EF66-30、両エンドを撮影したけれど…

まずは表題の写真。

遅5065レ(=EF66-36牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先日の1051レ】と合わせて、一応はEF66-30の両エンドを撮影した事になりますが…単刀直入に申しましてシャッターのタイミングが最悪ですね…orz。

その場では大丈夫と思っていましたが、何をもって大丈夫と思ったのかと小一時間は説教しなければなりません。「脚立を忘れたから。」という言い訳をしようものなら、そもそも脚立を忘れるとは…と、小三時間は説教ですね。



5084レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ちなみに、こちらは午前中に撮影した遅5065レです。

遅5065レを撮影するに至った経緯。

5時30分に通過予定。
 ⇒ 連日、睡眠時間3時間が続いていたので、KOされて二度寝。
 ⇒ 起床すると、4時間遅れ。間に合うかも!
 ⇒ 予定時間になっても来ない…。
 ⇒ 8056レ(=EF66-24)が来そう…。立ち位置変更!
 ⇒ 8056レが来ない…。再び立ち位置変更!
 ⇒ ギャー移動中に来た!
 ⇒ 手荷物放り投げ、脚立セッティング。
 ⇒ 慌ててピント合わせ…たら、もうそこまで来てる!
 ⇒ とりあえずシャッターを切る…が…確実に終わった…orz。
 ⇒ 二兎を追う者、一兎も得ず。諺にあるじゃないか…。
 ⇒ とりあえず確認。かろうじて写ってた!

明らかに、偶然も偶然に得られた一兎の方が出来がいいじゃないか!



EF66-36号機は、私にとっては撮影相性の良い機関車です。雨中、初のEF66-0番台流し撮り、単機ドアップ…自分の中で印象に残っている機関車は36号機なのです。

対象的に、このままではEF66-30号機は撮影相性の悪い機関車になってしまいます。これはまずい、近日中にリベンジを果たさなければなりません。

とりあえず、本日はここまでとさせて頂きます。他の写真は、また改めて整理して公開致します。

目撃情報を上げて頂いた皆様、撮影地でご一緒させて頂きました皆様、どうもありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

※9月1日追記※
⇒【他の写真もアップロードしました(別ウィンドウで開く)】。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

大雨下での成果

先日】、速報でEF66-30の復活を投稿しましたが、それ以外にも何枚か撮影しております。

「これは!」という珍しい物はありませんが、大雨の中で撮影した記録をお蔵入りさせるのも残念なので、追加で公開致します。

1069レ(=EF210-164牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1069レ(=EF210-164牽引)。編成後部の方が雨が強いように見えます。

5051レ(=EF66-130牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5051レ(=EF66-130牽引)。ライトが強烈だったためか、後期型なのに角型ライトではなく丸型ライトに見えますね。

前期型も故障が相次いだり、更新工事が行われるという話が聞こえてきたりと、取り巻く状況は変わりつつあるようです。

EF66-0番台が復活したり、その影でEF200の廃車説が根強かったり。「撮れる物は、撮れる内に撮る。」何度も繰り返されていますが、本当にこれが大事なんでしょうね。

67レ(=EF210-131牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

67レ(=EF210-131牽引)。【以前に投稿した74レ】も、こういう感じの編成を期待していたのですが。

1051レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先日投稿済の1051レ(=EF66-30牽引)。後から見返してみると、一番条件的に悪い時にやって来たような(汗)。

1081レ(=EF210-172牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1081レ(=EF210-172牽引)。かなり明るくなってきましたね。

1053レ(=EF210-126牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1053レ(=EF210-126牽引)。しかし、見事なまでにEF210のシングルアームタイプばかりですな。 EF510牽引の4058レは見事に失敗したのはナイショ。 

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF210 EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

リンク集更新

リンク集に【第17回関西貨物撮影隊@北陸遠征】、【第18回関西貨物撮影隊@石油列車にシキ+ヨ】と連続でご一緒させて頂いたsaku様のブログ「sakuのひとりごと」を追加させて頂きました。

sakuのひとりごと

流し撮りのスペシャリスト(その凄さは、上記リンクをすぐにクリックしてその目で確かめるべし!)として有名な方ですが、編成写真を撮らせても、風景写真を撮らせても、何でも超一流にあっさりとこなされてしまいます。

実に(管理人にとって)不幸な事に、管理人と同じカメラを使っているおられる為に「同じカメラなのに、かたや腕で実力を存分に発揮させる(=saku様)。かたやカメラを泣かせている(=管理人)。」事をモロバレさせる罪作りな御方です。

…完全に言いがかりですよね、そうですよね…(´・ω・`)。目標とさせて頂いているお一人です。

「何?今のは聞き間違いか?目標とさせて頂いているだと?百年早いわー!」

テーマ : *感謝そしてありがとう* - ジャンル : 日記

復活!EF66-30

本来の狙いは、EF200牽引の53レ(=福山レールエクスプレス)だったのですが、こちらは見事に大失敗。

ど、どうせ真っ暗で53レをまともに撮影するなんてできっこない季節になっていたんだい!(負け惜しみ)

テンションがだだ下がりでしたが、1051レにEF66-30が入っているという見たまま情報によりテンション復活!

