5月21日(土)の撮影結果(EF66-27牽引の2070レなど)

今日は6月1日。間もなく梅雨入りですね。

そんな時には晴れで撮影できた写真を見てジメジメ気分を吹き飛ばしていただきましょう!

…嘘です、そんな高尚な狙いではなくてただ単にサボって更新が遅いだけです(蹴)。もはや誰得ですが、年末にまとめ記事を書く時のために今更ながら記事にしておきます。

途中が色々と抜けまくっている気がするが、それはその時に考えよう。頑張れ、未来の自分!

典型的な夏休みの宿題をしないで始業式前日に泣く小学生ですね。



写真を見るのがダルいという方のために動画も用意いたしました。



まずは伯備線にて。

4031M「サンライズエクスプレス」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3082レ(=EF64-1013牽引)。

3082レ(=EF64-1013牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

山陽本線に転線。次の列車が一番の狙いでした。

2070レ(=EF66-27牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2070レ(=EF66-27牽引)。一番の狙いと言いながら、ほぼ同時通過の500系エヴァンゲリオン編成とどっちを撮るか迷っていたのですが、「まずは貨物列車を撮る場所の現地確認をしましょう。」と寄り道したところ、堤防が花畑になっていたので張り付き決定です。

1074レ(=EF210-301牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1074レ(=EF210-301牽引)。

1059レ(=EF210-901牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1059レ(=EF210-901牽引)。【先日の55レといい】、何気なく待っていたらやってくるという強運。

115系(湘南色)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ぬおっ!まさかの湘南色出現でした。

213系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

213系。

2077レ(=EF200-4牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2077レ(=EF200-4牽引)。残念ながら先週の5月15日(日)と違ってムドなしでした。

日記は書く機会を逸したっぽいので(汗)、動画↓でお楽しみください。



73レ(=EF210-308牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

73レ(=EF210-308牽引)。EF210-308はこれが初撮影でした。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 285系 EF64 EF66 EF210 115系 213系 EF200


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

続・山陰トワイライト狙いで遠征

C57-1牽引のSL北びわこ号に関する話題を記事にする機会を逸しました(アホ)。来週ぐらいにでも繋ぎネタとして記事にするかもしれませんが、あまり期待しないでください。

…誰も期待していない?こりゃ失礼いたしました。



そんな訳で、今週の土曜日は伯備線遠征です。【先週も行っていたじゃないか】というのは禁句です。

米子に向かう途中で吹雪に見舞われまして「今は3月なんですけど…。」と泣きながら現地着。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一面だけ雪景色の畑がありました。しかし、3月に雪景色が見られるとは…。

この後は単9876レを追いかけて南下。途中の上溝口信号場に停車する3081レ(=EF64-1049牽引)とすれ違いましたが、この時はその事の意味を深く考えていませんでしたが…。

サンライズ出雲
(クリックすると、大きい画像を開きます)

立派な梅の木を発見。側面は真っ黒になりそうですが、是非ともここで単9876レを撮りたいと待ってみました。

…が、何故か「サンライズ出雲」が先に通過。あれ?本来なら根雨で交換するはずなのに…?

やくも8号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今度こそ!と思ったら、何故か「やくも8号」が。根雨で追い越すはずなのに…?

やくも1号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

三度目の正直!と思ったら「やくも1号」が。こちらは生山で交換だった気が。単9876レのスジが変わった?

霜取りクモヤ145?突然の出現
(クリックすると、大きい画像を開きます)

!?

まさかの霜取りクモヤ145出現。単9876レのダイヤがいつもと違ったのはこのためかと納得しました。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今度こそ本番の単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

順光アウトカーブにて。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

川とセットで。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先週に見つけたものの、単機になりそうとだ躊躇した場所にて。いきなり山影から音もなく現れて設定が間に合いませんでしたが、一応の記念として…。

単9876レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単9876レラストです。



ここまでで単9876レの追っかけは終了。さらに南下して山陰トワイライトに備えても良いのですが、今から行っても山陰トワイライトまで時間がありそうな事、そして早朝の3081レがEF64-1049牽引だった事を思い出して「一度北に向かおう。」と予定を変更しました。

