伊吹山をバックに撮影&四日市界隈での撮影

事の始まりは「西武30000系の甲種輸送が行われるので、どこかで撮ろう。」でした。

どこで撮ろう?
 ⇒ 伊吹山バックで撮った事がないから、伊吹山近辺で撮ろう!
 ⇒ それだけで帰るのはもったいないな…。
 ⇒ 四日市界隈を経由して帰ろう!

どうしてこうなった…。最終段の飛躍がおかしすぎるだろ(汗)。

そんな訳で、伊吹山で撮影した後に四日市界隈で撮影した写真がくっついてくる次第です。アリバイトリックを作っているかのような行動ですね。

8862レ(=EF66-110牽引+西武30000系)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは本番前の肩慣らし。まだこの辺りでは紅葉が残っていた…というより、これからの木もあったような?やっぱり今年は全体的に紅葉が遅いのかな?

天気は…まさかの雨である。「今日は天気予報で大丈夫って言ってたから、多分大丈夫だろう(適当)。」と、全く雨具の類を用意していなかったのですが…。

ご同行頂いた一名の方は、万が一に備えて傘を持ってきておられました。別の方から「今日はさすがにいらんやろ。」とツッこまれていましたが、見事に役に立ちましたね。

役に立たせてしまって申し訳ありません…orz。本当にここまで来るとデスブログ並じゃないか!

まぁ、傘が必要になるぐらいだったのは本当にわずかな間だけだったのですが(言い訳)。

8862レ(=EF66-110牽引+西武30000系)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

さて、本番の伊吹山バックです。予想外の積雪でしたが、これまた予想外の分厚い雲!かろうじて伊吹山が背後にあるらしい事は分かりますが、頂上がサッパリ見えません(汗)。このアングルで頂上は収まっていたのか、それとも切れていたのか?これは次回への持ち越し課題ですね。

1055レ(=EF66-52牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撮影場所を変えての1055レ=EF66-52牽引)。伊吹山バックでEF66-0番台を撮影したいと思っておりましたが、これで無事一つの目標を達成しました!

…何となく、写っていない雲の向こう側に伊吹山本体があるような気がしてならないのですが(汗)、これが伊吹山という事にしておきましょう(ぉぃ)。

ここまでで伊吹山バックの撮影は完了。ここからは第二部、四日市界隈での撮影です。普通はブログの記事を分割する所ですが、1日1記事のモットーに従って突っ走ります。

 分割したら、もう少し日々の日記を埋められ(以下略)。 

5282レ(=DD51-891+DD51-893牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5282レ(=DD51-891+DD51-893牽引)。ここは四日市を出てすぐの場所なのですが、エンジンをフルパワーにしてやって来るのでお気に入りの場所です。光線状態がもう少し良ければ…とは、地道に撮影地を足で稼いでいない私のような人間が言う資格はありませんね。

2080レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

冬場になって原色が動き始めたので、あわよくば1両ぐらい原色が来ないかなーと思っていたのですが、そのあわよくばはこのような結果に。

所定通りのダイヤだった事には後で気付きました。日本のダイヤグラムは世界一正確だと言われますが、【北陸遠征でのドラえもんブロック】といい、実に素晴らしい事です。

これはこれで良い思い出になる…のかな?

相変わらずの適当な遠征計画にお付き合い頂きました皆様、撮影地でご一緒させて頂きました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66 DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

紅葉を見たくなって、再び西へ

本当は瀬野~八本松(通称:セノハチ)に遠征するつもりだったのですが、EF67-1が引っ込んでしまったので目的地を変更する事にしました。

どこにしようかと思案した結果、大山の冠雪と、まだ紅葉が残っている事に期待して伯備線に決定!

…って、【この前も行ったじゃん!】とツッコミが入りそうですが、ロケーションが良いので飽きる事はありません。

今回は私を含めた4名が私の車に、後のお一人はご家族での参加となりました。

3082レ(=EF64-1027牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずはやくも2号から撮影を開始したのですが、撮影地到着時点で既に大チョンボをやらかしておりました。日の出時間と列車通過時間を見誤っており、生山以北で1回は撮影してから…と思っていたのですが、見事に真っ暗でどうしょうもない。いきなり撮影地について仮眠からスタートする有様。

