山陰トワイライトを撮る

伯備線~山陰本線経由出雲市行きの臨時トワイライトエクスプレスが運転されたので、撮影に行って参りました。

本当はこの後に3084レ(=EF64-1012(原色)牽引貨物)、クモヤ443も撮影したのですが、まずは山陰トワイライトだけ先行で記事にしておきます。

9029レ(=DD51-1192牽引)(1回目)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

天気予報が「昨日:晴れ、今日:雨、明日:晴れ」という中々にテンションの下がる事を言ってくれて、しかもその予報がピタリと的中。雨で露出は上がらず、比例してテンションも上がらず(ぉぃ)。

「本当に今日遠征して良かったのか…?」と思ったのですが、一番天気が悪かったのは最初の撮影でした。

正確には3089レのバルブ撮影が「一番最初の撮影、かつ一番悪条件だった」かもしれませんが、こちらは真っ暗で、被写体が見えないのでピント合わせ自体が不可能という有様。比較対象に入れる事自体が間違っている気がします。

9029レ(=DD51-1192牽引)(2回目)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ぐわっ、せっかく撮影条件が落ち着いてきたのに何じゃこりゃ(死)。

悪条件下ではライトの光を上手く避ける方法を習得しないといけませんね。「今更?」と突っ込まれる事請合ですが…。



今回の山陰トワイライト、分かった事を備忘録的にまとめておきます。次回の運転があったとしても、今回のようになるかは分かりませんので参考程度までに…。

・黒坂~根雨間は7時20分頃通過
・根雨駅には停車せず
・江尾駅にも停車せず
・上溝口信号場に停車を目視で確認
・松江に24分、宍道に2分停車したらしい

伯備線北部~山陰本線松江間についての詳細は、結局最後まで不明のまま終わりました。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

EF81を中心に撮る(富山機関区の現状を報告し隊)

昨日の天理臨】は既に記事にしましたが、それだけではどうも撮影本数が足りないなぁという事で延長戦を行ってきました。その分をまとめて記事にしておきます。

天理臨通過前に
(クリックすると、大きい画像を開きます)

天理臨通過前にやって来た103系。関東では既に引退していますが、関西ではまだ普通に走っているのが驚きです。メンテナンスがいいのか、はたまた財政状況が悪いからなのか。

この後の天理臨については【昨日の記事】をご覧下さい。S様(仮名)とはここまでご一緒させて頂きました。

撮影が終わったのが8時前。まだ何か撮りに行きましょう、という事で寄り道。【山陽トワイライトの時】と同じ流れですね。

1055レ(=EF66-128牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1055レ(=EF66-128牽引)。

3092レ(=EF81-729牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3092レ(=EF81-729牽引)。いつもは私一人の事が多いですが、今回は複数の方とご一緒させて頂きました。何かあるのかな?と思ったのですが、729号機は他のEF81と違って下の帯がないのだと帰宅後に判明。

225系新快速
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撤収しようかと思っていたらやって来た225系新快速。223系新快速はしょっちゅう見ますが、何故か後継機であるはずの225系新快速はあまり見ません。これも225系を投稿するたびに言っているような気がしますが。

8001レ(=EF81-44牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撮影場所を変更しての8001レ(=EF81-44牽引)。本当はもう少し望遠を伸ばしてパンタグラフの間に架線柱を通せれば良いのですが、残念ながらこれ以上は望遠が伸びません。これでもテレコンを使用している状態ですので…。

仮に伸びたとしても、間に通せる自信はなくてざっくり串パンに終わりそうですが(汗)。

ここまで撮影した所で、5087レがEF65-2050(青プレ)であるという目撃情報が。もう少し延長戦です。結局ずるずると撮影が延びるパターンが多いです(苦笑)。

こうのとり381系回送
(クリックすると、大きい画像を開きます)

山崎駅側線に待避していたこうのとり381系回送。わざわざ山崎で待避しなくても向日町出庫を遅らせればいいのに、と毎回不思議に思うのですが、色々とダイヤ上の制約が多いのでしょう。「ド素人は黙ってろ!」と怒られそうです。

223系新快速
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いつもはもう少し引き気味に撮影するのですが、今回は気分を変えて迫力があるように撮れないかと構図を変更してみました。

…普段は投稿しない223系を投稿している事から薄々お気付きかもしれませんが、5087レは見事に上り内線に被られて惨敗しました(涙)。【複線でも被りのリスクはある】のに、複々線ともなるとさらに倍増となります。これはやむを得ない所です。

