10月の動画

順番が前後しましたが、10月の遠征風景を動画に編集しました。

10月7日(土)の山陽本線&伯備線】はこちら↓。



10月9日(月・祝)の伯備線】はこちら↓。



10月14日(土)~15日(日)の只見線&磐越西線】はこちら↓。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF210 EF66 EF510 EF64 381系 キハ40 C57 キハ47 キハE120 キハ110


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

磐越西線&只見線の旅

10月13日(金)~15日(日)にかけて磐越西線と只見線を撮影してきました。狙いは磐越西線の「SLばんえつ物語」、そして只見線の紅葉でした。



まずは14日(土)の模様です。朝7時台に走る只見線をターゲットに行動を開始しました。

9時台の列車は有名な第一只見川橋梁で撮ろうと決めていたのですが、7時台の列車についてはノープラン。どこで撮ろうかとロケハンしながらウロウロしました。

424D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ウロウロした結果、最初は第四只見川橋梁に行きついたのですが、そこに置いてあった案内板を見て「第三橋梁に行きましょう。」となりました。

423D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

紅葉は色づき始めという感じでした。来週になればより色合いも深まっている事でしょう。

第一只見川橋梁にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

有名撮影地の第一只見川橋梁に来ました。

第一只見川橋梁にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

有名撮影地だけに、色々と悩みます。

第一只見川橋梁にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

どうやって撮ろうかなー。

425D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

右側の色づき始めた木々を入れて。

425D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ピンポイントで色づき始めた部分を入れて。

426D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

列車の配置場所を変えて。

426D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

縦アングルでアップで。

この後は近くの道の駅に立ち寄り。きのこ汁がメチャクチャ美味でした。

霧幻峡にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

少し上流の霧幻峡へ。

霧幻峡にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今回ご同行いただいた方が「こんな場所があるみたいです。」と調べてくださっていた秘境です。

霧幻峡にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

静謐な雰囲気が素晴らしいです。

霧幻峡にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こういう神秘的な所でノンビリ自然風景を撮影するのは良いですね。

霧幻峡にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

苔むした雰囲気って好きです。

霧幻峡にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

名前も知らないきのこ。

霧幻峡にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

木の実。

霧幻峡にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

コスモス。

ここまで自然を満喫し、次なる被写体を求めて移動を開始しました。

8226レ「SLばんえつ物語」(=C57-180牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

磐越西線にて「SLばんえつ物語」(=C57-180牽引)。180号機は当然ながらこれが初撮影です。

晴天だったらより良かったのですが、こればかりは仕方がありません。この後はここまでの成果に満足しつつ、喜多方ラーメンを美味しく頂きました。

これぐらい晴れてくれれば∩(・ω・)∩だったのですが
(クリックすると、大きい画像を開きます)

お腹も一杯になってロケハン再開。適当に見て回ったところ、良さげな雰囲気の踏切に行きつきました。

233D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

磐越西線はキハ110の天下になったと思っていたのですが、今でもキハ47が来るのですね。

234D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハE120+キハ110の混結編成。

…何だか、だんだんと天気が怪しくなってきたぞ…。

や、やっちまった…orz
(クリックすると、大きい画像を開きます)

や、やっちまった…orz。天気が悪くなってきたのは仕方がないですが、上のスペースが不十分で煙が切れてしまいました。アイヤー!

8233レ「SLばんえつ物語」(=C57-180牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

念のために縦アングルも準備しておいて正解だったわい。

会津若松城にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

この後をどうしようか考えていなかったのですが「会津若松に来たんだから、城を見学しない手はないでしょう!」という事に落ち着きました。

会津若松城にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

石垣も実に立派です。

会津若松城にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

松の木もどーん!

