ようやくEF66-30編成写真を撮る

以前からちゃんとした形で撮りたかったEF66-30の編成写真です。ご覧の通りに色々な障害物が増えてきた場所なのですが、撮影を始めて間もない頃に来た事がある場所でもありますので、一度はここで記録しておきたいと思っておりました。

1055レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)



某掲示板にて撮影地選定に関するコメントを頂きましたので、追記させて頂きます。

私は以下のWebツールを利用しております。

GoogleMaps
http://maps.google.co.jp/

GoogleMapsで「撮影地までに行き方」はもちろん、「線形(どちらに向かっているか?直線かカーブかS字か?)」、航空写真に切り替えて「片側架線柱の場合、架線柱はどちら側に立っているか?」「付近に田んぼ等があるか?」等を調べます。

次に

太陽高度(一日の変化)
http://keisan.casio.jp/exec/system/1185781259

で、通過時間(貨物時刻表ダイヤグラムや、皆様のブログ等を参考にします)の方位・高度を計算し「順光・側面のみ・逆光・トップライト」等を求めます。

ピンポイント天気予報
http://weathernews.jp/map/

で、最寄り駅通過時間帯の天気も調べておきます。

これらを総合的に勘案して、最終判断を下すようにしています。

以上のような準備をしておきながら、結局は「じゃ、現地でロケハンで。」に終わる事も多いのですが(駄目じゃないか!)。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

EF66-0番台を、ムドと本務機で撮る

昨日の写真で恐縮ですが…。EF66-0番台を2機撮影できました。

5073レ(=EF210-105+EF66-27(ムド))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まず、5073レにムドで付いたEF66-27。機関車不足充当用で幡生に送られたようです(本日、さっそく上京してきたようです)。

何気に、2073レにムドが付いたのは初めての撮影かもしれません。2077レは何度も撮影しているのですが…。

5081レ(=EF66-30)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こちらはEF66-30が本務機の5081レ。EF66-30は綺麗に編成写真で記録できていないので機関車メインで撮りたかったのですが、運用入りに気付くのが遅くて「絶対に間に合わん!」となった為、とっさに風景写真にしてお茶を濁しました(蹴)。

撮影記録をちゃんと付けておかないと、後で「これは30号機です!」と主張しても、絶対に受け入れてもらえんぞ(汗)。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

MISSION1:障害物を回避せよ

サロンカーなにわが走ると聞いて、出勤前にいっちょ撮りに行くか!と決意。

しかしながら、遠くに行きすぎると当然ながら遅刻。けれども、折角なのでサロンカーなにわの特徴が分かるように側面だけでも日光が当たって欲しい。

色々と思案した結果、加島駅付近の陸橋ならば大丈夫じゃないか?と決定。

回9333レ(=EF65-1124牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いざ現地に着いてみると、内線の架線柱が予想以上に目立ってしまいました。MISSION INCOMPLETE…orz。

いつもは午後に西側から撮るばかりなので、こちら側(東側)のロケハンをしていなかった事が敗因です。

現地でご一緒させて頂きました皆様、お疲れ様でした。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF65


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

第19回関西貨物撮影隊@中京地区遠征(後編)

←中編に戻る

衣浦臨海鉄道で撮影したら「はい、終わり。お疲れ様でした!」ではなく、再びの関西本線です。皆様、タフですねー(ぇ)。

貨物時刻表付属のダイヤグラムを見た所、白鳥信号場や永和駅で停車するケースが多いようです。この時間を最大限利用してカット数を稼ごうという作戦です。

しかし、白鳥信号場近辺の撮影場所はその場でロケハンというお決まりのパターン。いい加減、このパターンから脱出しろよ。

少しだけ言い訳させて頂くと、この近辺はまだまだ撮影地が開拓されていないのか、作例が少ないという事情があります。やはり「可能ならば、DD51は架線柱のない所で撮りたい!」というのが人情というものです。そんな訳で、末広橋梁の作例なんかは沢山ヒットするのですが、意外とこの辺りは手薄なのです。

前もってGo○gleEarthなんかで架線柱の立っている向き等は調べているのですが、現場に行かないと分からない事もあります。まさか三岐鉄道で稲の刈り取りが始まっているとは想像できませんでしたし(まだ言ってる)。