今回初めてご一緒させて頂いた方が居られたのに、いきなりの悪印象でスタートです。

肝心の貨物列車ですが、3082レは無事に運転されていたものの再びの霧(【前回の模様はこちら】)により、綺麗に背景の色が出ませんでした。さらには思いっきりハイビームによるゴーストが出る等、幸先も大変よろしくない。

しかし、くよくよしていても仕方がないので、前回は3082レ運休で撮影出来なかった場所に移動です。

サンライズ?私の不注意により一人負けでしたので無かった事にしています。ここに書いている時点で無かった事になっていないじゃないか!という気はするのですが。

何とかフレーム内には収まりましたが、あまりにもカツカツすぎてお見せできるレベルには到達しておりませんでした(泣)。

次の撮影地でも問題発生。【以前の遠征】では3082レの時間でも綺麗に陽が回っていたのですが、今回は奥の方までしか陽が射していない。これはまずいと慌ててテレコンを装着して構図を変更です。

3082レ(=EF64-1027牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

かなり無理して撮影しましたが、手前の影に入らないようにした為にパンタグラフの位置が最悪ですね…。記録程度と割り切ってご笑覧下さい。

やくも8号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

その後に通過したやくも8号。3082レもこういう光線状態で撮影するつもりだったのですが、見通しの甘さによる沈没でした(恥)。

次はロケハンしつつ、北に向かう事に。

やくも12号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中で立ち寄った俯瞰撮影地にて。進行方向に向かってきたやくもは見事に失敗したのですが、後追いで撮影したやくも12号は、何故かタイミングが合って、R=300mの看板を顔で隠す事に成功。後追いで上手く行くとは珍しいです。

私は反射神経が悪いので、後追いは大概失敗するのです。

三段染めキター!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

北に移動中、見事に冠雪した大山を発見!手前の山はまだ紅葉、空は青。現地の方も「珍しい」と仰る三段染めをパチリ。

うむ、この一枚が撮影できて満足、遠征はこれで終わり…。

とはなりません。むしろここからが本番です(ぇ)。

3084レ(=EF64-1008牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3084レ(=EF64-1008牽引)。これから豪渓までお付き合いする事になる列車です。

右上に高速道路が写るので、それを強引にカットしようとした結果、少々窮屈な構図となってしまいました。しかし、かろうじて紅葉(若干落葉しているが…)を写し込む事が出来ました。

3084レ(=EF64-1008牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今度は上り勾配に挑む風景を。陽が山影に入って射さなくなっていた&晴れていたので砂撒きは実施されず、少々残念な一枚となってしまいました。

3084レ(=EF64-1008牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

定番撮影地のS字。先週ぐらいは紅葉が美しかったようですが、こちらは標高が高い事もあってかほとんど落葉。しかも太陽が陰ってしまう始末。これまた残念な一枚と(以下略)。

しかも何がひどいって、前回も同じ場所で撮影しているにも関わらず、架線柱の位置が悪くなっているではないか。いくら残り少ない紅葉を取り入れようとしたとはいえ、前回より質が下がると言うのが情けないと言いますか、何と言いますか…。

3084レ(=EF64-1008牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

同じように機関車に陽が回らず、背景とのコントラストが大きすぎます。しかしそれ以上に立ち位置、構図が悪すぎる…orz。本当ならば投稿する事すら憚られるレベルですが、自省の為にもあえての投稿です。

3084レ(=EF64-1008牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後に直線にて。夕陽ギラリを期待していたのですが、やはり自然を読み切れずに完敗。残念な(略)。

やくも19号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3084レ最後の写真から逆を振りむいての撮影。折角のパノラマ車先頭だったのに、尻尾が切れるという大失態。これはひどい。後になるほど写真の質が下がっているというのが悲しい。

3083レ(=EF64-1027牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回遠征】では運休で見事に空振りした3083レ(=EF64-1027牽引)。早朝の3082レと合わせて、両エンドを撮影できた事になります。言い方を変えれば一日中伯備線に張り付いていたという証拠でもあります。

本当をもっとススキを取り入れるか、思い切ってカットするかしたかったのですが、上手く処理しきれずにタイムアップというね…。

1839M(115系湘南色)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

おまけ。3085レを待っている間にやって来た115系湘南色。意図的かどうかは不明ですが、来て欲しい時には黄色一色の編成ばかりで、こういう条件の厳しい時に限って湘南色がやって来る訳でして。陽の長い時期ならばもう少しまともに撮れる…かな?(自信なし)