1051レ(=EF66-30復活牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1051レ(=EF66-30復活牽引)。目撃情報は本当でした!

先日に5076レムドで東上し「復活では?」と噂されていましたが、まさかいきなり1051レ牽引で復活とはビックリしました。1182レ~1881レとか、軽めの運用で足慣らしをしてからと思っていたのですが。

「普通電車にお尻をかじられた」「シャッターを切るタイミングが、心もち遅かった」「大雨・光量不足・技量不足等、悪条件が揃っていて、全く色が出ていない」等、問題点は多々ありますが、まずは復活した30号機を撮影できたので良しとしよう。

撮影者は私一人だったので「意外と人が少ないな。」と思ったのですが、常識的な皆様は屋根のある所で撮影されていたようです。そりゃそうだ。

逆に、私は「どうせ降るなら、もっと降ってくれた方がいいのに。」ぐらいに考えておりました。一歩間違えると、ただの変態ですね。危ない危ない。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

E6系甲種輸送を撮る

何度目かのE6系甲種輸送が運転されると聞いていましたが「今回も無理だなー。」と諦めておりました。

しかし、昨日にとある方とやり取りした事がモチベーションとなったのか、無事に半休ゲット!急遽撮影に行く事が出来ました。

5084レ(=EF210-126牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5084レから撮影開始。当初はEF210-901と書き込まれていましたが、実際にはEF210-126牽引でした。ま、そう都合良く試作機に巡り合う事もないでしょう。

3095レ(=EF81-718牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3095レ(=EF81-718牽引)。甲種輸送の列車を考えて、大体のイメージを描く作業です。

4071レ(=EF510-5牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3095レの続行でやって来た4071レ(=EF510-5牽引)。本来ならばEF81仕業なのですが、今日はEF510が代走しておりました。

381系こうのとり(回送幕)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

甲種の前にやって来た、381系で運転されている「こうのとり」。今日はちゃんと回送幕になっていますね(謎)。

今は381系運転なのに撮影者をそれほど見ませんが、183系引退時のように、置き換えアナウンスと同時に撮影者が増える気がします。置き換えもそれほど遠い未来の事ではないでしょうし、可能な限り早めに撮影しておきましょう。

9866レ(=EF65-2075牽引+E6系Z15編成)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本番のE6系甲種輸送、9866レ(=EF65-2075牽引+E6系Z15編成)。E6系の特徴である赤い車体を強調したかったのですが、なかなか綺麗な色が出ずに微妙な出来。

何はともあれ、E6系甲種を初撮影できて一安心です。一度も撮影できないまま増備が終わるんじゃないかとヒヤヒヤしておりましたので。

さりげなくEF65-2075も初撮影。これで新鶴見機関区所属のEF65-2000番台撮影残は5両。一つの通過点達成が見えてきました。

ちなみに、近くで撮影していたチビッ子達。撮影の合間にゲームとかをしていたのですが、本番とも言える甲種通過直前になってもゲームに熱中している。「そろそろ甲種が来るよ。」と教えてあげたら「え?今日、甲種あるの?」だって。

何と、甲種が来る事は知らず、たまたま撮影に来ていただけらしい。運の良い子達です。 教えてくれたお兄さんが居た事も(以下略)。 

1056レ(=EF200-10牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撮影場所を変えての1056レ(=EF200-10牽引)。この前に通過している3099レは見事に失敗。とても出せるレベルではありませんので完全封印。またかい!

架線の黄色い治具(?)が目立ちます。「もう撤去されているかな?」と思って様子を見に行きましたが、まだ残っていました。撤去される見込みはあるのか、それともこのままなのか。

後でご指摘を頂きましたが、EF200-10は先日倉敷近辺で故障した車両でした。無事に復帰してくれたようで何よりです。管理人はEF200が好きなので、これからも末長く走って頂きたいものです。

もっと言えば、EF200に限らずどの車両もですが…故障による突然死ではなく、物としての経年寿命までしっかり使われての廃車となって欲しいと思っています。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF210 EF81 EF510 381系 EF65 EF200