そんな訳でフラフラとさまよっていて、間もなく72レの通過時間。ここでどうでしょう?と決定 妥協とも言う 

72レ(=DD51-825+DD51-899牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

72レ(=DD51-825+DD51-899牽引)。私はこの写真の通り正面で待っていたのですが、同行された方が脚立を取りに行った、まさにその瞬間に通過。「来ました!」と叫び、私は正面から、同行された方はとっさに後追いでの撮影となりました。

次位が原色(私は原色単機牽引と予想していました)だった事もありますが、この写真の手前側にある橋梁で上手く後追いで水鏡を収められており、これがまた素晴らしい出来でした。

教訓1:正面から待つだけが能ではない
教訓2:腕前の違いは如何ともしがたい(泣)

そそくさと撤収して先回りを試みるも、踏切に引っかかったりして間に合わず。見事に永和駅でお見送りとなりました。チーン。

うーむ、どうやら運転停車を利用して追い抜く作戦には無理があったようです。「次からは、無理をせずに一カットづつを大切にしましょう。」と皆で申し合わせ。

75レ(=DD51-8290牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

75レ(=DD51-8290牽引)。今回の撮影で、光線状態が良さそうと期待していた場所でした。快晴とはいきませんでしたが、翌日の台風上陸を控えている状況としては「この撮影隊で、雨も降らずに撮影できただけで御の字」と言えるでしょう。

今回の同行者は晴れ男が多かった…のもありますが、大雨男様が(以下略)。

75レ後追い
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先の理由で「2082レ、どこで撮りましょう?」とノンビリ移動していたら、何と白鳥信号場で停まっている75レに遭遇!

「え?白鳥に停まるの?永和だけじゃないの?」と驚きつつ、慌てて後追いで撮影。

…また一つ、次回への申し送り事項が増えました…φ(。。;

2082レの通過はかなり遅いですが、ギリギリ夕陽ギラリが狙えないかなーと期待しておりました。予定立案時には、ですが。

現実は「まともな光があるうちに列車がやってくるのか?」という事態に。

211系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前走りの211系。ぎゃっ、白い箱は手前側だったんかい!(アホ)

撮ってから気付いたので、慌てて構図を修正。これが本番でなくて良かったと言うべきか。

2082レ(=DD51-1802牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2082レ(=DD51-1802牽引)。かなり無理のある光線状態だったので、とりあえず撮影できただけて良しとしよう。これ以上の欲張りは禁物です。

2082レの永和停車は他の列車より長いので無理なく追い越せましたが、完全に日没になってしまいジ・エンド。流し撮りを試みたものの、出発直後で列車が遅すぎてものの見事に失敗。ある程度予想通りの結末ではありましたが。

…つい一文前に「欲張りは禁物」と書いているのは何なのかと小一時間。

みそ煮込みうどん
(クリックすると、大きい画像を開きます)

以上で撮影は終了しましたが、最後に四日市に寄り道してのみそ煮込みうどん。完全に「管理人が食べたかっただけで、同行者を巻き込んだ」形です。

美味しかったのですが、やっぱり冬に食べるべきものだったか…と思わなくもない、遠征の〆となりました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 211系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

第19回関西貨物撮影隊@中京地区遠征(中編)

←前編に戻る

前回遠征】は、私の都合(=午後から楽器練習)により午前の部で終了だったのですが、今回は夕方まで中京地区を回りながらの撮影です。

本来ならば関西本線から衣浦臨海鉄道に直行予定だったのですが、木曜日に運用表を見た所「土曜日の81レは、EF64-1049(広島更新色)+EF64-1040(原色)ペアになる。」という確信があったので、当日に同行者に事情を説明して予定変更。

この辺りの適当さが、私主催の撮影ツアーらしいです。 そろそろ石投げられそう。 

5282レ(=DD51-1801+DD51-890牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

到着すると同時にやって来た5282レ(=DD51-1801+DD51-890牽引)。四日市近辺で撮影してから移動したんですが、どっかで追い抜いていたんですね。完全に存在を忘れておりました(ぉぃ)。

この後も抜け・漏れが多くて「何じゃ、この予定表は?」と思ったのですが、どうやら81レに関係する中央西線にばかり注目していたようです。駄目駄目じゃないか!

