる程度には撮影できました。自分の技量を考えれば奇跡と言えるでしょう。

単1491レ(=EF65-2138)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単1491レ(=EF65-2138)。こちらはズーム流し撮りによる一枚です。

8057レ(=EF66-131牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8057レ(=EF66-131牽引)。【先日の8056レ】に続き、131号機撮影に挑戦です。

それにしても、かなり汚れが目立ちます。本当に全検明けなのだろうか?

3093レ(=EF81-735牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3月のダイヤ改正以降、関西で見られる富山EF81牽引貨物は「3時頃の3090レ」「5時頃の3097レ」以上の2本だけ。他の日本海縦貫線貨物は全てEF510仕業です。

まぁ、個人的にはEF510は好きですのでまだダメージは小さかったと言えますが。

とはいえ、やっぱりEF81牽引貨物も久しぶりに見てみたいな…と思っていました。【この前も】【見ているじゃないか】というのはさておき。

3093レの通過時間になって、遠くからライトが近づいてくる。「あれ?何故か三灯(=頭+下部二ヶ所)じゃないな。臨時貨物か?」と思ったら、ビックリのEF81-735代走でした。

東海道線不通の影響で日本海縦貫線に振替輸送されているらしく、EF81もフル稼働している模様です。

?レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

オマケ。さて、帰りましょう…と思ったら、何故か信号が青になっている。「はて、こんな時間に貨物列車なんかあったかな。臨時貨物か?」と思いつつ待ってみると、まさかのDD51-1109牽引の工臨でした。

折角のレール積載ロンチキだったのに、かろうじて機番が読めるのはこの一枚だけだったという。これはひどい。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66 EF65 EF81 DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

ここ数日の撮影結果(EF65-1128、EF65-2119、EF66-21HM付…等)

先週日曜日の北陸遠征】以降に撮影した列車達です。

85レ(=EF65-2117牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

85レ(=EF65-2117牽引)。現役として数少ないフルコック装備車だそうです。

単1491レ(=EF66-120)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単1491レ(=EF66-120)。本来は新鶴見EF65の仕業ですが、この日は珍しくEF66-100番台が代走しました。

工8380レ(=EF65-1128牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

工8380レ(=EF65-1128牽引)。この日はイマイチ精度が出ず 何だ、いつも通りじゃないか とぼとぼと帰宅の途につこうとしていたのですが、このままだとどうにもスッキリしないので延長戦を行う事にしました。

駄目元で撮影した結果を確認すると…久しぶりにキタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)!

自分基準で恐縮ですが、これは「やったね!」と珍しくガッツポーズが出ました。普段からこの精度が出てくれれば自分的には満足なのですが…。

1080レ(=EF66-21HM付:機回し後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1080レ(=EF66-21HM付:機回し後追い)。早朝の5065レは眠気に負けて不戦敗。続けて81レ~86レ~1080レに入ってくれればいいなぁと都合の良い事を考えていたのですが、その都合の良い状況が発生してくれました。

前回のHM付撮影】とは少し撮り方を変える事にしました。まずは広角気味に後追いで。

1080レ(=EF66-21HM付:機回し)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次はズーム流し撮りにて撮影。「車体全体が止まっていない。」「そもそも、HM周辺すらも怪しい。」ですが、私の技量を考えれば至極当然なのでやむを得ません(ぉぃ)。

1083レ(=EF66-119牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先日の稲穂を入れた流し撮り】がかなり怪しい出来だったのでリベンジに挑戦したものの、やっぱり怪しい…orz。練習不足、技術不足甚だしいので「一二に練習、三四が修行で五に練習」ですね。

当該場所の稲刈りも始まったようですので、リベンジのリベンジは来年に持ち越しとなりました。

8056レ(=EF66-131牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8056レ(=EF66-131牽引)。とある本を読んだ際に、プロの先生が「1/15で練習しましょう。」と書いておられ、早速感化されて練習してみたものの…な一枚です。これでもまだマシな一枚という事で、他は推して知るべし。

撮影した時には全検明け間もない131号機である事に気付かず、帰宅して写真編集をしている時に「あれ?131号機じゃん!」と気付く始末。それだけ集中していたと言えば聞こえは良いですが…。

智頭急行HOT7000系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

流線型の車体で上手く行けばカッコいいのでしょうが、まだまだ車両全体を止めるには至らず。というより一番先頭が止まる事の方が珍しいという。まだまだ先は長そうです。

8002レ「トワイライトエクスプレス」(=EF81-103牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8002レ「トワイライトエクスプレス」(=EF81-103牽引)。この直前に8001レを見事に失敗しているので手堅く撮影しました。

