四国行きサロンカーなにわを撮る

彦根発高松行きという珍しい団体臨時列車(サロンカーなにわ5両)が運転されるとの事で撮影に行ってきました。

サロンカーなにわが四国に入線する事自体が珍しいので四国に遠征しようかと考えていたのですが、諸般の事情により中止。琵琶湖東(湖東)で送り込み回送(回9902レ)と本運転(9303レ)を撮影する事にしました。

まずは回9902レ。日々生長中の稲を手前に配して手堅く撮影。

回9902レ(=EF65-1124牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

通過時に1124号機大阪方をチラリと見ましたが、ヘッドマークは取り付けられていないようでした。まさか米原で取り付けるとも思えないので、9303レはヘッドマークなしと見て間違いあるまい。

ならば!という訳で、サイド気味に撮影しましょうという方針に決定。【以前に撮影した事がある水車】と組み合わせる事にしました。

223系新快速
(クリックすると、大きい画像を開きます)

天気が回復してキター!(゚∀゚)と思ったのですが

9303レ(=EF65-1124牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

やっぱりそう世の中は甘くないですね(苦笑)。相当に天気が悪くなりそうだと思っていたので、雨が降らなかっただけ良かったと見るべきか。

動画はこちら↓をご覧ください。



今回一番ビックリした事は、9303レにヘッドマークが取り付けられなかった事より、1055レがほとんどフレームライナーだった事だったりします。日曜日だから仕方がないとも言えますが。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF65 223系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

2070レ(=EF66-26牽引)などを撮る

皆様、お久しぶりです(蹴)。

ふーむ、どれぐらい更新していなかったのか…前回更新が3/15?上出来だ、1ヶ月は放置していないじゃないか。

…すいません冗談です石投げないでください。まぁ、多分誰もご覧になっていないので石が飛んでくる事はないかな(苦笑)。

何をしていたかと言いますと、再び体調不良で死んでいた…訳ではなく単なるサボり癖です(死)。これはひどい。一体何が飛んだのかと見返してみると…

・3/6(日)…C57-1牽引のSL北びわこ号
・3/19(土)~22(火)…九州遠征&最後の山陰トワイライト追っかけ
・3/27(日)…三重県へドライブ
・4/2(土)…サロンカー晴れの国岡山号(往路)&ダイヤ改正後の伯備線偵察
・4/3(日)…サロンカー晴れの国岡山号(復路)など

その他夜間撮影もろもろ…。

…。

……。

お手上げ∩(・ω・)∩。需要があれば順次更新します。需要がなくても、何となくやる気が出て、ネタに困ったら更新する「かも」しれません。文書を作成する機会を増やす目的でブログを始めたのに、全然駄目じゃないか!



という訳で、新年度になって心機一転!先日の雨で桜が散ってしまったかなーと諦めつつ、少しばかりあがけば何とかならんかなーと期待しつつ、撮影に行ってまいりました。

2070レ(=EF66-26牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2070レ(=EF66-26牽引)。前ボケにする事で、桜が散りつつある事を誤魔化しております(汗)。

1074レ(=EF210-309牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1074レ(=EF210-309牽引)。先日に初撮影した309号機が再びやって来ました。今後も顔なじみの機関車になるのだろうか?

EF210-300番台も未撮影機が一気に増えたので、一度はちゃんと運用表を見て撮影に行かないとなーと思いつつ放置状態です。

動画はこちら↓をご覧ください。「桜しか写っていないじゃないか!」というのは禁句です。本当はもっと絞りを開けたかったんですが、ヘッポコカメラマンの私はちゃんとNDフィルターを揃えておりませんので…。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF66 223系 EF210


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

梅の花と列車

今日は天気が良くないと思っていたので 家でゴロゴロ ビックリするほど汚い部屋の片付けをするつもりだったのですが、思いの外天気がよろしい。ちょっとだけ…という事でピンポイント撮影してまいりました。

225系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

225系新快速から撮影を開始しました。

特急「くろしお」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

梅の花をどう配置すべきか、どう設定すべきかが悩ましいです。

特急「サンダーバード」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

特急列車も似たような顔の列車が来るので、正直違いが分かりません…。未だに貫通扉がある場合の681系と683系の見分け方が分かりません(恥)。

特急「こうのとり」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

もう少し絞るべきか、もっと開放にすべきだったか?

特急「はるか」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

センスがないのでこれだ!という手ごたえを得られません…。

1055レ(=EF210-147牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

平日や土曜日だと編成前半に31フィート大型コンテナを多数積載している1055レですが、日曜日なのでスカスカでした。遠目に見た時は「オール空車か?」と思ったぐらいです。

3096レ(=EF510-18牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

日本海縦貫線が遅れているらしく、3096レが3092レスジで来ました。

特急「サンダーバード」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これは681系ですね!

