配6550レ(=EF510-504牽引+EF510-509ムド)などを撮る

皆様、再びお久しぶりです(蹴)。前回の更新は…うん、4月9日だから一週間経っていないですね。

今読んでいる本に「目標をなし崩し的に下げる事で、崩壊は始まる。」という解説がありました。まさにこのブログの事ですね、うん。

え?始まってもいない?こりゃ失礼いたしました。



という訳で、4月10日(日)の撮影記録です。当初は東に行くつもりだったのですが
 ・天気が怪しい。
 ・今は列車の運行状況が芳しくない。
 ・そして何より…。
という事で目的地を急遽北に変更しました。300km以内の同心円状なので問題はありません。

わざわざ北に目的地を変更したのは

521系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

北陸本線のスター、521系を撮るため!

…ではなく

配6550レ(=EF510-504牽引+EF510-509ムド)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これが狙いでした。銀色EF510が来るとしても水曜日だろうなーと諦めていたのですが、まさかの日曜日運転だった事に驚きました。実は、側面に流星を付けたEF510の実物を見るのはこれが初めて。そして恐らく最初で最後になるだろうと思います。

配6550レ(=EF510-504牽引+EF510-509ムド)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

配6550レ(=EF510-504牽引+EF510-509ムド)をもう一度撮影。春に来たという事が分かる一枚を撮りたいなーと思っていましたが、偶然菜の花が目に入って「これだ!」と即決しました。



これで配6550レの撮影は終了。しかし、行き当たりばったりで北行きを決めたので次の目的地がありません。どうしたものかとしばし思案した結果、有名な「畑のしだれ桜」を見るために信楽に向かう事にしました。

立派な桜並木を発見
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中、柳ヶ瀬トンネル経由で南に向かったのですが、その出口付近で立派な桜並木を見つけました。

春爛漫
(クリックすると、大きい画像を開きます)

数こそ多くないものの、樹が大きくて立派でした。

ムスカリの花
(クリックすると、大きい画像を開きます)

近くで咲いていたムスカリの花です。私が珍しく名前を知っている花の一つです。

タンポポ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

セイヨウタンポポか、ニホンタンポポか?私は見分け方を知りません…。

面白い花
(クリックすると、大きい画像を開きます)

名前は知らないけれど、何となくユーモラスな花も見つけました。

道路そばに見つけた絶景
(クリックすると、大きい画像を開きます)

さらに南下したところで見つけました。実はすぐ近くを道路が通っているのですが(その道路走行中に偶然目に飛び込んできた)、それを感じさせない絶景!こういう事があるから、特に目的地を決めずにノンビリとドライブするのは楽しいのです。車の運転は大の苦手かつ大嫌いなのですが…(ぇ)。

久しぶりの信楽高原鐵道
(クリックすると、大きい画像を開きます)

信楽に向かう途中で信楽高原鐵道の線路を発見し「あれ?どこかで信楽高原鐵道と桜をセットで撮れるんじゃね?」と気付く始末。普通なら「信楽高原鐵道を撮って、そのついでに畑のしだれ桜を見て帰ろう。」だろうと思います。順番が逆じゃねぇか。

信楽焼を意識した?新型車両が行ったり来たり
(クリックすると、大きい画像を開きます)

どうもこの単行気動車が往復するのが基本のようです。信楽焼を意識した?新型車両らしいです。

畑のしだれ桜
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最終目的地、畑のしだれ桜です。この日はあいにくの曇り空でしたが、一瞬だけ陽が射してくれました。

以上、4月にふさわしくニュー釜(カマ)ーを迎えた、春を感じた遠征となりました。

動画はこちら↓をご覧ください。今回から音楽をお借りして付けてみました。だんだん写真編集より動画編集に力が入り始めたような…。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 521系 EF510 信楽高原鐵道


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

再・北陸遠征

「シルバーウィークに出勤したんだから、近々その代休を取りなさい。」との指令が出ましたので「それではお言葉に甘えまして…。」という事で、代休を頂きました。

しかし、運悪く爆弾低気圧が近づいてきているとの事前予報。前日木曜日によっぽど「すいません、代休をずらさせてください。」とお願いしようかと思ったのですが、午後は天気が回復するとの予報を信じる事にしました。



天気が悪いままだったら家でゴロゴロしようかと思っていたのですが、前述の通り「午後からは大丈夫。」との予報を信じて遠征する事にしました。行先は北陸です…って、【この前行ったところじゃねーか!

