九州遠征(後編)

←前編はこちら

九州遠征後編(4日目~5日目)の模様となります。

4日目は、三度目の正直でようやく4時30分起床をクリアしました。

EF81-406大牟田貨物
(クリックすると、大きい画像を開きます)

そのご褒美か?タンクコンテナが特徴的な大牟田貨物をEF81-406牽引で撮影できました。406号機は当然ながら初撮影です。

ED76-1021
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ED76-1021号機。

EH500-49
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EH500-49。ED76やEF81に目が行きがちですが、ちゃんとEH500も撮影しております。 力の入れ具合が違うなんて事はありません、ホントです(ん?)。 

EF81-452
(クリックすると、大きい画像を開きます)

また君か!なんて口が裂けても言えません。

ここまでで早朝撮影終了。「次はどうしようかな?」と考えた結果、ある事に期待して日豊本線に向かう事にしました。狙いは4075レ、そして運転されたらラッキーの8077レ臨時貨物です。

ダイヤグラムを確認してみたところ、4075レも8077レも中山香で30分程度停車するようです。この前後で撮影場所を探そうとまずは向かってみる事にしました。

そんな適当なノリで向かったのに、上手い具合に片架線柱の場所を見つける事ができました。寝坊はしない、天気も良いとようやく運が向いてきたか?

EF81-503(1回目)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4075レはEF81-503牽引でした。

415系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4075レを追いぬいて再びロケハン。青空の下、415系が駆け抜けていきました。若干シャッターを切り遅れたのはご愛敬(ぉぃ)。

EF81-503(2回目)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4075レ、2回目~。

EF81-503(3回目)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

以前に303号機を撮影した場所】は光線状態があまり良くない+そもそも伐採作業中で邪魔になりそうだったので早々に諦め。またしても慌ててロケハンです。

若干側面の陽が薄いし、足回りに草がかかってもいますが、最後尾に積載しているタンクまでギリギリ入ったので個人的には満足です。

ここまで撮影して、さてどうしよう?8077レが設定なしならば湯布院にでも行こうかと思っていたのですが

885系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

あっさりと湯布院行きはキャンセルし(笑)、機関車主体で撮影できる場所を探しました。

883系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ようやく特急列車の写真が出てきましたが、これも編成のバランスを見るためと言うと怒られそうですね(汗)。

うん、これで後ろに編成が写りつつ、機関車も強調できそうだ。ちょっと天気が曇ってきたのは気になるが、さぁ来い8077レ!

EF81-303
(クリックすると、大きい画像を開きます)

狙いの機関車とはEF81-303でした。ちょっと荷が少ないですが、臨時貨物だから仕方がありません。

8077レも中山香に停車するので、再び追い抜いてロケハンです。

キターの予感!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これまた良い場所を見つけました。ここまで条件が良いと、何となく有名撮影地じゃないかな?という気がします。

河川改良工事が行われていましたが、邪魔にならないように許可を得てスタンバイです。

雲行きが怪しい…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ちょっと雲行きが怪しくなってきましたが、きっと大丈夫!信じる者は救われる!

ショボーン(´・ω・`)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…世の中、そうそう上手く行くはずがありませんね。303号機と再び遭遇できただけでも御の字でしょう。

8077レは西大分行きなので、【前日】と同じく停車中の模様が撮影できないかと西大分駅に向かってみました。

湯布院?何それ美味しいの?状態です。

西大分駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

西大分駅のスイッチャーです。私はスイッチャーは全く分からないのですが、好きな方は大好きのようです。

あぁ、それは私が将棋や音楽、風景写真が大好きなのと同じですか(ん?)。

さて、303号機は…

EF81-303、出発準備完了!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

居た(゚∀゚)!しかもパンタグラフが上がっているじゃないか!

珍しくパンタグラフが上がった側の顔を
(クリックすると、大きい画像を開きます)

普段はコンテナが積載されているのでなかなか見られない、パンタグラフが上がった側の顔です。

反対側
(クリックすると、大きい画像を開きます)

反対側も撮影。

安全確認、よし!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

安全確認、よし!

後方ジャンパ栓、よし!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

後方ジャンパ栓、よし!(※注:私が想像した掛け声です)

このゴチャゴチャさが、逆に良いんですよね
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ゴチャゴチャしているほど「無骨でいい。」と感じてしまうのは、もう末期症状でしょうか(苦笑)。

反対側も撮影
(クリックすると、大きい画像を開きます)

当然ながら反対側も撮影。

出発準備、完了!(1)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

出発準備、完了!

