北海道遠征@後編

←前編へ

2017年2月12日(日)の模様です。前日の道北から一転、今度は道南です。狙いは「個人的に、最初で最後になるであろう」DF200牽引の「カシオペア」です。私は皆様ご承知の通り、毎週通い詰めるようなガチな人ではありませんので…。

しかし、【前日】の事もあって「眠いー!」となかなかテンションが上がらず(既にこの時点で何をやっとるのかと…)、しかも撮影場所は「北海道だから、テキトーにロケハンしたら何とかなるでしょ。」という雑な有様。

曇り空ですが、思っていたより有珠山が見えるので「有珠山が入る場所にしよう。」と思い付きで決定。沿線をウロウロしていると既に先客の皆様が大勢待機されていました。

うむむ…多分これが普通の姿なんだろうな…。

さてどうしたものか…と周囲の様子を見てみると、道北と比較すると雪は少なめ。藪も低め。「これ、頑張って藪こぎしたらどこかで撮影できるんじゃないか?」と思い付く。何の根拠もなく完全なる勘です。勘が外れたら不戦敗のパターンです(表立っていないのは、不戦敗の場合は撮影自体がなかった事になるから)。

8009レ「カシオペア紀行」(=DF200-118牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8009レ「カシオペア紀行」(=DF200-118牽引)。

今から見直すと、もう少し感度を上げてでも絞るか、もう少し奥にピントを合わせて有珠山がハッキリ写るようにすべきだったかな…と思わなくもないですが、例によって楽天的な性格なので「撮影できただけ御の字。」という結論に至ります。

2051レ(=DF200-58牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2051レ(=DF200-58牽引)。58号機は2回目の撮影です。

3D「北斗3号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3D「北斗3号」。効率良く三連発で列車がやって来ました。



ここまでで有珠山バックでの撮影は終了。さて、次はどうするかな…と思案。間もなく反対方向から普通列車が来るっぽい、海が近い…。何となく【以前に上り「カシオペア」を撮影した北舟岡駅】に行ってみる事にしました。

すると同業者の姿がちらほら。やっぱりキハ40は人気だなぁ…とノンビリしていたら「北斗6号」が通過。油断していて動画を撮影できず(アホ)。

しかも「北斗6号」が通過したら誰もいなくなってしまいました(汗)。

474D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局、予定通りに474Dを撮影。

さて、次は…と思ったところ、もう少し待てば5D「スーパー北斗」と3097レがやって来るっぽいです。この後の計画も当然ながら決まっていないので「せっかくの機会なので撮影しましょう。」となりました。

…が、5Dはあれこれ考えている間に通過してしまって撃沈(アホ×2)。3097レで巻き返そうとしたら、まさかの待避線側の1番線(海側)に入線して撃沈(アホ×3)。これはひどい。

ここでふと思う。3097レが1番線に入線したという事は…対向列車が2番線を通過するか、3097レの続行列車が2番線を通過するかのどちらかです。

3097レと交換する8D「北斗8号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

予想通りと言うべきか、8D「北斗8号」がやって来ました。

北舟岡駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

北舟岡駅訪問記念。海越しに山が見えるとは今回初めて気付きました。【前回】は「カシオペア」撮影で気を良くして全く気付かなかったものと思われます。



ここまでで室蘭本線の撮影は終了。札幌雪まつりでも撮りに行きましょう…と思ったのですが、思っていたより時間がなくてあっさり中止。

「雪まつりは来年もありますから。」という結論に(無理矢理)至り、札幌ラーメンの店に直行しました。デジャビュなのは気のせいです。

ラーメンを食した後、手稲に「カシオペア」が居るはずなのでどこかから見えないかなーと周囲をウロチョロしてみました。

くまモン以上に黒いDE10
(クリックすると、大きい画像を開きます)

残念ながら「カシオペア」は見当たりませんでしたが、その代わりに(?)DE10が停まっていました。しかしこのDE10、【九州のくまモン(通称?)DE10】より黒いんじゃなかろうか。
※追記※
気になったので後で調べてみたところ濃紺だそうです。

こんな塗装のDE10もあるんだなーと初めて知りました。原色、更新色、【サツマイモ(?)】、【くまモン(?)】に続く5色目です。

最後に「カシオペア」回送を撮れる場所に移動。しかし、ここでまさかの吹雪+カメラ&ビデオがバッテリー切れ寸前になるというダブルパンチが。最後の最後にこれとかシャレにならんぞ(汗)。