5087レまで待つと、3095レ~4071レのEF81牽引貨物連投もすぐです。EF510-500番台転籍でどのような動きがあるか読めないので、当然のように今のうちに記録しておく事にします。

3095レ(=EF81-715牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3095レ(=EF81-715牽引)。後ろの電柱はかわせなかったので、パンタグラフに重ねて目立たないようにしてみました。

…等と、あたかも狙ったかのように書いておりますが、当然のように偶然です(ぉぃ)。

4071レ(=EF81-716牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4071レ(=EF81-716牽引)。連番がやって来ました。

ここまで撮ってから、朝の3092レ(=EF81-729牽引)と比較。本当だ、729号機は下帯がありませんね。

また一つ知識が増えました。ニワカなので日々勉強であります。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 103系 EF66 EF81 225系 381系 223系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

天理臨を撮る

昨年の7月28日以来】、久しぶりに天理臨を撮影して参りました。

今回は日も短いので、頑張っても撮影は2回までが限度。そこで、それぞれ「夜汽車の雰囲気を撮る」「長閑な風景での形式写真を撮る」を目標として撮影に行って参りました。

前回】は二度寝により撮影地選択も何もあったものではありませんでしたが、今回はご同行頂く方がおられた事もあってちゃんと起床。どこで撮影しましょうか?と相談しながらの移動です。相変わらずの適当さはお約束です。

最初の撮影地通過予定時間は6時55分。日の出は7時。ちょっと暗いかもしれないが、夜汽車の雰囲気が出てくれる事を祈りつつ待つ事に。

9627レ(=DD51-1191+24系(6両)):1回目
(クリックすると、大きい画像を開きます)

うーむ、山影もあってちょっと無理がありましたか(苦笑)。

まぁ、厳しい条件の中では最善を尽くせたんじゃなかろうか?自分に物凄く甘いかもしれませんが…。

そそくさと片付けて撤収。途中の停車時間を利用して追い抜きます。命を賭けてまで撮影は出来ませんので(同乗者の方も居ますし)、次の場所には何とかギリギリに到着です。

9627レ(=DD51-1191+24系(6両)):2回目
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先程より空の色が出てきたので、少し広角気味に撮影してみました。もう少しローアングル気味で撮れれば完全に後ろの建物を隠せたかもしれませんが、先客の皆様がおられますのでこればかりは仕方がありません。

何はともあれ、DD51+24系という往時の「出雲」を思い起こさせる編成を撮影でき、かつ【前回】のようなトラブルもなく平穏に天理臨撮影隊は終了。

ご同行頂きましたS様(仮名)、どうもありがとうございました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

山陽トワイライト等を撮る

全然知らなかったのですが、先日から下関まで団臨でトワイライトエクスプレスが出向いており、今日の朝に帰阪するそうです。日付が変わったぐらいに知りました(ぇ)。

よくある7両短縮編成だろうと思っていたら、まさかの10両フル編成との事。あらら、マジですか。PF+トワイライト~フル編成が撮れる絶好の機会だと思い、ピンポイントで出撃してきました。

9028レ(=EF65-1133+トワイライトエクスプレス(10両))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9028レ(=EF65-1133+トワイライトエクスプレス(10両フル編成))。下関EF65+トワイライト~コンビの撮影はこれで4回目ですが、フル編成は初めてです。

やっぱりフル編成は堂々としていますね。これからも可能な限りフル編成で走って頂きたいものです。



本来の目的はこれだけだったのですが、運用表を見ていると3092レにEF81-628が入っているらしいのでちょっと寄り道。

3096レ(=EF510-11牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは3096レ(=EF510-11牽引)。青いレッドサンダー(?)ことEF510-500番台も、いつかこのスジに入る時が来るのでしょうか。

1055レ(=EF66-104牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1055レ(=EF66-104牽引)。EF66仕業である事に加えて、前半に大型コンテナを多数積載するので最近のお気に入り列車です。

EF66-0番台が注目を浴びていますが、何気にEF66-100番台前期型、要するに丸型ライトも絶滅危惧種になってきておりますので、今のうちに可能な限り撮影しておきたい所です。

3092レ(=EF81-628牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

寄り道したお目当て、3092レ(=EF81-628牽引)。しかし…本当に何回見ても塗装が荒れていますね。最近は走行距離も多いような気がするので、次回ダイヤ改正での置き換えに向けた距離稼ぎ、最後のご奉公でない事を祈るばかりです。

