1076レでEF66-26を撮る

昨日のEF66-52&EF66-27連投】に続き、今日はEF66-26が1076レに入ったとの情報が入ったので新快速に飛び乗り。ちょっと走っただけで息切れとは情けなや。

1076レ(=EF66-26牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1076レ(=EF66-26牽引)。うーむ、やはりタイミングが合っていないなぁ。

こういう風に撮りたい
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本来はこういう風に編成最後尾が溶けるように撮りたいと思っているのですが。日々練習です。

…で。これって681系でいいんですよね?(ぉぃ)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66 681系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

久しぶりにEF66-27を撮る(セットでEF66-52も)

最近、関東に行ったまま戻って来ていなかったEF66-27。どうやら昨日の5065レで関西入り、2073レで西に脱出した模様です。

という事は、今日再び関西に戻ってくるはずです。そこから続けて何かしらの運用に入るんじゃないか?という期待込みで待っていました。

すると、1082レにEF66-27が入ったらしい旨の情報が。おぉ、何とか撮影に行けるじゃん。

…本当はそれどころではないほど炎上しているはずなのだが、半分諦め気味です。後は野となれ山となれ(ぉぃ)。

しかも、先行で通過する1080レはEF66-52牽引の模様。こりゃ拾い物です。

折角EF66-0番台を連続で撮影できるチャンスに恵まれたのだから、手堅く同じ場所で…ではなく、なるべく機関車メインで撮影できそうな新しい場所に…となりました。我ながら無謀だと思います。

1080レ(=EF66-52牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

練習電がなく、1082レの練習電は1080レとなってしまいました(汗)。

初めての撮影地、初めての広角気味単焦点レンズ。爆死したのは必然とも言えます(アホ)。

それにしても速い!広角気味で撮影した影響も大きいのかもしれませんが、収まって2カットが限界です。まさに一発必中の気概でやらなければならないようです。本番に弱い私には厳しい条件です。

ご一緒させて頂いた方のアドバイスに従って、ズーム流しに取り組むべきなのかなぁ。

しかし…振るだけで精一杯なのに、ズームまで組み合わさってしまうと、少ない私のキャパシティはあっさりオーバーしそうです。悩ましい所です。

1082レ(=EF66-27牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本命の1082レ(=EF66-27牽引)。振るのが早いから(フレームアウトが怖かったから?)奥まで写し込む事が出来ませんでした。かなり左にスペースを取った位置から振り始めたはずなのに、それでも編成後ろが切れるとはどういう事かと。

まぁ、これは初めての挑戦という事で大甘に見て頂く方向で…(コラ)。

自分に甘いからいつまでも上達しないんだぞ!とツッコんでみる。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

飛翔乱舞

先週の写真ですが、近所の散歩での風景です。今日は謎の吐き気に苦しんでおりましたので…。

本来はこういうノンビリした風景を撮る為にカメラを購入したのですが、はてさて。 絶対に嘘だろうなんて言わないように。 

梅の花
(クリックすると、大きい画像を開きます)

新レンズのテストを兼ねて。「梅の花と鉄道」という風景を撮ってみたいのですが、ロケハン不十分により思い浮かぶ場所が一ヶ所ぐらいしかありません(汗)。

トイプードル
(クリックすると、大きい画像を開きます)

飼い主の方に許可を得て撮影させて頂きました。生き物はあっちこっち動くから難しいです。

飛翔乱舞
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こっちはさらに難しい。こりゃー翡翠の撮影なんて夢のまた夢ですね。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 写真

1055レ(=EF66-26牽引)を中心に撮る

昨日の5074レがEF66-26だったので、順調に流れれば今日の1055レかぁ…と期待していたら、ありがたい事に順調に流れてくれました。今日は曇天だった事もあり、ちょっと気分を変えて【以前に遅5085レを意地で狙った場所】で撮影してみました。

1055レ(=EF66-26牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

この時間帯だと、晴天ならば右側から太陽が当たる為に側面が真っ黒になってしまいます。曇天なので…という但し書きが付いたのにはそのような背景があります。

(撮影被写体としての)背景はゴチャゴチャしてしまいますが、ある程度の迫力は出せたのではないかと思います。

3092レ(=EF81-748牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

10分程遅れてきた3092レはEF81-748牽引でした。ヒサシが一直線でいかめしく、この機関車を見るとどうしても「両さん」を思い浮かべてしまうのはいつもの通り。