1252レ(=EF66-130牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

低層のパレット?を積み重ねたようなコンテナが積まれた1252レ(=EF66-130牽引)がやって来たり。

1070レ(=EF200-15牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF200-15牽引の8056レがやって来たり…。しかし、これは予定表に載っていたのがいまいち分からん。

2085レ(=EF66-132牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2085レ(=EF66-132牽引)。この列車が81レに継走されるので、これで(ほぼ)広島更新色+原色ペアが撮れる事は確定しました。後は、稲沢マジックが悪い意味で発動しない事を祈るだけです。

最も、稲沢方を見たら、広島更新色っぽい顔の機関車が遠目にチラチラ見えていたんですが(笑)、もしかしたらビックリの大宮更新色「ふっ、すり替えておいたのだよ!」になっているかもしれません。どのような列車も、やって来るまで油断は禁物です。

8056レ(=EF66-117牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8056レ(=EF66-117牽引)。中編は稲沢近辺で撮影したカットが多いのですが、珍しい事にEF210が1機も来ませんでした。今回は載せるのが面倒だからカットしたんじゃないですよ(笑)。

1552レ(=EF64-1021牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1552レ(=EF64-1021牽引)。本命の81レの前を走る列車です。

本当ならば、対向からEF64貨物がやって来るはずだったのですが、既に私の心は81レに向いていて気にも留めておりませんでした(←フラグ)。

そして、当日の予定変更を行わせた主役がやって来ました。

81レ(=EF64-1049+EF64-1040牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

81レ(=EF64-1049+EF64-1040牽引)。2085レ継走なのでスカスカだろうと思っておりましたが、予想が大当たり。予想というレベルじゃないですが。

何はともあれ、広島更新色+原色というレアなペアを撮影できて一安心…していたのは管理人だけ。「後ろ、貨物来てますよ!」という声で振り返ったら…遅れていた大宮更新色EF64牽引貨物がそこまで来ているじゃないか!

同行頂いたお二方は、見事にワンフレームに広島+原色(後打ち)、大宮を収めておられました。管理人だけ、ものの見事に一人負け、しかも一番最悪な、敵前逃亡による不戦敗見逃し三振…orz。

教訓:油断大敵

ホンマに、大赤文字で書いて戒めるべき大失態でした…orz。

本当はこの後に5875レ石油列車が走る事になっていたのですが(中編最初に掲載した5282レを継走する為)、こちらは大宮更新色同士の組合せと予想していたのでパス。そそくさと撤収して、ちょっと珍しい組合せのフライアッシュ列車を狙いに進路を南に取りました。



進路を南に取って、大府よりさらに南、東浦までやって来ました。ここまで足を伸ばした理由は、衣浦臨海鉄道を撮影する為。

衣浦臨海鉄道が所有するKE65形機関車は、DE10とそっくりの見た目・塗装です。臨海鉄道が自前で設計する体力はない為、DE10の設計図を基に発注されたのでしょう。

このKE65形が牽引するフライアッシュ列車を撮影する事が、中編最大の目標だったのです! 81レは心の傷として封印しました。 

「臨海鉄道は、ダイヤ通りに運行されない事も多い。」というネットの記述があって「時間通りにやってくるのかな?」と心配していたのですが、ほぼ想定通りの時間にやって来ました。

5573レ(=KE65-5牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5573レ(=KE65-5牽引)。本来はこちら側側面には陽が当たらないのですが、雲が多かった事&足元が若干すっきりしている事があって、あえてこちら側から狙ってみました。

DE10原色機そっくりの機関車が牽くフライアッシュ列車を撮影できて、少しは先程のショックが和らいだかな(←まだショックを引きずっている)。

後編に続く→

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 EF66 EF200 EF64 KE65 衣浦臨海鉄道


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

第19回関西貨物撮影隊@中京地区遠征(前編)

前回の遠征】は序章に過ぎなかった…。今度が本気の中京地区遠征だ…。

というのは後付けに過ぎず、元々は今回の遠征のみが計画されていました。ちょっとした唆しに乗ってしまい、急遽遠征を組んだのが前回遠征だったのです。

普通、前回遠征は適当で、その結果を元に今回遠征を組む事になる…はずなのですが、前回遠征(第18回)時には既に今回(第19回)の遠征計画が完成していました(笑)。どれだけ遠出したいんだと…。