3085レ(=EF64-1049牽引)をお見送り
(クリックすると、大きい画像を開きます)

おまけ2。3085レにEF64-1049(広島更新色)が入ったので、皆で待ってみたのですが 「もう少し待ちましょう!」と往生際が悪かったのは私でしたけれど 通過時にはご覧の通り。本当に「見る鉄」という言葉がピッタリで、出来の良し悪し以前です。

1049号機である証拠写真(と言えるのか、これ…?)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1049号機である事の証拠…と言えるかどうかすら怪しいですが。温かい気持ちを持って、心眼で見て頂ければ1049号機に見える…はずです。

今回遠征にお付き合い頂きました皆様、撮影地でご一緒させて頂きました皆様、本当にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF64 381系 115系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

紅葉撮影

煌く紅葉
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今年は完全に晴れ渡った状態での紅葉はほとんど撮れずに終わりそうです(汗)。あえて言うなら【一日目の146キロポストぐらい】でしょうか。

去年は「来年こそはちゃんと撮るぞ!」と決意したはずなのに…。人間の意志とは弱いものです。

…意志薄弱なのは、何度も二度寝で1083レを棒に振っているお前だけだろ!とツッコミが入りそうですね。

テーマ : 自然の写真 - ジャンル : 写真

昨日は工9183レを、二日連続では1055レを撮る

まずは昨日の模様から。1055レにEF66-30が入るだろうと予想して遠征を計画しました。日曜日は夕方に所用がある為、気分転換の遠征をするなら土曜日と決めておりました。

改めて運用表を確認した所、朝の1083レがEF66-52になりそうである事に気付く。1083レ(=EF66-52牽引予定)⇒1055レ(=EF66-30牽引予定)と出来るじゃないか。まさに『撮らぬ』狸の皮算用と言えます。IMEに登録しておきたいぐらいです。

こう書いている事からも薄々気付かれているかもしれませんが…見事に二度寝してしまい、さらに二度寝から目覚めるのが遅れるという最悪なコンボ。1083レ撮影どころか、遠征をご一緒して頂く皆様との待ち合わせ時間にすら間に合わない始末。ギャーッ!

遅れながらも、何とか最初に撮影場所を様子見しようとした場所には辿りついたのですが、電柱がかなり邪魔してくれます。下調べ不足だし、何より私の遅刻がなければちゃんとした場所に行けていたのに…という後悔が頭の中をぐるぐる廻る事に。

昨日の1055レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

そんな訳で、かなり無理して撮影した1枚です。これは準備から何から、色々とひどいです(汗)。

こりゃー近日中に再チャレンジせんといかんな…と思う次第です。

次の撮影まで時間があるので、当然のように移動。どこかに撮影地がないかとウロウロしながらの移動です。

工9183レ(=DD51-1183牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

工9183レ(=DD51-1183牽引)。柿の木があったので季節感を演出しようと入れてみたのですが、何だか写りが小さくて微妙です。

この後に回9912レ(=北びわこ号送り込み回送)なんかも来たのですが、諸般の事情により私だけ撮影できず。自業自得とはいえ、残念。

撮影時間が予定より延びたので、次のご予定があるお一人が離脱されました。「もう少し何か撮りましょうか。」と調べていたら、5074レがEF66-26牽引である事に気付く。ド逆光ですが、折角のチャンスですから頑張ってみましょうという事になりました。

5074レ(=EF66-26牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5074レ(=EF66-26牽引)。自然豊富な背景は良いのですが、いかんせん陽の向きが厳しいです。私の腕前ではカバーしきれませんでした。

そう言えば、5074レに入ったって事は(差し替えがなければ)明日の1055レに入るって事ですよね。1055レ+EF66-0番台牽引のリベンジは明日になりそうです(早)。

おまけ。安土駅に停まっていた225系試運転が折り返し発車しそうになっていたので、慌てて撮影可能な場所に移動。到着してセッティングしようとした時にやって来るというタイミングの良さ(悪さ?)。

225系試運転(U@tech機器搭載)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

とっさに撮ったので、色々な事が整理できずに無理矢理の撮影となりました。これまたひどい(汗)。

この試運転ですが、U@techの機材を移し替えての試験走行だそうです。U@techは3両編成ですから、長編成にした場合の試運転が目的だったのかもしれません。

さて。色々とハプニングがありましたが(大半が私の怠慢による)、全員無傷で帰阪できた事に安堵。どうか管理人を見捨てず、今後もお付き合い頂ければと思います。何卒よろしくお願い致します。



日付が変わって今日。67レがEF66-27牽引、1083レがEF66-33牽引となりましたが、まさかまさかの二日連続での二度寝&寝坊とか。

本人は大丈夫と思っていても、意外と疲れが溜まっているのかな?