出発準備、完了!(2)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

出発準備、完了!(反対側より)

いやーこれだけ303号機が色々な角度から撮影できればお腹いっぱい…なのですが、貪欲な私は最後にもう一枚走行写真を撮るべく、8070レ連結シーンを見る事なく移動を開始しました。

すぐに来たので看板を処理できず。
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先の撮影とは逆側より。到着後すぐにやって来たので左側の目立つ看板を隠せませんでした(汗)。

やっぱり日照条件が厳しい…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

晴れたらいいなーと思いつつ、やっぱり世の中甘くはないです。ご一緒させていただいた方曰く、いつもより少し遅れているようです。

303号機牽引フル積載貨物が撮影できただけ、御の字です
(クリックすると、大きい画像を開きます)

残念ながら夕陽ギラリとは行きませんでしたが、フル積載の列車を撮影できただけ良かったというものです。

これで日豊本線での撮影は完了。再び九州北部に戻ってJ様&M様と合流して夜間撮影です(笑)。

EF500-47
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EH500-47牽引貨物。次位が福山通運だから67レっぽいですね(※注:実際には67レは九州まで来ません)。

ここで某画像掲示板を見ていて「くま川鉄道の甲種輸送が下ってきたみたいですね。」という話題に。

「もうとっくにここは通過して、くま川鉄道入りしているんじゃないですか?」「でも、念のためにダイヤを確認しておきましょう。」と、手元にあった鉄道ダ○ヤ情報をパラパラめくると…

ちょ!あともう少しで通過するじゃないですか!

何というグッドタイミング!時変の可能性も考えて3人で猛烈な勢いで駅ラーメンをすすりました(笑)。

ちょっと脱線しますが、この駅ラーメンもかなりの美味でした。さすがラーメン激戦区です。

そんな訳でスタンバイ。駅の端っこで停車する可能性もありそうでしたが、このメンバーなので流し撮りで撮ろうという気満々です。【先日の後藤入場のように、停車と見せかけて通過になる可能性】もありえますからね。

上りEH500貨物が行き、下りの信号が青になって…

DE10-1614牽引、くま川鉄道甲種輸送
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DE10-1614で通過していきました。門司DE10も当然ながら初撮影です。荷はブレていますが(既にこの時点でアウトな気がしますが)、機番はしっかり止まってくれました。どうも今日は調子が良い!

EH500-67
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EH500-67もちゃんと撮影できました。

ここまで撮影して、誰ともなしに「あの甲種、鳥栖に0時30分ですよね?」「という事は、どこかで退避しますよね?」「特急使ったら、どこかで抜けるんじゃないですか?」という雰囲気に。

マジですか、本当に行っちゃうんですか?

DE10-1614牽引、くま川鉄道甲種輸送(2)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

はい、行っちゃいました(笑)。

九州在住のお二人のおかげで「ここは退避の可能性あり。」という駅を順番にチェックし、抜いた事を確認して特急を飛び降りて普通列車に乗り換え。明るそう、かつホームで足元が切れない線を通過する千早駅で無事撮影できました。

本当にJ様&M様のおかげです。自分一人ではこのような撮影を行う事は出来ませんでした。少し文末には早いですが、心から御礼申し上げる次第です。

ED76-1017
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再び小倉駅に戻って撮影再会(笑)。今日も日豊本線ホームの照明が点灯していました。

EH500-70
(クリックすると、大きい画像を開きます)

苦手意識が芽生えつつあった貨物線も、下りは何とか攻略できたか?

ED76-1015再挑戦…も再失敗…orz
(クリックすると、大きい画像を開きます)

上りは最後まで攻略できず。しかも、再びの全検明け1015号機という(苦笑)。4日目唯一の心残りはこれかな。

EF81-503でフィニッシュ!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後は日豊本線4076レ、EF81-503でフィニッシュ!5日目に足を突っ込んでいますが(撮影時間は25時5分・苦笑)、4回目の撮影となります。

帰宅してから撮影記録を確認した結果、富山時代に503号機を撮影したのは1回だけでした。まさか九州で4回も撮影できてしまうとは驚きです。



5日目は、4日目で力を使い果たしたのか3回目の寝坊により、早朝撮影はなし。成果ゼロで帰阪し、そのうっぷんを【トワイライト~2両の試運転にぶつける】事となりました。



このような無計画遠征が充実したものとなったのは、ひとえにJ様&M様のお力なくしてはありえませんでした。本当にありがとうございました。この場にて深く、深く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF81 ED76 EH500 415系 885系 883系 815系 DE10


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

九州旅行1日目(別府~EF81-303撮影~岡城跡~高千穂峡~南阿蘇)

遅くなりましたが、先週金曜日~今週月曜日にかけて九州を中心とした旅行に行って参りました。

別府入りは豪華客船"DIAMOND PRINCESS"で!