ここでEF210-901がこちらに向かっている事を知り、そこまで待ってみる事にしました。どこで撮ろう?と考えた結果、地元のドン様(勝手に私が思っているだけです・笑)が撮影しておられた場所に久しぶりに行ってみる事にしました。

4083レ(=EF81-723単機)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4083レ(=EF81-723単機)。どうも4083レは土曜日は単機である事が多いようです。ようやく学習しました。

…って、3月にまたダイヤ改正を迎えるというのに。我ながら本当に理解が遅いですね。

5072レ(=EF210-10牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5072レ(=EF210-10牽引)。シングルアームのEF210が多い中、交差型がやって来ました。

久方ぶりにここに来てみたのは【以前の写真】と比べて頂ければ一目瞭然かと思います。架線柱の被覆が外されてスッキリしました。

撮影者対策で取り付けられていたという噂を聞きましたが、ホンマかいな?そんな事をやるほどJR西日本も暇じゃないと思うんですが。

で、撮影者が減ったから外された⇒撮影者が増える⇒対策で取り付け⇒(以下、ループ)って、まさかねぇ。

1072レ(=EF210-12牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

複々線区間ではありがちな光景です(苦笑)。

1050レ(=EF210-901牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1050レ(=EF210-901牽引)。お目当てのEF210-901号機です。この日は901号機を含めて、EF210は交差型ばかりを見ました。珍しい一日です。

こうのとり381系回送
(クリックすると、大きい画像を開きます)

381系での運用も見慣れてきた「こうのとり」。183系の後釜に381系がやって来るというビックリの異動から早1年です。

1062レ(=EF210-13牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1062レ(=EF210-13牽引)。後少し待てば下りトワイライト~がやって来そうなので粘ってみる事にしました。

8001レ(=EF81-103牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8001レ(=EF81-103牽引)。下りトワイライト~です。土曜日は上りトワイライト~と離合しないという認識を持っていれば【先日のような悲劇(喜劇?)】は発生せずに済んだはずなのですが。

ちなみに、この少し前からドン様と久しぶりにご一緒させて頂きました。色々とお話を聞かせて頂き、どうもありがとうございました。この場にて御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66 EF81EF210 381系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

北陸遠征と夜間撮影

EF510-500番台の導入によってEF81の去就が騒がしくなってきた北陸地方。トワイライトエクスプレスも先行きが非常に怪しい(…というより、北海道新幹線開業と同時に廃止決定?)ので、これらを撮影するべく北陸遠征を企画しました。

しかし、元々EF81牽引貨物は少ない上に、適当に前もって決めていた2月15日(土)はトワイライト~上りは設定されていないという(アホ)。

こうなれば雪景色の中で…と思っていたら、福井以北は意外と雪は積もっておらず(敦賀辺りがピークでした)、しかも天気は大荒れで雨模様という始末(苦笑)。誰のせいで雨模様になったんでしょうか。

3092レ(=EF81-717牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本当は3096レも撮影するつもりだったのですが、準備不足で沈没(死)。3092レ(=EF81-717牽引)からの撮影となりました。敦賀から北陸トンネルを抜けた辺りでは、このように降雪が見られたのですが…。

しらさぎ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

もう少し北に移動してストレート区間に到着。こちらでは雪は残っておりませんでした。

しかし、複線区間名物の「複線間のタイガーロープ(=黄色と黒のロープが編まれたロープ)」がなく、すっきりと撮影できます。

ちなみにこの写真、午前の上り列車を西側から撮影しているので、側面には陽が当たらないはずなのですが、ご覧のように雨天のため光線状態が関係なくなっております(汗)。

サンダーバード
(クリックすると、大きい画像を開きます)

関西で撮影する際には「飽きた。」等と散々な言われようのサンダーバードも、ここまで来たら貴重な被写体です。普段は掲載を割愛する事が多いので…と思ったら、これが初のブログ掲載でした(ぉぃ)。

521系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

475系が来ないかなーと厚かましい事を考えていましたが(もう敦賀運用からは撤退しているらしい)、現実は厳しく521系がやって来る。しかも2両だからどうも締まらない。

締まらないのは私がヘタだからですが。

臨時サンダーバード
(クリックすると、大きい画像を開きます)