回8010レ?(=DF200-118牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

回8010レ?(=DF200-118牽引)。吹雪は一瞬だけ収まり、バッテリーもギリギリ切れずに済みました。危ない危ない、最後の最後に事件が発生したらシャレにならんところでした。

この後は新千歳空港へ直行。相変わらず時間ギリギリでバタバタのまま機上の人となったのでした。

動画は↓でお楽しみください。



ご同行いただきました皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、貴重な情報をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DF200 キハ183 キハ40 DE10


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

北海道遠征(後編)

←前編はこちら】。

前編の10/30(金)~31(土)に続きまして、後編は11/1(日)の模様です。前編では8071レ1回目の撮影で後補機を切らすという大失態をしてしまったため、絶対に切れないであろう「白滝発祥の地」を選びました。

8071レ(=DF200-115+DF200-113プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

しかし、どうにも天気がスッキリせず、ISO感度もかなり上げざるを得ない状況です。ここで流し撮りする訳にも行きませんし、どうしたものかな…と思っていたら「動画を撮るという手もありますよ。」とアドバイスを頂きました。なるほど!

…で、どうやって撮ればいいんでしょうか?(ぉぃ)このレバーを倒せばいいのか?設定はどうすればいいんだ?

そんなこんなで、結局は普通に撮影する形に落ち着いてしまいました。

8071レ(=DF200-113+DF200-115プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遠軽駅で編成の前後が入れ替わった所をもう一枚。

うん、これで両エンドがちゃんと揃ったので、次の146キロポストで動画撮影に挑戦してみよう!先に書きましたとおり「どうやって撮るんですか?」すら知らないので、完全にぶっつけ本番です。

…どこからどう見てもただの無謀なアホです。本当にありがとうございました。



普段の撮影以上にツッコミ所しかありませんが、常紋峠に挑む8071レの力強さは記録できたかと思います。ド素人の思い付きにも関わらず、ちゃんと記録を残してくれたカメラには感謝です。

廃バス待合室が有名だった生野駅
(クリックすると、大きい画像を開きます)

常紋峠から下ってきた際に、以前から気になっていた生野駅に立ち寄ってみました。この駅は廃バスによる待合室が有名だったのですが、それすら撤去されてしまったようです。

待合室もなくなり、朝礼台の駅のみとなってしまいました…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前編に出てきた上白滝駅や旧白滝駅】もビックリの簡素さです。巷では「朝礼台」などと言われているそうです。

来年3月に白滝シリーズ3駅に金華駅の廃止となる見通し】らしいですが、生野駅も風前の灯のように思えてしまいます。



この後をどうするか同行者とご相談。

昨日はあっさり完売してしまった、100食限定で復活した岡村べんとう屋の「かにめし」を食べてみたい。

しかし、11D「オホーツク1号」は白坊主先頭が濃厚なので撮影してみたい。究極の二択です。

散々迷われた結果、「かにめしに並びます。」との事。

「だったらカメラをお借りして、私の分と二台体制で撮影してきてあげましょう。」と申し出てみました。「かにめし」は食べられるし、白坊主先頭のオホーツクも記録に残るしといいことづくめじゃないですか!我ながら何と素晴らしい提案をしたのでしょう。頭が切れる、しびれるぅ~!

…どう考えてもお前が白坊主を撮りたいだけだろうというのは禁句です。

そんな訳で二台体制で撮影してきたのですが、二台のカメラをセットする台のネジが見つからず(普段使わないので全く確認していなかった)。失敗する可能性が高い自分のカメラは広角側に三脚でセットし、お借りしたカメラは望遠手持ちで撮影する事にしました。

果たせるかな、お借りしたカメラの方は殺されん程度の出来には撮影できたかと思いますが、自分の方はシャッターを切るのが間に合わずに沈没(死)。図々しい事を申し出た報いだと思います。

後から考えたら、石北貨物と同じように動画撮影にしておけば良かったじゃないかと気付いたものの後の祭り。

遠軽駅開駅100周年記念イベント時に入線してきた「オホーツク」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遠軽駅に戻ってくると、ちょうど遠軽駅開駅100周年記念イベントの真っ最中でした。式典の対象に選ばれた「オホーツク4号」入線時の模様です。

