新しい被写体に挑戦!(その2)

(事実上)初めての被写体である飛行機を撮影後】、これまた事実上初撮影に近い被写体を撮るべく移動しました。

工場夜景に挑戦
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次なる被写体は工場夜景でした。【一度だけ室蘭でお遊び程度に撮った事があります】が、こちらもほぼ初めての被写体と言って差し支えあるまい。

メカニカルな感じが素敵です
(クリックすると、大きい画像を開きます)

メカニカルな感じが素敵です。

切り取り方が難しい…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

しかし、どこを切り取って撮影すると良いのかがなかなか難しいです。

24時間操業
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こんな時間は消灯しているのでは?と危惧しましたが、24時間操業なのでしょうか。

巨大なジャングルジム
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まるで巨大なジャングルジムです。

炎がメラメラ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

炎を吹き上げている塔もありました。

闇夜に浮かび上がる
(クリックすると、大きい画像を開きます)

不夜城の如くでした。

飛行機に続き、こちらも興味深い被写体でした。最近は工場夜景の撮影がブームらしいと聞いていましたが納得です。

新しい被写体撮影にお誘いいただき、誠にありがとうございましたm(_ _)m。
スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色 - ジャンル : 写真

新しい被写体に挑戦!(その1)

9月30日(土)は【8865レ撮影後】に新たな被写体を撮影してきました。

飛行機!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

新たな被写体とは飛行機でした。実は一度米子鬼太郎空港に立ち寄った事はあるのですが、ほとんど飛行機が降りてきませんでしたので…これが事実上の初撮影です。

轟音を立てながら
(クリックすると、大きい画像を開きます)

着陸する模様を追いかけながら

滑走路に向かっていきます
(クリックすると、大きい画像を開きます)

何枚も撮影しました。

プロペラ機も飛んでいるんですね(無知)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

プロペラ機も飛んでいるんですね(無知)。

次々に着陸してきます
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次から次へと着陸してきます。次の飛行機が見えているというラッシュ。

夕陽を浴びて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

だんだん夕陽を浴びて紅くなってきました。

着陸!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

着陸の瞬間をパチリ。

プロペラが止まるぐらいのシャッタースピードが正しいのか?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

飛行機の撮り方は良く分からないのでテキトー撮影です。シャッタースピードはさらに早くして完全にプロペラが止まるようにすべきだったのか?それとももっと遅くすべきだったのか?

月と飛行機
(クリックすると、大きい画像を開きます)

なかなか上手くコラボできませんでしたが…。

追いかけっこ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本当に着陸ラッシュです。着陸する数と離陸する数が釣り合っていないように感じます。

形式が分かればさらに面白いのかな
(クリックすると、大きい画像を開きます)

全然形式も分からず夢中で撮影。形式が分かればさらに面白いんだろうな。

テイクオフ間近
(クリックすると、大きい画像を開きます)

テイクオフ間近の模様を撮影。

着陸の風景
(クリックすると、大きい画像を開きます)

日が暮れてきたので、着陸時をバルブ撮影。光の軌跡がピューッと残るイメージだったのですが、なかなかに難しいです。

流し撮り
(クリックすると、大きい画像を開きます)

離陸ポイントに向かう飛行機を流し撮り。

離陸準備
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ほとんど止まらずに離陸する飛行機が多いですが、一瞬止まってくれる飛行機もあります。その一瞬を狙います。

一瞬のきらめき
(クリックすると、大きい画像を開きます)

滑走路ってこれだけ煌びやかなのですね。

光のページェント
(クリックすると、大きい画像を開きます)

光のページェント。

離陸ラッシュ!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

着陸ばかりだった夕方とは対照的に離陸ラッシュ!奥では次の飛行機が向かってきています。

いやー楽しかった!こりゃ面白い!次は立ち位置を変えて再挑戦してみたいと思いました。

次の新たな被写体はこちら】。

テーマ : 航空機 - ジャンル : 写真

鉄道模型運転会(赤ホキ&大サロを中心に)