1055レも当初予定していた撮影地には絶対に間に合わないと判断し、撮影場所を急遽変更しました。撮影場所を変更すればまだ撮影可能な時間だったのは不幸中の幸いでした。

本日の1055レ(=EF66-26牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本日の1055レ(=EF66-26牽引)。昨日の5074レからそのまま流れました。1055レの特徴である「編成前半に多く載せられる31ftコンテナ』と「背景」を強調しようとしたのですが、イマイチパッとしません。これまたリベンジ要で引き継ぎですね。

疲ればかりではなく、課題も順調に溜まってきております(苦笑)。

3092レ(=EF81-726牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3092レ(=EF81-726牽引)は、思い切って縦構図にして機関車を中心に強調してみました。裏被りしてしまいましたが、管理人はそこまで気にする方ではなく「仕方ないな。」と諦めてしまいます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66 DD51 225系 EF81


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

サロンカーなにわ(7両フル編成、HM付)を撮る

最近、妙に遠征記事が続いている気がします。気のせいだな、うん(ぇ)。

今回、再びサロンカーなにわが運転されるらしいという事で遠征計画を立てる事に。紅葉している所を走るサロンカーなにわを撮れたらいいなー、緑と黄色の車体が映えないかなーと「撮らぬサロンカーなにわの皮算用」…じゃねぇ「捕らぬ狸の皮算用」です。

もはや完全なフラグとしか思えない訳で。

運転日が近づいてくるにつれて、天気予報は「爆弾低気圧」「大荒れ」「外出は控えるべき」という言葉を連呼。

ま、まぁ、天気予報もたまには外れる事もあるだろうし…(震え声)。



一縷の望みをかけてみたが…前日のピンポイント天気予報は降水確率「午前30%、午後80%」という素敵な値を言っているではないか。一緒に遠征しましょうと言っていなければ、午前中に近場で撮って引きこもろうかという数値です。

そんな訳で「午前中の一発目が勝負だろう。」と思っていたのですが…撮影地に着いたら曇り空から降り出し、さらに通過直前に豪雨になるというね。もはや完全にギャグとしか思えない事態です。

9914レ(EF81-113+サロンカーなにわ(7両))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

午前中がまだマシで、午後からさらにひどくなると言っていたのに、午前中でこれっすか?マジで今日行くの止めません?というぐらいにテンションだだ下がりです。

とは言ったものの、言いだしっぺが敵前逃亡する訳にもいかんので撮影行開始です。



しかしそんなテンションを反映してか、ひどい写真の連発です。ここに載っている物が「まだかろうじてマシなレベル」という事で、そのひどさはご想像下さい。

9215レ(EF81-113+サロンカーなにわ(7両))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ちゃんとパンタグラフの間に架線柱を通せよ!とご指摘を受けそうですが、管理人の技量では到底無理と判断しました。せっかく立派なHMを付けてくれたのに悲しいです。

それにしても今回の臨時列車、敦賀に30分程停車して即大阪に向けて折り返すというプラン。長時間停車は木ノ本の1時間ぐらいだけで、到底観光と組み合わせたプランとは思えません。本当に「サロンカーなにわに乗る事自体が目的」のプランだったように思えます。これが「琵琶湖の眺めを楽しみつつ」と謳っていたら、参加者の皆様はさぞかしがっかりだろうなと同情してみたり。

ただ、撮影する側としては「思っていたよりも爆弾低気圧に襲われず、にっちもさっちも行かない状態」にはならずに一安心ではあったのですが。だったら気合を入れ直してちゃんと撮れよ!と思っても後の祭り。

9516レ(EF81-113+サロンカーなにわ(7両))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

敦賀で折り返してきた復路は、往路とは別の暖色系HMが付いていました。今回のHMは往復共にかなり気合が入って作られていました。それだけに、自分の写真の腕前がイマイチな事にガッカリではあるのですが。