会津若松城にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

石垣の組み方が凄いです。パズルのように綺麗に組み合わされています。

会津若松城にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

夕焼けの空。

会津若松城にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

天守閣には入れませんでしたが、外から見られれば十分です。

会津若松駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

只見線キハ40でも停まっていないかなーと会津若松駅に立ち寄ってみました。

会津若松駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今回は泣く泣く撮影対象から外した会津鉄道。

会津若松駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こちらで撮影していたら見飽きるであろう車両も、アウェーから来た我々にとっては初撮影車両です。

会津若松駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

多分、先程撮影した編成と同一だと思います。

会津若松駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハE120をじっくり撮るのはこれが初めてではなかろうか。

会津若松駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

LEDなので字幕が変わりました。

この後は名物のソースかつ丼と馬刺しを美味しく頂き、東山温泉の名湯でノンビリ。翌日に備えて早めの就寝となったのでした…zzz…。



15日(日)の模様です。この日はいきなり大ポカをやらかしまして(謎)、只見線からの撮影となりました。

宮下ダム
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前日のロケハン時に通りがかった際に「このダムと周辺、良い雰囲気ですね。」と言っていた場所を再訪。

426D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

雄大な川の雰囲気を収めるべく、横アングルでパチリ。

426D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

同時に、トンネルから飛び出してくる雰囲気を強調した縦アングルでパチリ。

425D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今回初めて知ったのですが、この配色は「東北地域本社色」と言うそうです。「只見線色」だと思っていました。

この後は前日に続いてきのこ汁、そして松茸ご飯を頂く。これが本当に絶品でした。

続けて磐越西線に移動。どこか良い撮影地はないかなーと山の中をウロウロし、何となく有名な場所ではなかろうかという所に行きつきました。

8226レ「SLばんえつ物語」(=C57-180牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8226レ「SLばんえつ物語」(=C57-180牽引)。物凄い煙にノックアウトされました。SLってカッコいいなーと認識を新たにしました。

この後は仙台空港まで戻り牛タンを頂く。今回は喜多方ラーメン、ソースかつ丼、馬刺し、牛タンとグルメも充実した旅行となりました。

動画はこちら↓でお楽しみください。



ご同行いただきました皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : キハ40 C57 キハ47 キハ110 キハE120


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

C57+C56重連のSLやまぐち号

「8月1日(火)にC57とC56の重連が牽引するSLやまぐち号が運転されるそうです。一緒に行きませんか?」とお誘いを受けました。

お誘いはとっても嬉しいし、被写体も抜群に魅力的なのですが、平日ではさすがに行く事はできません…

12系が転車台横に留置されていました
(クリックすると、大きい画像を開きます)

のはずでしたが、何故か前日夜に山口県入り。

しばしの休息
(クリックすると、大きい画像を開きます)

残念ながら転車台付近にSLの姿は見当たりませんでしたが、12系とキハ40をセットで撮れるという思わぬ掘り出し物。

DE10-1531、初撮影
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今までに撮影した事のないDE10-1531も撮影できました。

2532D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

翌1日は、朝からどこで撮ろうかとウロウロとロケハン。合間にキハ40も撮影したりしました。

最初は線路横で撮影するつもりだったのですが、山の上から俯瞰しておられる方の視界に思いっきり入ってしまう事が判明。道を教えていただき山登りする事になったのですが…

道、どこ?背丈ほどもある草が生い茂っており、ただの獣道状態です。荷物は重いし、暑いしで完全にバテてしまいました(涙)。

結局、超上級者が行かれる最上段までは登らなかった(登れなかった)のですが

8521レ「SLやまぐち号」(=C57-1+C56-160牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ここでも十分にキタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

8521レ「SLやまぐち号」(=C57-1+C56-160牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

横アングルでもパチリ。それにしても物凄い山の中です。よくもまぁこんな所に線路を通したものだとただただ感心します。

駅出発の汽笛が遠くから二両分聞こえてきて、それが聞こえたら一気に元気になるという現金さでした(笑)。

…ちなみに、山下りの際には道に迷って遭難しそうになりました(汗)。

篠目駅の給水塔
(クリックすると、大きい画像を開きます)

地上に戻ってきてぼちぼちと寄り道。篠目駅の給水塔です。

志乃め
(クリックすると、大きい画像を開きます)

駅名もあえて旧字体で作られているようです。

8562D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

折り返し列車は編成で撮影する事にしました。

8522レ「SLやまぐち号」(=C57-1+C56-160牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは奥で一枚。

8522レ「SLやまぐち号」(=C57-1+C56-160牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

引いて空も入れて一枚!