まぁ、この前は行ったうちに数えて良いのか?ではありますが(詳細はリンク先を参照)。「北陸の借りは、北陸で返す!」リベンジマッチです。最近は倍返しだ!という言葉も聞かなくなりましたね。

今回は出発前にカメラがバッグに入っている事を念入りに確認したのは言うまでもないです(苦笑)。



敦賀あたりまでは「本当に晴れるのか?」という大荒れでしたが、今庄辺りまで来ると晴れ間も見えてきました。せっかくなのでEF510貨物でも撮ろうかと寄り道。

521系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

521系普通列車は来ますが、通過予定時間になっても3097レがやって来ない。「昨日の爆弾低気圧の影響だろうか?」と思い始め、さらに悪い事に再び雨が降り始めてアチャー。

次の下り列車で諦めようかと待っていると、みるみる天候が回復。ラッキーと思っていると踏切が鳴る。すわ、今度こそ貨物列車か?遠目に見えた列車は…何かライトが上部に二個あるんですけど?もしかしてEF81じゃね?

はい、大幅遅延の3093レでした。

…何で写真がないのかはお察しを(苦笑)。シングルアームパンタグラフのEF510が来るはずという思い込みで画角調整が適当だったので、見事にやっちまいました。シングルアームパンタグラフだろうが交差型パンタグラフだろうが、どちらが来ても良いようにセッティングしておくのが当然だろうが!

この後はロケハンを行いつつ北上。周囲は開けているけれど上手く工夫すれば森の中を走っているように撮影できそうな場所を見つけたり、このソバ畑は良さそうだとアタリを付けました。

そして最終目的地の駅に到着。トイレをお借りして用を足していると窓から線路が見える。「遠くからライトが上部に二個ある機関車に牽引された貨物列車が来てるっぽいんですけど?」

無情にもEF81-723牽引の貨物列車が眼下を通過…orz。ビックリしすぎて的を外し「そう」になりました(※注:未遂です※)。

どうも今回はEF81に恵まれん遠征なのか?そして狙いの列車はEF81牽引…何だかとっても嫌な予感が(苦笑)。



終わった事は仕方がないのでロケハン再開。【前回】に「このソバ畑は良さそうだ。」と思っていた場所に行ってみる事にしました。

確認してみて「うん、こりゃいいや!」と即決定。一度コンビニに行って食糧を調達し、本番まで張り付く事にしました。

4058レ(=EF510-15牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本来ならば明るい時間帯には貨物列車が走らないはずなのですが、前日の爆弾低気圧による影響でしょうか。

3096レ(=EF510-504牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

0番台と500番台の両方を撮影できました。撮影できた理由が理由だけに複雑な心境ですが…。

特急「しらさぎ」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

特急「しらさぎ」。上りの特急列車を好条件で撮影できたのはこの1枚だけです。後は曇られたり、設定をミスってカツカツになったり…。後者は完全に自業自得です。

キヤ143
(クリックすると、大きい画像を開きます)

遠目に「何だか見慣れない奴が来たぞ?」と思ったら、まさかのキヤ143登場。当然ながら初見、初撮影。試運転だったのでしょうか?

次がいよいよ本番です。

9014レ(=EF81-44牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9014レ(=EF81-44牽引)。カニ+オハネフ+オハ+オハ+スロネフという、ロビーカー2両の珍編成「ちょっと短い」特別なトワイライトが今回の狙いでした。列番は運用表に記載された物を記載させていただいているのですが、確認するたびに書き変わっているのでどれが正しいのかは?

それにしても珍編成です。最初に鉄○ダイヤ情報に掲載された情報を見た時には「これ、絶対に誤植でしょ。」と思ったのですが(笑)。

ちょっと側面に当たる陽が弱くなりましたが、ほぼ想定通りに撮影できました。

9014レ(=EF81-44牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2回目は編成中心に手堅く。有名なストレート区間ですが、大体は先客で一杯なので諦めてしまう区間でもあります。という訳で、ここで撮ったのは実質的に初めてかもしれません。

交流区間なので当然と言えば当然ですが、前パンが下がっているのが新鮮です。北陸在住の方や九州在住の方からすると「そんなの当たり前じゃん。むしろ前パンが上がっている方が不思議。」となるのですが。

9014レ(=EF81-44牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先のロケハンで「森バックで撮れそうだ。」という場所に立ち寄り。直前に露出が変わって失敗(汗)。