何はともあれ、遠征をご一緒させて頂いた皆様が怪我する事なく、機材が壊れる事もなく無事に終了できた事に安堵した次第です。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF81


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

リンク集更新

作業が遅くなりまして大変失礼致しました。リンク集に【EF66-27&52、「あすか」を求めて遠征した際に偶然お会いした紳士】、8kW様のブログ「8kWのブログ」を追加させて頂きました。

8kWのブログ

現地でお会いしたばかりの我々にとても親切にして下さったとても紳士な方です。このような方にお会いできた事は、EF66-27HM付のラストチャンスを撮影できた事よりも、「あすか」を撮影できた事よりも、何より嬉しく思います。

写真はリンク先を一見しただけで分かる通り、縦構図で迫力ある写真を撮らせれば右に出る者はいないという素晴らしさ。「何となく縦にしてみた」ヘボの管理人とは大違いです。

受けたご恩は、次にお会いした際に何としてでもお返ししたいと思っております。そして次にお会いする日はそう遠くない日であろうと信じております。

テーマ : *感謝そしてありがとう* - ジャンル : 日記

EF66-52&27(HM付)&あすか返却回送(出発&走行シーン)を撮る

昨日3日の網干総合車両所イベントで展示された「あすか」4両が返却回送されるという噂を聞き、急遽撮影隊を結成しました。あまりにも急だったので二名での遠征ではありましたが。

ご一緒させて頂く方が「集合時間ですが、EF66の運用表次第ですね。」と仰っておられて、最初は?だったのですが、運用表を見てみたところ、EF66-52(5074レ)、EF66-27ヘッドマーク付(2074レ)が連続で上って来る事に気付きました(遅)。

どうせ網干まで行くんだったら、もう少し遠方まで足を伸ばしてこれらの列車を撮ってから「あすか」撮影に向かいましょう、という事が前日夜に決まりました。



上郡付近まで足を伸ばすなら、一度は撮ってみたかった場所がありました。一度そこに行ってみたのですが…。

斜めの影がデカすぎる…orz
(クリックすると、大きい画像を開きます)

面白い場所ではあったのですが、いかんせん影の位置が悪すぎました。ここは曇りの日に再チャレンジしましょう、という事でボツ。慌てて別の撮影地を探す事に。

しかし、さすがにこの辺りまで来ると有名撮影地でなくても十分撮影できる場所ばかりでした。無事にポイントを見つけて、先客の皆様にご挨拶してセッティング。すぐに第一のお目当てがやって来ました。

5074レ(EF66-52牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5074レ(EF66-52牽引)。最近復活した機関車ですが、実は管理人は52号機に思い入れがあります。休車になる前に、初めて分からないなりに運用表を読み解いて運用予測し、そして時刻通りにやって来たのがこの52号機なのです。

その時はまだ先代のカメラでしたし、今以上にヘタッピだったのですが「なるほど!貨物列車はこういう風に運用されているのか!」という事が分かって感心した記憶があるのです。

今のカメラに変わってからはまだまともに撮影できていませんでしたが(【先日の撮影】は数に入りません)、とりあえず撮影できて一安心です。

20分後に、次のお目当てがやって来ました。

2074レ(EF66-27牽引(HM付))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2074レ(EF66-27牽引(HM付))。10月26日の広島車両所公開イベントHMなので、当然イベントが終わったら取り外される…と思っていたら、なかなか吹田に戻る事が出来ず(HMは吹田等でしか外せないらしい)、付いたままでの運用を余儀なくされていました。もちろん、撮影する側からすれば嬉しい事なのですけれど。

1回しかチャンスはないかと思っていましたが、もう一度オマケのチャンスをもらって、それなりの撮影が出来て二安心です(そんな日本語あるのか?)

