三室戸寺にて

高知行きサロンカーなにわで盛り上がった土日ですが、体調不良により四国には行けず…(涙)。

三室戸寺にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局、三室戸寺につづじを撮影に行ってきました。

あじさいだけでなく、つつじでも有名らしい
(クリックすると、大きい画像を開きます)

三室戸寺と言えばあじさいで有名ですが、つつじも有名らしいです。つつじ「も」有名だと知ったのはつい先日の事なのですが(汗)。

三室戸寺
(クリックすると、大きい画像を開きます)

三室戸寺にて。

水玉を上手く撮れれば面白い世界が広がると思ったのですが
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本当はつつじが写り込んでいるような水玉を探したかったのですが、つつじの場所と離れているので無理でした。ちゃんと面白い世界が見えるまで頑張って探せよ!

みむろどう
(クリックすると、大きい画像を開きます)

三室戸寺参道にて。

三室戸寺庭園にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

つつじ山に向かう手前に庭園がありました。

誰かが作った花飾り
(クリックすると、大きい画像を開きます)

誰かが作った花飾りがかけてありました。

落ち着いた庭園
(クリックすると、大きい画像を開きます)

小規模ですが、落ち着いた庭園でした。

紅葉?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

紅葉…にしては時期が早すぎます。新緑が紅く見えているのでしょうか?

三室戸寺にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

庭園の池にもネットが張り巡らされており(鯉泥棒対策?)、なかなか撮影に難儀しました。

少し時期が遅かったかな…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

写真では分かりづらいですが、ちょっとつつじの旬は過ぎていたようです。少し遅かったかな…。藤、つづじ共に来年は一週間ほど早く見に行くように心がけようと思います。

茶屋にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

庭園の中にあった茶屋にて一服。

つつじと新緑
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後に少し天気が回復傾向になりました。
スポンサーサイト

テーマ : 風景写真 - ジャンル : 写真

500円玉貯金、満額!(4回目)

500円玉貯金が満額になりました(4回目)。【3回目の模様についてはこちら】をどうぞ。 過去画像の使い回しでは(略)。 

500円玉貯金、満額!(4回目)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

∩(・ω・)∩ばんじゃーい。

前回が2016/4/15~、今回が2017/5/12~なので、大体1年に1回満額になる計算みたいです。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

演奏会に行ってきました

昨日17日(金)ですが、【昨年9月以来】久しぶりに演奏会に行ってきました。今回は音楽の師匠にお誘いいただきました。曲目は

ショスタコーヴィチ:交響曲第11番
ショスタコーヴィチ:交響曲第12番

…部外者の私が言うのも何ですが、これ客は入るのか?と思ったら、17日(金)と18日(土)の2回公演らしいです。世の中には 私のような変わり者 ショスタコーヴィチファンが多いようで何よりです。

それにしても、交響曲第11番と第12番をまとめて聴けるなんて貴重な機会です。どうもこの2曲はショスタコーヴィチの交響曲の中では世間的評価が低めと言えます。作曲者本人が本人の意思とは無関係に「ソ連政府の圧力に負けて仕方なしに作曲したから」という説もありますが、その辺りはこんなしょぼいブログではなくちゃんとしたサイトを調べればワンサカ出てくると思います。

かく言う私も、実はこの2曲はあまりちゃんと聴いた事がない気がします。よく聴くのは

第5番(ベタですね)
 ⇒ 第4番(破滅的なフーガが素晴らしい)
 ⇒ 第8番(3楽章の機械的な冷酷さが良い)
 ⇒ 第15番(消え入りそうな静寂感が良い)
 ⇒ 第10番(事故が発生しそうな2楽章が楽しい)
 ⇒ 第7番(ちーちんぷいぷい!(謎)と最後の高揚感が素晴らしい)
 ⇒ 第2番(ウルトラポリフォニーと「レーニン!」の絶叫が良い)
 ⇒ その他…

という感じです。ちなみに、第2番を聴いていますが共産主義者ではありません(笑)。

第1番、第6番、第9番辺りは軽い雰囲気がショスタコーヴィチらしくない気がする(既にこの時点で先入観バリバリで歪んでいると言える)、第3番はあまり知らない(コラ)、第13番と第14番は内容がヘビーすぎる(第13番は「バビ・ヤールの虐殺」がテーマ、第14番の副題は「死者の歌」…)。

さて、第11番と第12番です。やはり前情報「ショスタコーヴィチらしくない、本人の意思が入っていない、駄作であるという世間のの評価が聞こえてくる…。」に引きずられていた面があります。知識は持っていた方が良いと思いますが、それが先入観、固定観念に繋がっているのは望ましくない。今回は貴重な機会なので、それらを一切忘れて楽しむ事にしました。

結果…力の入った演奏だった事もありますが(特に第12番が良かった)、確かに第4番や第8番のような方向とは異なるものの、普通に楽しむ事ができました。やっぱり食わず嫌いはダメと痛感した次第です。

さて、生で聴いた事があるショスタコーヴィチの交響曲は第4番、第5番(一番ベタなので、多分どこかで聴いているはず…適当だなぁ)、第10番、第11番、第12番、第15番となりました。次は第8番あたりを聴いてみたいのですが、どこかで演奏してくれませんかねぇ。

この中でよく覚えているのは第10番。初めてフェドセーエフの指揮を見た、スネアのオジサンが凄かった、近くに座っていたカップルがオタクの彼氏&彼女は無理矢理連れてこられたみたいで思いっきり寝ていて「振り回されてかわいそうに…。」と「この名演で寝るとか許しがたい!」と同時に思ったとか(笑)、色々ありました。