天気は素晴らしいし、被写体も最高!この後は湯田温泉に入浴してサッパリと観光もバッチリ!弾丸一日ツアーの素敵な小旅行でした。

もう少しオマケの収穫。

三谷駅と篠目駅で購入した常備券
(クリックすると、大きい画像を開きます)

三谷駅と篠目駅で購入した常備券です。特に左上の特急券は、JR西日本ではここ三谷駅でしか購入できない貴重なものだそうです。

動画はこちら↓でお楽しみください。



お誘いいただきました皆様、現地で色々とご親切に教えてくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : キハ40 DE10 C57 C56


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

リニア・鉄道館

どこか連れてけ!と催促されたので「よーし、連れて行ってやろう!」という話になりまして

3712レ(=ED456+ED453牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

三岐鉄道へGO!

…もちろん、これは序章です。目的地に行く途中に立ち寄っただけです(ぇ)。

本当は【先日教えていただいた情報に従って1503レを撮影しようとした】のですが、お盆休みのこの時に限ってまさかの901レが運転された⇒白ホキの姿形もなしという。ガビーン…。

結局、いつも通り3712レから撮影開始となりました。

…本当はこの前に関西本線5271レ運休というもう一つショッキングな出来事があったのは秘密です。

関西本線の石油列車も動いていないので「これだけで終わるのは物足りないな。」と四日市まで足を延ばす事に(ぉぃ)。

5363レ(=DD452牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5363レ(3712レを継走)の四日市より先のダイヤは把握しておらず、末広橋梁を渡る姿は上下共に撮影失敗(死)。スイッチャーによる入替も5362レが先に到着するという事を把握しておらずに見る鉄(爆死)。結局、慌て気味に5363レを撮影するだけに留まりました。

5363レ、DD51牽引で到着
 ⇒ 5362レ、スイッチャー牽引で到着
 ⇒ 5362レ、DD51牽引で出発
 ⇒ 5363レ、スイッチャー牽引で出発

という順番らしいですφ(。。;メモメモ。



ようやく本題。リニア・鉄道館に行ってまいりました。

C62
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いきなりC62がお出迎え。全ての形式をタグ付けしているとパンクするので、既にタグ付けしている物についてのみタグを付けるようにします。リニア・鉄道館に収蔵されている仲間もいれば、まだ現役で走っている(中には最初で最後の走行シーンもあるが)仲間も居る形式という事になります。

300X
(クリックすると、大きい画像を開きます)

300X。正式名称は955形だそうです。「系」と「形」の使い分けがイマイチ分かっていませんので、wikipediaの記述を信じる事にします。

リニアモーターカー
(クリックすると、大きい画像を開きます)

リニアモーターカー。

C62-17側面
(クリックすると、大きい画像を開きます)

C62-17側面。

100系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

100系。二階建て新幹線とか懐かしいですねぇ。

165系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

165系。この辺りになると「本で見た事があるような…。」レベルです。

63系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

63系。旧型国電と言えばこの辺りかな。

キハ80系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ80系。この辺りも雑誌で見た事がある気がします。

キハ10系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ10系。何だか大糸線で最後まで走っていた列車に似ているような…という程度の知識しかありません(※大糸線で走っていたのはキハ52形です)。

オロネ10
(クリックすると、大きい画像を開きます)

20系登場以前の寝台車ですが、基本構造はあまり変わらないように見えます。

オヤ31形
(クリックすると、大きい画像を開きます)

通称:花魁(オイラン)列車。【宮原で昼寝をしている姿】しか撮影した事がありません…。

実は1度だけ走行シーンに遭遇した事がありますが、ピント合わせをミスって見事に失敗しました(泣)。

ホジ6005形
(クリックすると、大きい画像を開きます)

蒸気機関と旅客部分を併せ持った、今でいう気動車の先輩らしいです。この辺りになると形式名を聞いても???です。「ホ」始まりって何ですか?