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

流し撮り

鉄道写真を撮る人間ならば、ほぼ必須と思われる技術「流し撮り」。

しかし、管理人は風景写真家なので、撮影した回数は極めて限られています(ぇ)。

貨物列車だと

 ・EF210をサイド流し撮り
 ・EF66-36をサイド流し撮り
 ・EF66-33を流し撮り
 ・EF510をズーム流し撮り
 ・EF81を流し撮り(今回の写真)

以上、5回!何とビックリ、片手で数えられるではないか!(笑)

ここに練習を含めても、多分両手で数えられます。

 撮影しない
  ⇒ 上達しない
  ⇒ 失敗する
  ⇒ 恐れる
  ⇒ 撮影しない
  ⇒ 上達(以下略)

見事なまでのデフレスパイラルです。

桜を、その目に焼き付け
(クリックすると、大きい画像を開きます)

そんな数少ない機会の中で、まだ一番マシな一枚がこれです。これで一番マシなのだから、他については…まぁ、お察し下さい(汗)。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF81


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

DD重連+タキ+シキ+ヨ

木曜日に「今週土曜日の5263レに、シキが連結されますよ。」と教えて頂きました。今回は「連れてって。」ではなく「いってらっしゃい。」でした(笑)。毎度の事ながら、ありがとうございます。多謝。

まずは様子見という感じで最初の撮影地に向かう。あれ?調べた結果と架線柱の建っている向きが違うんですけれど?

…場所を一区画間違えた…orz。

逆側は架線柱が邪魔+ジャングルですが、こちら側もド逆光+ジャングルではないか。しかも移動する時間がないという(アホ)。泣く泣く一回目はここで撮影する事に。

5263レ(=DD51-891+DD51-1802+タキ12両+シキ180+ヨ8450)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5263レ(=DD51-891+DD51-1802+タキ12両+シキ180+ヨ8450)。第一印象

「あれ?シキ連結してへんやん。」

だんだん近づいてきて、ようやく事態を理解する。シキは最後尾連結か!しかも後ろにヨ8000が連結されているおまけ付き。

シキが撮りづらくてマイナス、ヨが連結されていてプラス、合計するとプラスマイナスゼロか。

なので、慌てて後打ちも撮影。

5263レ後打ち
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まさかの橋脚ブロック…orz。幸先が悪い、悪すぎる。

しかし、これで落ち込む訳にはいかない。最後尾に連結されている事が分かったので、編成全体が入る直線を探さなくては!大急ぎでナビを見ながら撮影地探しです。本当に適当で、よく同乗者に殴られないな、というレベルです。

5263レ(=DD51-891+DD51-1802+タキ12両+シキ180+ヨ8450)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

運転停車を利用して追い越し、ギリギリ間に合いました。しかし、相変わらず逆光です。こればかりは、自然の摂理には勝てんと言い訳。

だったら「サイドから撮る。」とかも調べておけと小一時間…。

説教は後だ!今度こそ後打ちだ!

5263レ後打ち
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…今度は架線柱ブロック…。(自分の撮影技術のなさに)ひどい、ひどすぎる…orz。どうも今回は(も?)イケてない写真ばかりになりそうな悪寒。

かくして、テンションが下がったまま次の撮影地へ。完全に自業自得です。

211系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

211系の後打ち。JR東海圏内に来ると毎回抱く感想「あれ?313系以外も走ってるの?」。それだけJR東海は車種が統一されているイメージが私の中にはあります。

まぁ、関西も223系ばかりではなくて103系がまだ走っているし、関東もE233ばかりじゃなかろうし。思い込みとは怖いものです。

昔、サンコンさんが「アフリカでライオンを見るのは、死ぬ時。」と仰っていた事を思い出します。

5263レ(=DD51-891+DD51-1802+タキ12両+シキ180+ヨ8450)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5263レは、もはやシキ+ヨを撮る事を諦めているフシが(ぉぃ)。縦のうねりが出ているので、今回撮った5263レの中では一番マシな出来かと思います。これが一番マシという時点で終わっていますが。

後打ちに至っては、その場で即削除の出来でした(死)。

211系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

踏切待ちしていたら、またしても211系が。何だ、朝夕だったら頻繁に見られるのか。

一旦これで5263レ追いかけは終了。本当はもう一回撮影したのですが(現地で塩浜行きだった事を思い出させて頂きました)、四日市でシキ+ヨは切り離されているし、編成が短くなったにも関わらず尻切れトンボと大失敗。

とても世に出せるレベルではありませんので、完全に封印です(ぉぃ)。他の写真も似たようなものですけれど。

6360レ(=DD51-825牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

気を取り直しての6360レ(=DD51-825牽引)。セメント列車は運休かと思ったのですが、運転されていて一安心。5263レで本日の撮影終了だったら、確実に消化不良になっていたと思います。

これが今回撮影した中で一番マシなカットじゃなかろうか…と思っていたら、同行頂いた方はもっとバッチリと決めておられました。アイヤーコンカイハゼンゼンダメアルヨー(叫)。