臨時のサンダーバード。やっぱり貫通扉先頭より非貫通扉先頭の方が良いかなと思います。

しらさぎ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撮影地を変更して、再びの「しらさぎ」。ニワカなので、最初は「しらさぎ」と「サンダーバード」の違いを知りませんでした(ぉぃ)。以前に模型仲間に呆れられて教えてもらった記憶が。

サンダーバード
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再びのサンダーバード。

4076レ(=EF510-16牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一番のメイン、4076レ(=EF510-16牽引)。ここの撮影地で長編成の貨物列車を撮ると「うねり」が出せると聞いていましたが、狙い通りの撮影が出来ました。後ろパンタグラフの位置が大変よろしくないですが、これはヘボだから仕方がないと妥協です(コラ)。



この後は諸般の事情により早目の帰阪となりましたが「ちょっと撮影した枚数が少ないかな?」という事で【先日の夜間撮影特訓】に続いて再び特訓を行う事に。

出発準備中のEF66-30
(クリックすると、大きい画像を開きます)

すると、【前回】EF66-26が居た場所にはEF66-30が居るではないか。これはラッキーです。ここに居るという事は、何かの運用に入るのだろうと期待が高まります。

配1491レ(=EF66-30)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局、EF66-30は配1491レ~85レに入る模様です。本来はEF65の仕業ですが、この日の5087レ(=EF65-2119牽引)が大幅遅延した為の代走と思われます。

配1491レ(=EF66-30)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

頑張って引き付けつつ狙ってみる。こうして横顔を見てみると、やはりナンバープレート部分がしっかり作られている事が分かります。

4070レ(=EF510-23牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

密かに狙っていた4070レ(=EF510-23牽引)。富山機関区所属のEF510-0番台で唯一未撮影のまま残っていた23号機だったからです。午前中の3096レや3092レは湖西線強風規制で米原回りになっていたので「4070レも遅れるかな?」と思ったのですが、定時でやって来ました。

しかし…これでEF510-0番台をコンプリートした!と胸を張って言えるレベルかと言いますと…ねぇ(汗)。

ま、記録は自己満足の世界という事で良しとしてしまいましょう(ぇ)。

遅51レ(=Mc250-6)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

50レの誤りではではありません。51レです。雪による交通の大幅乱れの影響か、SRC運転開始後(多分)最遅での関西到着となりました。

いやー、それにしてもSRCは速い!私のようなヘボには難易度が高すぎます。SAGAWAとは辛うじて読める(…気がする)レベルにはなりましたが、肝心のMc250-6という文字はボケボケです。出直しですね。

はるか
(クリックすると、大きい画像を開きます)

同じく「はるか」も速い速い。貫通扉の進行方向向かって左側の隙間(写真では右側の隙間)はかろうじて止まっている(…気がする)のですが、要修行です。

スペシャリストの皆様はこれらをピタリと止められるのですが、本当に凄い事をやっておられるんだと感嘆してばかりです。

85レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

85レを牽引して戻ってきたEF66-30。うーむ、とっても目立つ位置にゴーストが出てしまいました(苦笑)。ま、ナンバープレートが読めるから良しとしましょう。また妥協か!とお叱りを受けそうですが。

これからの目標。

 1.もっとピタリと止める(当然ですね)
 2.成功率を上げる(他はこれ以上にひどいです…)
 3.SSを今の1/20より落とす(より流れている雰囲気を出したい)
 4.ゴーストが出ないようにする(研究研究)
 5.「ここ!」という場所で決める(今はヘタな鉄砲数打てば~そのまま)

何でもカメのように進歩が遅い管理人ですので、一つ一つ目標を達成していければと考えております。



遠征にご同行頂きました皆様、列車情報を投稿して頂いた皆様、どうもありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF81 683系 521系 681系 EF510 EF66 SRC 281系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

三球三振見逃し

と言っても、野球の事ではありません。運動神経の鈍い管理人では、多分百球打っても百振です(ぇ)。

前日に富山EF510の運用表を見た所「EF510-504がまた来阪しそうだけど…早朝にやって来て、夕方の3099レで帰りそうだ。」と判断しました。

二度寝、三度寝して今日。運用表を確かめた所…EF510-504は3096レ(9時30分頃京都通過)で来阪したらしい。ギャー!

しかも、4083レ(11時頃京都通過)はEF510-511だったらしい。ギャーギャー!