やくも18号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

有名撮影地にて。

やくも13号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

実はここで「やくも」を撮影するのは珍しいかもしれません。

3084レ(=EF64-1049牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3084レ(=EF64-1049牽引)。早朝の3081レにEF64-1049が入っていたので、折り返しの3084レもそうだろうという予想が当たりました。山陰トワイライトに行くのが普通だからか、サイクルを崩して突然の3081レ~3084レ入りだったからか、撮影者は私とご同行いただいた方の二名だけでした。広島更新色が牽引する3084レでは初めての事です。

3084レ(=EF64-1049牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

そのまま3084レを追いかけて南下。次はいよいよ9033レ「山陰トワイライト」です。

9033レ「山陰トワイライト」(=DD51-1179+DD51-1186牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9033レ「山陰トワイライト」(=DD51-1179+DD51-1186牽引)は、何故か先週と違って3083レスジで通過しました。何故だったのかは謎のままです。

しかも直前に地元の子達が「あれ、トワイライトじゃね?珍しいなー。」となりました。まぁ、これも思い出の一ページかな(苦笑)。

夕陽に期待も…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ダイヤが変わっていたので、途中で停まっている事に期待して移動したのですが、結局は見つけられず。狙いを切り替えて3083レを撮れればいいなと思ったのですが…。

やくも21号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

お約束のように、先行の「やくも」通過時には山影に(苦笑)。

3083レ(=EF64-1015牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

折角なので、意地で3083レまで待ってみました。



今回撮影した動画をまとめました↓ので、よろしければこちらもお楽しみください。



遠征にご同行いただきました方、情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 285系 381系 145系 EF64 115系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

出張ついで

先週末は出張しておりました。残念ながら撮影行ではありません。

そんな訳で 出張なのにというツッコミが入りそうだが カメラは一応持っていったものの「どこで」「何を」撮るかも全然考えず。来た列車を適当に何枚か撮れればいいか…と考えていました。

しかし、こういう時は現地の方に相談するのが一番! 言い方を変えればおんぶに抱っこという事です。 



まずは「根岸線に行ったら面白い物が見られますよ。」とのアドバイスを頂きました。

98レ(=EH200-20牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

現地の方にすれば珍しくないかもしれない、しかし私には珍しいEH200牽引の石油列車です。初めての駅で撮影した割にはそこそこの精度が出て幸先良好。

まだ珍しく感じる(笑)E233系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まだ珍しく感じる(笑)E233系。何回か撮影していると、そのうち「223系かぁ。」扱いされる某新快速列車のようになりそうな悪寒。

5166レ(=EF65-2119牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こっちが本命の5166レ(=EF65-2119牽引)。EF65原色というだけでも珍しいのに、石油列車を牽引している姿となると関西では絶対に撮影できません。ちょっと短い編成だとか、先の98レの方が編成まで精度が出たのに…というのは贅沢というものです。誰にも相談していなければ、ホテルでゴロゴロして撮影すら出来なかったはずですから。

59レ(=EF210-9牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

59レ「スーパーグリーンシャトル」。対になる58レは関西でもしばしば撮影するのですが、スーパーグリーンシャトルの売りである31ftコンテナは編成後部(大阪側)に載っており、相当頑張っても写らない事があります。

59レだと編成前方(大阪方)に載っているのが嬉しいです。さらに、この時は機関車次位に福山通運が載っており(多分、珍しいと思う)ラッキーでした。

285系「サンライズエクスプレス」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

関西では深夜通過なので、よっぽど気合を入れている時でなければ諦める「サンライズエクスプレス」も合間に撮影できました。

ご多忙にも関わらずにお付き合いくださいましたK様、本当にありがとうございました。



翌日も無計画。今回はご同行頂ける方も居なかったので、さてどうしたものかと思案。

 何でそんなの持ってきているのかというのはさておき 貨物時刻表のダイヤグラムを開き、自分が撮影できる時間にたくさんスジが引かれている区間を選ぶ事にしました。撮影場所は当該区間の駅をネットで調べて「この駅なら撮れる気がする。」という事で選択。

…ツッコむまでもありませんが超適当です。こんな適当なノリで本当に撮影できるのだろうか?

3092レ(=EF65-2083牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

そんな適当なノリだったのに、いきなりEF65牽引石油列車が現れる(笑)。関東ではEF65牽引の石油列車は珍しくないのだろうか?