…こういうスナップ撮影、編成写真以上にヘタだな(汗)。

5両のうち4両が廃車され、残り1両となったキロ182-9
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「この車両、貴重ですよ!」と教えていただいたので記録しておきました。全くもって無知なのですが、この形式は1両しか残っていないそうです。先の白坊主といい、貴重な車両の宝庫なのですね。

遠軽駅開駅100周年記念式典を横目に
(クリックすると、大きい画像を開きます)

華やかな式典とは無縁なキハ40と転車台。

鏡の中にもキハ40
(クリックすると、大きい画像を開きます)

鏡の中にもキハ40。

手前はレール、奥は木材で屋根を組んでいます
(クリックすると、大きい画像を開きます)

開駅100周年という事で、施設もかなり年季が入っています。途中で屋根が増設されたのか、手前はレールで、奥は木材で屋根が組まれています。

開駅当時から変わっていない?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

跨線橋の天井も、かなり年季が入っているようです。

廊下も年季が入っています
(クリックすると、大きい画像を開きます)

廊下も味がありますね。

二度と回る事はないであろう転車台
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遠軽駅に明るい時間帯に来た事がなかったため(汗)、転車台があった事すら知りませんでした。最初は「DE10でも回すのか?」と思ったのですが、線路が繋がっていないようです。この転車台が回る事は二度とないのでしょう。



ここまでで石北本線の撮影は終了!新千歳空港に向けて出発したのですが、札幌駅で「北斗星」をあしらった記念入場券が買えるとの噂を小耳に挟んだので寄り道。

曇りなきブルーモーメントを背景にして
(クリックすると、大きい画像を開きます)

寄り道ついでに、ブルーモーメントを背景にした写真も撮影しておきました。この撮影の影響により新千歳空港では物凄い勢いで味噌ラーメンを食べる羽目になったのですが…(またか!)。



相変わらずの無計画遠征にご同行頂きました皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DF200 キハ183 キハ40 733系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

北海道遠征(前編)

全然写真の現像が追いついていないですが(汗)、先週金曜日~日曜日にかけて北海道に行ってまいりました。

関西発の飛行機も手荷物検査場を離陸10分前ギリギリに通過というスリリングな状態。そんなに多忙な身でもないはずなのに、何でこんなに切羽詰まっているんだか(苦笑)。



新千歳空港到着後「新札幌駅で『はまなす』を撮れればいいな。」と皮算用をしていたのですが、出遅れて間に合いそうにない。「対向式ホームの駅で、少しは明かりがありそうな駅はないか?」と駄目元で目的地を変更しました。

733系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「暗い」「(通過速度が)速い」。「(線路が)遠い」こそないものの、かなり条件が厳しいです。これは決まりそうな気がしない。

3098レ(=DF200-112牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

案の定、3098レは機番が読めただけ儲け物というレベル。私の腕では無理ゲーレベルに近く「これはゴースト云々を言えるレベルではない。」という事で方針を転換。

202レ「はまなす」(=DD51-1143牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ゴースト覚悟で奥の方で狙いました。無理な物は仕方がありません。

しかし、撮った瞬間は全く手ごたえがなく「こりゃー無理だ。」と思ったのですが、後で確認したらDD51-1143と機番を読む事が出来たし、ヘッドマークも「まぁ、ギリギリ読めるかな?」レベルだったのは不幸中の幸いでした。

DD51-1143は本務機はおろか次位ですら撮った事がなかったので、記録に残っただけでも喜ぶところだと思います。

この後は札幌と旭川でご同行いただく方々と合流しました。私が「はまなす」を撮影していたために後行程に遅れが生じたのは公然の秘密です(ぉぃ)。



いつものようにマルヨで遠軽へ。【石北貨物1回目の撮影は100キロポストから】が定跡だったのですが、後ろの樹木が成長していてかなり苦しい構図になってしまいそうです。

という訳で、別の場所を探して撮影。いい感じのカーブを見つけ、頑張れば電線も回避できそうだったのですが…電線を気にし過ぎて画角を狭くした結果、後補機が切れるという大事故が発生(号泣)。これはひどい。

しかし、凹んでばかりもいられない。次が本命の撮影地、146キロポストです。今回ご同行頂いた皆様は初めてのポイントのため、ロケハンの時間も確保するべく無理のない範囲で急ぎます。