主な貨物の狙いはこれで終わったのですが、ご同行頂いた方が「ここに行ってみたい!」という写真を提示されたので「あぁ、これならあそこです。」と即理解。新しい撮影地に移動しました。

ここで感動的な出会いがありました。出会いのみならず、大変な恩義を受ける事となりました。ご本人様の許可を得ていないので詳細を記載する事は控えさせて頂きますが、本当にありがとうございました。このような親切な紳士にお会いした事はありません。

ご同行頂いた方と同様、私からも深謝致します。本当にありがとうございました。

きっとここを見て下さっていて、またお会いできる時が来るだろうと信じております。

5084レ(EF210-102牽引)、8kWに深謝!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

そのお方のご厚意により、無事に(?)撮影できた5084レ(EF210-102牽引)。機関車次位のみ積載、後はフレームライナーという珍しいパターンでした。

ちなみに、無事に撮影できたというのは「傘が壊れずに済んだ」という意味で、実はここの撮影地に到着してお話をさせて頂いている間にみるみる天候が悪化。

「私って、しょっちゅう雨男なんて言われているんですよねー。ヘタしたら来るなとか言われるし…。ひどい話です。」等とたわけた事を抜かしていたのですが、異常なまでの荒れ具合になって思わず爆笑してしまいました。説得力ゼロすぎる…orz。A"m"exの本領発揮です。

これで本日の貨物撮影は終了。「あすか」を撮影する為に網干に移動したのですが…。

ぐえっ、「あすか」を撮れねぇ…。
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ぐえっ、厳重にガードされていて全く撮れないやん(汗)。223系の床下から望遠で抜いて撮影なんて初めての経験です。

「こんな奥に留置されているのに、本当に今日動くんだろうか?」と不安になりつつ、何とか「あすか」を見られそうな跨線橋に行ってみる事に。

何故かパンタを上げたクモヤ145
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「あすか」の反対側に停まっていたクモヤ145。何故かパンタが上がっていたので「あすかを引っ張ったら面白いですよねー。」等と冗談を言っていました。

すると!

DD51-1183出発!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DD51-1183が動き出した!おぉー!

バックで「あすか」をお迎えに…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一旦行き過ぎて「あすか」の元へ。少なくとも留置線からは移動するようです。来てみて良かった!

配9974レ(DD51-1183+あすか(4両))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

無事「あすか」が動き出しました!これは今日運転されると見て間違いあるまい。

「あすか」後追い
(クリックすると、大きい画像を開きます)

特徴的な展望車を後追い撮影。4両編成でちょっと短いですが、短かろうと「あすか」である事には変わりありません。初めてまともな走行シーンを見られたんじゃないかと思います。

正確には、ずーっと昔に山崎で見た「らしい」のですが(サイドを撮ったヘボい写真も残っている)、全く記憶にありません。従って、これが初めてと言っても差し支えあるまい。

特徴的な側面カラーリング
(クリックすると、大きい画像を開きます)

それにしても、大胆なカラーリングです。ちょっと色褪せが目立ちますが、塗り直せばまだまだ活躍できるんじゃなかろうか?というより、活躍して欲しいというのが本音です。

もう一つ、もう少しだけ前目に停車して欲しかったというのもあります。後少しだけ前に出てくれたら、展望車を跨線橋から撮影できたのですが。ま、こればかりは仕方がないですね。

最後の〆として「あすか」走行写真を撮る為に移動開始。どこで撮ろうか悩んでいましたが(どこも光線状態が悪い、またはタイムリミットの日没を越えてしまう)、当初二人で思い浮かんでいたベタな撮影地に行く事に。

配9974レ(DD51-1183+あすか(4両))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

配9974レ(DD51-1183+あすか(4両))。「あすか」の特徴的なデザインが分かるよう、あえてサイド気味に写してみました。なかなか綺麗に発色させる事は出来ませんでしたが、良い思い出となりました。

何だかよろしくない噂が聞こえてきますが、噂は間違いで、これから整備されて「サロンカーなにわ」とジョイフルトレイン・ツートップで頑張ってくれれば良いのですが。

ご同行頂きました皆様、撮影地で多大なるご厚意を施して下さった方、本当にありがとうございました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 115系 EF66 EF210 DD51 145系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

紅葉を見たくなって、西へ

先日の北海道&青森遠征】に続き、今度は紅葉を求めて西の伯備線に行って参りました。

3091レ(DE70-701牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本題の伯備線に入る前に、水島臨海鉄道に寄り道。水島臨海鉄道の自社発注機関車DE70牽引の3091レです。

衣浦臨海鉄道のKE65】と同じように、国鉄型の設計図を基に発注されたようです。KE65はDE10ベースでしたが、DE70はDE11ベースという違いはあるようですが。



