衣浦臨海鉄道&紀勢本線、紀伊半島一周の旅

4月22日(土)~23日(日)の模様です。

22日(土)ですが、DD51-853が衣浦臨海鉄道に入線するらしいという風の噂を聞きつけて撮影に出かけてきました。

撮影地として有名な陸橋にギリギリに到着したところ三脚が林立!どうやら噂は本当のようです。端っこの方にちょこんと立たせてもらいました。

5570レ(=DD51-853+KE65-3牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5570レ(=DD51-853+KE65-3牽引)。何だか親子みたいですね。

碧南市駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

碧南市駅で撮影会が実施されました。衣浦臨海鉄道の皆様の心遣いに感謝です。

単機訓練の模様(1)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

その後、4往復ほどDD51-853単機による訓練列車が運転されました。

単機訓練の模様(2)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

普通の白ホキ編成では撮影しにくい場所でも、単機ならば撮影できました。

単機訓練の模様(3)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

春の残り香と合わせたかったのですが、なかなかに難しい…。

単機訓練の模様(4)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これも白ホキ編成だと難しいアングルです。

5571レ(=DD51-853牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

光線的には厳しかったですが、S字感を出したかったので。

550レ(=DD51-853牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

碧南線の白ホキに続き、半田線のコンテナ列車も牽引しました。

お召し牽引機、KE65-2!?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

半田埠頭駅でも撮影会が実施されましたが、KE65がお召し牽引機として?登場しました。ユニークなサービス、本当にありがとうございました。

逆アングルからKE65-2
(クリックすると、大きい画像を開きます)

逆エンド側も撮影。

DD51-853もじっくり観察できました
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DD51-853も展示されていました。鉄道模型の参考にされるのか、床下機器を熱心に撮影されている方なども見受けられました。

5573レ(=KE65-3牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ある程度のところで撮影会を切り上げ、5573レ(=KE65-3牽引)撮影に向かいました。

551レ(=DD51-853牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後は551レ(=DD51-853牽引)でフィニッシュ!

…横アングルでも同時撮影したのですが、その写真を間違って消してしまった…orz。ここ最近、間違って消してしまったケースが多いのでもう少し注意深く選別しなければ…と反省。



衣浦臨海鉄道撮影後、車に積み込んだ寝袋を頼りにそのまま紀伊半島を時計回りに一周。23日(日)は天気が良さそうだったので、ドライブと白浜温泉が主目的でした。

2327M
(クリックすると、大きい画像を開きます)

列車の写真はほとんど撮影できず…。主目的が主目的だから別にいいや。

白浜温泉 牟婁の湯(むろのゆ)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

白浜温泉では「どこに入ろうかな?」と思案。「崎の湯」「長生の湯」「とれとれの湯」と入った事があるので、今回は「牟婁の湯(むろのゆ)」をチョイスしました。

穏やかな海、一点の曇りなき空
(クリックすると、大きい画像を開きます)

入浴後、近くの海と空をパチリ。本当に穏やかな天気の一日でした。

鯛茶漬けも頂きました
(クリックすると、大きい画像を開きます)

フィッシャーマンズワーフで鯛茶漬けも頂きました。ごちそうさま!

次は藤の季節ですね
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中の紀ノ川SAにて。桜の季節は終わってしまいましたが、次は藤の季節ですね。GWにまた撮影に行かなければ。

動画はこちら↓でお楽しみください。





情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 衣浦臨海鉄道 DD51 KE65 105系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

知多半島遠征

本来ならば【北海道遠征】の後編や伯備線遠征の模様を先に書くのが筋なのですが、もう既に記事執筆が遅れまくっているので(汗)、開き直ってもう少しじっくりと記事にする事にします。