私は【過去の】【撮影結果】から「こんな感じだろう。」と狙いを絞って待つ事にしました。

8071レ(=DF200-2+DF200-108プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8071レ(=DF200-2+DF200-108プッシュプル)。何なんですか、前に撮影経験があるのにカツカツとはどういう事かと小一時間説教ですね…。

次は「オホーツク1号」です。前日の16D「オホーツク6号」網走方が白坊主だったらしく(情報1)、前日に苗穂に見学に行かれた際に白坊主がアイドリングしていたらしいので(情報2)、11D「オホーツク1号」が白坊主だろうと期待して待つ事にしました。特に白坊主の走行シーンを撮影された事がない方は気合十分!さぁやって来い白坊主。

11D「オホーツク1号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…カーブの向こうから列車の姿が見えた瞬間、チラリと横を見たら「あれ…?(´・ω・`)」という顔文字そっくりの顔が。

しかし、アイドリングしていたという目撃情報があるから、次の13D「オホーツク3号」なのは間違いないはず!と励まし、ロケハンや道草などを開始しました。

上白滝駅
(クリックすると、大きい画像を開きます)

以前に寄り道した事がある上白滝駅。

伝説の時刻表
(クリックすると、大きい画像を開きます)

伝説の時刻表。初電は終電…ではなく、初ディーゼルは終ディーゼルです。わざわざ上白滝駅に寄り道したのは、来年3月の廃止見込みとの情報が入ってきたからです。この貴重な一本を利用していた学生さんが卒業したから…という風にしか見えないのが恐ろしい。

スラントノーズ現る
(クリックすると、大きい画像を開きます)

極端な話、この区間になると「どこでも撮影地」状態です。

どちらかが垂直に立っていない
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今度は旧白滝駅に寄り道。待合室と白いプレハブ、どちらかが明らかに傾いている気がします。それとも私の目が歪んでいるのか…?

(つд⊂)ゴシゴシ

(つд⊂)ゴシゴシゴシゴシ

…メガネをもう三個ほど重ね掛けする必要がありそうですね。

国鉄よ永遠なれ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

待合室の壁に描かれていた落書き。20年以上前の落書きか?

電球もいい味出してる
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一定の暗さになったら、この電球もちゃんと灯るのだろうか?

白坊主来たー!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

13D「オホーツク3号」。予想通り白坊主キタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

白樺の林とセットで
(クリックすると、大きい画像を開きます)

どこかで撮れる場所がないかをロケハン。全員の目が合って「あの白樺の林、いいですよね。」で即決定。

ここまででお一方が解散。どうもお疲れ様でした。

北見駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

残ったメンバーで8074レ石北貨物の撮影です。まずは北見駅に偵察に行きました。

17時でも暗い事を示すために時計を入れて撮影しましたが、後から見たら物凄くアリバイ作り臭のする一枚になっていますね(汗)。最近はデジタルカメラになったので写真合成も容易になりましたが…。

8074レ(=DF200-108+DF200-2プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

荷役線から出発線に移動したところを撮影。

ディーゼルの先輩後輩が並ぶ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ディーゼル車の先輩後輩が並ぶ。「今の時代、ECOを訴えないと肩身が狭いですよ。」と声高に主張する後輩でありました。

白坊主、疾走!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先程撮影した白坊主が戻ってきました。かなり怪しい出来ですが、これでも以前に挑戦した時よりはマシになった気がします。以前がひどすぎただけ、が正答だとは思うのですが。

遠軽駅開駅100周年!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

北見駅から遠軽駅に移動して撮影再開です。明日11月1日(日)で開駅100周年を迎えるらしく、お祭りムード一色でした。

明日で遠軽駅は100歳を迎えます
(クリックすると、大きい画像を開きます)

このような立派なプレートも掲げられていました。

まさかの記念入場券即完売…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

31日~1日に遠征する事を元々決定しており、偶然も偶然、この2日間に記念式典が行われたり記念入場券が発売される事が後から分かった次第です。

そんな訳で「記念入場券だけでもゲットしたいですね。」と、石北貨物撮影後、9時30分頃に一旦遠軽駅に寄り道したのですが、もうその時点で売り切れ…orz。300セット限定、お一人様5セット制限であっさり売り切れとか、恐ろしい…。

開駅100周年を迎えた遠軽駅なので、何か歴史を語る物はないかと探してみたところ

「紋別・名寄方面」が点灯する事は、二度とない…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ありました、ありました。