「機関車は外見じゃねぇ、中身の走りだよ!」という声が聞こえてきたら良いのですが。



この後は新レンズの練習でもうちょっとだけ延長戦をしたのですが、悉く沈没…orz。

ピント合わせが苦手でちゃんと合っていないというのは練習なので仕方ないとして、置きピンの位置をそもそも間違えているとはどういう事かと…小一時間説教ですね。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF65 EF510 EF66 EF81


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

雪を求めて、北へ(3日目)

←2日目へ

今回も青函トンネルで目覚める事なく、気付いたら蟹田でした(汗)。当然ながら【前回】よりも薄暗い…というより真っ暗という方が正しいか…なので、外を見る事すらせず。

連結器の雪落とし
(クリックすると、大きい画像を開きます)

青森駅到着後に回送する為に機関車が連結されるのですが、着雪が凄いので丁寧に除去しておられました。

この後は前回と同じく【青森まちなかおんせん】で入浴してサッパリ。改めてレンタカーを借りて撮影地に移動です。

4094レ(=EH500-18牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4094レ(=EH500-18牽引)。前回は何故かこのスジで函館ED79重連が3096レを牽引してきたのですが、今回は所定通りEH500が牽引していました。

それにしても凄い雪煙です。右奥には住宅が写るはずだったのですが、それらを全て覆い隠してしまいました。「忍法・雪隠れの術」という所でしょうか。

「白鳥」後追い
(クリックすると、大きい画像を開きます)

雪煙が凄いので、折角の485系「白鳥」も後追いでは何が何だか…(苦笑)。

さて、次なる狙いの3096レが通過する時間になりましたが、やって来ない。JR貨物の遅延情報にも載っていないし「運休なのか?」とやきもきする。これを撮ったら即移動で「あけぼの」を撮りに行く必要があるんですけど、とちょっと焦る。

遅3096レ(=ED79-54+ED79-57牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局、10分遅れで3096レ(=ED79-54+ED79-57牽引)が通過しました。前述の通り、何故か前回はスジも違えば牽引機は函館のED79という異例づくめだったのですが、今回は所定通り五稜郭のED79が重連でやって来ました。当然ながら二両とも初撮影です。

荷が少ないのが残念ではありましたが、晴れ間が見えた状態で撮影できたのは良かったです。「あけぼの」も良い条件で撮れそうだが、雪煙の影響を受けにくい俯瞰気味の撮影地が良さそうだ…と考えます。

701系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撮影地に到着して「あけぼの」を待つ。15~20分程遅れている模様。そしてお約束のように、その間にみるみる天気が悪くなってくる始末(泣)。

遅2021レ「あけぼの」(=EF81-138牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遅2021レ「あけぼの」。運用表を見たらEF81-138牽引…だそうです(苦笑)。

いやはや、ヘッドマーク付きの団臨だろ!と突っ込まれたら反論できないぐらいの着雪ですね。北国の厳しい雪景色を記録できたとも言えますが…これ「あけぼの」を撮ったと言えるんだろうか?(汗)

とりあえず、ここまでで「石北貨物」「ラッセル列車(宗谷本線、石北本線)」「3096レでED79重連貨物」「あけぼの」という目的の5列車の撮影を完了しました。

後は延長戦という感じで、撮影地を探して回るのですが…除雪された雪が壁になっていて、線路に近づけん!という事態が多発。

結局、最初に撮影した所が一番見通しが良い事に気付き、戻って来てしまいました。3099レが1時間15分程度遅れらしいし、それまで撮れれば十分でしょう。

8079レ(=EH500-28牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8079レ(=EH500-28牽引)。見立てでは8079レの方が3099レより後に通過するはずだったんだけどなぁ…。

改めてチェックすると遅れが1時間45分に拡大しているが、もう少し待てばやって来るだろう。

リゾートしらかみ「橅編成」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「キター!」と思ったら、リゾートしらかみ「橅編成」でした。ショボーン(´・ω・`)。橅編成よ、君は何も悪くないので気を悪くしないでくれたまえ。

特急「つがる」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

踏切が鳴って「今度こそキター!」と思ったら、上り「つがる」でした。ショボボーン(AA略)。全然上り列車が行かないから変だなぁ、とは思っていたのですが。

合間合間に、普通列車が通過して「今度こそ!」⇒「ショボ(略)」のパターンが続く。いい加減待っているのも辛くなってきたので、次の下りを最後にして諦める!と覚悟を決めます。

遠くで踏切の音が鳴りました。さぁ、一体何がやってくるのか?