5263レ(=DD51-891+DD51-1802)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

振り向きざまに、5263レ(=DD51-891+DD51-1802)。相変わらず光の向きは悪いです。ロケハンが適当な、動かぬ証拠です。わざわざネットに物的証拠を陳列しなくても…ですね。

ここで一旦関西本線から離れて、三岐鉄道を視察に。三岐鉄道の旅客列車…が目的ではなく、三岐鉄道のセメント列車が動いているかの確認です。三岐鉄道のセメント列車が運転されていたら、継走される5363レも運転される事がほぼ決定だからです。

この区間については合間に視察という感じだったので、全くロケハンを(以下略)。

保々駅に向かっていたら、遠くから貨物列車がやって来て、保々駅に入線するのが見えました。よし、今日は5363レの運転はほぼ決まりです。

3271レ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

そのような安心感からか、ノンビリとセッティングしていた所にいきなりやって来たけれど、何とか編成最後尾が切れずにフレームインしました。危ない危ない。

で。こちらに完全に気を取られていて、直後にやって来た対向のセメント列車(=恐らく、6360レを継走してきた列車)を完全にお見送りしてしまいました(アホ)。

そもそも、対向列車が予定表に記載されていないじゃないか!何なの、この抜けだらけの予定表。作った奴は(以下略)。

仕方がない。「対向列車を撮っていたら、次の撮影に間に合わなかったんだ。」と、後付けの理由をつけてみます。

次回撮影時に向けた予定表では、ここは要修正…とφ(。。;)。

5363レ(=DD51-825牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3271レを継走してきた5363レ(=DD51-825牽引)。5263レもここで撮影するという選択肢も考えたのですが、DD51重連に架線柱がかかりそうだったので候補から外しました。

しかし、別の方がサイドから撮影されていた写真を拝見させて頂いたところ、ギリギリかわせたらしい。ロケハ(以下略)。

撮影後に追いかけて末広橋梁で再び撮影する予定だったのですが、間に合わず。後から分かったのですが、時間が分かっていたところで間に合う見込みはなかったようですが(汗)。

結局、折り返しの5362レのみ撮影しました。

5362レ(=DD51-825牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

この橋梁、パッと見では普通の橋梁に見えますが…。

末広橋梁、跳開!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

末広橋梁、またの名を末広「跳開橋」。列車が通らない時には、船の航行の邪魔にならないようにこうなります。休日は下がりっぱなしという風に聞いていたのですが、土曜日だったので上げられたようです。

5282レ(=DD51-1802+DD51-891牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後に5282レを撮影。本当は5362レ(四日市の停車時間を利用して、再び追い抜いています)が最後だったのですが、編成長目測を誤り尻切れトンボに。

…って、5362レはさっき末広橋梁で見たじゃないか!アホだ、アホすぎる。編成長が分かっていて尻切れとか、どうやったら出来るのかと小二時間は問い詰めたい。

以上、最後まで締まらない遠征でした。



情報をご提供下さった方(情報源の守秘義務(?)で、一応は伏せさせて頂きます)、ご一緒させて頂きました皆様、撮影地でご一緒させて頂きました皆様。どうもありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 211系 ED45 三岐鉄道


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

帰省先で近鉄を撮る

帰省先】で、合間に近江鉄道、通称「近鉄」を撮影して来ました。

…申し訳ありません、近鉄違いでしたね。

ビスタカー
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いきなりやって来たビスタカー。しかし、こやつがやって来たという事は、狙おうとしていた「しまかぜ」は一足先に通過してしまったようです。残念。

通勤型車両
(クリックすると、大きい画像を開きます)

通勤型車両。近鉄は全く詳しくない…というより、鉄道には全く詳しくないので、形式等の難しい事は分かりません(ぇ)。

本当はもう少し撮影したかったのですが、同行者がダウンしたので、これだけであっさり撤収。もう少し気候の良い時期になったら、今度は一人で撮影に来ましょうかね。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 近鉄


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

帰省

実家に帰省してきました。

橿原神宮にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

初めて橿原神宮に参拝しました。

広い境内
(クリックすると、大きい画像を開きます)

境内が物凄く広いです。

見事な松
(クリックすると、大きい画像を開きます)

立派な松。

殉国之碑
(クリックすると、大きい画像を開きます)

殉国之碑。かなり頭のオカシイ皆様(かなり言葉を弱めております・笑)もおらず、心静かに冥福を祈る事が出来ました。

航空母艦瑞鶴之碑
(クリックすると、大きい画像を開きます)

航空母艦瑞鶴之碑。橿原神宮境内にあると聞いてから、いつかは訪問したいと思っておりました。

神武天皇御陵
(クリックすると、大きい画像を開きます)