これらの記事がいつまで経っても執筆されなかった場合はやる気をなくしたと判断してください(蹴)。



そんな訳で、速報性の高い本日遠征分を優先的に記事にします。行先は知多半島です。

元々は遠出をするつもりもなかったのですが、衣浦臨海鉄道で【この記事】を偶然発見したのがきっかけです。

「え?まだHM付いてるの?(ぉぃ)」

前日23時に気付いて目的地決定とか、相変わらず適当すぎる…。



以前に撮影した跨線橋】に1時間前に到着した際には、既に先客で満員御礼。これは困ったと慌ててロケハンし

5570レ(=KE65-5+KE65-3重連牽引)、「FA・炭カル輸送25周年」HM付
(クリックすると、大きい画像を開きます)

わずかながらですが、季節感を入れられる場所を見つけました。ちなみに、後ろに写っている跨線橋がいつも撮影している場所となります。

折り返し5571レまで時間があったので碧南市まで行ってみる事にしました。いつもは5570レ撮影後に稲沢や四日市に移動するため、実は碧南市まで行った事がなかったりします。

作業中の白ホキ列車(敷地外から撮影)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

敷地外の離れた所から作業中の白ホキを撮影してみました。

「FA・炭カル輸送25周年」HMをアップで(敷地外から撮影)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先程とは反対の第1エンド側を撮影。「あれ?上記PDFの案内と違って反対側も同じHMなの?」

まぁ、半田線コンテナ列車に「FA・炭カル輸送25周年」HMが取り付けられているのも違和感がありそうなので別に構わないのですが。

5571レ(=KE65-5牽引)、「FA・炭カル輸送25周年」HM付
(クリックすると、大きい画像を開きます)

出発前の様子から5571レは白ホキ6両と分かっていたのですが、いかんせん編成長がピンと来ない。予定では後ろまで編成が巻くはずだったのですが(苦笑)。編成が長いのは午後の5573レかもしれません。

しかし、名古屋からそう遠く離れていないにも関わらず、完全に森の中のように撮影できるのが凄い。ますます衣浦臨海鉄道のファンになりました。



ここまでが碧南線での白ホキ撮影でしたが、次は初めて武豊線~衣浦臨海鉄道半田線でコンテナ列車を撮影してみる事にします。

まずは武豊線での撮影。撮影に来た事がないので撮影地を知っているはずもなく、ロケハンからスタートです。

550レ(=KE65-5牽引)、「開業40周年」HM付
(クリックすると、大きい画像を開きます)

何故か稲刈りされていない田んぼを見つけたので、前面に配しての撮影です。しかし、今の時期になっても刈られていないとは不思議です。誰かが「秋にHMが付くので、お願いだからそこまでは刈りとらないで!」と交渉してくださったのかも?

半田線の走行距離は短いので「撮れそうなのはここだけかな。」とアタリを付けておいた場所に移動です。

550レ(=KE65-5牽引)、「開業40周年」HM付
(クリックすると、大きい画像を開きます)

東成岩駅で機回しをしており、編成の前後が逆転しています。

それにしても、完全に山の中じゃないか!ちょっと視線をずらすと工業地帯になっているとは思えない雰囲気です。

あと、KE65-5両エンドを繰り返し撮影する格好になりましたが、大府に戻った際に律儀に両エンドのHMを交換しているようです。編成違い・HM違いで色々と撮影でき、満足の結果となりました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 衣浦臨海鉄道 KE65


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

再々・中京地区遠征

「運用通りに流れれば、7/11(土)の白ホキはEF66-27牽引だ!」という事に気付き、【先々週】【先週】に続いてまさかの三週連続中京地区遠征を企画しました。どう見てもただの暇人です(汗)。

しかし残念ながら、5052レで上京後に差替となってしまってEF66-27+白ホキは実現せず。

ならば行く要件が無くなったのかと言いますと、さにあらず。某掲示板でいつもお世話になっている方がオフ会を企画されたので、私も少しばかり顔を出させていただこうかと思っておりました。