5087レ(=EF65-2086牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5087レ(=EF65-2086牽引)。久しぶりにこのアングルで撮影してみました。定期的に練習しないとすぐに退化してしまいますので。「昔取った杵柄」は遠いです。

5087レ(=EF65-2119牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

翌日の5087レ(=EF65-2119牽引)。ようやく原色機での撮影に挑戦できましたが、編成全体を止められていないし、パンタグラフの位置は最悪だし…と、課題ばかりですね(汗)。前日の方がまだマシという事で、同じ位置でシャッターを切れておらずに再現性なしという事になります。

5084レ(=EF210-106牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5084レ(=EF210-106牽引)。自分がシャッターを切りたいと思っていた場所まで引き付けきれず。先の5087レと同じです。

4071レ(=EF510-1牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4071レ(=EF510-1牽引)。今度は止め位置は想定通りに来たけれど、きちんと列車とカメラ操作が同期できておらずに怪しい(泣)。折角の1号機なのに、これはひどい。

8865レ(=EF64-1014単機)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8865レ(=EF64-1014単機)に至っては、停車直前でゆっくりのはずなのに輪をかけて怪しい出来と救いようがない。停車直前でゆっくりだから逆に難しい、なんて言い訳は通用しません。 EF210だったら(コラ) EF64原色でなければ即削除だったかもしれません。

アマチュアなので楽しく撮影できれば良いと思いつつ、ある程度最低限の精度を求めたい身としては甘さばかりが目立ってしまいました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF65 EF66 智頭急行 EF81 EF210 EF510 EF64


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

9/28(日):北陸遠征

前日(9月27日)の湖北プチ遠征】に続いての北陸遠征です。前日が急に思いついての遠征で、こちらが当初から予定していた遠征でした。

まずは、関西では明るい時間に見られなくなってきたEF81牽引貨物から撮影スタートです。

3097レ(=EF81-453牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3097レ(=EF81-453牽引)。残念、HMは大阪方でした。

どこかで方転していないかなーと虫のいい事を期待していましたが、そもそも今は方転する運用自体がないのかもしれません。【前日は逆に方転にしてやられた】のですが。

次は続行でやって来るEF510牽引貨物狙いです。

3096レ(=EF510-504牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは3096レ(=EF510-504牽引)。ソバの花畑を手前に大きく取り入れて撮影しました。ソバもこうやって咲いているだけならば良いのですが…(※注:管理人はソバアレルギーです)。

それにしても…500番台もやけに汚れが目立ちますな。

3092レ(=EF510-5牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

続行の3092レ(=EF510-5牽引)。3096レと3092レで撮り方を変えようかと思ったのですが、前者は500番台で後者は0番台。一瞬で服を着替えるイリュージョンをイメージして同じように撮影する事にしました。

8002レ「トワイライトエクスプレス」(=EF81-44牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8002レ「トワイライトエクスプレス」(=EF81-44牽引)。サロンカーなにわ「月見のおわら号」が43号機牽引なので、若番をまとめて撮影する事となりそうです。

この後は松任まで足を延ばしたりしましたが、とりたてての写真はないので割愛。白山総合車両所がやたらと警備厳重に見えたぐらいか。

サロンカーなにわの撮影場所に到着したのですが、やはり有名な場所は先客で一杯でした。そこで、近くの花畑を手前に配して撮る事に。

?レ(=EF81-106牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「工臨が来たらいいですよねー。」と話していたら、本当に来ました(笑)。EF81っぽいライトだけど「なにわ」の時間には早すぎる。遅れ貨物でも来たのか?と思ったら、まさかまさかという。急すぎてセッティングが間に合わず。

特急「サンダーバード」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

編成全体を入れると密集感が出ないので、機関車+客車1両ぐらいが入ればいいやという形にセッティング。さあ、いつでもドンとやってこい!

…と待つものの、晴れ間は見えないし、何だかテンションが上がらない。ここまでに貨物列車がある程度満足に撮れたからいいかな、と思い始めていたかもしれません(ぉぃ)。

回9518レ「月見のおわら号」(=EF81-43牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

回9518レ「月見のおわら号」(=EF81-43牽引)。結局、地元の方が草刈りをされていたのが写ってしまったり。仕方がないですね。

この後はもう一回撮影するチャンスがあったのですが、どうも集中力が切れていたのでズーム流し撮りなんかをして遊んでしまいました。一応、機番は止まりましたが…。

以上で撮影終了。どうもお疲れ様でした!

9518レ「月見のおわら号」(=EF81-43牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

と思っていたのですが、湖西線が強風で規制されたりしていたため、どこかで追い抜いてしまったようです。ラスト1回を狙うべくホームに上がって、レンズを交換して、設定を見直して…と同時にキター!

駄目元で撮影したのがこの一枚となります。やっぱり流し撮りで終わるんかい!