C57-139側面
(クリックすると、大きい画像を開きます)

C57-139側面。

C57-139動輪
(クリックすると、大きい画像を開きます)

C57-139動輪。大きいですね…って、比較対象がないので伝わりませんね(汗)。

C57-139
(クリックすると、大きい画像を開きます)

C57-139。【先輩の1号機が未だに山口県で頑張っている】のに、先に博物館に収蔵されました。

ED18
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ED18。やっぱりよく分からんが、何となく「飯田線辺りで走っていたっぽいなー。」と思ったら、やはりそうでした。

ED11
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ED11。

モハ1形
(クリックすると、大きい画像を開きます)

モハ1形。

111系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

111系。【よく似た黄色いのは伯備線や山陽本線でしょっちゅう見ます】し、【同じ配色の列車も草津線で見ます】。まだまだ現役なJR西日本の物持ちが良いのか、はたまた…。

EF58-157側面
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF58-157側面。

EF58-157
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF58-157を正面から。EF58の走行シーンは【梅小路行き配給列車が最初で最後】だろうと思います。

52系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

52系。「あー、こういう流線型の列車が昔ブームになったと本に書いてあった!」…というぐらいの知識しかありません(汗)。

381系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こちらも【伯備線でしょっちゅう見ます】し、【国鉄色も福知山線や山陰本線で見られる】し…と言っているうちに過去帳入りしてしまう訳です。

0系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

0系。新幹線と言えばやっぱりこれのイメージが強いです。

キハ181系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「しなの」は381系のイメージでしたが、その前はキハ181系も入線していたのか?恥ずかしながら、今回の展示で初めて知りました(汗)。

2Fから俯瞰
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2Fから俯瞰。子供さんより大人の方が楽しんでいる気がするのは気のせいか。

C62-17
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一番最初に撮影したC62を上から。

117系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

屋外展示。うーむ、【こやつも湖西線で見たような】気がするのだが。片や博物館入り、片やまだまだ現役。同じ本州の鉄道会社なのに、何たる温度差。

ケ90形と名港トリトン
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ケ90形。「ケ」だと?もはや聞いた事すらありません…。

一応、今回の目的地だった名港トリトンをバックにパチリ。

カモノハシ(ぉぃ)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

カモノハシ(ぉぃ)。

300系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

300系。新幹線はいつの間にか引退していたというパターンが多いです。0系、100系、300系、いずれも走行写真は撮らずに終わってしまいました。一度は500系も撮りに行っておかないといかんなぁ。

あ、700系は別にいいや(蹴)。

922形
(クリックすると、大きい画像を開きます)

922形ドクターイエロー。当然ながら走行シーンは見た事がありません。

今のドクターイエローですら、防音壁の向こう側を通過中で屋根だけ見えたとか、【気付いたら遠くに後姿があった】とか、まともに見た事がありません。今回初めて「ちゃんと見た。」と言える成果を得られたような。



以上でリニア・鉄道館の見学は終了!帰宅です。

3718レ(=ED5082+ED5081牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

朝の901レが運転された場合は、3718レが運転されると教えていただいた】ので、ちょっとだけ寄り道。

3718レは無事運転されましたが、藤原岳は雲の中…。藤原岳バックで撮影したいのですが、いつになったら狙い通りに撮れるのやら。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 三岐鉄道 ED45 C57 EF58 381系 117系 ED5081


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

山口県遠征@復活したトワイライト~を追いかけて

土曜日にトワイライト~狙い+αで湖北地方に遠征しました】が、その翌日には自家用車で山口県入りしました。多くの方に バカじゃねーの!と呆れられました タフですねーと感心されました。

元々は行く予定はなかったのですが「今度、遠征に行きませんか?」とお誘い頂いたので話に乗る事にした次第です。結局、山口県まで往復1085.1km、平均燃費23.5km/l、運転時間24時間を1人で運転し通すという記録が誕生しました。もうこれ以上の記録更新は結構です(苦笑)。



最初の撮影地に到着してから仮眠を取ろうと思っていたのですが、既に先客の方がおられるではないですか。しかも夏至が近いので思いの外明るいです。こりゃーうかうかしていられないなと撮影開始!