早朝からいつものポジションで撮影します。遠征先にいつものポジションがあるというのもおかしな話ですが…(汗)。

近くの踏切が有名なのですが、意外と障害物が多くて難しく感じます。こちらはフェンスさえ越せれば上下(上りは障害物の回避方法が分かっていませんが…)を効率良く狙えるのが利点です。

5263レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5263レ(=DD51-852牽引)。【先々週】【先週】と撮影しており、最近妙になじみ深い原色852号機。JR西日本のDD51より見る回数が多いんじゃないかと思います。

そうかそうか、そんなに私に撮影して欲しいのか(黙れ)。

2083レ(=DD51-889牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2083レ(=DD51-889牽引)。

4084レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4084レ(=EF66-30牽引)。これまた【やたらと】【よく見る】EF66-30です。

そうかそうか、そんなに私に(略)。

5271レ(=DD51-1802牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5271レ(=DD51-1802牽引)。

1554レ(=EF64-1023牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1554レ(=EF64-1023牽引)。コキ6両+赤ホキ2両+コキ2両という珍ドコ編成でした。台車間隔が異なるので走行音に違和感を感じたり。

5052レ(=EF66-26牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5052レ(=EF66-26牽引)。前日の5053レが大幅遅延していたため差替があるんじゃないかと思っていましたが、まさかのEF66-26登板という嬉しい誤算。

さて、ここまで東海道線上りの列車ばかりですが、下り列車は人身事故の影響により?サッパリやって来ません。下り貨物列車がやって来ないという事で、そこから継走されるDD51牽引貨物(95レや99レ)もやって来ません。

95レがやって来ないという事は

1353レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先週】は見事に被られた1353レもDD51前機がない事を意味します。イコールEF66-30単独牽引で、そんなに(略)。

試2751レはどうしたのかと言いますと、99レがやって来ずに前機なし。結果、DD51-1028単機牽引でした。全検明けDD51-1028がコキ10両を引き連れた立派な編成でしたよ!

…写真がないという事からお察しの通り、先週の1353レと同じ事が起こりました(涙)。しかもより良くないタイミングで、です(号泣)。全検明けの1028号機でそれが発生するとは。



ここまでで早朝の部は一段落。「さて、次はどうしよう?」思っていたより天気が安定していたので、南に向かう事にしました。ここでは割愛していますが、先に撮影した5580レ白ホキの追っかけです。

5570レ(=KE65-3+KE65-1牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5580レは大府で機関車を交換し、大府から先は衣浦臨海鉄道KE65重連が牽引します。そして列番も5570レと微妙に変わっています。

5570レ1本だけを狙うために南に下るのはお世辞にも効率が良いとは言えませんが「DE10原色機と瓜二つのKE65が」「重連で」「迫力のある白ホキ編成を」「バリバリの順光下で」牽引しているので、個人的には賭ける価値大いにありと考えています。

ちなみに今回は5570レの影で1653レ多治見貨物(=EF64-1049広島更新色牽引)をポイしてしまっています。



2089レ(=DD51-1801牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再び戻ってきて撮影再開。試2751レで「全検明けのDD51-1028でそうなるかー!」と絶叫する羽目になりましたが、2089レは同じく全検明けのDD51-1801牽引でした。。神様…ではなく、愛知機関区は我を見捨てず?

8785レ(=EF64-1023牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8785レ(=EF64-1023牽引)。赤ホキ編成です。

1053レ(=EF66-33牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

大幅遅延の1053レ(=EF66-33牽引)。6時間以上の遅れではなかろうか。

しかし、何故に吹田所属の機関車を稲沢界隈でやたらと撮影できるのか。本当に不思議な話です。

2071レ(=EF64-1034牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2071レ(=EF64-1034牽引)。だんだん集中力が欠けてきたのか、いつも以上にピント精度が怪しくなってきました(蹴)。

81レ(=EF64-1008+1012牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

81レ(=EF64-1008+1012牽引)。 原色1012号機が前じゃないからなー(何様) 暑さによりピントが終わっています(汗)。もっと練習しないと駄目ですね。

この前に通過した8660レ変圧器輸送はこれ以上に終わっていましたが…(死)。そもそも、変圧器輸送を撮影する場所として不適切でした。もっと変圧器の大きさが分かるようにサイド気味に撮影できる場所に移動すべきだったと思うのですが、暑さに負けて手抜きした結果がこれだよ!