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF81 EF510 683系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

9/27(土):湖北プチ遠征

相変わらず更新が遅いですが(汗)、ようやく9月27日()のプチ遠征の模様を記事に出来る準備が整いました。

これからは遠征後一週間を目処にして更新するようにします。一週間経って音沙汰がない場合は力尽きたと考えて下さい(ぉぃ)。

土曜日は業務が炎上している見込み+翌日の日曜日が本遠征の予定だったので、元々出かける予定はありませんでした。しかし金曜日に珍しく私が火消し役になるという奇跡。

そういう時は翌日土曜日に槍が降るんじゃないかという危惧があったのですが、天気予報は晴れとの事。

もちろん一番の狙いはサロンカーなにわですが、1053レでEF66-52が下ってきそうなので合わせて撮影する事にしました。



1053レを撮ろうと琵琶湖の北、湖北まで来ましたが、よく撮影者がいる場所に誰もいない。HMは下り幡生側ではない、太陽は山影でまだ陽が当たらない、おまけに周囲の田んぼは稲刈りが終わっている。

そりゃーこんな条件ならば人が稲(居ねー)!というものです。

…寒いギャグはさておき、このままではわざわざプチ遠征してきた意味がないではないか。こりゃまずいと周囲を見回した所

遅1053レ(=EF66-52牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

都合良く彼岸花が群生していたので取り込んでみました。彼岸花が目に入らなかったら「わざわざ何しに来たんだ?」となっている危機でした。危ない危ない。

この後はサロンカーなにわ「月見のおわら」号を撮るべく移動。どこか良い場所は無いかなーとウロウロとロケハン。ロケハンしている間に117系原色を2回も見る鉄するという失態を演じましたが、当初の撮影目的であったサロンカーなにわをより良い条件で撮影する事には代えがたいと無理矢理納得する事に。

ようやく「ここで撮ろう。」と場所を決めて待っていると、地元の方に声をかけられる。

「今日、何か走るんですか?」
「サロンカーなにわという珍しい列車が走るんですよ。」
「なるほど、だから向こうにも大勢居たんですね。」

9515レ「月見のおわら号」(=EF81-43牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…どうやら私の感性は鈍いのか、結局は最後まで1人での撮影となりました。

この後はあまり深く考えていなかったのですが(前述の通り、突然決めたプチ遠征ですから…って、本遠征でも全然何も考えていないじゃないか!)、折角なので8001レ「トワイライトエクスプレス」までは撮影して帰りましょうとなりました。

さりとて、どこで撮影しようかとしばし思案。8001レは湖西線~北陸本線を北上する方向なので正面が陰るのは覚悟していましたが、有名撮影地「ダンロップカーブ」ならばひょっとして正面に陽が回るかも?という事で初訪問してみる事に。

現場近くまで来てみたのだが、確かに先客がおられるのだがどうやって行くのかがサッパリ分からず。結局は近くの藪をかき分けて辿りつきました。

特急「しらさぎ」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

特急「しらさぎ」。おぉー、正面にも陽が回りそうだ!これは期待が高まります。

8001レ「トワイライトエクスプレス」(=EF81-103牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…残念ながら、トワイライトエクスプレスは正面まで陽が回ってくれませんでした。「しらさぎ」は流線型だった事が幸いしたようです。

今度こそ帰りましょう…と運用表を見たら、4071レがEF81-718代走との事。ここのところ土曜日の4071レはEF81代走が続いているので、10月の小改正で運用に変更があったと見て間違いなさそうです。

貨物時刻表を見てみた所、米原発が17時12分…行けるよ、行っちゃえ!という悪魔のささやきが。

遅4076レ(=EF510-511牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

悪魔のささやきに乗ったのは良いものの、さすがにずっと待っているのは大変なので再びロケハン。光線状態の読み間違いで正面が陰ってしまいましたが、もう少し太陽が南寄りになる時だと良さそうなS字カーブを見つけたりしました。

さて4071レをどこで撮影しよう?と考えた結果、これまた有名撮影地「余呉カーブ」に行ってみる事にしました。

特急「しらさぎ」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ススキが秋らしさを醸し出してくれているし、光線状態は良さそう。こりゃいいや!

3099レ(=EF510-16牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…と都合の良い事を考えていたら「秋のつるべ落とし」とはよく言ったもの。一気に山影になってきて「こりゃあかんー早く来てくれー!」という事態に。

4071レ(=EF81-718牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…結局、時間切れでこうなりました(笑)。

思い付きプチ遠征のはずなのに、何で流し撮りに始まって流し撮りで終わるねん!と自分でも思うのですが、貴重になりつつあるEF81が複数撮影できたので良しとしましょう。

翌日28日(日)北陸遠征の模様はこちら】。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66 EF81 683系 EF510


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。