…結果的にはここで仮眠しておいた方が良かった気がしますが、それは本当に結果論です(苦笑)。

115系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

黄色くない115系もまだまだ来てくれるんですね。

何だか今回のトワイライト~、呉線を周るわけでもなくセノハチ付近で長時間停車を繰り返しているようです。色々と制約があるのかもしれませんが、結構な値段なのだから海岸線沿いを走ってあげたりした方が良いんじゃないかなと思うのですが。

オマエが撮影したいだけだろ!なんて事は決してございません。

9023レ「トワイライトエクスプレス」(=EF65-1128牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9023レ「トワイライトエクスプレス」(=EF65-1128牽引)。前日夕方に京都~大阪間で撮影した列車を、翌日朝に広島県と山口県の県境で撮影しているというのもなかなか珍しいでしょう。

この後は九州から来られたMo様と合流して海岸線沿いで撮影しました。

…が、ロケハンと称して崖登りをしたり、崖から転落してトゲだらけの植物にまとわりつかれてイテテとなったり、野イチゴ≠ヘビイチゴ(?)を見つけてパクリと食べてみたり、自然と戯れていたためにほとんど列車を撮影できませんでした(アホ)。

特に最後の野イチゴのくだりは バカじゃねーの!と(略) 洗わずに食べても腹痛を起こさないとは元気ですね!と褒められました。

帰宅後に調べてみたら、ヘビイチゴは不味いとか、ヘタすると毒があるだとか書いてあってゾーッとしたり。しかし、今回食べたのは不味くなく、むしろ美味しかったのでヘビイチゴではなかったのでしょう。

完全に結果オーライじゃねぇか!(汗)



今回の遠征では、どうせ山口県まで来たのだから「有名なみちしおカーブまで行ってみたい!」という私の思い付きにお付き合い頂く事となりました。

115系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再び黄色くない115系です。

どうも私の読みがいつも通りに適当だったのか、側面まで陽が回らなさそうです(蹴)。しかも、諸般の事情により単焦点超望遠レンズでの撮影に挑戦する事になったので画角の調整が出来ません。先に来られた方も大勢おられたし、ウロウロしていると邪魔になるので「これで行こう。」と決心しました。

2075レ(=EF66-123牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2075レ(=EF66-123牽引)。線形的なうねりが出て個人的には気に入った一枚なのですが、さすがにこの架線柱の位置では余りにもひどいので、本番は少しばかり奥でシャッターを切る事にしました。

9023レ「トワイライトエクスプレス」(=EF65-1128牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9023レ「トワイライトエクスプレス」(=EF65-1128牽引)。海岸線沿いはイマイチだったのでカウント外として、1128号機が先頭の模様は3回目の撮影となります。

「みちしおカーブなのに、ほとんどカーブしていないじゃないか!」とツッコミ所満載ではありますが、何はともあれここまで来られた事、撮影地で大勢の皆様とご一緒させていただいて楽しい一時を過ごせたので良し!



以上で撮影を終わるつもりだったのですが、Mo様から「帰り道、長門峡の方に寄って帰るというのはどうですか?」と煽られましてちょっと寄り道。

キハ47
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ47を撮影したりして時間を潰しつつ、とある列車がやって来るのを待ちます。遠くからポーッ!シュッシュッシュッ…。

9522レ「SLやまぐち号」(=C57-1牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9522レ「SLやまぐち号」(=C57-1牽引)。一度だけ「SLやまぐち号」には乗車した事がありますし、それ以外に津和野観光に来た際にも見ているはずなのですが、その時には鉄道旅が好きだっただけで「本物のSLだ!スゲー!」で終わっており、何が牽引していたのかも理解しておりませんでした。その時の写真も押入の奥の奥です。

今回初めてC57だと意識して撮影できました。



以上で撮影終了!ご一緒いただきましたMa様、現地で親切にしていただきましたMo様をはじめとする皆様、本当にありがとうございました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 115系 EF65 EF66 キハ40 C57


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。