さらに終わっていた事に、「撮りたい列車が一段落したら、オフ会に顔を出させていただこう。」と思っていたのですが、下り列車が遅れていたために切り上げタイミングの踏ん切りが付かない間にオフ会が終了してしまっておりました。

…もうお前、死んだ方がいいんじゃないかな。

1076レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1076レ(=EF66-30牽引)。そ(略)。

3084レ(=EF64-1004+1027牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3084レ(=EF64-1004+1027牽引)。「3084レが運転される=75レに継走される」なので、75レを撮影するべく移動です。

75レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

75レ(=DD51-852牽引)。関西地区で75レと言えば新鶴見EF65牽引貨物列車を意味しますが、中京地区ではDD51牽引石油列車を意味します。ややこしいですね。

852号機原色牽引でしたが、同所での撮影は私を含めて2人だけと拍子抜け。重連牽引でないからか、天気が最高ではないからか、編成後部の茂みが原因か。

撮影場所に辿りつくまでの堤防の道も草が凄かったので、この事を鑑みるに最後の理由が濃厚でしょうか。個人的には少しぐらいの茂みならば許容するので、これならば無問題です。



撮影地でご一緒させていただきました皆様、情報をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

また、オフ会に参加された皆様には多大なるご心配とご迷惑をおかけしてしまいました事、深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 EF66 EF64 衣浦臨海鉄道 KE65


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

濃密な中京地区遠征

先週5日(日)は悪天候で遠征がポシャりました】ので、11日(土)に再び遠征を企画しました。今度は桜+中央西線狙いです。

…が、またしても天気が思わしくない。そして【ここのところ】【中央西線には】【しばしば出かけている】ので、運用表を見て当日に目的地を決めましょうという緩いノリとなりました。



最近は遠征前に景気付けで撮影するのが恒例になっています。

50レSRC(=Mc250-5先頭)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

50レSRC(=Mc250-5先頭)。【先日の編成止め】は「通過速度がゆっくりでした。」というオチがありましたが、今度はほぼフルスロットルでキタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

さて、後は再現性があるかどうかです。多分…というか、絶対に再現性はないと断言できます。

3093レ(=EF81-719牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3093レ(=EF81-719牽引)。本当はサンライズエクスプレスまで撮影しようかと思っていたのですが、どうも遅延しているらしくて諦め。移動を開始しました。



移動前にご同行頂くA様と戦略会議。

まず本当に行きます?から話が始まりました。既に雨がパラついているんですが…。

天気予報は0-6時「80%」、6-12時「60%」、12-18時「10%」、18-24時「0%」。午後になるにつれて良くなると言っているが、ホントかなぁ?私は疑っていたのですが、A様の「行きましょう!大丈夫です!」という力強い言葉に背中を押され、東に向かう事になりました。



手製の清洲駅貨物列車通過予定時刻表(仕業、機番予想付き)と四日市(同)をお渡しし「どれを撮影したいですか?」とお聞きするところから始まりました。当然のごとく予定表はナシ!適当すぎるだろ…。

闇夜に浮かぶDD51-1156
(クリックすると、大きい画像を開きます)

とりあえず、あまりにも早く着きすぎたのでバルブ撮影する事になりました(ぉ)。

ちょうど機番の所に光が当たっていたDD51-1156号機です。

1156号機って動いているのだろうか?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

連結部分をアップで撮影。それにしても、1156号機って動いているのだろうか?停車している位置が【以前にEF64-0番台が大量に停まっていた、愛知機関区で2番目に危険な場所】なのが気がかりです。

ちなみに【愛知機関区で一番危険なのはココ】です。

出発待ち
(クリックすると、大きい画像を開きます)