神武天皇御陵。こちらも猫の子一匹見ませんでした。

半旗掲揚
(クリックすると、大きい画像を開きます)

社務所では半旗が掲げられていました。やはり今日は特別な日なのですね。上手く旗が開くまで、5分程炎天下で待つ羽目に。



わざわざ今日参拝したのは、別に政治的意図があった訳ではなく、本当にたまたま帰省した日が今日だっただけです。いつかは参拝したいと思っておりましたので、ちょうど良い機会でした。

今日一日すら静かに冥福を祈れない人間は○○と思う管理人でした。

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 写真

583系甲子園臨(シール式HM付)を撮る

先日の甲子園臨撮影】に引き続き、再び甲子園臨撮影に出かけてきました。先日は青森・聖愛高校の応援列車でしたが、今回は秋田・秋田商の応援列車です。

Twitterの見たままによると、シール式のHM付だそうです。「臨時」の幕とはまた一味違う写真が撮れそうだと楽しみにしておりました。

時間は相変わらず分からんが、この前と同じ列番らしいから同じ時間だろう…と油断していたら、この前の試合は第三試合。今回の試合は第一試合。前のスジで来たら絶対に間に合わんじゃないか!

危ない危ない。自分が撮影できないならまだしも、他の方に嘘を教えたままになる所でした。

結局、前回と同じく早めに行って待つ事に。4時半に行けば誰も居ないだろうと思っていたら…大甘でした(苦笑)。【第15回関西貨物撮影隊@第2回大サロ撮影隊】の教訓が全く活かされていませんね。

とはいうものの、今回は撮影地も広いので特に問題なし。セッティングして待つ事に。

夜明け
(クリックすると、大きい画像を開きます)

夜明けをバルブ撮影。風景写真家を名乗りながら初めての朝焼けとか、どういう事…。やっぱり鉄(以下略)。

朝焼けも撮影できたし、セッティングを直して待つ。しかし、列車がやって来るのは内線ばかりで、外線が来ない…。ちゃんと設定が合っているか不安のまま本番を迎える事になりました。

9506M(=583系秋田車6両):シール式HM付
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9506M(=583系秋田車6両):シール式HM付。日の出時間と方角から、正面に陽が当たらない事を予想していましたが、見事に当たりました!

…陽ではなく予想が、ですが。これに関しては予想が外れて欲しかったですね。

ま、こちらは「朝日を浴びて快走する甲子園臨」が撮れれば十分と考えておりましたので、そそくさと撤収して次の撮影地へ。

回9506M(=583系秋田車6両):シール式HM付
(クリックすると、大きい画像を開きます)

回9506M(=583系秋田車6両):シール式HM付。シール式HMの為、回送列車になってもそのままです。大阪駅で剥がされると考えなかったのは、生来のお気楽さ故か。

2回目の撮影は、思っていたより影が線路際まで射しこんでいた事以外はほぼ予想通りでした。大体は当初の想定通りに撮影できて満足です。

さて、これから秋田商を応援しましょうか(富山県民の皆様、ゴメンナサイ)。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 583系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

SL北びわこ号・返却回送を撮る

SL北びわこ号の送り込み回送は何度か撮影した事がありますが、返却回送は月曜日運転なので撮影した事がありませんでした。

回9919レ(=EF65-1124+12系(5両))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

回9919レ(=EF65-1124+12系(5両))。日没時間を調べて「夕陽で側面ギラリ」を狙いましたが、山影に入ってしまってあえなく沈没。もう少し東に行かないと駄目ですね。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF65


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

音符を追いかけた、暑い夏を思い出して

普通は「白球を追いかける」なんですが、管理人は吹奏楽部だった為に音符を目で追いかけておりました。しかし、普通の方ならば追いかけるほど必死になる譜面ではなかったのは内緒(何)。

そんな訳で、甲子園に出場する青森・聖愛高校の応援団を乗せた、通称「甲子園臨」が運転されましたので撮影に行ってきました。

詳細な時間は知りませんでしたが「5時頃通過の53レ(=福山レールエクスプレス)から7時30分頃まで待っていれば、そのうちやって来るだろう。」という適当な感じで待っておりました。

そう思っていたものの、実際の起床時間は二度寝により5時15分に。見事に53レ(=福山レールエクスプレス)通過時間でした(汗)。外に出て空を見上げ「もう夏至を過ぎて暗い時間帯になっているから、きっと撮れなかったはず。」と自分で自分を慰めました。まさに古典に出てくるキツネ(=自分が取れないので「あのブドウは酸っぱいに違いない!」と負け惜しみを言った)そのものです。