そんな訳で、元々予定になかった第18回が間に挟まっているので、計画の精度はより上がっていたはずなのですが…。【前回遠征】と合わせてご覧頂ければと思います。

5263レ(=DD51-890+DD51-1801牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは5263レ(=DD51-890+DD51-1801牽引)。前回遠征では区画を間違えるという痛恨のミスを犯しましたが、今回は想定した撮影地に無事到着。逆光なのはさすがにどうしょうもありません(ぇ)。

5263レは四日市に着くまで逆光が付きまとうので、前回の撮影地をすっ飛ばして一気に末広橋梁へ。

6360レ(=DD51-1028牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

末広橋梁で6360レ(=DD51-1028牽引)。今回のプランは末広橋梁を中心に組み立てられていると言っても過言ではありません。

6360レ(=DD51-1028牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

四日市の停車時間を利用して追い抜いた6360レ。当然ながら牽引機も変わらずDD51-1028のままです。

この界隈を行ったり来たりしていると、この運用(=愛知A106運用)に入った機関車に何回も遭遇する事になります。

5263レ(=DD51-890+DD51-1801牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これまた四日市で追い抜いた5263レ(=DD51-890+DD51-1801牽引)。関西本線内では逆光に悩まされますが、四日市~塩浜間の支線まで来ると順光になります。

前回はこの近辺で撮影して見事に失敗しましたが(死)、今回は想定通りの撮影が出来ました。

3712レ(=ED45-8+ED45-9牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ちょっとばかり足を伸ばしての三岐鉄道3712レ(=ED45-8+ED45-9牽引)。これで、継走される5363レの運転もほぼ決定です。これは前回と同じ。

手前には黄金色の稲穂が…と思っていたのですが、この辺りは刈り入れが早いのか残念な結果に。元々の余裕時分が少なすぎて他の撮影地を見つけられなかったのが敗因です。

3711レ(=ED45-4+ED45-2牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回は見事に見送った3711レ(=ED45-4+ED45-2牽引)。6360レを継走してきました。逆光気味になるので「サイドを撮ろう。」と決めており、ほぼ想定通りでした。森が背景で溶け込み過ぎた事と、手前の田んぼが刈り入れ終了していた事が想定外でしたが。

…って、想定外の事態が多すぎるじゃん(汗)。

5363レ(=DD51-1028牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回は5363レを海蔵川橋梁で撮影しましたが、今回は3711レを撮影対象に含めたので確実に間に合わないと判断しました。

という訳で、今回は海蔵川橋梁を飛ばして一気に末広橋梁へ。先程の6360レは北側から撮影しましたが、5363レは南側からの撮影です。

DD51-1028の横顔
(クリックすると、大きい画像を開きます)

私としては珍しい、DD51の横顔スナップ。普段はボケーッとしてシャッターチャンスを逃す事が多い管理人ですが、臨港支線なので超低速走行だった事が幸いしてモノに出来ました。

2085レ(=DD51-893牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再び、四日市近辺にて2085レ(=DD51-893牽引)。前回は積載コンテナ1個という、フレームライナーを除いた最少積載数を記録してしまった同列車ですが、今日は50%程度の積載量でした。後ろに空車がずらーっと並んでいた為に、積載率が押し下げられています。

5282レ(=DD51-1801+DD51-890牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5282レ(=DD51-1801+DD51-890牽引)。朝の5263レが戻って来た為、本務機が入れ替わっています。

5362レ(=DD51-1028牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回は、左側から転線してくる事を想定しておらずに見事に大失敗(=尻切れ)した5362レ(=DD51-1028牽引)。6360レと同じように撮影しても面白くないので、若干だけ引き付け気味にしてみました。

ここまでで午前の部(関西本線編)が終了です。

中編に続く→

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 ED45 三岐鉄道


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

3092レ&遅1055レを撮る

昨日の話で恐縮ですが、3092レと遅1055レを撮影してきました。

近場の撮影地ですと、9時30分~10時頃にかけて3096レ(=EF510牽引)⇒(約30分待ち)⇒1055レ(=EF66牽引)⇒3092レ(=EF81牽引)と続けて撮影できる為、効率が良いのです。