もう既にこの時点でかなりやる気が無くなった事もあり、EF66-26牽引の1053レが遅延していたらしいのにこれも逃す。ギャーギャーギャー!

以上、三球三振でした…(アホ)。

5087レ(=EF65牽引)は運休だし、3095レ(=EF81-716牽引)は出発が遅れて撮影できないし、381系こうのとり回送は上下共に撮影地到着と同時に通過するしと散々です。普段の適当さがモロに出た格好か。

今日はダメな日か…という事でよっぽど帰ろうかと思ったのですが、手ぶらで帰るのも余りにも悲しいので、少しだけ頑張ってみる事に。

遅5084レ(=EF210-131牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遅5084レ(=EF210-131牽引)。1時間程度の遅れか。

3099レ(=EF510-8牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3099レ(=EF510-8牽引)。本当はこれがEF510-504と思っていたのですが、まぁ仕方がない。

3月のダイヤ改正を迎えたら撮影機会も増えるでしょうし(言い訳1)、504号機も511号機も「一応」撮影しているから…く、悔しくなんかないんだからねっ!(言い訳2)

今日はこれで終わりかな…と思ったのですが、貨物列車の目撃掲示板で「5085レがEF65-2070ムド付で、4時間近く遅延している。」という情報が。

そこから計算すると17時30分頃通過見込と予想し「日没しているだろうから、諦める」か「余りにも成果がないので、とりあえず待ってみる」か迷う。迷った結果、後者を選択する事にしました。

遅5085レ(=EF210-13牽引+EF65-2070ムド)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遅5085レ(=EF210-13牽引+EF65-2070ムド)。いつもはもう少し広角気味に撮る場所なのですが、本務機+次位を強調するために背景がゴチャゴチャする事を承知で望遠気味にしてみました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF210 EF510 EF65


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

夜間撮影特訓@EF510-504を撮りたくて

午前中は「あすか」を撮影した】のですが、玉突きで夜は遅くなる事が見えていました。

「どうせ遅くなるなら、夜間撮影の特訓のチャンス!」という、イマイチよく分からない理論で練習してきました。

所有するレンズの中で最も明るい単焦点レンズを装着して準備完了。ズーム流しまで考えると到底上手く行く気がしなかった為、今回は振りの特訓だけを行う事に。

1080レ(=EF66-26牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

特訓しなければならない事からもお分かりの通り、管理人は流し撮り自体を両手で数えられるぐらいしかした事がありません。

そんな人間が、他の皆様が投稿されている「縦アングル流し撮り」に「カッコいい!」と感化されて挑戦するという、無謀極まりない挑戦です。

しかも、そういう時に限ってEF66-26が突っ込んでくるという(汗)。無我夢中でとりあえず振ってみた感じです。

EF66-26&EF65-2139
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こちらは流し撮りではなく停車中の模様。85レに入るEF65-2139とのツーショットです。

85レ出発を待つEF65-2139
(クリックすると、大きい画像を開きます)

大阪貨物ターミナル(通称:大タ)に85レを迎えに行く前のEF65-2139号機です。手持ち、ISO感度かなり高め、絞り開放に近い状態でもこれだけ写ってくれるならば、私としては大満足です。

1080レ出発を待つEF66-26
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1080レとして出発待ちのEF66-26号機です。

1080レ(=EF66-26牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1080レ(=EF66-26牽引)。大タ⇒機回し⇒東京という経路を取る為、何回かチャンスが撮影チャンスがあるのがありがたいです。

4060レ(=EF510-5牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

昼間に撮れる機会が少ないEF510も、夜間撮影だとバンバンやって来ます。

4059レ(=EF510-22牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これだけまとめてEF510を撮れる機会はなかなかないですね。

1082レ(=EF66-117牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いつもは運用表で「明日の1083レに入る列車」としか見ていなかった1082レ(=EF66-117牽引)。誰かが目撃情報を投稿して下さるだろうという他力本願でしたが、まさか自分で撮影する機会に恵まれるとは。

4059レ(=EF510-22牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先程のEF66-26と同じく、機回しの関係で何回も撮影できます。

5056レ(=EF66-122牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5056レ(=EF66-122牽引)。本当に普段の私からすると縁のない列番ばかりです。

50レ(=Mc250-1)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

50レ(=Mc250-1)。以前「SRCと言えば51レでしょ!」「いや50レでしょ!」と論争になった事がありますが、SRCと言えばやっぱり50レですよね!(宗旨替え)