甲子園臨がやって来るまでに、何本か貨物列車を撮影しました。「はるか」「サンダーバード」等は面倒なので掲載スルーです(ぇ)。

先日の遠征】で見せたサンダーバードに対する態度に比べて、今回の扱いの悪さはどうなのよ…と思ったら、撮影するだけ撮影して公開していないのは変わっておりませんでした(苦笑)。

4058レ(=EF510-3牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4058レ(=EF510-3牽引)。偶然にも【先日の遠征】では4060レを牽引していた3号機でした。

3号機と相性が良いのか?と撮影結果を見直してみましたが、4回目の撮影と大して相性は良くありませんでした(苦笑)。

1051レ(=EF66-130牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1051レ(=EF66-130牽引)。前期型が数を減らしていて何気に絶滅危惧種入りしそうですが、後期型も安穏とはしていられません。何だかんだ言っても、JRになって25年だからなぁ。

1053レ(=EF210-1牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1053レ(=EF210-1牽引)。全検明け後は初撮影かな?以前に伺った話では「全検明けだが、もうかなり汚れている。」との事でしたが、EF210としては「まだ」「比較的には」綺麗な方ではないでしょうか。

1083レ(=EF66-131牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1083レ(=EF66-131牽引)。先程の130号機と連番がやって来ました。

583系甲子園臨
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本命の甲子園臨9506M。「きたぐに」亡き今、583系を撮影する機会もめっきり減ってしまいました。何とか撮影できて一安心です。

見たまま情報を上げて下さった皆様、撮影地でご一緒させて頂きました皆様、どうもありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF510 EF66 EF210 583系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

第17回関西貨物撮影隊@北陸遠征

今度は北陸地方です。メインはDE10牽引の貨物で、サブが485系「北越」、そして北越急行「はくたか」です。

何で北陸DE10かと言いますと…DE10と言えば「入替」「甲種輸送」「特大貨物」というイメージがあって、コンテナ車を牽いているイメージが湧かなかったからです。

イメージが湧かないならば、実際にこの目で見てみよう!となった訳です。

で。スケジュールを組んでみた所、485系「北越」や、北陸新幹線開通で廃止が濃厚な「はくたか」も撮りましょう!となって、最終的な計画が出来あがった次第。



毎回おなじみ、朝3時の集合。今回は【第15回関西貨物撮影隊@第2回大サロ撮影隊】でご一緒させて頂いた方が1名。いつもお世話になっている方が1名。かなり以前にご一緒させて頂いて以来、ずっと撮影地ですれ違い続けた方が1名。そして私を含めた4名です。

名神から北陸に乗り継ぎ、一路高岡へ。大体は予想通りのスケジュール。というより、想定より早い。これならば本番のDE10貨物の前に雨晴海岸で撮影できますね、といきなり予定変更です。

525D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

雨晴海岸にて氷見線を撮影。まさに早起きはワンカットの得です。

そして本日のメインイベントである新湊線貨物をすべく移動。ここかな?と撮影場所を探してみた所、目の前には万葉線の線路、そして向こう側に新湊線の線路が見える。

ネットで前もって調べていた情報「貨物列車通過の瞬間、万葉線の列車が通過して視界を遮られる」を思い出す。万葉線の列車もそれほど多くないので「まさか、そんなドンピシャでは来ないだろー。」とは思ったのですが、ちょうど農家の方が来られたので、許可をもらって下の田んぼから撮影する事に。

2091レ(=DE10-3513牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2091レ(=DE10-3513牽引)。予想以上に長い編成でビックリしましたが、何とか収まりました。

それ以上にビックリしたのが万葉線のタイミング。本当にドンピシャで視界を遮っていたではないか!陸橋から万葉線越しに撮影していたら、ドラえもんの笑顔にブロックされて阿鼻叫喚地獄絵図となっている所でした。全くもって日本の鉄道ダイヤの正確さには驚きます。

あまりのタイミングの良さに、全員で爆笑してしまいましたよ。

続けて高山本線に移動。ちょっとここで別のネタが発生したのですが、ご本人の名誉の為に自粛(謎)。

1090レ(=DE10-1728牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1090レ(=DE10-1728牽引)。紫コンテナが3個、タンクコンテナが5個。数えられるぐらいスカスカだったのがちょっと残念でした。まぁ、今回はDE10貨物を撮る事自体が目的だから、多くを望んではいけませんね。

今度は城端線に移動して3081レを撮影…も、見事に長さの目測を誤って轟沈…orz。新湊線の貨物が予想以上に長かったのだから、城端線の貨物についても長い可能性があると気を付けておくべきでした。

しかも、長編成にコンテナ満載と来たもんだ。アイヤー。

DE10-1729の横顔
(クリックすると、大きい画像を開きます)

気を取り直して二塚駅に移動。下り3081レがスイッチャーで工場に入っていく所を見学して、二塚駅で既に組成されている上り3080レを撮影する事に。

まずは停車中の機関車の横顔をスナップです。

スナップ撮影後、二塚駅滞在中に上下線普通キハ40がやって来たのですが、どちらもかなりヒドイ出来で轟沈。下りは忍者ハットリくん列車、上りは城端姫という謎のラッピング列車だったのですが…これはいかん。3080レまでに集中力を取り戻さなければ。

と思っていたら、突然踏切が鳴りだして3番線に停車していた3080レが出発するではないか!嘘やん、時刻表の出発時刻より20分は前だぞ?土曜日は早く出発するのか?