だんだん明るくなってきましたので、跨線橋から出発待ちのDD51-889を撮影。奥にもっと大量のDD51やDE10が停車しており、縦アングルでまとめて撮ろう…と思っていたら、889号機は出発してしまいました(アホ)。



「さて、次はどうしましょう?」
「トヨタロングパスエクスプレス(通称:トヨロン)や、衣浦臨海鉄道も撮ってみたいですね。」
「衣浦臨海鉄道…あ、朝に白ホキの設定があるみたいですよ。」
「いいですねーそれにしましょう!」

大体こんな適当なノリで知多半島に向かう事になりました。

901両も作っているとは思えないから、試作車両でしょう
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中、大府駅に立ち寄って白ホキ列車を撮影。すると、偶然にも目の前にホキ1000-901が停車していました。901両も作っているとは思えないので、試作車両と見て間違いあるまい。

武豊線~衣浦臨海鉄道間はKE65重連で運転される事を確認して、さらに南に向かいました。

5580レ(=KE65-1+KE65-3重連牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5580レ(=KE65-1+KE65-3重連牽引)。時刻表通りだと9時頃通過だろうと思っていたのですが、色々と調べているうちに「貨物時刻表に載っていない休日ダイヤがあって、15分ほど早く通過した。」という記事を見つけました。念のために早めにセッティングしていたら、本当に早く来たじゃないか!危ない危ない、わざわざ知多半島まで来て不戦敗になっていたりしたらショックで立ち直れないところでした。



今回、手製の時刻表を基に機番予想を埋めていたところ、DD51-852原色が撮れそうだという事には気付いていました。次はこれを狙いましょうと四日市に移動です。

2085レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

定番撮影地の海蔵川堤防にて2085レ(=DD51-852牽引)。

この後は5282レの石油列車が運転される事に期待して四日市に向かいました…が、本当ならばタキが見えるはずの場所に見当たらず、コンテナ列車とDD51原色が停まっている。

「あのDD51、何でしょうね?」
「さっき行った2085レの折り返し、2080レ待ちじゃないですか?」

そんな呑気な会話を交わしていると、踏切が鳴る。

「普通列車ですかね?」
「何かあのDD51、動いてませんか?」
「機回しで一旦踏切を閉じたんですかね?」
「何か、こっちに向かってきていません?」
「まさかぁ。」
「いやいや、絶対来てますって!」
「マジっすか!」

5282レ(=DD51-853単機)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

慌てて撮影した5282レ。本来ならばDD51重連で運転される石油列車なのですが、どうも閑散期に入ったため5282レ自体は運休だったようです。

しかし、早朝の石油列車はDD51-853が単機で運転したらしく、その返却回送だけは運転された模様です。



次は昼下がりの清州界隈ですが、途中で2089レがDD51-899牽引である事に気付きました。清州に昼下がりに戻る事が出来て、かつなるべく北寄りの場所を現地ロケハンしました。

2089レ(=DD51-899牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2089レ(=DD51-899牽引)。ちょっと架線が目立ちますが、もう少し編成を強調するようにしたら十分撮影できる場所じゃないかな。



昼下がりの清州界隈に戻ってきた、最初の狙いはコレ。

81レ(=EF64-1046+EF64-1046重連牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

広島更新色1046号機が先頭の81レでした。早朝のバルブ撮影中に1046号機が後ろの状態で戻ってきていたので、そのまま81レに入るだろうと予想していました。見事にビンゴ!