後で気付きましたが、Mc250-1は初撮影です。普段は51レで撮っている⇒セッティングを変えるのが面倒なので後追いせず…だったので、当然と言えば当然かもしれませんが。

しかし、天候が猛吹雪で極寒となっています。EF210の貨物も合間に何本も撮っているのですが、それらはここに投稿している以上にブレブレなのでカットしております。寒さ故のミスが偶然重なったのか、気合の入り方の違いか。EF210よ、スマン。

4061レ(=EF510-1牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4061レ(=EF510-1牽引)。EF510-1が大好きな知り合いの方がおられますが、これだけのシャッターチャンスに恵まれた事を知られたら嫉妬されるかもしれません(ぉ)。

3093レ(=EF81-721牽引…です(汗))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3093レ(=EF81-721牽引)。「どこにプレートが写ってるんじゃ!」とツッコまれそうですが、投稿していない別カットで721号機とちゃんとプレートが読める写真があったのです。思いっきり架線柱が手前にザックリ来ている写真ではありますが。

4061レ(=EF510-1牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4061レ(=EF510-1牽引)機回し中。

5076レ(=EF66-129牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5076レ(=EF66-129牽引)。吹田EF66A2仕業、実質上の始まりの仕業の為、突然EF66-52が入ったりした事もあるビックリスジですが、今日は無難にEF66-129牽引でした。

4061レ(=EF510-1牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4061レ(=EF510-1牽引)。機回しを含めて3回目の撮影です。

3098レ(=EF510-504牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

吹雪に見舞われながらも気合だけで待った3098レ(=EF510-504牽引)。先日に3096レで来阪したという目撃情報が上がっていましたが、運用通りに流れてくれました。

もう少ししたら本格的に運用入りするんだから…とツッコまれそうですが、流行に弱い管理人としては是非撮影してみたかったのです。【以前撮影した511号機が微妙だった】という事情もありますが。

今回もカツカツなので微妙な事に変わりはありませんが、慣れない縦アングル流し撮りでとりあえず「504」と読めるレベルに収まったので良しとしましょう。

スペシャリストの皆様の足元にも及ばない写真ばかりですが、夜間撮影は面白い!これからは機会を見て練習してみたいと思えてきました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66 EF65 EF510 SRC EF81


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

「あすか」フル編成返却回送を中心に撮る

先月「あすか」が向日町に回送された】のですが、今度は宮原に返却されるという噂を教えて頂きました。

運転日を確認すると…おぉ、偶然にも遅く出て深夜まで作業を行う必要がある日でした。

意図的に調整しただろうですって?アーアーキコエナイ。タイムリーな話題ですね(ぉぃ)(※)。

(※)注
佐村河内守氏のゴーストライター問題】の事です。後になったら忘れていそうなので備忘録。
どこで撮ろうかな?としばし思案。有名撮影地「名神クロス」はキャパは広いけれど人が殺到しそうなので見送り。結局、いつもの場所でまったり撮影する事としました。

3096レから撮影開始…のつもりだったのですが、輸送情報を見ると3096レ~4096レは6時間25分遅れと書いてあるので「こりゃ撮影できないな。」と油断していたら、ピューッと通過してしまいました(アホ)。

「そうか、3096レという列番は北海道~青森間の列車と、関西近辺を走る2本があるのか!」と気付いても後の祭り。

自分の不注意だから仕方がないのですが、やはり全国で同じ列番を使い回すのは止めて欲しいです…。

1055レ(=EF210-158牽引)

そんな訳で、1055レ(=EF210-158牽引)から撮影開始となりました。

3092レ(=EF81-735牽引)

3092レ(=EF81-735牽引)。ダイヤ改正で富山のEF81は9両を残して廃車?予備機扱い?になるという話題で持ちきりです。果たしてどの機関車が残るんでしょうか。

先日はEF510-504が3096レで来阪したそうですので、500番台の運用入りも時間の問題と思われます。

遅4096レ(=EF81-721牽引)

先に話題に挙げた遅4096レ(=EF81-721牽引)。3096レが撮れなかった代わりに?早朝着で普段は撮れないこちらが撮れました。

遅4058レ(=EF510-15牽引)