223系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

223系。

223系(転落防止幌付き)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

223系(転落防止幌、通称「デフ」付)。後付け感が半端ではありません。

特急「こうのとり」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

特急「こうのとり」。683系⇒289系に改造されてから初めてまともに撮影したかと思います。

…これ、289系でいいんですよね?(汗)

3092レ(=EF510-502牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3092レ(=EF510-502牽引)。約45分遅れでの通過となりました。

動画も撮影しました↓。



途中から写真撮影しているカメラの電子音を消しました。何でこんな簡単な事に今まで気付いていなかったのかと小一時間…。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 225系 287系 683系 281系 EF210 EF510 681系 223系 289系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

超望遠撮影練習

午前は所用がありましたが、思いの外天気が良かったので午後から近場で撮影する事にしました…が、午後になったら雲が増えてくるというのは鉄道撮影あるあるです。

1081レ(=EF210-132牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1081レ(=EF210-132牽引)。聞いた記憶がない列番だな…と思って調べたところ、本来は吹田7時23分着の列車らしいです。最近は朝に撮影に行かず、夜にばかり撮影に行っているので夜間の列番しか記憶にありません(汗)。約6時間の遅れという事になります。

5087レ(=EF65-2083牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

逆にこっちは定時で来た事に驚いた5087レ(=EF65-2083牽引)。今までこのアングルで撮影した結果の中では一番ピントが(これでも)マシなのですが、前面に光が当たらずに機番が読み取りにくいですね(汗)。

この天気なので、色々と実験してみようと思い立ちました。「パンタグラフを切れるのを承知で、もう少し手前まで引き付けたらどうなるだろう?」と。

8057レ(=EF210-16牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これまた大幅な遅れでやって来た8057レ(=EF210-16牽引)。当然ながらパンタグラフは切れるのは分かっていましたが、より迫力が出て、意外とこれはこれでありかもしれない。

223系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

電車の方がさらに違和感が小さいかな?



情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、どうもありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF210 EF65 223系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

湖北遠征

昨日は湖北地方にプチ遠征してまいりました。

湖北地方に行った際のお楽しみ、メタセコイア並木道
(クリックすると、大きい画像を開きます)

湖北地方に行った際に寄る時間があれば毎回立ち寄るメタセコイヤ並木道です。今回は朝日が当たる瞬間を撮影できました。

しかし、雲影に入ったり、雲影から出たりとコロコロ状況が変わって難しい…。

アップダウンを表現
(クリックすると、大きい画像を開きます)

早朝なので車の通行量も少ない並木道。望遠レンズでアップダウンを表現してみました。

晴れ間が見えるまで粘るべきだったかと反省…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先に記したとおり天候がコロコロ変わる状態でした。我慢しきれずに撮影しましたが、もう少し待つべきだったかとちょっと後悔したり。

縦アングル+望遠による圧縮効果で
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先程は広角気味に撮影しましたが、今度は望遠レンズで圧縮するように撮影してみました。

猫の目のように変わる天気に悪戦苦闘
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いよいよ鉄道撮影に着手。しかし、天気が猫の目のように(以下略)。

編成後ろは更新編成でした
(クリックすると、大きい画像を開きます)

編成先頭は更新前編成でしたが、編成後ろは更新後編成でした。更新前+更新後も過渡期ゆえに見られる風景で、いつの日か全て更新後編成になるのでしょう。珍しがられるうちが華か。

この後に狙うはずだった3096レ&3092レが来ない…。どうなっとるんだと運用表をこまめに確認していたら「3096レ、安土通過!」という悲しい情報が目に飛び込んできました。湖西線は強風のため(?)迂回してしまったようです。

素材は与えられた…さて、どうしよう?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次の撮影場所をロケハンしていると、柿・ススキ・セイタカアワダチソウ・紫色の可愛い花(名称不明)をまとめて撮影できる場所に行きつきました。素材は与えられたので、後はどう料理すべきかと試行錯誤する事に。

まずは「写真は引き算」という言葉があるように、一番の主題となりそうな柿を中心に撮影しましたが

ススキなどは入れたい…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

やっぱりススキも入れたいな。

柿が目立たない…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

今度は広角で撮りすぎて柿が目立たなくなってしまいました。

自分の想定通りに近付いたが、今度は天気が…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

想定していた結果に近付きましたが、今度は猫の目天気による影響が出てきてしまいました。自分の想定した通りの結果を出す事は難しいです。

1058レ(=EF210-123牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

別の場所に移動して撮影続行。線形が北向きなので、まずはサイドを中心に撮影してみました。

4076レ(=EF510-21牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

反対方向の列車は順光で綺麗に撮影できました。しかし、シャッターを若干切り遅れたため、線路の間に位置するポールと架線の影の位置がかなり残念な事に。

5070レ(=EF66-103牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

上の4076レ(=EF510-21牽引)通過後、間髪入れずにやって来た5070レ(=EF66-103牽引)。広角単焦点レンズを付けていたために画角調整が間に合わずに沈没。

5084レ(=EF210-8牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5084レ(=EF210-8牽引)。前面は黒潰れする事は承知の上での撮影です。

3095レ(=EF510-506牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3095レ(=EF510-506牽引)。

ここまで撮影して「3099レ、どうします?」「結構遅い通過ですよね。」「時間的にシルエット撮影が出来るんじゃないですか?」という流れになりまして、再び移動です。

シルエット撮影、面白い!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

練習被写体になってもらった223系。普段は223系の撮影はかなり雑なのですが(ぉぃ)、これは予想以上に面白い。3099レに期待が膨らみます。

シルエット撮影、難しい…
(クリックすると、大きい画像を開きます)

しかし、雲が増えてきて想像どおりには撮れなくなってきました。3099レは写真左側からやって来るので「コンテナで他の構造物は隠せるはず。」という前提でセッティングしていたため、左下がかなりゴチャゴチャする結果となったのも気がかりです。

結局、3099レは想定した時間になっても現れず。光線状態が想像していたピークを過ぎてしまった事もあり、3099レは撮影できずに終わってしまいました。残念。

やはり、想定した条件で撮影しようとするならば何日も通い詰める必要があるようです。いきなり撮影地に到着して、いきなり成果を得られるような甘いものではないようです。



様々な情報をお教えくださった皆様、相変わらずの適当遠征にご同行いただきました皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 683系 223系 EF210 EF510 EF66


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。