9月18日(月・祝)の模様です。久しぶりに鉄道模型を運転してきました。【先日に模型いじりをしていた】のもこの日のためでした。

C57-1牽引SLやまぐち号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8月1日(火)に撮影してきたSLやまぐち号】を再現しました。本当はC56との重連をしてみたかったのですが、残念ながらC56は所有しておりません…。

EF66-27牽引赤ホキ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF66-27牽引の赤ホキ。

DD51-852牽引サロンカーなにわ(機番はキニシナイ)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DD51牽引のサロンカーなにわ。本当は1191号機+1193号機による重連なんてのを再現したかったのですが…。

EF65-1065試験塗装牽引赤ホキ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF65-1065試験塗装牽引の赤ホキ。EF65が赤ホキを牽引した時代があるのか?あったとしても試験塗装時代に牽引した事があるのか?という疑問はありますが、色々と再現できるのが鉄道模型の良さだと思いますので。

EF65-1124牽引サロンカーなにわ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

トワイライトエクスプレス亡き後、サロンカーなにわ専用牽引機に見えるEF65-1124牽引のサロンカーなにわ。

EF64-1049牽引赤ホキ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF64-1049牽引の赤ホキ。1046号機でないのは、私が初めて撮影した広島更新色が1049号機だからです。

DD51-852牽引鵜殿貨物
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「さよならDD51紀勢本線貨物列車セット」より。

EF64-1010試験塗装牽引赤ホキ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF64-1010試験塗装牽引の赤ホキ。

ヨ38000先頭DD51-1001推進運転8554レ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前後逆ではありません。本当にこんな形態で運転されていた(らしい)ヨ38000先頭DD51-1001推進運転の8554レ。ド派手なヨ38000が目立ちます。

EF64-1015三色更新+EF64-1010試験塗装牽引石油列車
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF64-1015三色更新+EF64-1010試験塗装牽引の石油列車。同時在籍していたのかは不明ですが、三色塗装や試験塗装も居たならば組み合わせ数が爆発的に増えてさぞかし撮影は大変だった事でしょう。

動画はこちら↓でお楽しみください。

テーマ : 鉄道模型 - ジャンル : 趣味・実用

鉄道模型(≒直流電気機関車)いじり

久しぶりに鉄道模型を何かいじりたいなーという気分になりまして、まずは直流電気機関車に手を付ける事にしました。

今まではホイッスルや手すりはもちろん、ナンバープレートすらも何にも付けていなかったのですが、改めて見てみると付いていないのはかなりイケてない事に今更ながら気付きました。

付けていなかった理由は単純明快、メンドクサイから!…というのはしばき倒されそうな理由なのでもう少しマシな理由付けを考えてみると、まーとにかく不器用なのであんな細かいパーツなんて付けられるかーという感じでした。

しかし、このまま放置しておくわけにも行くまい。ヘタはヘタなりに練習せんと上手くならんぞという訳で一念発起。

機関車集合(1)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

集合写真その1。左から
 ・EF55-1
 ・EF58-35
 ・EF58-61
 ・EF58-119
 ・EF64-1009
 ・EF64-1010
 ・EF64-1015
です。

機関車集合(2)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

集合写真その2。左から
 ・EF64-1046
 ・EF64-1049
 ・EF65-100
 ・EF65-114
 ・EF65-1033
 ・EF65-1065
 ・EF65-1124
です。

EF55-1
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「ムーミン」というあだ名があるユニークなEF55。引退直前にEF55が牽引する臨時列車に乗りに行ったなぁ…。

EF58-35
(クリックすると、大きい画像を開きます)

側面七枚窓が特徴的なEF58-35。どうもこういう特徴的な機関車を集める事が一時的にマイブームだった模様(記憶なし)。

EF58-61
(クリックすると、大きい画像を開きます)

お召し専用機の61号機。58-61というナンバーの車を見たら鉄道マニアと思って間違いあるまい(笑)。

昔、品川駅で列車を見ていたら単機でヒュン!と通過したのが唯一の目撃例です。

EF58-119
(クリックすると、大きい画像を開きます)

特急色のEF58。119号機にしたのは「119って素数でしょ。」という極めてテキトーな思いで決定!