さらに遅4058レ(=EF510-15牽引)まで撮影できてしまいました。ここ数日の寒波は強烈なので、日本海縦貫線にも多大な影響を及ぼしている模様です。

381系こうのとり回送

381系こうのとり回送。183系から置き換わってまもなく1年ですが、本当にあっという間でしたね。

現在はまだ381系置き換えの話が出ていないからか撮影者も見かけませんが、置き換えの話が本格化したらまた増えるでしょう。一度、本格的に381系狙いで山陰地方に遠征しようかな。

これらの列車で練習を重ねて、いよいよ本番の時間が近づいてきました。雨男な私が居るにも関わらず、珍しく天候は晴れ。直前に露出を変えそうな雲も見当たりません。

回9955レ(=DD51-1192+あすか(7両フル編成))

回9955レ(=DD51-1192+あすか(7両フル編成))。「あすか」らしさが目立ちにくい気がしますが、DD51が客車を引っ張っている姿を撮影できたので良しです。

撮影地でご一緒させて頂きました皆様、楽しいひと時をありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF210 EF81 EF510 381系 DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

伯備線満喫ツアー@土曜日編(EF64原色祭り)

←木曜日の模様はこちら

山陰トワイライト・3084レ(=EF64-1012牽引)・クモヤ443検測の模様を撮影したのが木曜日。その時に改めて伯備線の運用表を確認した所

・1006、1012、1016(原色)の3両が居る
・1010、1023、1043(大宮色)の3両が居る
・順調に流れれば、金曜日はA82に1010、A83に1043が流れるはず
・残りのA81、A84どちらかに1023が入るとしても、もう一方は確実に原色

という事が判明。

「A81(=3082レ)又はA84(=3084レ)のどちらかは原色である」事が確定で「残る運用も原色:大宮=2:1なので66.7%の確率で原色になる」という、かなり率の良い賭けであるという結論が導かれました。

アホ扱いされそうだと思いつつ、一日飛んでの再遠征です。行かずに後悔するより、行って後悔しましょうという事になった次第です。

3082レ(=EF64-1016牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは予想通りEF64-1016(原色)牽引でやって来た3082レです。【以前の遠征】ではアウト側から撮影しましたが、今回は気分を変えてイン側から撮影してみました。

3082レ(=EF64-1016牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これまた以前にロケハンしていた場所】にて。

しかし…同じ場所でご一緒させて頂いた方の作品を拝見する機会があったのですが、物凄く綺麗に写っていたよなぁ。まだまだ私の写真は甘々ですね(汗)。これからも努力しようという励みになります。

ロケハンで見つけた場所
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遠征をご一緒させて頂いた方が「この辺りが良さそうなのでは?」と挙げておられた場所にて。確かに、もう少し陽が長い時期に3083レを撮れれば見事なS字を描く風景が撮れそうです。

一人での遠征だとスルーしてしまう所でした。やはり「旅は道連れ世は情け」です。

大山を背景に
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これまたご一緒させて頂いた方に教えて頂いた場所にて。大山と伯備線と言えば伯耆大山~東山公園間の日野川橋梁しか頭になかったのですが、このように撮れる場所があるのですね。φ(。。;メモメモ…。

3084レ(=EF64-1006牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3084レもEF64-1006(原色)牽引でした。これはラッキー!

ちょっと先刻「やくも」を撮った時よりは大山の色が薄くなってしまいましたが、これ以上を望むというのは欲張りすぎでしょう。

もうこれが撮れたから十分…というぐらいでしたが、折角の機会をみすみす捨てるのはもったいないという事で複数回撮影できるように無理のない範囲で頑張ってみます。

謎の白幕「やくも」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中ですれ違った、謎の白幕「やくも」。回送区間で幕がおかしくなっているのは見た事がありますが、通常運転中の物では初めて見ました。

3082レ(=EF64-1016牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

木曜日は接近灯が写ってもいいや】と思いましたが、同じポイントで同じように撮影しても…という事で、少し引き付けて接近灯を機関車で隠すようにしてみました。

後ろパンタグラフの位置がよろしくありませんが、接近灯は隠せたし、編成最後尾のUM12Aコンテナが写ったしで痛し痒し。「これ!」という正解がないのが、難しいけれど面白い所だと思う次第です。