もっとも、それを差し引いても上スカなのですが…。 森バックを強調するためです(言い訳) 本当に編成写真を撮るのヘタだな。

次はどうやって撮ろうかとロケハン。ナビを見ながら「この辺りが良さそうではないか?」という場所に行ってみました。

特急「しらさぎ」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

晴れ渡った秋空が気持ちいいですね。

特急「サンダーバード」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

列車で背後の建物を隠しています。列車先頭と右側の建物との関係で若干息苦しく感じてしまうので「どうしようかな?」と散々悩んだのですが、これだけ側面にも綺麗に光が当たっているので「これで行こう。」と決心しました。

9014レ(=EF81-44牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9014レ(=EF81-44牽引)。アウトカーブになっているのでフル編成だと最後尾が切れるかと思いますが、「ちょっと短い」特別なトワイライトなので編成全部が綺麗に収まりました。個人的には大満足です。

後で気付きましたが、いつの間か前パンが上がっていますね。敦賀で上がるのかと思っていたのですが、よく考えたらデッドセクションは南今庄~敦賀にあるので敦賀到着前に上げておかないといかんという事か。

この後は関西に戻ってきてもう一度狙ったのですが、残念ながらタイムアップ。そのまま帰宅しました。



何はともあれ、無事にリベンジ成功!情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 521系 EF510 681系 キヤ143 EF81 683系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

北陸遠征

問1:1月25日から見て「明日」とは何日でしょう?
解1:1月26日に決まってるでしょ。

問2:今日は何日でしょう?
解2:2月9日に決まって(以下略)。

問3:【1月25日の日記、1行目に何と書いてあるでしょう?
解3:本日25日はちょっと遠征してきたのですが、その模様はまた明日にでも記事にします(以上、本文ママ)。



まぁ、そういう事です(汗)。私は、こち亀の原稿を全く落とさない事で有名な秋本治先生には絶対、ぜーったいになれないですね。

有名撮影地にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

そんな訳で、1/25は北陸に遠征しておりました。

521系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

有名撮影地まで出かけたのは、あの列車を撮りたかったから。

4076レ(=EF510-10牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4076レは日照条件が悪いだろう事も理解していましたが、それでもあの列車を待ちます。

サンダーバード
(クリックすると、大きい画像を開きます)

通常では朝方通過なので側面に陽が当たらないが、青函トンネル工事の影響で時変がかかっている今回は側面に陽が当たるであろう超豪華寝台特急。

8002レ「トワイライトエクスプレス」(=EF81-43牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8002レ「トワイライトエクスプレス」(=EF81-43牽引)。この一枚を撮るため、わざわざ北陸まで来ました。

サンダーバード(手前)としらさぎ(奥)の離合
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8002レが撮れて一安心、後は延長戦です。

8001レ「トワイライトエクスプレス」(=EF81-103牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8001レが運転されている事は完全に失念しておりました(汗)。

4060レ(=EF510-504牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4060レ通過時には、4076レ通過時より気象条件が良くなっていたはずですが、あえてそれを捨ててでも撮りたかった雪山バック。

撮影枚数こそ少ないものの、天候が大崩れする事もなく満足の一日でした。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 683系 521系 EF510 EF81


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

北陸遠征と夜間撮影

EF510-500番台の導入によってEF81の去就が騒がしくなってきた北陸地方。トワイライトエクスプレスも先行きが非常に怪しい(…というより、北海道新幹線開業と同時に廃止決定?)ので、これらを撮影するべく北陸遠征を企画しました。

しかし、元々EF81牽引貨物は少ない上に、適当に前もって決めていた2月15日(土)はトワイライト~上りは設定されていないという(アホ)。

こうなれば雪景色の中で…と思っていたら、福井以北は意外と雪は積もっておらず(敦賀辺りがピークでした)、しかも天気は大荒れで雨模様という始末(苦笑)。誰のせいで雨模様になったんでしょうか。

3092レ(=EF81-717牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

本当は3096レも撮影するつもりだったのですが、準備不足で沈没(死)。3092レ(=EF81-717牽引)からの撮影となりました。敦賀から北陸トンネルを抜けた辺りでは、このように降雪が見られたのですが…。

しらさぎ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

もう少し北に移動してストレート区間に到着。こちらでは雪は残っておりませんでした。

しかし、複線区間名物の「複線間のタイガーロープ(=黄色と黒のロープが編まれたロープ)」がなく、すっきりと撮影できます。

ちなみにこの写真、午前の上り列車を西側から撮影しているので、側面には陽が当たらないはずなのですが、ご覧のように雨天のため光線状態が関係なくなっております(汗)。

サンダーバード
(クリックすると、大きい画像を開きます)