残念ながら「紋別・名寄方面」が点灯する事は二度とありません…。

のりば案内操作盤
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今まで見落としていた「のりば案内操作盤」にも

ここにも歴史を偲ぶ物が
(クリックすると、大きい画像を開きます)

名寄本線の名残が残っていますね。

8074レ(=DF200-108+DF200-2プッシュプル)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ラストは石北貨物8074レ(=DF200-108+DF200-2プッシュプル)。停止目標が見当たらず、毎回「どこに停まるんだ?」となるので、今回は余裕を持たせて待つようにしました。

後編に続く→】。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 733系 DF200 DD51 キハ183 キハ40


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

北海道遠征@後編

←前編はこちら

7日(日)の模様です。函館に戻ってきたのが6日(土)の23時。見事なまでに予定表通りです。

その後の予定では、函館044-123の201レ「はまなす」、そして函館252-322の202レ「はまなす」を撮影後、再び江差線に撮影に行く事になっていました。

…誰が見ても明らかなのですがいつ寝るんですか、これ。

一応は予定表にも「気合が入らなければ不戦敗…?」と書いてありました。ある程度は無謀だという認識はあったらしいです。出発日の午前3時に完成した予定表ですが、少しは理性が残っていたようです。

まぁ、前編にも書きましたが、あまりにも当然のごとく不戦敗しました。



そんな訳で、再び江差線です。

2051レ(=EH500-40牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2051レ(=EH500-40牽引)。今度は普通に横アングルで撮影する事にしました。

…この時、 パンタグラフの位置をしっかりと確認しておくべきでした。「片方のパンタグラフが上がるなら、当然後ろが上がるんでしょ。」と思い込んでいた事がまさかの悲劇を招く事に。

やっぱり壁である
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前日も「カシオペア」前にやってきた貨物列車。迫力のある編成でいいですねー。この辺りでの撮影を繰り返す事になったなら、確実にマークすべき列車になっていると思います。

さぁ、交換する貨物列車も通過しましたし、いよいよ本番です。踏切が鳴って「北斗星」が姿を現しました。ED79牽引の青い編成が実に美しいが…あれ?ED79のパンタグラフが思っていたより上にあるような?

ちょ!ヤバい!パンタグラフが切れる○×△□〒★☆±(以下、解読不能…)

8007レ「北斗星)(=ED79-14牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

終わった…orz。

駄目元でシャッターを切ったものの、ムダだろうなぁ…・全消しかぁ…ここまで来て最高の天気なのに何やってるんだもう駄目だ死にたい…orzorz。

現実を直視しなきゃならんという事で確認したところ…おぉ!架線ビームが横向きにグッサリ刺さっていますが、切れる事自体は回避できていました。∩(・ω・)∩ばんじゃーい

前述の通り思いっきり横向きに刺さっておりますし、仮に後ろが上がっていたとしたら上スカだったじゃないかという当然の指摘が残りましたが、人生万事が適当な管理人は結果オーライです。



単純な管理人は喉元過ぎれば何とやらで、気分良く次の撮影地に向かう事に。【前日】に大沼公園のロケハンも済ませているのですが、S様と二人の意見が一致しました。あの俯瞰がやっぱり素晴らしかったので、もう一度晴れ間が見える事に期待して再挑戦!

8007レ「北斗星」(=DD51-1100+DD51-1138牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8007レ「北斗星」(=DD51-1100+DD51-1138牽引)。残念ながら前日と同じく完全な晴れ間は見えませんでしたが、今度は駒ケ岳が見えたので広角気味に撮影してみました。広角と望遠、両方の選択肢がある場合は望遠を選択する事が多い管理人としては珍しい事です。これも北海道はデッカ(以下略)。

2051レ(=DF200-110牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2051レ(=DF200-110牽引)。前日は「カシオペア」を撮影できて有頂天になっていてあえなく見る鉄した列車です。



前日は江差線を中心に撮影しましたが、今度は函館本線~室蘭本線を中心に撮影する事にしました。

3080レ(=DF200-117牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「これ、見た事ある!」という有名撮影地以外でも、いくらでも撮影できそうです。

5003D「スーパー北斗3号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

横アングルで撮っても良し。

3091レ(=DF200-51牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

縦アングルで撮っても良し。「本物のレッドベア(DF200の愛称)だ、スゲー!」と夢中でシャッターを切りました。

821D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

森駅のすぐ近くですら、このロケーションです。正面に陽が回りませんでしたが、お手軽撮影地と考えれば十分にお釣りが来ます。

5004D「北斗4号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ183も無事ゲット!そうか「北斗」がキハ183で「スーパー北斗」がキハ281で運転しているのか!とこの時初めて気付きました(遅)。