3092レ(=EF81-453牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3092レはEF81-453牽引でした。このタイプの塗装を纏ったEF81仲間は門司に転属していったので、最近はとんと御無沙汰していました。453号機の撮影も3回目と、プチラッキーな充当でした。

3092レ撮影時には台風接近がウソのように晴れ間が見えていたのですが、本命の1055レがなかなかやって来ない。どうやら遅延している模様です。

結局の所、2時間近く待つ羽目となり、その間に天気は急変。お約束通りの展開に笑って良いのやら、泣くべきなのか…。

遅1055レ(=EF66-27牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

何はともあれ、一度はストレート区間でEF66-27を撮影したいと思っていたので、当初目的はかろうじて果たせました。架線柱の黄色い被覆が全く気にならないと言えばウソになりますが、EF66-27が撮影できた事に比べれば小さな事です。



遠征の模様は、現在まとめ中です。今しばらくお待ち下さいませ。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF81 EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

鉄道写真を始めて1年

現在のカメラを購入して(ほぼ、以下同)1年、鉄道写真を本格的に撮り始めて1年となりました。

5573レ(=KE65-5牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

上記の画像は、昨日に第19回関西貨物撮影隊を結成して遠征した際に撮影した写真です。

鉄道写真を始めた時には、これだけ多くの皆様と交流を持たせて頂ける事、ましてや臨海鉄道くんだりを撮影する為に遠征する事になろうとは想像だにしておりませんでした。

最初に投稿したトワイライトエクスプレスの画像に対して「串パンは避けた方が良い。」というアドバイスを頂いたり、雨の中のEF66-36号機撮影に対して感心して頂いたり、第1回関西貨物撮影隊で伯備線に初遠征をしたりと、思い出は尽きません。

まだまだ未熟で拙い写真ばかりはありますが、少しづつでも皆様方の写真に近づけるよう努力して参ります。

また、撮影地でご一緒させて頂きました皆様、管理人と交流を深めて頂いた皆様、交流の場を設けて頂いた皆様に厚く御礼申し上げます。

特に、管理人の無謀な遠征にお付き合い下さった皆様には、心底感謝申し上げます。

まだまだ写真の技術も、人間的にも未熟ですが、今後も何卒よろしくお願い致します。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 衣浦臨海鉄道 KE65


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

秋の気配

急速に秋の気配が深まってきましたね。今年こそは秋の気配を入れた写真を撮るぞー!

昨年は「稲刈りはまだ先だろう。」と油断していたら、あっさり刈り入れ終了。「紅葉はまだ先だろう。」と油断していたら、あっさり落葉(アホ)。

管理人はそばアレルギーです
(クリックすると、大きい画像を開きます)

昨年撮影した、数少ない秋の気配が分かる写真。「何の花だろう?」と思っていたのですが、帰宅後に調べたらソバの花だったらしい…。



管理人はそばアレルギーなんですが(ガチ)、写真を撮っていたら死んでいました…とならずに一安心。花ではアレルギー症状は出ないらしいです。身をもって体験しました。あまり体験したくない体験談ですが。

そばアレルギーは、ピーナッツアレルギーほどひどくはありませんが、放置すると死んでしまいます。私も一度「あんた、点滴を受けにくるのが2時間遅れていたら死んでたよ。」と言われて背筋が寒くなった事があります。

身近にそばアレルギーの方がおられた場合、面白がってそば殻マクラを近づけたりしないようにしましょう。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 三岐鉄道


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

EF510-23が運用入りしたらしい

川重から出場後、いきなり吹田で車止めに衝突したというキナ臭い噂が立っていたEF510-23が、無事運用入りしたようです。

私?当然ながら日々のチェックがいい加減ですから、見事に見逃しましたが(アホ)。

しばらく、私でも撮影できる時間帯には関西にやって来ない悪寒。まぁ、そのうち誰かが投稿してくれるだろうから期待して待っていましょう(他力本願)。

ダイヤ改正前の3092レ?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今回の写真は、昨年秋に撮影したEF510の画像です。ダイヤ改正前の3092レでしょうか?