185系現る
(クリックすると、大きい画像を開きます)

さらに185系回送まで出現。昔に見た事はある気がするのですが、撮影したのはこれが初めてです。列番は回9485Mと思われます。列番がちゃんと読めるように撮れた事に驚きです。

あまり珍しく感じない205系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

205系も頻繁にやって来るので、あまり珍しさを感じないです。先のEF65といい、関東に来ると感覚がマヒしそうで怖いですね。

209系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

209系。

LEDが切り替わった!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次のカットではLEDが切り替わっていました。

1067レ(=EF66-30牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1067レ(=EF66-30牽引)。多数の列車を撮影できたので、だんだん集中力が切れてきたのか雑になってきました。

次のEF65牽引列車で終わろうと決心。都合が良い事に石炭列車らしいし…。

ん?石列車じゃなくて石列車なの?

なんじゃ、こりは?(くもじい風)

何だかよく分かりませんが、何となく失敗すると後悔しそうな気がしたので少し余裕を持った設定にする事にしました。

5783レ(=EF65-2065牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5783レ(=EF65-2065牽引)。おぉー、「太平洋セメント」と書かれたホキを牽引してきたではないか!

帰宅後に調べてみたところ、秩父鉄道に継走される列車らしいです。これは拾い物でした。

入替作業中のHD300-7
(クリックすると、大きい画像を開きます)

オマケ。乗換待ちの間に撮影したHD300です。ここでも石油列車を入替中でした。



改めまして、色々とご相談に乗って頂きましたK様&T様、本当にありがとうございました。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EH200 E233系 EF65 EF210 285系 185系 205系 209系 EF66 HD300


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

山陰トワイライト(6回目)

そろま(ry】ですが、昨日22日(火・祝)は初の復路撮影です。土曜日に出発して下関に向かう往路は、自分のスケジュールとの兼ね合いで比較的撮影しやすいのは今までの記事からお分かりかと思います。

日曜日の往路は【3回目の時に気合で何とかしました】ので一安心。

今回はシルバーウィークという事もあって、月曜日の復路を狙う事も可能でした。実際に「山口県入りしようかな。」と一瞬は考えたのですが、体力的な問題などもあって自重。火曜日の伯備線内に賭ける事にしました。



現地には深夜に到着したのですが、既に先客の姿が多数。やっぱり皆様、私と考える事は同じようです。目を凝らして田んぼを観察し、稲穂とセットで撮影できそうな場所を確認して仮眠しました。

起床して、先に確認していた場所にセッティング。その結果…ギリギリ山影をクリアできずに沈没(泣)。100メートル先で撮影されていた皆様は綺麗に陽が当たっていた模様です。

しかし、今回は好天に恵まれたようです。まだまだ挽回のチャンスはあるだろうと期待して追いかける事にしました。



2回目は自分の中で二択。俯瞰で撮るか、編成中心の場所か。後者をロケハンしてから決めようかと思ったのですが、先に通りがかった前者を見て「こっちにしよう。」と即決。

9036レ(=DD51-1186+DD51-1179牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9036レ(=DD51-1186+DD51-1179牽引)。一部の田んぼでは稲刈りが終わっていましたが、稲わらを干している光景が目に留まったのが決め手でした。

次はどうしようかあまり考えていなかったのですが、時間との兼ね合いもあって【1回目に「やくも」を撮影した場所】に向かいました。さぁ、いつでもやって来い!

サンライズエクスプレス
(クリックすると、大きい画像を開きます)

被写体は何故か後ろからやって来ました。【実は5回目の時】もサンライズ~は遅延しておりまして、ご同行いただいた皆様はしっかり撮影されたのに、私は一人What?と叫んで沈没しておりました。

4回目】といい、ハプニングには弱い管理人ですが、今回は何とか無事に撮影できました。

おそらく、このサンライズ~と交換する形でやって来るのでしょう。

9036レ(=DD51-1186+DD51-1179牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

見事に予想的中!…って、予想なんて高尚な物ではなく、自明じゃないかというツッコミは禁止です。

次もどうしようかなーと考えながら南下。途中、井倉~広石信号場間の橋梁をチラリと横目で見ましたが、人にビックリ仰天しました。

9036レ(=DD51-1186+DD51-1179牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1回目では重連牽引である事がほとんど分からないように撮影してしまう】という事故が発生したので、今回はもう少し奥で狙うようにしてみました。