…したら119は素数じゃなかったよママン…(アホ)。119=7×17。

EF64-1009
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一見普通の大宮更新色ですが、実はビミョーにどこか違います 加工が手抜きだなーというのはお見逃しくださいませお代官様 。現在の1009号機はいつもの状態に戻っています。

EF64-1010
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1010号機にこんなやんちゃな時代があったらしいです。当然ながら大宮更新色時代しか撮影した事がありません。

EF64-1015
(クリックすると、大きい画像を開きます)

テキトーに色を塗った訳じゃないですよ!EF64にも三色更新色時代があったらしいです。EF65と見分けが付かんからという事で今の色に変わったらしいです。

EF64-1046
(クリックすると、大きい画像を開きます)

私の最も大好きな更新色、EF64広島更新色です。まずは1046号機。

EF64-1049
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一緒の写真じゃないか!と突っ込まれそうですが、1049号機も用意しております。なかなか実現しない重連を模型で再現してやろうと画策中。

EF65-100
(クリックすると、大きい画像を開きます)

実物を見た記憶すら怪しいEF65一般型。何故か100号機と114号機の2両セットを所有しておりました。

EF65-114
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先のセットの片割れです。

EF65-1033
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF65広島更新色は2127号機は撮った事がありますが、1033号機は見た事すらありません(多分)。

EF65-1065
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2065号機になってからは撮影した事がありますが、1065号機試験塗装時代は当然ながら見た事もありません。しかし、やたらと派手な塗装ですね…。こりゃ現役時代はさぞかし目立っていた事でしょう。

EF65-1124
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こちらは最近しばしば見るようになったEF65トワイライト色です。

本日はここまでで力尽きました。残りの直流電気機関車、交直流電気機関車、ディーゼル機関車…まだまだ先は長そうです。

テーマ : 鉄道模型 - ジャンル : 趣味・実用

CTU設定画面の謎

昨日の話ですが、突然自宅のネットワークから外のインターネットに繋がらなくなりました。

「あー、ルーターとかが死んだかな。」という訳で、何度か再起動を試みるも復旧せず。「こりゃ外部のネットワークが死んでるな。」という事で不貞寝。明日になったら復旧しているだろうと期待。

夜が明けて接続を試みたもののやっぱり繋がらず。固定電話からどうなってるんだと電話をしようとしたら「機器の電源が入っておりません。」と抜かす始末。完全な孤島状態です。

携帯電話からN○Tに伝えたところ、やっぱりマンションのネットワーク機器が死んでいるらしく「復旧作業が必要です。」との事。途中から予想した通りではあります。

「機器が故障した場合に備えて二重化してないんかい!」とか「電話してくるまで放置か?死活監視していないのか?」とツッコミ所は山のようにあるのですが、とりあえずそれは置いておいて。

試しにCTU設定画面にアクセスしようとしたら、何故かこれも繋がらない。マンションのネットワーク機器が死んでいても自宅内ネットワークにあるCTUならば繋がるはずなんだが…?

試しにpingを打ってみると、これは普通に返ってくる。はて?

そしてネットワーク復旧後、再びCTU設定画面に繋いでみると繋がるではないか。実はCTU本体が設定画面を返しているのではなく、外部にアクセスしているのか?ネットワークが死んでいる間はpingは返ってくるがHTTPは返してこなかったとしか思えない症状です。ホンマかいな?

何だか釈然としないドタバタ劇でした。

テーマ : トラブル - ジャンル : コンピュータ