当然と言えば当然ですが、今以上にいい加減な撮影ですね(汗)。

しかし、そうは言いながら、今ならもう少しマシに撮れる…のか?自信を持って「もちろん!」と答えられないのが情けない限りです。

ここは「道路の舗装が進んでいる。」という話を聞いてから、足を運んでいません。現状はどうなっているんだろう?一度、見に行ってみようかな。

EF510-511が関西にやって来たりと、地味に動きのある富山機関区。来年のダイヤ改正でEF81を置き換える下準備かもしれません。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF510


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

国鉄型電気機関車捕物帳

昨日の速報】ではEF66-30&EF66-36しか載せられませんでしたが、それ以外にも色々と撮影はしております。

特に、国鉄型電気機関車の撮影数がいつもより多かったような気がしたので、標題を「国鉄型電気機関車捕物帳」としてみました。

私は「国鉄型でなければ~」「原色でなければ~」はなく、電気機関車自体が好きなので強いこだわりはありません。たとえEF210であっても 「何だ桃かよ、チッ!」とぶつくさ言いながら 喜んで撮影しております。

だって、JR化後に作られた機関車は、まだまだこれから先があるはずじゃないですか。EF200やEF66-100番台は微妙ですけれども…。

「撮っておかなくて後悔した。」となりやすいのは、(突発的な事故でも発生しない限りは)先に完成した国鉄型機関車である事は衆目の一致する所です。そんな訳で、可能な限り色々なシチュエーションで押さえておきたいとは思っております。

3096レ(=EF510-20牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

長々と余計な事を書いておきながら、撮影開始はEF510-20牽引の3096レからです(ぇ)。だって、5時30分頃通過の5065レは二度寝で撃沈したはずだったので…。

それはともかく。ここでの撮影は、横向きにすると左右のスペースが無駄になりそうでしたので、縦向きカットにしてみました。背景には上手い具合に高いビルもありますし。

しかしながら、結果は芳しくない。右上の信号機が目立って仕方がありません。色々と立ち位置を変えてみたりして回避方法を思案したのですが、どうもしっくり来ない。

そこで、テレコン(×1.4)を付けて再チャレンジしてみました。

1055レ(=EF210-131牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1055レ(=EF210-131牽引)。うむ、なかなか収まりが良い気がします。とりあえず今回はこの構図で遅5065レを待つ事にしました。

5065レは諦めたんじゃなかったんかい!とツッコミが入りそうですが、4時間程遅れて運転されていました。その部分の詳細は【昨日の日記】をご参照頂くという事で、今回は割愛致します。

3092レ(=EF81-715牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3092レ(=EF81-715牽引)。

遅1083レ(=EF66-104牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遅1083レ(=EF66-104牽引)。【先日のウソくさい丸型ライト】とは異なり、正真正銘の丸型です。何とか26両編成がギリギリ入り、当初想定していた感じに仕上がったかと思います。

遅5065レ(=EF66-36牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遅5065レ。撮影に至るまでのすったもんだの顛末は、やはり【昨日の日記】にて。

4083レ(=EF81-735牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撮影場所を変更しての4083レ(=EF81-735牽引)。ヒサシありの為か、何だかいかつい顔つきに見えます。私は勝手に「両さん(=「こち亀」という漫画の主人公)だと思っています(笑)。

1072レ(=EF210-13牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1072レ(=EF210-13牽引)。シングルアームじゃないEF210が来ると「おっ。」と思えます。

5087レ(=EF65-2087牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

久しぶりの5087レ。EF65-2087は2回目の撮影。これが半カラシだと勘違いしていて「貫通扉が補修された?」と思ったのですが、半カラシは2080号機だそうです(恥)。

223系並走
(クリックすると、大きい画像を開きます)

この界隈で撮影しているとよくある光景。共に通勤型だと「良くある光景だね。」で終わりますが、貨物列車等が相手だと態度が一変します。これもよくある光景(笑)。

遅5084レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遅5084レ。撮影に至るまでのすったもんだの顛末は、やはり【昨日の日(略)】。

4071レ(=EF81-716牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4071レ(=EF81-716牽引)。この時間帯はEF81貨物が3095レ⇒4071レと連続してやって来るので、パッと見だけではどちらがどちらかが分かりません。

遅3095レ(=EF81-721牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遅3095レ(=EF81-721牽引)。本来のダイヤでは向日町(だったはず)で4071レが3095レを抜く事になっています。「だったら、最初から吹田の出発順を入れ替えても問題ないのでは?」と素人的には思ってしまうのですが。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF510 EF210 EF81 EF66 EF65


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。