余談。第11番終了後にフライング拍手をしてしまった人が出て、私は「万死に値する!」と怒り心頭でしたが、師匠は「ある程度予想していた。仕方ないよ。」と達観。さすが師匠、人間の出来が違いました。

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

ネットワークのお話二題

珍しくコンピュータの話題でも。



私のデジタル機器群はWindowsノートPC1台・Linuxサーバ1台で構成されており、ノートPCに外付HDD1&2がUSBで、Linuxサーバに外付HDD3が接続されていました。

ネットワーク構成図(前)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ノートPC
 ⇒ 外付HDD1(USB接続)
 ⇒ 外付HDD2(USB接続)
 ⇒ 外付HDD3(LAN経由、Samba利用)

の順番で、rsyncでデータをバックアップしていたのですが、rsyncの時に遅延書き込み発生でエラーが頻発するようになりました。

外付HDDは先日購入したばかりなので故障は考えにくいし、普通にファイル閲覧する分には問題が発生しないし…と頭を悩ませていたのですが、rsyncを動かすと外付HDDの電源が切れる音がする事に気付きました。

どうやらUSBを他にもタコ足配線しすぎて電源容量不足寸前になっており、rsyncを動かすとアウトになるというギリギリのバランスらしい。

さてどうしたものか…と少々悩んだのですが、ふと自宅サーバの背面を見ると都合良くUSBポートが2個余っているじゃないか。

ネットワーク構成図(後)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

という訳で

外付HDD1をLinuxサーバに繋ぎ換え
 ⇒ 外付HDD1をext4でフォーマットし直し
 ⇒ 外付HDD1をSambaでアクセスできるように設定変更
 ⇒ 外付HDD2のデータをコピー
 ⇒ 外付HDD2をLinuxサーバに繋ぎ換え
 ⇒ 外付HDD2をext4でフォーマットし直し
 ⇒ 外付HDD2をSambaでアクセスできるように設定変更
 ⇒ ドライブレターを今までと同じになるように変更
 ⇒ rsync実行

とする事で問題解決!

…バックアップデータをLAN経由で流すので帯域を圧迫するだとか、サーバマシン経由で負荷をかけるのはいかがなものか?という問題はありますが、どうせ大して使われていないサーバマシンなので問題なかろう(何)。



その自宅サーバですが、数日前から外部からのHTTPアクセスが繋がらなくなり「???」と検討。

Apacheが死んだか?という事でプロセスを確認するも問題なし。念のためにサーバを再起動しても変化なし。自分のPCからアクセスしてみると問題なく繋がる…。

という事は、ルータが怪しいので再起動…も変化なし。

無料DynamicDNSサービスが不調か?と疑って、別の無料サービスを使って外部からpingを打ってみるとpingは通る。疑ってごめんなさいm(_ _)m。

外部からポート80番にアクセスできるか試してみるとアクセスできず…。という事は、やっぱりルータ(正確にはNAT変換)がおかしいか、サーバのiptablesがバグったか。

iptablesを無効にしてみるも、やはりアクセスできず。これでルータが原因と確定しました…が、特に変な所もないような。

うーんと頭を捻ったのですが、ふと見るとNAT変換する接続先は1で、現在は接続先2に繋いでいる。「何じゃ、これ?」NAT変換する接続先を変更したところ無事に繋がるようになりました。

そういえば数日前、家人が「N○Tから電話があって、言われるがままにPCの画面を操作した。」と言っていた事を思い出しました。その時は「ふーん…。」と聞き流していましたが、まさか接続先を変更するという事までは想像していませんでした(汗)。

テーマ : 通信・回線・サーバー - ジャンル : コンピュータ

演奏会に行ってきました

先月にショスタコーヴィチ交響曲第4番の演奏会に行ってきまして(例によって日記のネタにするチャンスを逸しましたが…)、久しぶりに音楽を聴く気になってきました。

もう一曲は三好晃のピアノ協奏曲。こちらも面白い曲でした。吹奏楽をやっていた身としては「あぁ、クロス・バイ・マーチを作曲した人の曲だな…。」という感想でした(ぇ)。

その演奏会もかなり力の入った演奏で素晴らしかったのですが(若干ホルンが怪しかったけれど…苦笑)、昨日はショスタコーヴィチではなく

ドラゴンクエストVの演奏会プログラム
(クリックすると、大きい画像を開きます)

交響組曲「ドラゴンクエストV」の全曲演奏会でした。ドラクエVは一番やりこみまくったゲームなので、実に懐かしかったです。はぐれメタルが仲間になったのにセーブし忘れ、後で絶叫した記憶が蘇ります(笑)。

演奏会自体はとても良かったです。細かい事を言えば、ラストに演奏された「結婚ワルツ」で、ラストもラストで若干だけテューバがフライングした事と、指揮者が一曲目アンコール紹介時に出典を間違えた(×ドラクエX ○ドラクエIX)事ぐらいかな。

初めて生ですぎやまこういち先生をお見かけしました。御年85歳とは思えない若さでした。ギネスブックへの掲載、おめでとうございます(イチロー選手と同じページに掲載されたそうです)。

購入してきたCD
(クリックすると、大きい画像を開きます)

販売会では2枚のCDを購入。後ろのTp、Tb、Pianoトリオは初めての音源。手前のN響版は過去に発売された2枚組を持っていますが、キングレコード版で揃えたかったので購入。この辺りがビョーキと思われる所以。

ロンドンフィル版6枚組を買えばスコアが印刷されたクリアフォルダを頂けるとの事で一瞬興味を持ったのですが(上記CD2枚では、すぎやま先生のクリアフォルダ2枚)、6枚のうち1枚だけ被るのではなく6枚全てが被るのでさすがに自重。重度のビョーキではなかったと一安心。

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記