遅3099レ(=EF510-7牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「今度こそキター!」の遅3099レ(=EF510-7牽引)。通過予定時間から2時間35分遅れでやって来ました。EF510-0番台がやって来てくれて、こんなに嬉しかったのは初めてかもしれません。

前日】のラッセルも大変と言えば大変でしたが、あちらは定時でやって来てくれたからなぁ。そういう意味ではこの遅3099レが「今回の遠征で、一番苦労して撮影した思い出の一枚」と言えるかもしれません。

これで本当に撮影終了!青森空港からの飛行機は飛ぶのか?という心配はありましたが、結局20分遅れで機上の人となったのでありました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EH500 485系 ED79 701系 EF81 キハ48 E751系 EF510


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

雪を求めて、北へ(2日目)

←プロローグ~1日目へ

昨日の出会いから「一緒に撮影に行きましょう。」と約束をして一眠り、アラームを早目にセットしてZzz…。

部屋のドアをノックされる音で飛び起きる。二度寝してしまった(死)。

ギャーッと叫びながら準備。前日寝る前に即出られる状態にしておいて良かったです。北海道で自分のみならいざ知らず、他の方の撮影機会まで潰してしまってはとても立ち直れません。

そんな状態だったので、石北貨物8071レ1回目は見事に失敗しましたが(死)。20分程遅れてきたので「もしかして運休か?」と動揺した…というのは完全な言い訳です。

2回目は絶対に失敗できんぞ、昨日も失敗したのだし…と緊張はピークで力が入りまくっていたのですが、ご同行頂いた方から「リスクがあるから、無理なフレーミングはしないほうがいいですよ。」とアドバイスを頂く。そうだったそうだった、と冷静になる。

8071レ(=DD51-1089+DD51-1150プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8071レ(=DD51-1089+DD51-1150プッシュプル)。今回はアドバイスのおかげで後補機を切らす事なくピッタリ収まりました。いやー本当にありがたかったです。一人だとこうは行かなかったでしょう。

次は、ご同行頂いた方のロケハンにお付き合いさせて頂きました。

キハ40
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ストレート区間でオホーツクを待つ。

オホーツク1号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

オホーツク1号。後ろはキハ183系100番台、通称「白坊主」だったのですが、振り返って撮っても雪煙で何も見えませんでした(苦笑)。特徴的な先頭が昨日より綺麗に撮れたので良しでしょう。

ここでご同行頂いた方と連絡先を交換してお別れ。同じ関西在住なのでまたお会いする事もあるでしょう。遠い北海道の地での素敵な出会いでした。

ここからは再び一人で旭川を目指す。狙いは昨日と同じです。

雪351レ(=DE15-2521)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

宗谷本線にて雪351レ(=DE15-2521)。昨日は見事に失敗しましたが、今日は単線用ラッセルで雪を掻き分ける姿を記録できました。

その反動か?石北ラッセルは線路が見えない為に置きピンせずにAFに頼った所、ライトにやられて見事撃沈しました(汗)。

昨日現地の方が作っておられた道も、既に雪が積もっていて「これは一人で行くと危険だな。」と諦めて別の場所に行ったのが敗因だったかもしれません。気合を入れて再開拓すべきだったかと思っても後の祭り。

この後は札幌まで移動です。丸瀬布~旭川は自動車道で走行できましたが、旭川以南では再び地道です。札幌~丸瀬布間は、結局一度も高速道路や自動車道を全線走行できずじまいでした。

羽ギョーザ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

とはいうものの、かなり余裕を見ていたので札幌駅到着後に時間が空きました。札幌名物を堪能しようと街に繰り出す。

札幌名物みそラーメン
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回】は余裕がなさすぎましたが(「はまなす」に乗れるか乗れないかの瀬戸際だった)、今回は名物「みそラーメン」を堪能。今回の旅行で初めての名物です(苦笑)。

202レ「はまなす」(=DD51-1138牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

発車前にも余裕を持って「はまなす」(=DD51-1138牽引)を撮影。

増21号車
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今回乗車するのは増21号車。増結されるぐらいだから全席満席…と思ったら、上段は空席だったようです。