…その代償に、2074レ春日井貨物(=EF64-1006牽引)は微妙、1097レ(=EF66-30牽引)は惨敗しました(号泣)。

3077レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こりゃいかん!と気合を入れ直して撮影した3077レ(=EF66-30牽引)。折り返してきてくれて、本当に助かりました。

2080レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

清州界隈で一番狙いたかったのがこの列車、2080レ(=DD51-852牽引)。2074レ、1097レの尊い犠牲により何とか撮影する事が出来ました。

まだ運用表なる物を知らない時に城東貨物線に撮影に行った際に「DD51牽引貨物って何時に来ますかね?」「兄ちゃん、もうココにはDD51は来んぞ!」と言われてから数年。ようやくDD51原色牽引のコンテナ列車が撮影できました。

昔は当たり前だったはずの光景。いつ過去のものとなるか分かりませんので、少しでも記録しておきたいものです。



せっかくここまで来たので「最後は桜とセットで貨物列車を撮影したいですよね!」となって、三岐鉄道に進路を向ける事にしました。

途中で見るに、完全に散っている樹が多いが、たまーにまだ花が残っている樹もある。撮影地の桜が後者である事を期待しましたが、世の中そんな上手い話がある訳がなく…orz。

こりゃいかんと慌ててロケハンしたところ、菜の花を発見!桜より早く咲き始めたはずなのにまだ咲いているとはありがたい。

3718レ(=ED45重単)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…と思っていたら、3718レ通過時には強風に煽られてそっぽを向かれてしまいました(苦笑)。ってか、風がやたら強くてメチャクチャ寒いんですが。

もう少し待てば反対方向のセメント列車がやって来るようです。実は反対行きの列車の方が正面に陽が当たる事が現地で判明…って【以前、関塾に行った際に撮影した時】もそうだったじゃないか!まるで学習していない…。

何はともあれ、ロケハンして待つ事しばし。

3717レ(=ED45-5+ED45-1重連牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3717レ(=ED45-5+ED45-1重連牽引)。なかなかアジャパーな位置(謎)でシャッターを切ってしまいましたが、実力不足だから仕方がありません。空を大きく取り入れて撮影できたので良しとしましょう。



3717レを追いかけて東藤原駅に行ってみると、何と!車両を突放して編成組み換えを行っているではないか。まさか未だに突放を行っている所があったとは…と、興味深く見ておりました。

そうこうしているうちに白ホキ編成も登場し「ここまで来たら、撮影したいですよね。」という流れになって、その場ロケハンです。

もう完全に山影になっているので、流し撮りするしかないか?と思い始めましたが。

504レ(=ED45-1+ED45-5重連牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

二年前「暗くなった。撮影を終わろう。」
去年「暗くなった。流し撮りに挑戦しよう。」
今年「暗くなった。シルエット撮影に挑戦しよう。」

皆様の作品を真似して撮影してみました。まだまだ芸術性のある写真を撮る道は遠いですね(苦笑)。

それにしても、ED45が小さい身体で頑張っているのか、ホキ1000がデカいのか。

以上で撮影終了!関西に進路を向ける事にしました。



…が、何故かエピローグがあります(笑)。どうもDD51工臨が運転される模様と教えていただきました。

流石に疲れたと思っていたのですが、せっかく教えていただいたのに見逃すのももったいない話です。そして何より、その列車を撮影できれば一日でJR貨物のDD51原色3両(852、853、899)、そしてJR西日本の原色1両、計4両のDD51原色が撮影できたという稀有な日になるではないか。

何時に通過するかの確証がなかったので、寒風の中で待つ事2時間(ぉ)。

工9791レ(=DD51-1192牽引)、一日でJR貨物&西日本のDD51原色4両を撮影!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

工9791レ(=DD51-1192牽引)。1192号機をかなり手前まで引き付けてゴーストを回避してゲット!やったぜ!