皆で呆然とする中、ゆっくりと本線に出た3080レがスピードを上げ…ずに、停車。「ん?」と思っていたら、ポイントが切り替わり、そのままバックして…上り普通が発着していた2番線に入線。

3080レ(=DE10-1729牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先程まではもう一本右の線路に停車していたのですが、謎の運用で上り本線に戻ってきました。一体何だったのか?サッパリ分かりませんが、一つだけ明らかな事があります。心臓に悪すぎるという事です。

九死に一生を得て、10両編成が収まる場所がないかを改めてロケハン。結果、10両全部を収めようとすると車両が小さくなりすぎそうだったので、編成最後尾は少々妥協する事にしました。

3080レ(=DE10-1729牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3080レ(=DE10-1729牽引)。最後尾はカーブの向こう側に消えていますが、3081レのように尻切れトンボになるよりは良かろう。

ここまでで一旦DE10貨物からは離れ「北越」「はくたか」「北陸本線貨物」を撮影する為に移動。今度は富山が目的地です。

1054M「北越4号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1054M「北越4号」。貴重な485系にも関わらず、団臨色(便宜上、管理人はこう呼んでおります)が運用入りしているとの事で「何だ、団臨色ならば天理臨で関西にも来る事があるじゃん。」と、明らかに集中力が切れておりました。集中力が切れているので、シャッターを切るのも遅い。左端の架線柱が邪魔すぎて、これはひどい。

475系(青色)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

続けて475系の普通列車。先程に国鉄リバイバル色が上り普電で行ってしまっていたので(車内から撮影できたのは一名だけ)、来ても青色編成だろうと思っていたら案の定。

関西から来た人間には、これでも十分珍しいんだから「ちゃんと撮れよ!」とツッコミが入りそうです。私だって自分にツッコみたいぐらいです(汗)。

先程の485系よりはマシですが、やはり左端がカツカツですね。

それにしても、塗装がカサカサのパッチワークです。塗り替えてから物凄い時間が経過している訳でもないはずなのに、何故にこんなに傷むのが早いのか?

あぁ、富山だから潮風にやられているのですね。と無理矢理納得させる事に。

上り普通が行った後も、まだ遠くで踏切が鳴っている。先程下り特急が行ったので(下りについては、真面目に調べてすらいないという…)、普電が来るのだろう。去年の運用表通りならば、先程行った上り普電475系国鉄リバイバル色は本日の営業は終了しているはずです。来るとしても青色か、良くて白色か。

475系(国鉄色)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こういう時に限って、やって来てくれるんですよねー。念の為に構え直しておいて本当に良かったです。やはり去年は去年、今年は今年でした。

ネタ的にはここで見送る羽目になっていた方が面白かったのかもしれませんが、そんなお約束とはサヨウナラ。約束は破る為にあるのだから(最低)。

そんな管理人にバチが当たったのか、撮影できた嬉しさで後追い撮影を忘れる。北陸本線開通130年記念のロゴは編成後ろ側に入っていたようです(アホ)。バチが当たったんじゃなくて、自業自得ですね。

まぁ、撮れただけでも御の字です。これで気持ち良く「はくたか」を待つ事が出来ます。

1008M「はくたか8号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1008M「はくたか8号」。北越急行ホームページ掲載の編成表通り、スノーラビットがやって来ました。今回はこれも撮影対象に入っていたので、上手く運用入りしてくれて一安心でした。

無事にここまで撮影できたので、今回初めて遠征をご一緒させて頂いた方のアドバイスを元に構図を変更します。

475系(白色)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

うむ、絶対にこちらの方が良かったですね(汗)。架線柱もさほど気になりませんし。引き付けてフレームインさせられる自信がなかったのですが、少々危険な橋でもこちらを渡るべきでしたか。覆水盆に返らず。

ま、これから通過する貨物列車をしっかり捉えられれば良かろう。74レはEF81-404らしいし、列番からしても相当コンテナがぎっしり載っているに違いありません。

74レ(=EF81-404牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…74レは、EF81-404牽引だったにも関わらず、まさかの空コンテナ車5両。通称「フレームライナー」でした。