新幹線開業で今後の先行きはどうなるのかを心配しつつ、やはり千歳辺りで意識が無くなったのでした…Zzz…。

3日目へ→

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 キハ40 キハ183 DE15


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

雪を求めて、北へ(プロローグ~1日目)

前回の北海道&青森遠征】で、すっかり魅せられてしまった管理人。「機会があれば、次は雪の時に行きたい。」と常々思うようになっていました。

しかし、この三連休は年末年始の余波が来るので行けないだろうな…と諦めておりました。

ところが、予想以上に平穏な年末年始 さすが俺(嘘) 皆様の頑張りのおかげです。

これなら三連休に雲隠れしても大丈夫かな…という事で

・火曜日に行き・帰りの飛行機、「はまなす」札幌⇒青森の乗車券を購入
・水曜日に靴、ベンチコート、手袋、ネックウォーマーを購入
・木曜日にレンタカーの予約
・金曜日に宿の予約

と思い付きのように行動し、金曜日の仕事が終わると同時に機上の人になったのでした。

いつもならば最低限の予定表を作るのですが、今回はそれすらナシ!ある程度の通過時間を頭に叩き込んでの移動となりました。人間、気合があれば何でもできる!…かもしれません。



新千歳空港は-10℃という素敵なアナウンスと共に、冬の北海道に初上陸です。当然ながらマイナス二桁の状況なんて初体験です。

身構えて降りた所…。

「あれ?そんなに寒くないやん。」

意外と寒いと感じずに肩透かしを食らう事に。 「最近出てきたお腹周りさんありがとう!」 「ベンチコートさんありがとう!」という所でしょうか。

前回と同じく新千歳空港でレンタカーを借り、マルヨ行程で遠軽まで移動します。爆弾低気圧が近づいているとの事だったので大丈夫かな…と心配していましたし、「北海道の道はガチでヤバい。」とはよく聞いていたので、慎重に慎重に運転する。旭川までは問題ありませんでした。

旭川までは…。

旭川付近で「吹雪の為に通行止」となった辺りから、言葉通りに雲行きが怪しくなってくる。普通の道だと轍にハンドルが取られたりして「ひぃー!」と心の中で叫びながらの運転です。

層雲峡を越えた辺りから再び自動車道に乗れたのですが、対向車が来たら雪が舞って視界が相当に悪くなるし、トラックなんかに追い越しを掛けられた日には延々と真っ白な世界が続く有様。地元の方は慣れているんだと思いますが、こちらは素人なので半泣きです。

-15℃キター!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最も低温の世界を体験した記念写真です。

結局、遠軽には4時頃に到着。最初の狙いまで後3時間程なので、暖房をガンガンに点けてコンビニで一眠りとなりました…Zzz…。



わずかながらの睡眠の後、最初の狙いを撮る場所をロケハンです。一応は撮影ガイドも持ってきたのですが、紹介されている場所の近くに来たはずなのに、どうも分からない。こんな所に柱は立っていないようなのですが…。

しばらく右往左往して気付く。除雪されていないから、線路に近づけないって事か!踏切付近から撮影とあるから「車も通れる踏切付近」と勝手に思っておりましたが、どうやら除雪されていない第四種踏切付近での撮影という事らしいです。

ま、最初は運転さている事を確認できればいいやというノリでしたし(そもそも、日の出とほぼ同時刻通過だし)、幸いな事に(?)「逆光も何もないので、西側から撮る事が出来るじゃないか。」と思い直す。

適当に見つけた場所でしばし待つ。これで後ろまでちゃんと入るはずだ…。

8071レ(=DD51-1089+DD51-1165プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最初の狙い、石北貨物8071レ(=DD51-1089+DD51-1165プッシュプル)。先頭と最後尾にDD51が連結された形態、いわゆる「プッシュプル」で運転される珍しい列車です。

って、解説を入れないと後補機が連結されている事が分かりませんね(苦笑)。

まぁ、これで運転されている事は分かりました。大雪で運休とかなったらシャレにならんので、まずは一安心です。次はもう少し日も昇ってきてからの本命二回目の撮影!