いよいよ本題の伯備線に移動です。「【先日も伯備線に遠征している】のに飽きないねぇ。」と思われそうですが、自然が豊富な撮影地は何度通っても気持ちいいですので。

今回の目的は紅葉ですが、着いたら濃い霧。【北海道遠征一日目の再現再び?】だったのですが、狙っていた3082レがやって来ない…。

どうやら荷主である製紙会社の都合により運休だそうです。前日(1日)の3086レ~3087レも運休だった模様。残念。

前日(1日)の3086レ~3087レ運休という事は、当然のように翌日(2日)も運休でしょう。これで大山バックの3087レは選択肢から消えてしまいました。

まぁ、3087レ狙いはプランBとして作っておいただけで、本命の3084レを追いかけるプランAがあるから大丈夫…と思っていたのですが、まさか3084レも運休という事はないですよね?そうしたら「関西貨物撮影隊」ではなく「関西やくも撮影隊」になってしまうのですが。

やくもも381系で貴重ではあるのですが、やはり貨物列車撮影愛好者で集まっての遠征なので、少なくとも1本は走って欲しいところです。

紅葉とやくも
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3084レは午後に米子発なので、それまでは撮影地を探しながらの北上となります。まずは紅葉と絡めての撮影です。今回唯一と言って良いぐらいの、紅葉と絡めた一枚です。他は光線状態が弱かったり、そもそも紅葉していなかったり…で、なかなか綺麗な発色を得られませんでした。

やくもを俯瞰撮影
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回遠征】でEF64-1049広島更新色牽引の3082レを撮影した場所より。列車でR=300mの看板を隠そうとしたのですが、後追い撮影でタイミングをつかめずに見事失敗。

3084レ(EF64-1027牽引)・1回目
(クリックすると、大きい画像を開きます)

当初想定予想より5分程遅れてやって来た3084レ。列車が来ずに運休かなーと不安になり始めていた所だったので、来てくれて一安心です。

私一人だったら運休でも「顔は笑って、心で泣いて」終われるのですが、遠征にご同行頂いた方が居られる場合はそうもいきません。「貨物列車を撮影に行きましょう。」と誘っておいて、その責務を果たせていない事になりますからね。最初から「ドライブに行きましょう。」だったら無問題でしょうけれど。

振り子電車の威力を見よ!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

予めロケハンしておいた撮影地にて。381系振り子電車の威力が分かりやすく出ました。

3084レ(EF64-1027牽引)・2回目
(クリックすると、大きい画像を開きます)

後続の3084レ。先の381系が大きく車体を振っている事が分かります。

3084レ(EF64-1027牽引)・3回目
(クリックすると、大きい画像を開きます)

追っかけが利く3084レでしたので、撮影カット数は多いです。1本の貨物列車が走ってくれたおかげでこれだけカット数が稼げるのはありがたい限りです。

3084レ(EF64-1027牽引)・4回目
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本当はもう2カット撮影するチャンスがあったのですが、1回はガソリン切れでエンストの危機により(アホ)、もう1回は崖から滑り落ちるというアクシデントにより(さらにアホ)チャンスを逃す。前者はともかく、後者は私の一人負けとなりました。

なつかしの湘南色
(クリックすると、大きい画像を開きます)

当然のように3083レ・3085レ共に運休でしたが、115系湘南色なんかがやって来てくれたのがありがたかったです。前にもこの時間帯にやって来た記憶があるので、夕方ラッシュ時の応援にのみ入っているのではないかと思われます。

この写真から【先日の遠征】と同じく明るめマクロレンズで撮影するようにしました。ズームレンズと違って画角調整が出来ないのが難点ではありますが、ちゃんと足で構図を稼がないといけない事を学ばせてくれます。

スペシャリスト達の凄さを体感…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先程下っていった編成が備中高梁で折り返してくるのでは?という事で、しばらく待ってみました。案の定戻って来ましたが、真っ暗だったので慣れない流し撮りに挑戦する羽目に。

元々撮影がヘタなクセに、流し撮りはほとんどやった事がありません。ぶっつけ本番で上手くいくはずもなく、見事に轟沈。かろうじて115系湘南色らしき物が写っている気がします。心眼で見て下さいませ。

ここでタイムアップ。貨物列車の大半が運休というアクシデントはありましたが、天候が荒れる事もなく撮影は無事終了。ほぼ予定通りのスケジュールで帰宅する事が出来ました。

ご一緒させて頂きました皆様、どうもありがとうございました。今後も何卒よろしくお願い致します。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 水島臨海鉄道 DE70 381系 EF64 115系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。