豪華客船「DIAMOND PRINCESS」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…だといいのですが、現実は

フェリー「さんふらわあ こばると」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

フェリー「さんふらわあ」での九州入りです("DIAMOND PRINCESS"は、偶然別府港に入港するところに遭遇・撮影しただけです)。ブルートレインがあったら絶対に列車で九州入りしていたはずなのですが、こればかりはやむを得ません。

明石海峡大橋
(クリックすると、大きい画像を開きます)

大阪南港~別府行きなので瀬戸内海経由です。当然ながら明石海峡大橋もくぐる訳でして。手持ちで撮影していますが(三脚を下ろすのが面倒だった)、普段の夜間撮影が少しは活きた…かもしれません。多分、気のせいですが。

台風一過とはならずとも
(クリックすると、大きい画像を開きます)

天候は曇り。前日は台風が来ていたので「出航できるのか?」すら微妙だったので御の字と言えるでしょう。

さぁ、九州入り1日目は岡城跡~高千穂峡観光がメインです。出発進行!

815系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…なのですが、私がプランニングするのをいいことに、移動時間の隙間にさりげなーく撮影を組み込む(笑)。

783系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

日豊本線を日中に下る貨物列車は4075レの一本だけ。「EF81-303(銀釜)が来てくれたらいいけれど、世の中そんなに上手く行くはずがない。今まで撮った事がないEF81が来てくれたら御の字。」と待つ事しばし。

4075レ(=EF81-303牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4075レ(=EF81-303牽引)。何と、まさかの銀釜一発ツモキタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)!

コキ8両に紫コンテナ1個、タンクコンテナ4個と若干荷がさびしいですが贅沢は言うまい。もうこれが撮れただけでテンションが上がるというものです。

これで1日目の鉄道撮影は終了!後は普通に観光です。このブログにご来場頂いた方の趣味に合うかは不明ですが、もう少しお付き合い頂ければ幸いです。

原尻の滝にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中、大きく「道の駅 原尻の滝」とあったので寄り道してみました。

原尻の滝にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

後で知ったのですが、この滝は日本の滝百選にも選ばれているそうです。

岡城跡にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

第一目的地だった岡城跡です。

岡城跡にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

山頂に忽然と表す立派な石垣。まるで竹田城のような雰囲気です。

竹田城は有名になったので人がどっと押し寄せているそうですが、こちらはそのような事はなく静謐な雰囲気が漂っています。

滝廉太郎像
(クリックすると、大きい画像を開きます)

岡城と言えば、滝廉太郎が名曲「荒城の月」作曲のヒントを得た城です。

予想以上に立派だった石垣に圧倒されつつ、次なる目的地の高千穂峡に向かいます。

廃線後?と思いきや…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中で見つけた立派なアーチ橋。「すわ、廃線跡か?」と思ったのですが、どうやら水道橋のようです。

今回は時間の都合で泣く泣く通潤橋を諦めたのですが、恐らくこれをさらに立派にした橋なんだろうなぁ。

高千穂峡トンネル駅
(クリックすると、大きい画像を開きます)

高千穂町に到着して間もなく、高千穂鉄道の廃線跡を利用した施設を発見しました。

SL静態保存機に出会う
(クリックすると、大きい画像を開きます)

旧国鉄高千穂線で使われていたと思われるSL保存機にも出会えました。

高千穂峡トンネル駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

旧駅前にも小さな滝も。

高千穂峡
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1日目の第二目的地、高千穂峡に到着しました。

高千穂鉄道がある時に来たかった…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ここに来て思うのは「とうとう来たよ、高千穂峡!」と同時に「高千穂鉄道が健在の時に、列車で来てみたかった…。」という後悔。昔はわざわざ九州まで列車に乗りに行くという概念がなかった事が惜しまれます。

柱状節理
(クリックすると、大きい画像を開きます)

立派な柱状節理です。この辺りが火山だった事を明確に示す証拠ですね。

真名井の滝
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これまた日本の滝百選に選ばれている名瀑・真名井の滝です。

これが実に美しい!遠路はるばる高千穂まで来た甲斐があるというものです。

真名井の滝を反対側から
(クリックすると、大きい画像を開きます)

真名井の滝を反対側からも撮影。真名井の滝と言えばボートで近づける事で有名ですが、一艘も見当たらない。「?」と思って聞いてみると1ヶ月前から乗り場が水没しているらしいです。

先日の台風で増水したから…だったら残念とも思いますが、1ヶ月前なら諦めもつくというものです。

玉垂の滝
(クリックすると、大きい画像を開きます)

近くにあった玉垂の滝。真名井の滝ほど有名ではないかもしれませんが、こちらも結構綺麗な滝でしたよ。

いやー、高千穂峡も素晴らしかった!語彙が乏しいのが悔やまれます。これで1日目の観光は終わり。宿に向かいます。

阿蘇山
(クリックすると、大きい画像を開きます)

目の前に広がる阿蘇山!素晴らしい眺めなのですが、翌日の天気予報がビックリの降水確率100%というのが気がかりです…。

2日目の模様へ→

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 815系 783系 EF81


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。