…を投稿したかったのですが、まさかの後補機を切らすという大失態…orz。あえなくボツですが、これは本気で悲しい。かなりのダメージを食らいました。

明日に賭けよう…と思い直し、ロケハン再開です。慌てなくても次のオホーツク1号までは2時間以上あるのですから…。

本当は有名な146キロポストに行きたかったのですが、噂通りに途中までしか除雪されておらず「これでは、歩いたらどれだけかかるか分からんな。」と断念。一発狙いならば早朝から行動するのもアリですが、遠方に来たという事もあって撮影カットを増やす方針を貫く事にしました。

146キロポスト付近はdoc○moは電波が全く入らなかったから、何かあったらSOSを呼べないというのもありましたが…。

結局、146キロポストに行く途中で引き返してオホーツク1号を待つ事にしました。

オホーツク1号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

折角のスラントノーズなのに、後ろが見えないですね。編成が収まっているのかどうかも怪しいですが。

ここまで撮影して、一旦は石北本線から離れます。次の二つの撮影目標を狙って旭川付近まで戻る事に。

…二つの撮影目標のうち、一つ目は見事に失敗(死)。時間がギリギリになった上に、またしても除雪されていないという壁が立ちふさがって撮影地に到達できず…(涙)。

とにかく雪が凄くて「絶好のロケーション」例えば146キロポスト等は近づけないリスクが非常に高い事を身をもって体験しました。こりゃ、ヘタレな私ではお手軽撮影地しか無理ですね…。

折角旭川まで戻って来たのに、残るもう一つの狙いまで撮れなければ「何のために事故で自動車道が封鎖された所を戻って来たのか?」分かりません。気持ちを入れ替えて再移動です。

今度は現地の方が先に来られていて、撮影場所まで雪を掻き分けて道を作っておられました。許可を頂いて道を使わせて頂き、無事に撮影場所に辿りつける。後は自分の腕次第…。

雪551レ(=DE15-1524)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

雪551レ(=DE15-1524)。そう、これが旭川まで戻って来た理由です。関西ではほとんどお目にかかれないラッセル列車です。

石北本線は単線にも関わらず複線用の物が使われます。なので進行方向左側に雪を跳ね飛ばす事になります。

雪を跳ね飛ばしながらだからゆっくりなんだろうと思ったら、意外と速いスピードで駆け抜けていきました。ラッセル列車にとって、この程度ならば朝飯前なのでしょう。

地味に鉄道輸送を支える裏方列車を撮影できて満足も、今度は吹雪で自動車道が通行止になっているので地道を延々と遠軽に戻る事に。旭川~丸瀬布間をまともに自動車道で駆け抜ける事は出来るのだろうか?

本当に寒そう…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遠軽駅にてバルブ撮影。本当に寒そうです。

ここで関西から来られた方とバッタリお会いする。とても物腰の柔らかい親切な方で、宿泊施設も同じ!同好の士という事もあってすぐに意気投合。楽しく石北貨物を待つ事が出来ました。

8074レ(=DD51-1165+DD51-1089プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8074レ(=DD51-1165+DD51-1089プッシュプル)。どうも吹雪でダイヤが乱れており、先のオホーツクも遅れていました。8074レも若干定刻より遅れて入線した為、ピント合わせしてとりあえず一枚撮って、さぁ設定を変えてもう一枚…と思ったら、既に動き出していました(汗)。

まぁ、とりあえず撮れただけ良しです、ホント。

最初は下白滝駅で停車するという情報を元にそちらで狙おうかとも思ったのですが、本当に真っ暗で難易度が高すぎっぽいので諦めました。結果的には素晴らしい出会いもあって、遠軽を選んで大正解!

オホーツク
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一人ではなかったのでオホーツクまで粘ってみました。本当に寒そうです。

宿に到着してからも夕食を共にし、色々と喋っているうちに日付が変わる頃となったのでした…Zzz…。

2日目に続く→

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 キハ183 DE15 キハ40


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

「あすか」フル編成を撮る

ひょんな事から「あすか」が近日中に走るという噂を聞いたのですが、走るのは6日との事。って明日じゃねーか!

年始だから絶対に無理じゃん…orz。ま、一応カメラだけは持っていっておこう。

年始明けの出勤で、年末年始に炎上していたら当然撮影どころではないが 私の作った作業指示書が緻密だったので(嘘) 他の皆様の頑張りにより問題のない年始となっていました。

という訳で、ダッシュしてギリギリ列車に飛び乗る。ちょっと走っただけで息切れというのが情けない。

ギリギリだったので撮影地の選択余地なしでした。

回9782レ(=DD51-1109+「あすか」)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

回9782レ(=DD51-1109+「あすか」)。本当に「あすか」フル編成が来ました。JR西日本からのお年玉でしょうか?