相変わらずの無計画遠征にお付き合いくださりましたA様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、情報をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : SRC EF81 DD51 DE10 衣浦臨海鉄道 KE65 EF64 EF66 三岐鉄道 ED45


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

KE65-1出場を撮る

ここの所、撮るばっかりで更新が追いついておらず申し訳ありません(汗)。

どれぐらい更新していないのかを確認してみたところ「阪和工臨往復」「スマートベスト甲種輸送」「5086レでEF65-2119が関東へ」…。

うん、この調子だとさりげなく無かった事になりそうなぐらいたまってますね。夏休みの宿題をせずに31日に泣く小学生みたいになっています(汗)。



せめてこれ以上累積させないように本日分撮影を先に記事にしてしまいます。衣浦臨海鉄道KE65-1が検査明けで無動力回送される予定となっていたので撮影に行ってきました。【KE65についてはこちら】をご覧頂ければお分かりの通り、DE10のそっくりさんです。

本来ならばもう少し西の方まで撮影に行くつもりだったのですが、運悪く台風が接近。列車が定時で来るのか、そもそも運転されるのか?すら分からない状態。おかげで土日の遠征計画が全てパーです(涙)。

遠出する気力もなくなったので家で不貞寝しているつもりだったのですが、ふと「そういえばこのスジ、西の方(上郡以西)と東の方(吹田以東)で時間が合わないなぁ。」と疑問に思う。改めて調べてみたところ吹田で長時間停車する事が判明。

「何だ、工夫すれば2回撮影できるじゃん。」と気付いて少し元気になる。現金なものです。



遠征計画がなくなったので午前中に所用を入れた為、それほど遠くには行けません。何とか間に合いそうな範囲で適当に場所を選定。

天気は…曇り。雨はギリギリ降っていません。最初は屋根のある駅で撮影するつもりだったのですが、何とか持ってくれるだろうと判断して沿線での撮影としました。

複々線のうち三本(下り外線、下り内線、上り内線)を跨いでの撮影。「下り外線通過、上り内線通過。下り内線も通過…?」と安心していたのですが、まさかの下り内線が徐行状態に。「ギャッ!嘘やろ?」と思っている間に列車がやって来てしまい…。

8864レ(=EF64-1023+KE65-1(ムド))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8864レ(=EF64-1023+KE65-1(ムド))。残念ながらお尻をかじられてしまいました…orz。 かじられていなかったら編成が切れていただろ!なんてキニシナイ。 

ま、まぁもう一度撮影のチャンスはあるんだし…(震え声)。



先回りした結果、EF510貨物が2本撮影できる時間だったので苦手なズーム流し撮りの練習をば。

3099レ(=EF510-9牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3099レ(=EF510-9牽引)。最近は天候不順により貨物列車のダイヤ乱れがひどい為「3099レ、定時で来るんかな?」と思っていたのですが(※注:3099レはしょっちゅう遅れるスジ)、定時で来てくれました。 定時に来てくれたのに不意打ちを食らったのはナイショです。 

単焦点レンズにより振りだけで合わせたのではなく、ズームしながら狙ったので少しは止まる範囲が広がっている気がします。肝心の顔周りが怪しいのは、練習中だから仕方がありません(ぉぃ)。

4076レ(=EF510-19牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4076レ(=EF510-19牽引)。こちらに関しては(ほぼ)自分の想定通りでしょうか。

そんなこんなの練習を行って、いざ本番。今度は上り内線のみで被るリスクは大幅減。その少ないリスクも無事に回避し、さぁ後は自分次第!練習の成果をいざ見せるのだ!

8864レ(=EF210-158+KE65-1(ムド))
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8864レ(=EF210-158+KE65-1(ムド))。パンタグラフの位置が怪しいが、ズーム流し撮り+シングルアームパンタグラフなのでセーフ!(ぉぃ)足元のおでん(ハンペン?)も回避し、顔周りもギリギリセーフ!

…。

……。

 どう見ても誤審です。本当にありがとうございました。 

何はともあれ、国鉄機のEF64がDE10そっくりのKE65-1を無動力回送する貴重な風景を撮影できて良かったです。

…。

……。

………。

吹田で本務機が変わってるじゃねーか、ですって?

…(つд⊂)ゴシゴシ…。

やだなー、どう見てもEF64じゃないですか!(蹴)



以上、どうにも空模様と同じくすっきりしない撮影行でした。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF64 KE65 EF510 EF210


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。