3082レ(=EF64-1016牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

以前の遠征】では集中力が切れていた感がありますが、今回はまだマシ…でしょうか。

3082レ(=EF64-1016牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

夕陽ギラリを狙ってみるものの、全くノウハウがない為に見事に失敗(苦笑)。まぁ、これだけ何回も撮影できれば御の字です。

3083レ(=EF64-1016牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後に3083レでフィニッシュ。3082レで上っていったEF64-1016がそのまま戻ってきました。本当にツイています。

結果は見事に原色遭遇率100%!天気にも恵まれましたし、賭けに出て本当に良かったと満足の一日となりました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF64 381系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

伯備線満喫ツアー@木曜日編(EF64-1012牽引の3084レ&クモヤ443検測)

木曜日は【山陰トワイライト】撮影がメインの遠征でしたが、さすがにそれだけ撮って終了では寂しいので、帰り道に伯備線に立ち寄ってきました。

3084レ(=EF64-1012牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

伯備線と言えば、午後に走行するEF64牽引の3084レがメイン。この日は運良く原色の1012号機が担当しました。

原色牽引なのに、山陰トワイライトを撮っていた人数を考えると人が少ないな…今から山陰トワイライト返しの場所取りかな?と思っていたのですが、通過直前に何名かの方が来られました。途中駅での「やくも」との交換時間を利用して追いかけているそうです。「やくも」との交換停車なんて、せいぜい3分程度だと思うのですが…凄い執念と感心するばかりです。

私はヘタレですので、ある程度停車する生山と上石見が限界です(汗)。

3084レ(=EF64-1012牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

左下の接近灯をどうするか最後まで迷ったのですが「鉄道関係物なので写っても良いか。」と割り切る事にしました。色々と考える時間自体が楽しいですね。

3084レ(=EF64-1012牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ここまでは天候も(雨予報と比較すれば)比較的落ち着いていたのですが、次の有名撮影地は完全に霧の中。ちょうどサミットに位置するので天候も安定しないという事でしょうか。我々人間は機微を感じ取れませんが、自然は正直です。

3084レは十分撮影できたので、今度は珍しいクモヤ443検測の様子を撮影しに行く事にしました。

試9866M(クモヤ443検測)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

自然豊かな伯備線で架線検測を行うクモヤ443。珍しい光景に遭遇できてラッキーです。

上石見駅に停車中のクモヤ443
(クリックすると、大きい画像を開きます)

上石見駅に停車中のクモヤ443。じっくり見られる貴重な光景です。

検査に通ったのは意外と最近です
(クリックすると、大きい画像を開きます)

クモヤ443と言えば妙なパッチワーク塗装で有名ですが、検査に通ったのは意外と最近です。

昭和50年ならば、まだ若手か
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF65やEF66が活躍する事を考えれば、まだ若手に入る…のか?キヤ141に中間車が増備されたら廃車…という話は聞きますが、いつになるのだろうか。

クモヤ442-2
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今回の先頭はクモヤ442-2。こちら側が第2エンド(?)に相当するのか、乗務員扉の下に○で囲んだ「2」が書いてありました。

クモヤ443-2
(クリックすると、大きい画像を開きます)

後ろ側のクモヤ443-2。正面から撮ると自分の姿が写ってしまうので、斜めから撮影しました。

検測用パンタグラフは交差型
(クリックすると、大きい画像を開きます)

クモヤ442-2に搭載された検測用パンタグラフ。こちら側は交差型でした。

走行用パンタグラフは菱形
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こちらはクモヤ443-2に搭載された走行用のパンタグラフで菱形。何故両方で形が違うんだろう?何かしらの意味合いがあるのだと思いますが、塗装がパッチワークである事から、パンタグラフも「余っている物を載せておけば?」という適当さだった…という事はないか。

試9866M(クモヤ443検測)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

上石見駅を出発したクモヤ443。後ろの走行用は(自分の技量を考えれば)ともかく、前の検査用で串パンとはひどい…orz。

試9866M(クモヤ443検測)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3084レを撮影した場所に戻ってきて最後の撮影。相当に暗い状態だったので完全な記録写真ですが、貴重なシーンを記録できたので満足です。

最後の撮影地でご一緒させて頂いた方も、朝の山陰トワイライトからここまで撮影されたそうです。「お互い、疲れましたね…。」と苦笑しあって撮影終了となりました。

各地でご一緒させて頂きました皆様、無謀遠征にお付き合い頂きました皆様、どうもありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

土曜日の模様はこちら→

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF64 443系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。