先頭はDD51-1179だとばかり思っていましたが、復路はDD51-1186が先頭なのですね。ヘッドマーク付1186号機は【3回目に山口県まで追いかけた時】でしか撮影していないので、貴重な機会だった事になります。

…と言いながら、1186号機が先頭だった事には現像時に初めて気付いたのですが(ぇ)。

ここまででDD51重連が牽引する区間は終了!お疲れ様でした。

単9874レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…で終わるはずはなく、米子に戻るDD51重単を撮影する事にします。

折り返し駅は豪渓駅らしいという事までは分かっていましたが、時間が分からない…。とりあえず豪渓駅に向かってみたところ、まだDD51の姿はありませんでした。

「EF65に牽引をバトンタッチした山陰トワイライトより先に通過するのか?」という雰囲気になってきたので、豪渓駅付近で待つ事にしたら、見事に予想的中!…予想なんて高尚な物ではありません(本日二回目)。

ほとんどの方は当然ながら次にやって来るEF65牽引の山陰トワイライト待ちですが、私は一人片づけをして撤収です。「何じゃコイツは?」と思われたかもしれません。

何はともあれ、一度列車を見つけたら後はこちらのモノ。「停まるとしたらどこだろう?」経験と勘に基づいて北上開始です。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)。本当はこれに先立ってもう1回撮影する機会があったのですが、何故かシャッターを押しても反応してくれずに不戦敗。おおぅ…orz。その後に電源ON/OFFを行ったりバッテリーを抜き差ししたら元に戻りましたが、何だったのかは若干気になるところです。

また、この区間から単9875レを狙う皆様とお会いする機会が増えてきました。同志にお会いしたようで心強いです。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

水鏡。【4回目に挑戦した時】とコンセプトは同じです。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

正面が暗くなる事は承知の上で彼岸花とコスモス(分かりにくいですが、DD51の左側に咲いています)とセットで撮影しました。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

以前にEF64-1006(原色)牽引の3084レを撮影した有名撮影地】にて。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

線路を挟んだ反対側アウトカーブから3084レを撮影するのが有名な場所ですが、今回は重単狙いなのでインカーブ側から撮影しました。赤い屋根にばかり注目していて、大ポカをしている事に気付いたのは撮影後という有様。

115系(黄色・後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

側面は陽が回っていませんが、まだ稲刈りが終わっていない田んぼにはどうしても惹かれてしまいます。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)。だんだん説明文が適当になってきています(ぉぃ)。

115系(黄色)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

稲わらを干している光景を入れるか、刈り取り前の田んぼを入れるか。再びの二択ですが、今度は「稲刈り前の田んぼが広々と撮れるのはこれがラストチャンスだろう。」と判断しました。

単9875レ(=DD51-1186+DD51-1179・後追い)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後の単9875レ撮影。スジが分からない中、ここまで追いかけられれば十分、お腹一杯です。今度こそ本当に撮影終了、お疲れ様でした。



今回は九州から来られていた【門モコ様】と一瞬だけお会いしたのですが、私が「ここで撮影したい。」という希望ばかりでニアミスを繰り返してしまい、結局まともにお話できませんでした。電話やメールは頻繁にやり取りしたのですが、そこは猛省です…。

何はともあれ、撮影地でご一緒させていただきました皆様、情報をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 285系 115系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

追跡!EF64-1006

前日1日(土)の山陰トワイライト】撮影終了が23時50分頃で、そのまま西に向かいそうになるところを理性でグッと我慢。おそらく「行きはテンションが高くて良い良い、帰りにボーン!」になる事が目に見えていたからです。

こういう時に助け舟。上手い具合に2日(日)の3081レ~3084レがEF64-1006牽引見込というグッドタイミング。「いやー、EF64-1006牽引ならばこちらを撮りに行かなければ!」と理由付けになります。

…本当のところは、土曜日に山陰トワイライトを日帰りで撮影するつもりだったのに、日曜日の3081レ~3084レがEF64-1006牽引見込だと気付き「だったら、マルヨして日曜日に3081レ~3084レも撮った方が効率が良くないか?」という結論に至った次第。お前の計画はオカシイと言われるゆえん。



ビンボー暇ナシなので車内泊。朝5時からロケハンでゴソゴソし始めたものの、ダイヤ改正後の3081レは撮った事がなく「どこかないかなー。」とウロウロしている間に下石見信号場で通過をお見送り(涙)。