森駅まで来たのは、有名な「いかめし」をゲットするためです。S様は無事購入されていました。

私?イカが苦手なのでパスしてしまいました。森駅まで来て「いかめし」をスルーするとは、これイカに。



長万部方向に向かう途中で「北斗6号」ともう一本を拾いつつ戦略です。ちょうど狙いの列車とすれ違う辺りを計算しつつ、ロケハンしながらの北上となりました。

「この辺りで北斗6号を撮影できるんじゃないですか?」とロケハンしていたら、まさかの3059レによるブロック!っておい!何でこんなピンポイントやねん!

3059レも撮れたらいいなぁと図々しい事を考えていたら、見事に二兎を追うもの一兎も得ず。ことわざの通りになりました。

しばらくは下り貨物はない事を確認して、今度こそと腰を据えて待つ事しばし。

8034D「集約臨」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8034D「集約臨」。スラントノーズ編成キタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

折り返し列車にも期待しつつ、もう少し北に向かう事にしました。

5007D「スーパー北斗7号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

有名な俯瞰アングルで5007D「スーパー北斗7号」。

5010D「スーパー北斗10号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

逆側に行って5010D「スーパー北斗10号」。

478D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ141単行の478D。

94レ(=DF200-62牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

94レ(=DF200-62牽引)。思っていたより編成が短く、S字を描いてくれなさそうなので予定より早めにシャッターを切ってしましました。

次の「集約臨」と「スーパー北斗11号」連発をどうやって撮りましょうか?と試行錯誤。ド逆光覚悟での撮影も考えましたが、礼文付近だと線路が南を向いているので「サイド気味、無理ならば後追いで撮影できるかも?」と気付いて急行しました。

5011D「スーパー北斗11号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5011D「スーパー北斗11号」。残念ながら正面には陽は回ってくれませんでしたが、これは想定通り。しかし、予想以上に良い塩梅に仕上がってくれました。

これは「集約臨」も期待できそうだ…と思ったのですが、改めて手製の時刻表を確認すると「集約臨」の方が先通過予定になっているじゃないか。要約すると、どうやって撮影しようかと思案している間に「集約臨」は行ってしまったらしいです。

どうやら「スーパー北斗11号」で全ての運を使い果たしたらしく、「北斗星」も曇天+ゴーストにやられて沈没してしまいました。



8日(月)まで北海道に滞在していましたが「はまなす」は再び不戦敗。S様曰く、一度は私も3時に起きたらしいのですが、寝言ばかり言っていて「コイツに運転を任せるとヤバい。」状態だったらしく、そのまま再び寝る事になったらしいです。

後でこの話を聞いた私は起きた記憶すらなかったので、S様の判断は実に懸命だったと思います。

一応は「カシオペア」も撮影しましたが、先に撮影した写真ほどの手ごたえはなかったので割愛。お昼過ぎの便で北海道を発つ事となりました。



無謀遠征にお付き合いくださいましたS様、情報をお寄せくださったH様をはじめとする皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EH500 ED79 DD51 DF200 キハ281 キハ40 キハ183 キハ141


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

北海道遠征@中編

←一~二日目の模様に戻る

二日目に石北貨物をバルブ撮影したあと、夜通し走って道南まで来ました。狙いは「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」「北斗星」の寝台特急三兄弟です。

少しづつ明るくなってくるのに合わせてロケハン開始。膝まで雪にハマりながら自らラッセルして海岸線まで行き、そこから線路に近付き…を繰り返し、どうにか撮影できそうな場所に辿りつきました。ロケハン中に「カシオペア」は通過してしまいましたが、陽が十分ではなかったので諦め。