以前に姫路近郊で撮った際】には4両編成でしたので、これがフル編成初撮影となります。

色々とツッコミ所が多いですが、フル編成の「あすか」が撮れただけでも感謝しなければなりませんね。

5085レ(=EF210-128(牽引)+EF66-33(ムド))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

おまけ。5085レ(=EF210-128(牽引)+EF66-33(ムド))。「あすか」とほぼ同時刻通過だろうとは思っていましたが、本当に間一髪でした。後ろの方にちょっとだけ「あすか」展望車が写っていますね。

情報をお寄せ頂きました皆様、撮影地でご一緒させて頂きました皆様、どうもありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

返却回送の模様はこちらへ

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 EF210 EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

篠ノ井線帰りに、中央西線に立ち寄る

昨日の篠ノ井線遠征】後はそのまま帰阪するつもりだったのですが、EH200貨物1本にEF64四重連だけでは若干物足りなさを覚えました。贅沢な奴だ。

昨日(3日)のEF64四重連は、翌日の3088レと3084レに充当される事になります。「6883レが運休でも、少なくとも先の2本は撮れるだろう。」と判断し、急遽日程を延長しました。単独行だから許されるテキトーさです。

だからって「同行しないでね。」という意味合いではないですよ(汗)。単独行は寂しいですから。

ちなみに…ホテルは例によってコンビニです。歯磨きセットだけ現地購入しました。もうカメラバッグに入れておいたらいいんじゃね?という気がしてきました(ぉぃ)。



3088レから撮影を開始。昨日の8560レで後ろに連結されていたEF64-1028+1006のコンビが牽引していました。

…写真がない理由はお察し下さい(涙)。

6883レ(=EF64-1011+1003牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

6883レ(=EF64-1011+1003牽引)も運転されました。未熟な為、どうしても次位のパンタグラフまで串パンを回避する事が出来ません…orz。

昨日紹介した四重連でも「四両目だけ重なってしまった…。」と仰っておられる方がおられたりするのに、二両ですら抜けないといは情けないですね。まだまだ練習不足です。

それにしても【先日の中央西線遠征】では雪模様だったのに、もう雪が溶けてしまっていました。中央西線ぐらいになると常に積雪しているイメージがありましたが、意外とそうでもないようです。遠征時には気候のチェックは必須のようです(ぇ)。

途中の停車時間を利用して再び6883レを撮影しましたが…。

このタイミングで被るかね…(苦笑)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

うっそぉ、この頻度でやって来る「しなの」に被られるかね(苦笑)。よっぽど運が悪いのか、日頃の行いが悪いのか。画面全体が白っぽいのは「しなの」が雪を巻き上げたからです。

この後も奈良井宿の俯瞰を狙ったのですが、良い場所を見つけられずに失敗。ちゃんと下調べしておかないと駄目ですね。

3084レ(=EF64-1037+1027牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

下調べ不十分なので、3084レ(=EF64-1037+1027牽引)も【前回遠征】と同じ場所で撮ってしまう。いかんいかん、ちゃんとロケハンをしなければなりません。私の単独行だとこうなりがちです。

3084レも運転停車を利用して追いかけます。途中、背景の雪山が綺麗に見えているので「あの雪山を入れられないか?」という場所を探りつつ移動。

中央アルプスが見えた!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ほぼ想定通りの撮影が出来ました。もう少し民家が写りこまない場所があれば良かったのですが、これは次回への宿題事項という事で…。

かつての有名撮影地(?)にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後にかつての有名撮影地だったと思われる場所へ。ここには第4種踏切に近いあぜ道があったようですが、危険なので近づくのが禁止されてしまったようです。

折角なので柵の外から撮影。確かにここなら綺麗に撮影できていただろうなぁ…と、ちょっぴり残念な気持ちになりました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF64 313系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

201「4」年は、EF64「四」重連と共に

皆様、明けましておめでとうございます(遅)。本年も何卒よろしくお願い致します。

本当は、1日に友人達と生田神社に初詣に行ったり

生田神社で初詣
(クリックすると、大きい画像を開きます)

イタリア料理を食べに行ったり

イタリア料理…?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

というネタはあったのですが、時間が経ってしまったのでスルーします。イタリア料理の写真がどう見てもイタリア料理っぽく見えないのは、多分気のせいです。



という訳で、2014年の実質的な始まりは篠ノ井線遠征記からとなります。2日前に突然決めて3日に遠征に行くとか、ビックリするぐらい唐突です。当然のように同行者ゼロ。