74レなんて列番が付いていたら、否が応でも期待が高まるじゃないですか。遠目に見た時は「単機か?」と勘違いしました。

4060レ(=EF510-3牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4060レ(=EF510-3牽引)。こちらはコンテナ満載でした。 74レと逆だったら良かったのに…なんて、口が裂けても言いません。 

今回ご一緒させて頂いた方の写真を見せて頂きましたが、空の青さをバッチリ写しとられておりました。それに比べて管理人の写真は…orz。知識も技術も不足しすぎです。

ここでの撮影は切り上げ、またまた移動。今度は倶梨伽羅峠へ。木曽義仲で有名な、あの倶梨伽羅峠です。

1012M「はくたか12号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

自然の中を走る サンダーバード 「はくたか12号」。関西近辺では「何だ(サンダー)バードか。」とシャッターを切る事すらない事もありますが「はくたか」だからちゃんと切りますよ。

いやいや、サンダーバードだったとしても切りますよ。…何ですか、その疑いの目は。実際、10分前に通過したサンダーバードも撮影しています。 流線型の先頭じゃなかったから載せていないけれど(ぉぃ)。 

475系(白色)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

 再びの475系 (※)某掲示板でご指摘を頂きましたが、413系だそうです。ド素人なので違いが分かりません…(汗)。521系にばかり遭遇するのかと思っていたら、意外と 475系 国鉄型がやって来ます。関西在住の身としてはありがたいです。

1056M「北越6号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1056M「北越6号」。大阪~青森を結んでいた特急「白鳥」にちなんで、私は勝手に白鳥色と呼んでおります。今は別の区間で特急「白鳥」が運転しているんだから「そりゃないだろう!」というツッコミが入りそうですが、個人的な呼び方なのでご容赦下さい。

こちらも見たまま通りでした。先程の団臨色より気合を入れて撮影している気がするのは、おそらく気のせいです(汗)。

最後に新湊線貨物を再び撮影するべく、最後の移動…の前に、小さなハプニング。【前回のハチ】に続いて、今回はアブです(汗)。例によって逆側のドアからソーッと乗り込み。何で毎回こうハプニングが起こるかねぇ?

2094レ(=DE10-3513牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2094レ(=DE10-3513牽引)。朝、2091レを撮影した場所の逆アングルです。【81レ原色重連】の時にもEF66-35の両エンドを撮影しましたが、DE10貨物も両エンドをそれぞれ撮影する事になりました。

だって、DE10貨物は数が少ないから、ピンポイントで全て狙わないともったいないですし。何より、DE10はエンドによってイメージが大きく変わりますから。

しかしDE10狙いだけだと手持無沙汰になる為、今回のように東奔西走する事になる訳でして。

実際、この後にもう一度氷見海岸に戻って氷見線を撮影しましたので(笑)。私はシルエッター(謎英単語)ではない為に爆死しましたが…。

この後は氷見うどんを食べてから帰阪する予定だったのですが、まさかの氷見まつり開催に阻まれて断念。小矢部川SAで各自夕食を食べての帰阪となりました。今回も現地の名物を食す機会にありつけず、残念。切り!

そう言えばギター侍ってどうしてるんでしょうね。

撮影地でご一緒させて頂きました皆様、無謀な遠征にお付き合い頂きました皆様。今回もありがとうございました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : キハ40 DE10 485系 475系 683系 EF81 EF510 413系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

赤川橋梁にて

片側が鉄道、もう片方が歩道橋となっている、全国でも珍しい「赤川橋梁」。今秋での歩道橋閉鎖(=おおさか東線の新大阪延伸工事の為)が決まっていた為、ちょっとだけ撮影に行って参りました。

現地に看板が掲げられており、10月31日閉鎖と正式に告知されておりました。看板を撮影してくるのを忘れたのが悔やまれます。

1083レ(=EF66-101牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

やって来た1083レは、EF66-101牽引でした。EF66-100番台の前期型に属し、ヘッドライトが丸型なのが特徴です。プチラッキーでした。

左下が妙にカツカツなのは、管理人の不注意で先客の方の手が写りこんでしまった為、トリミングを施した結果です(汗)。



昨日、東海道線で火災が起こしたのは1083レ牽引中のEF66-107だったらしく、偶然ですが1083レ牽引中のEF66-100番台前期型でした。

EF66-107は【先日の遠征】で撮影していた機関車。EF64-60、EF210-901、EF66-107…「管理人が撮影した機関車は故障する。」等という、雨男以上の不吉なジンクスが出来なければ良いのですが…。

まずはEF66-107の復帰を期待したい所ですが、かなりの延焼度合いだったようですので、残念ながら復帰は期待薄かもしれません。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真