ようやく場所を見つけたのでノンビリとセッティング…していたらトワイライト~がピューッと通過してしまいました(号泣)。

ロケハンに夢中になっていて完全に時間を忘れてしまっていたための悲劇(喜劇?)でした。リアルにあぁ”~~~~~~!!と絶叫してしまったという。

いかん、このままでは何のために下白滝から大岸まで来たのか分からん事になってしまいます。

特急「スーパー北斗1号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

意外と言っては失礼ですが、雪模様でも関係なく高速で突っ走るためシャッターを切り遅れております(死)。

8069レ(=EF200-123牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

123号機も何だか聞き覚えがあるような…と思ったら、やはり【2年前の遠征で撮影していました】。前日の57号機と同じく、これまた奇遇。

1レ「北斗星」(=DD51-1140+DD51-1083牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1レ「北斗星」。三兄弟のうちで長男だけしか撮影できませんでしたが、このロケーションで撮影できたので良しとしましょう。天候も思っていた以上に安定してくれました。

次の狙いは、札幌折り返しの上り寝台特急三兄弟です。ようやく空き時間が出来たので(ここまで移動と撮影ばかりで、食事の時間すらほとんど取っていないという…汗)

登別温泉
(クリックすると、大きい画像を開きます)

登別温泉に立ち寄る事にしました。物凄い硫黄の香りがしており、温浴効果はかなり高そうでした。

リフレッシュして午後からの撮影も頑張るぞー!と思ったのですが、雪で真っ白になった築堤を行く「トワイライト~」を思い描いていたら猛吹雪で列車が見えなくなるという想定外の事態に。「撮りたい!」より「何でもいいから、早く通過して欲しい。」と心底思ったことから、現場の状況を想像していただければ幸いです。

何が悲しいって「トワイライト~」通過前後のみが猛吹雪だったというね。普段の行いが悪いからなのか?

これに懲りて「カシオペア」と「北斗星」は沿線での撮影を諦め、手堅く駅撮りにする事にしました。

札幌貨物ターミナルにて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中、札幌貨物ターミナルに立ち寄り。HD300も珍しくなくなってきているようですが、どうも500番台?だったようです。HD300については全く無知なのですが、寒冷地仕様なのだろうか。

他にも面白そうな物が撮影できないかと、辺りをウロウロしてみたところ

ネコロジー発見!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ネコロジー発見!下は宅急便コンテナで対比が面白いですね。

国鉄時代のコンテナ発見!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

懐かい国鉄時代のコンテナも多数置かれていました。

記念コンテナ発見!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

記念コンテナも発見しました。

いずれ消えゆくものたち
(クリックすると、大きい画像を開きます)

国鉄コンテナの後ろは、本輪西との間で行われていた石油輸送用と思われるタンクです。いずれも解体されてしまうのでしょうか。

ここでハプニング。完全に道路がアイスバーンになっていて吉本新喜劇のように尻からズテーン!(痛)カメラは必死になって上向きに抱えていましたが(笑)。

その昔「死ぬまでカメラを離しません」といったタイトルの本があったような気がします。そんなカッコいいものではなくて、完全に油断して受け身が間に合わなかっただけなんですが(汗)。

いよいよ「カシオペア」の通過時間が近づいてきたので、明かりを確保できそうで、かつ通過する新札幌駅に移動。遠目からライトが見えていて「上りになっているから、そんなに速くはな…い…?」

と油断していたら、予想以上の加速度でやって来てしまって見事に失敗(号泣)。

おい、「トワイライト~」に続いて、カシオペアも成果ゼロかい!

これはヤバいと、「北斗星」は恥も外聞もなく安全策を取る事に。

2レ「北斗星」(=DD51-1083+DD51-1140牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結果、安全策を取っても怪しい出来ですが…まぁ、何も結果が残らないよりは良かろう。

以上で三日目の撮影終了!せっかく札幌まで来たんだから、札幌ラーメンを食べに行こう!ようやくコンビニのおにぎりから解放されました(笑)。

醤油屋本舗
(クリックすると、大きい画像を開きます)

札幌ラーメンと言えば味噌ラーメンが有名ですが、何故か醤油ラーメンが食べたくなりましたので「醤油屋本舗」さんにお世話になりました。

昭和レトロな雰囲気が楽しいお店です。

懐かしい食器
(クリックすると、大きい画像を開きます)

食器もまた懐かしい感じ。

昔ながらの醤油ラーメン
(クリックすると、大きい画像を開きます)

とんこつ醤油が多い昨今、昔ながらの「中華そば」という感じでした。具材もシンプルでしたが、これが非常に美味しい!スープまでペロリと平らげてしまいました。

ようやく一心地つき「さて、明日はどこに撮影に行こうか?」と計画を考え始めるのでした。

四日目の模様に続く→

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : キハ281 DF200 DD51 HD300


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。