115系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

弾丸ツアーの為、撮影地なんて考えているはずがありません。ここはどうかな?と姨捨公園に行ってみると、既に先客がおられるではないか!(驚)

午前中は光線状態が良さそうなので、とりあえずはここで撮影してみる事に。

彩
(クリックすると、大きい画像を開きます)

485系「彩」。DragonBallZのフリーザ様にそっくりだと思っていたら【他にも同志は居た】ようです。最初の「画像検索結果」がまんまじゃねーか!(笑)

最も、撮影の方は笑い事では済まず、6両編成という長さを見誤って見事に失敗…orz。新年早々縁起が悪いです。

HB-E300系「リゾートビューふるさと」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ハイブリッド車の「リゾートビューふるさと」号。通過順を間違えていて、想定していたアングルで撮影できず。

E127系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本当は、こういう縦アングルで撮影するつもりだったのですが…。

日本三大車窓を望む
(クリックすると、大きい画像を開きます)

篠ノ井線の姨捨付近は、日本三大車窓として有名です。素晴らしい好天に恵まれたので、こういう時こそ列車に乗って来たかった!

以前に「青春18きっぷ」で来た時よりも明らかに天気が良かったです。ちょっとガックシ。

ここまでで撮影を一旦切り上げ、他のアングルがないかを発掘する事にしてみました。

115系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

日本三大車窓を望む風景を発見。というより、大勢の方がおられたからすぐに分かったという方が正解か。

先程の姨捨公園からの風景も良さそうでしたが、こちらの方が目的の列車が通過する時には光線状態が良さそうと判断しました。今回は雲行きも怪しくなさそうです。とても珍しい事ですので、そのうち槍でも降ってくるんじゃないかと。

2084レ(=EH200-11牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

正月三が日は貨物列車運休だろうと油断していたら、2084レが運転されました。完全に油断した状態でのEH200(実質)初撮影です。

通過すると分かっていたら、もう少し引き付けるようにして明確にワンスパンで機関車を抜くようにするとか出来たはずなのですが…。EH級なので全長が長く、ワンスパンで抜くのが難しいですね。

とはいえ、天気が良い状態での撮影に大変気持ちがいい。

山影が…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

と思っていたら、まさかの山影が(※注:雲の影ではありません)。手前は影、背景は明るくクッキリ。コントラストが強すぎて、物凄く撮影条件が難しくなる悪寒。

しかし、冬場にこれだけ背景が綺麗に見える事は少ないだろうと考え、この場所に賭ける事にしました。

そして…全体的に曇り始めて(やっぱりこうなるのね)極端なコントラストがなくなってきた時に、お目当ての列車がやって来ました。

8560レ(=EF64-1037+1027+1028+1006)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8560レ(=EF64-1037+1027+1028+1006)。このEF64四重連全パンタグラフ上げ編成が狙いでした。

この列車、毎年恒例で運転されているらしいです。三が日に運休となる貨物列車の整備を行う為に、1日に南松本→篠ノ井と回送して検査。3日に篠ノ井→南松本に返却するようです。

それにしても、四重連で全てのパンタグラフが上がっている状態なんて初めて見ました。重連でも迫力があるのに、それが二倍ですから迫力倍増です。

8560レ(=EF64-1037+1027+1028+1006)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中の運転停車を利用して再びの撮影。私は比較的撮影者の少ないアウトカーブ側から撮影しましたが(10名程度?)、インカーブ側は3~40名の方がおられたのではないでしょうか?これだけ大勢の方と一緒に撮影したのは初めてでしたのでビックリしました。

この8560レ、どうやらそのスジでは有名な列車のようです。他の貨物列車もほとんど運休なので、撮影に訪れる方が多いのかもしれません。のほほんと撮影に来た私のような人間では「たるんどる!」と怒られそうな勢いでした。

8560レ(=EF64-1037+1027+1028+1006)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後の運転停車を利用して、3回目の撮影。今度もアウトカーブから。

8個のパンタグラフ全てで架線柱を回避する事は私の技量では不可能でした。お許し下さいお代官様(誰)。

8560レ後追い
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後に後打ち…も、皆様がカメラを向けておられるのを見て「あ、私も撮ろう。」と慌てて振り向いて撮影する体たらく。何も考えていなかったのでひどい出来ですが、とりあえず「最後尾は1006号機でした!」という証拠写真ぐらいにはなりましたか。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 115系 485系 HB-E300系 E127系 EH200 EF64


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。