「以前教えていただいた話だと、生山か上菅に停まったはず。」と思い出し、だったら手堅く【以前にサンライズ出雲を撮影したトンネル飛び出し】一発勝負に出る事にしました。

3081レ(=EF64-1006牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3081レ(=EF64-1006牽引)。うわーやってもうたー(汗)。我ながらこれはひどい。実力のなさと諦めるしかないか…。

前述の通り、ここではサンライズ出雲を撮影済なので近くの踏切に行く事にしました。

特急「やくも」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

同所では2名の同業者の方とご一緒させていただきました。お二方とも望遠で編成を狙っておられまして、私もそのアングルに物凄く後ろ髪を引かれたのですが【前日に続いて素晴らしい青空が広がっていた】ので広角レンズを選択しました。

こういう時に二台持っていればいいんだろうなーと思うものの、宿泊代すらケチる必要があるビンボー人には無理な相談でして。

特急「サンライズエクスプレス」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局「サンライズ出雲」は1時間遅れでの通過となりました。



午後の3084レまで時間があるから皆生温泉に行きましょうと北に向かっていると、途中で「サンライズ出雲」が対向の「やくも」待ちで停車しているのを発見。もう一回後追いで撮れるんじゃないかとさらに北に向かっていると、何と3081レも抜いてしまいました。

そう言えば上溝口信号場で長時間停まると教えていただいていましたが、まさか2時間近く(ひょっとしたらそれ以上か?)止まっているとは。

結局、運転中に「サンライズ出雲」に追い抜かれ、2回目の撮影はならず。って、3081レはまだ来ていない…という事は、1時間遅れの「サンライズ出雲」が3081レを抜いたという事になります。

結局、3081レはさらに後続の「やくも」にすら抜かれた後にやってきました。

3081レ(=EF64-1006牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3081レ(=EF64-1006牽引)。こちらもほんの少しだけ想定よりシャッターを切り遅れていますが、1回目よりはまだマシか。そもそも追い抜けるという想定すらしていなかったので、完全なるサービスカット。撮れただけ御の字というところでしょうか。



皆生温泉に入浴してスッキリし、午後の撮影を開始です。狙いは前述の通り3084レです。

まずは伯耆大山駅に寄り道して編成をチェック。お、日曜日にも関わらずほとんど欠ける事なく積載されており、しかもUM12A(通称:産廃コンテナ)も最後尾にちゃんと載っているではないか。

という訳で、最初は最後尾までキッチリ収まる場所で撮影しましょうという結論に。

3084レ(=EF64-1006牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3084レ(=EF64-1006牽引)。何度か撮影しているシンプルな直線ですが、個人的に好きな撮影地です。しかし、右上の高速が目立たないように調整しつつ、かつ架線柱にパンタグラフを引っかけないように撮ろうとするとタイミングがシビアです。

私には不相応な場所かもしれませんが、今回は比較的マシな出来かな。

特急「やくも」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次の撮影地に先回り。ロケーションは良いと思うのですが「最後尾のUM12Aは入るのか?」と嫌な予感が。

3084レ(=EF64-1006牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

嫌な予感はえてして当たるものでして(苦笑)、ちょうど左側茂みの真後ろにUM12Aが来ているはずです。もう少しだけ広角側に引ければ良かったのかもしれませんが、これ以上広角側に引くと機関車が隠れそうなので本末転倒。

3084レ(=EF64-1006牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3回目は伯備線で最も有名かもしれない撮影地にて。しかし、3084レがEF64-1006原色牽引の割には同業者の姿も少ない気がしました。思っていたより前面に陽が回っていなかったからか、皆様こぞって山陰トワイライトを撮りに行かれているからか。

最も、私がここで撮影した時に晴れた事はほとんどないため(ひょっとしたら今回が初かもしれない…汗)、晴れで撮れただけで御の字です。しかも1006号機原色というオマケ付きだから、これ以上を望むのは贅沢でしょうね。

3084レ(=EF64-1006牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

もう一回撮影のチャンスが巡ってきましたが、正面狙いは見事に失敗(泣)。後追いの方がマシだったのでそちらを投稿しておきます。



最後が尻すぼみになったのは頂けませんが、二日間を通してはおおむね良い成果を得られたかと思います。

情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF64 381系 285系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。