関西で撮影する際には「飽きた。」等と散々な言われようのサンダーバードも、ここまで来たら貴重な被写体です。普段は掲載を割愛する事が多いので…と思ったら、これが初のブログ掲載でした(ぉぃ)。

521系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

475系が来ないかなーと厚かましい事を考えていましたが(もう敦賀運用からは撤退しているらしい)、現実は厳しく521系がやって来る。しかも2両だからどうも締まらない。

締まらないのは私がヘタだからですが。

臨時サンダーバード
(クリックすると、大きい画像を開きます)

臨時のサンダーバード。やっぱり貫通扉先頭より非貫通扉先頭の方が良いかなと思います。

しらさぎ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撮影地を変更して、再びの「しらさぎ」。ニワカなので、最初は「しらさぎ」と「サンダーバード」の違いを知りませんでした(ぉぃ)。以前に模型仲間に呆れられて教えてもらった記憶が。

サンダーバード
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再びのサンダーバード。

4076レ(=EF510-16牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一番のメイン、4076レ(=EF510-16牽引)。ここの撮影地で長編成の貨物列車を撮ると「うねり」が出せると聞いていましたが、狙い通りの撮影が出来ました。後ろパンタグラフの位置が大変よろしくないですが、これはヘボだから仕方がないと妥協です(コラ)。



この後は諸般の事情により早目の帰阪となりましたが「ちょっと撮影した枚数が少ないかな?」という事で【先日の夜間撮影特訓】に続いて再び特訓を行う事に。

出発準備中のEF66-30
(クリックすると、大きい画像を開きます)

すると、【前回】EF66-26が居た場所にはEF66-30が居るではないか。これはラッキーです。ここに居るという事は、何かの運用に入るのだろうと期待が高まります。

配1491レ(=EF66-30)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局、EF66-30は配1491レ~85レに入る模様です。本来はEF65の仕業ですが、この日の5087レ(=EF65-2119牽引)が大幅遅延した為の代走と思われます。

配1491レ(=EF66-30)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

頑張って引き付けつつ狙ってみる。こうして横顔を見てみると、やはりナンバープレート部分がしっかり作られている事が分かります。

4070レ(=EF510-23牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

密かに狙っていた4070レ(=EF510-23牽引)。富山機関区所属のEF510-0番台で唯一未撮影のまま残っていた23号機だったからです。午前中の3096レや3092レは湖西線強風規制で米原回りになっていたので「4070レも遅れるかな?」と思ったのですが、定時でやって来ました。

しかし…これでEF510-0番台をコンプリートした!と胸を張って言えるレベルかと言いますと…ねぇ(汗)。

ま、記録は自己満足の世界という事で良しとしてしまいましょう(ぇ)。

遅51レ(=Mc250-6)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

50レの誤りではではありません。51レです。雪による交通の大幅乱れの影響か、SRC運転開始後(多分)最遅での関西到着となりました。

いやー、それにしてもSRCは速い!私のようなヘボには難易度が高すぎます。SAGAWAとは辛うじて読める(…気がする)レベルにはなりましたが、肝心のMc250-6という文字はボケボケです。出直しですね。

はるか
(クリックすると、大きい画像を開きます)

同じく「はるか」も速い速い。貫通扉の進行方向向かって左側の隙間(写真では右側の隙間)はかろうじて止まっている(…気がする)のですが、要修行です。

スペシャリストの皆様はこれらをピタリと止められるのですが、本当に凄い事をやっておられるんだと感嘆してばかりです。

85レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

85レを牽引して戻ってきたEF66-30。うーむ、とっても目立つ位置にゴーストが出てしまいました(苦笑)。ま、ナンバープレートが読めるから良しとしましょう。また妥協か!とお叱りを受けそうですが。

これからの目標。

 1.もっとピタリと止める(当然ですね)
 2.成功率を上げる(他はこれ以上にひどいです…)
 3.SSを今の1/20より落とす(より流れている雰囲気を出したい)
 4.ゴーストが出ないようにする(研究研究)
 5.「ここ!」という場所で決める(今はヘタな鉄砲数打てば~そのまま)

何でもカメのように進歩が遅い管理人ですので、一つ一つ目標を達成していければと考えております。



遠征にご同行頂きました皆様、列車情報を投稿して頂いた皆様、どうもありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF81 683系 521系 681系 EF510 EF66 SRC 281系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。