九州旅行1日目(別府~EF81-303撮影~岡城跡~高千穂峡~南阿蘇)

遅くなりましたが、先週金曜日~今週月曜日にかけて九州を中心とした旅行に行って参りました。

別府入りは豪華客船"DIAMOND PRINCESS"で!

豪華客船「DIAMOND PRINCESS」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…だといいのですが、現実は

フェリー「さんふらわあ こばると」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

フェリー「さんふらわあ」での九州入りです("DIAMOND PRINCESS"は、偶然別府港に入港するところに遭遇・撮影しただけです)。ブルートレインがあったら絶対に列車で九州入りしていたはずなのですが、こればかりはやむを得ません。

明石海峡大橋
(クリックすると、大きい画像を開きます)

大阪南港~別府行きなので瀬戸内海経由です。当然ながら明石海峡大橋もくぐる訳でして。手持ちで撮影していますが(三脚を下ろすのが面倒だった)、普段の夜間撮影が少しは活きた…かもしれません。多分、気のせいですが。

台風一過とはならずとも
(クリックすると、大きい画像を開きます)

天候は曇り。前日は台風が来ていたので「出航できるのか?」すら微妙だったので御の字と言えるでしょう。

さぁ、九州入り1日目は岡城跡~高千穂峡観光がメインです。出発進行!

815系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…なのですが、私がプランニングするのをいいことに、移動時間の隙間にさりげなーく撮影を組み込む(笑)。

783系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

日豊本線を日中に下る貨物列車は4075レの一本だけ。「EF81-303(銀釜)が来てくれたらいいけれど、世の中そんなに上手く行くはずがない。今まで撮った事がないEF81が来てくれたら御の字。」と待つ事しばし。

4075レ(=EF81-303牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4075レ(=EF81-303牽引)。何と、まさかの銀釜一発ツモキタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)!

コキ8両に紫コンテナ1個、タンクコンテナ4個と若干荷がさびしいですが贅沢は言うまい。もうこれが撮れただけでテンションが上がるというものです。

これで1日目の鉄道撮影は終了!後は普通に観光です。このブログにご来場頂いた方の趣味に合うかは不明ですが、もう少しお付き合い頂ければ幸いです。

原尻の滝にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中、大きく「道の駅 原尻の滝」とあったので寄り道してみました。

原尻の滝にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

後で知ったのですが、この滝は日本の滝百選にも選ばれているそうです。

岡城跡にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

第一目的地だった岡城跡です。

岡城跡にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

山頂に忽然と表す立派な石垣。まるで竹田城のような雰囲気です。

竹田城は有名になったので人がどっと押し寄せているそうですが、こちらはそのような事はなく静謐な雰囲気が漂っています。

滝廉太郎像
(クリックすると、大きい画像を開きます)

岡城と言えば、滝廉太郎が名曲「荒城の月」作曲のヒントを得た城です。

予想以上に立派だった石垣に圧倒されつつ、次なる目的地の高千穂峡に向かいます。

廃線後?と思いきや…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中で見つけた立派なアーチ橋。「すわ、廃線跡か?」と思ったのですが、どうやら水道橋のようです。

今回は時間の都合で泣く泣く通潤橋を諦めたのですが、恐らくこれをさらに立派にした橋なんだろうなぁ。

高千穂峡トンネル駅
(クリックすると、大きい画像を開きます)

高千穂町に到着して間もなく、高千穂鉄道の廃線跡を利用した施設を発見しました。

SL静態保存機に出会う
(クリックすると、大きい画像を開きます)

旧国鉄高千穂線で使われていたと思われるSL保存機にも出会えました。

高千穂峡トンネル駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

旧駅前にも小さな滝も。

高千穂峡
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1日目の第二目的地、高千穂峡に到着しました。

高千穂鉄道がある時に来たかった…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ここに来て思うのは「とうとう来たよ、高千穂峡!」と同時に「高千穂鉄道が健在の時に、列車で来てみたかった…。」という後悔。昔はわざわざ九州まで列車に乗りに行くという概念がなかった事が惜しまれます。

柱状節理
(クリックすると、大きい画像を開きます)

立派な柱状節理です。この辺りが火山だった事を明確に示す証拠ですね。

真名井の滝
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これまた日本の滝百選に選ばれている名瀑・真名井の滝です。

これが実に美しい!遠路はるばる高千穂まで来た甲斐があるというものです。

真名井の滝を反対側から
(クリックすると、大きい画像を開きます)

真名井の滝を反対側からも撮影。真名井の滝と言えばボートで近づける事で有名ですが、一艘も見当たらない。「?」と思って聞いてみると1ヶ月前から乗り場が水没しているらしいです。

先日の台風で増水したから…だったら残念とも思いますが、1ヶ月前なら諦めもつくというものです。

玉垂の滝
(クリックすると、大きい画像を開きます)

近くにあった玉垂の滝。真名井の滝ほど有名ではないかもしれませんが、こちらも結構綺麗な滝でしたよ。

いやー、高千穂峡も素晴らしかった!語彙が乏しいのが悔やまれます。これで1日目の観光は終わり。宿に向かいます。

阿蘇山
(クリックすると、大きい画像を開きます)

目の前に広がる阿蘇山!素晴らしい眺めなのですが、翌日の天気予報がビックリの降水確率100%というのが気がかりです…。

2日目の模様へ→
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 815系 783系 EF81


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。